CuniCoの徒然・・・岩下邦子の独り言

日々の暮らしの中で、立ち止まったり、すれ違ったり。私の中のアレコレを思いつくまま、気の向くまま。

大関豪栄道のこと。。。

2020-01-30 11:16:57 | お相撲(スポーツ)のこと
大関豪栄道が引退した。
これからは、境川部屋の部屋付き、
武隈親方として後進の指導にあたるという。

いわゆる心技体を
大相撲の精神を
相撲道を体現した豪栄道。

言葉にはできない・・・
言葉では足りない・・・

豪栄道を見つめてきた人たちは、
今回の引退をじっと受け止めている。
そして、心の中で「ありがとう、豪栄道」といっている。

ここ数年、不愉快なことが多かった相撲界。
本場所の土俵でさえ、不愉快な取り組みが多く、
相撲はもう終わりだ!といいたくなったことも何度もあった。

それでも、そんな不愉快な気持ちになる私を相撲にとどめたのは、
先代阿武松親方の実直な在り方であり、
真摯に相撲と向き合い取り組む力士がいることを知っていたから。

稀勢の里や豪栄道の姿は、
土俵とは何なのか、大相撲とは何なのかを教えてくれた。
その背中をみて育った力士たちは、
これからの土俵をしっかり勤めなければならない。

国技館へ行き相撲観戦をする。
いい取組が続いた後、結びの横綱がすべてをぶち壊す・・・
なんとも、裏切られた気分を何度味わったことか。

白星黒星の世界。
勝ってナンボの世界。
強ければ何をやってもいいという世界。

そうではない。

番付社会なのでそう思う人もいるかもしれないが、そうではない。

どんな相撲を取ったか。
黒星の時どんな相撲を取ったか。
負けたとき、ちゃんと負けたか。
勝ったとき、どんな勝ち方だったのか。

負けた相撲を大切にして、勝った相撲に踊らない。
相手を敬い土俵を務める。

それが、相撲だ。

大関という地位での引退となった豪栄道は、私の中では横綱である。

私は、根っからの相撲好きだ。
今の職場で働くようになり、私の相撲好きが伝染して・・・
相撲まったくわからない・・・といっていた同僚が、相撲好きになり、
その同僚が惚れこんだのが、豪栄道だった。
昨年・・・彼女は難病になった。
かなり厳しい病気で、つらい日々が続いた。
そんなとき、たまたま阿武松部屋の千秋楽打ち上げパーティーに
埼玉栄の山田監督がいらしていて、先代のおかみさんにお願いし、
命にもかかわるかもしれない病気の彼女が、
豪栄道の土俵を見つめそれを励みに病気と闘っていることを伝えた。
山田監督の計らいで、豪栄道関から、色紙をいただくことになった。
入院中の彼女の元に、豪栄道関の色紙と阿武咲関の色紙を届けることができた。
彼女は今、元気に職場で仕事をしている。
良いドクターとも出会い、前向きに病気と向き合っている。
奇しくも、豪栄道の最後の相撲が阿武咲との一番となった。

彼女が前向きになれたのもひたむきに寡黙に相撲と向き合う豪栄道の姿があったから。

もちろん、彼女だけでなく、幾多の人々に豪栄道が生きる勇気を与えていることは確かだ。

大相撲とはそういう存在なのだ。

もう一度言おう、大関豪栄道、私の中では、横綱である。
番付社会、白星黒星で決まる世界・・・大関で引退。
それが、現実ではあるが、
大相撲とはどういうものなのか、
場所の土俵に立つとはどういうことなのか、
それを教えてくれた豪栄道。

心からの感謝とを伝えたい。
そして、これから、豪栄道のような、
いやそれを越える関取を育ててくれることを願っている。

ありがとう豪栄道!
いろいろ思いはあるが、とにもかくにも、
お疲れ様、そしてありがとう、豪栄道!!
それしかない・・・
コメント

阿武松部屋千秋楽打上げパーティー

2020-01-27 11:44:25 | お相撲(スポーツ)のこと
幕内最高優勝は、幕尻の、幕内最下位の徳勝龍で初場所は終わった。

阿武松部屋千秋楽打上げパーティーを終え、帰宅してから、録画を観る。
久しぶりに優勝インタビューにもらい泣きをした。

役相撲にかなう阿武咲・・・心から、嬉しく思った。
と同時に、今日も四つに組んでしまったことを考える。
組んだら大関豪栄道が有利。
が、何故か、豪栄道は、かなり強引な外掛けに出た。
阿武咲の圧力を感じてのことか、それとも勝ち急いだか、私にはわからないが、
この外掛けが遠かったので、掛かった位置が悪かった。
阿武咲は足を払いながら、下手投げを決めた。
決まり手は蹴返しではなく、下手投げ。
今場所、何番かまわしに手がかかって白星となった阿武咲。
もうひとまわりも、ふたまわりも強くなるには、
アマチュア時代に四つでも相撲が取れた器用さが、落とし穴とならないように、
立合いの圧力、前に出る力、そのための重心と足の送り・・・だと思う。
そこを磨けば、土俵上で、足が滑ることも、前に落ちることもなくなるだろうと思うわけだ。

あ、相撲経験のないです、私。
だから、まぁ、戯言である。
無責任な感想である。
なんとなく、そんな感じがするってことだ。

などと思いながら、序盤の四連敗に、
心技体がバラバラな負け方に心配していたが、結果は九勝六敗。

よしとしましょう。
とはいえ、ついもう一回書きたくなる。
さらに上にいくには、器用さではなく、
前への圧力、足の送り、重心、我慢。
心技体の『心』
心の在り方も、もっともっと成長できるように。
阿武松親方、不知火親方、よろしくお願いします。

と、いったところだろうか・・・

さて、初場所の阿武松部屋千秋楽打上げパーティーは、
本当に多くの方が駆けつけ、会場は人で溢れた。
先代から引き継いだ若い親方の頑張りをみんな応援している。
そんな気持ちが、会場に満ちていた。

少しだけ写真を添えて、ご報告。


























阿武咲の故郷の林檎。
とってもおいしい林檎。
いつもありがとうございます。

徳勝龍の優勝について、少しだけ。
いろいろおっしゃる方もございます。
幕尻だから上と当たらない。
横綱休場だったからなぁ。
などなど。

ちゃんちゃらおかしい。
運を引き寄せるには、努力があってこそ。
番付社会である大相撲の世界。
忸怩たる想いでいる大関の姿が、それを示している。

徳勝龍の十四勝一敗は、文句なしの幕内最高優勝だ。
素晴らしい圧力あればこそ。
最後まで我慢して、諦めない姿。

たくさんの人に感動をプレゼントしてくれた。

徳勝龍、ありがとう❗️

近大の伊東監督が一緒に戦ってくれた、と徳勝龍。
やっぱり、生きて、一緒にいて欲しかったと、
一緒に嬉し泣きして欲しかったと、今日も、泣き続けている私なのでした。
コメント

2020年初場所千秋楽・・・あぁ、集中して観たいなぁ・・・

2020-01-26 12:01:10 | お相撲(スポーツ)のこと
さぁ、いよいよ千秋楽である。
そう言いたくなる千秋楽である。
今場所は、比較的取組を観る時間もあり、
いろいろ思うところもあったが、
ラグビーワールドカップしかり、
ボクシングしかり、なかなか、
スポーツ関連のこと書けずにいた。
まぁ、私のブログのカテゴリーは『お相撲(スポーツ)のこと』となっているし、
大相撲がその中でも、トップにあることは確かなわけで、こりゃ書かなければね。

まずは、千秋楽結び前の一番で阿武咲が土俵に上がる。
大関豪栄道との一番である。
つまり『これより三役』なわけで、
通常・・・西の関脇でさえ、番付上、横綱二人大関三人なら取れないことあがあるわけで、
どうしても6人そろえるため諸般の事情から平幕成績優秀者が入ることは、ある。
が、ご存知の通り、阿武咲の今場所の成績は決して優秀とは言えないわけで・・・
今場所の成績を確認する。
成績優秀者という意味では北勝富士なのだが、上位とは取り終えている。
白星での数だけで考えれば、竜電を持っていく手もなくはなかったが、
ココは、番付を優先して、阿武咲に決まったのであろう・・・
なんと、なんと、ありがたいことか。

阿武咲には、感謝の気持ちで、
いままでの幾数倍の感謝の気持ちで土俵を務めてほしい。

大関豪栄道には、カド番負け越しが決まった場所の最後の取組。
一昨日のような大関相撲を、強い豪栄道で是非、阿武咲の壁となってほしい。

相撲には、勝ち負け以上のものがある。

私はそう思っている。

阿武咲が可愛くてしょうがないし、応援もしている。
けれど、大関豪栄道に厳しい相撲をと、思うから不思議だ。

先代の阿武松親方への賀状に『厳しさの中の優しさ』ということを書いた。
厳しさの中の優しさ、愛・・・を分からなくてはならない。
それは、暴力を容認することではない。
暴力を抑える、厳しさであり、強さであり、優しさなのだ。
強ければすべてが許されるということは、ありえないことなのだ。
中途半端に書くと混乱するから、やめておこう。
とにかく、千秋楽だ。

私は、阿武咲の取組の時間、残念ながら、車で移動中だ。
町田後援会の一行は、高速道路を走りながら、その時間を迎える。
車の中で、小さな画面に皆が心を寄せている。

これより三役・・・いつもと全く違う、千秋楽なのである。

さて、千秋楽だけに十五日間を想うと書きたいころだらけである。

徳勝龍や正代のこと、北勝富士のこと、
もちろん、貴景勝、炎鵬のこと、様々あるが、
昨日の錦木もよかたし・・・
それぞれ、いろいろな方が書いていると思うので、触れずにおこう。

照ノ富士のことを少しだけ。
逸ノ城がぐんぐん番付をあげてきたころ、
あの相撲では、怪我させられるから、逃げろ逃げろなどと冗談を言っていたものだが、
あの頃から私は、照ノ富士の方が相撲を知っている・・・という感じがしていて、
このブログにも書いたことがあるような気がする。
伊勢ケ浜部屋という所属している部屋の力士の数や、
当時、横綱日馬富士や安美錦、宝富士などの胸を借りることができるという意味で
環境が上回っていたこともあるだろうが、天性のものがあると思えた。

病気もあって、番付を落とし大関から序二段まで番付を落とした。
そこからの復活は初めてのことだと聞いている。

今場所、関取になり、十両での相撲は、序盤は少し力任せで乱暴な相撲もみられた。
相手も自分もケガをする相撲だな・・・と少し、嫌な感じがした。
が、徐々に丁寧な相撲になってきた。
十両全勝優勝か・・・という十四日目に錦木が止めた。
照ノ富士にとって、いい黒星となった気がしてならない。
これから幕内に戻るであろう照ノ富士にとって、
昨日の黒星は、大切な黒星だと私には思えるのだ。

さぁ・・・今場所は、本当に相撲の醍醐味を味わえる素晴らしい場所となっている。
千秋楽もそれにふさわしい取組がたくさん見られることだろう。

千秋楽はもう始まっている。

一番一番、自分らしい相撲を取り切って、国技館の空気を清々しいものにしてほしい。

どんな結果になろうとも、今場所が、素晴らしい場所だったことは、確かである。

阿武松部屋
二本柳の序ノ口優勝。
勇磨の三段目優勝。
おめでとう!
初土俵を踏むまでに怪我と向き合わなければならなかった二本柳。
同期が上で活躍していることに焦りもあるかもしれないが、
焦らずに、一つ一つしっかり積み上げてほしい。
勇磨も入門の頃の身体を思うと、すっかり大きくなったその姿が頼もしい。
怪我に気をつけながらも力を出し切れるように精進してほしい。

さて、やっぱり、書いておくか・・・
最後に・・・徳勝龍!
最後まで・・・自分らしく!

大関は、ともに厳しい相撲を取ると思う。
豪栄道は、千秋楽結びから外された現実を受け止めながらの真っ向勝負。
貴景勝は、昨日の相撲を胸に、千秋楽の結びに対する大関の責任を果たすだろう。
阿武咲も、徳勝龍も思いっきりぶつかって悔いのない一番を。

心から応援できる。
すべての力士が、真っ向勝負で、清々しい。
やっぱり、相撲はこうでなくっちゃと、久しぶりにおもっているお邦なのでした。


コメント

すわ!認知症⁈

2020-01-20 16:01:19 | 華麗なる加齢 あるいは 身体
認知症というか、よくわからないが、気にかかる。
わたしの父は60歳になる前から認知症との診断を受けていた。
わたしもその年齢に近づいている。
が、私は、前から、時間や数字の認識、が、不安定で、
だから、今、始まった変化ではなく、前からだからなぁ。

前から、どんなことがあったか、話せばキリがないが、
今回のことに絡む事象で言うと、出かけるとき、
12時22分の電車に乗らないといけない。。。と、いう時に、
そのことを『よし、22分だな』と思うと、
思った瞬間にもう駅のホームにいる自分をイメージしてしまう。
で、家でのんびりしていて、ふと、あれ?間に合わないじゃんとなり、駅へ走る。
22分だなってことを忘れているのでは、ない。
駅に着いた気になってしまっているのである。

今日の出来事は、ちょっと、違う。

昨夜、今日の整体の予約について家族で話していた。
新丸子11時の予約だから、明日は10時10分に電車に乗ることを家族と話していた。
娘は遅番だから、娘より早く出なくっちゃと思ったし、
家人はその頃、起きる人なので、今日、私がポイント還元の手続きするために必要な家人のパスモを預かった。
私がでかかける時には、寝ているだろうなぁと思ったから。

起きた時、11時に新丸子は、覚えていた。
7時に起きた。
今日は余裕だ、と思った。
あと3時間30分以上ある、と思った。
ん?
今書いていて気がついた。
そうか、この時点で計算が合わない。
朝のルーティンは、入浴洗濯他、ほぼ決まっている。
最低2時間は必要。
今朝はゴミ出しもあるから、いつもより作業が多いこともわかっていた。

問題は、計算が間違えていたことでは、ない。
そんなことはしょっちゅうある。
でも途中で時計を見て気付く。
そりゃそうだ、気付くでしょう、フツウ。
11時に新丸子。
それは覚えていた。
で、驚くのは、10時15分、私はテレビをつけた。
ニューススクランブルには、まだ早いなぁ・・・などと思いながら。
スッキリッスでラッキカラーは黒と言っていた。
洋服を選ぶ時、整体の施術がしやすいように、セーターの下にTシャツも着た。
つまり、整体のこと忘れたわけじゃない。
時間はしっかり認識していたのだ。
気付くでしょ、ここで、フツウ、気付く。
娘が起きてきてお弁当を作り始める。
「間に合うの?頑張れぇ!」と私は娘に声をかけた。
洗濯物をたたんでいた、私が
「おぉ、私も急がなくっちゃ、間に合わないじゃん」という。
すでに10時55分。
時計も見ているし、時間も認識している。
「間に合うのか?」と家人がいう。
「ギリギリかな。。。」
まだ、気付かない私。
「12時予約なのか?」と家人が私に聞く。
「え、違うよ、11時だって言ったじゃん。」
まだ気付かない私。
時計を見る。
と、時計はすでに11時になろうとしていた。
おぉまいごっど:(;゙゚'ω゚'):
えっ?
どういうこと?
なんで11時なの?

10 の後は、11と決まっている。
さすがの私も、この事態には、びっくりした。

こういうのって、認知症の初期症状なのかなぁ。。。と少し気になった。

娘に、「認知症始まったかなぁ?」というと
「フツウじゃない、hahaは、昔からだから。」

いやいや、今までとは、ちと違う。
と思う私なのでした。。。
てわけで、タイトル、『すわ!認知症⁈』な訳です。。。(^^;)
コメント

感謝しながら、ゆったりと。。。Gigのスケジュール(^^)

2020-01-12 15:00:00 | 表現にからむ様々なこと
今朝、氷点下を抜け出ないところに暮らす知人からメッセージあり。
少しブルーな私の心が、和んだ。
朝日を見ながら、メッセンジャーで少しおしゃべり。



自律し、自立し、感謝する。

それが大事で、そういう在り方が好きだなぁ。

『音楽』とまだ私は出会っていないのかもしれない。。。
と、少し思いながら、
『音楽』に寄り添ってもらっていることを、自覚する。

感謝しながら、ゆったりと。

この冬を越えて、その先の春へ。

寒い季節ではございますが・・・
Bitches Brew for hipsters only へ是非お越しくださいませ。

2020/1/21 2020/2/21
CuniCo’s Attempt with 大由鬼山(尺八)
『金の輪』小川未明作
歌・・・『島原の子守唄』他
『おとなになれなかった弟たちに・・・』米倉斉加年作
19:30start 3,000円(1drink 付き)

2020/3/21
CuniCo’s Gig with ケミー西丘
シャンソンを中心に・・・
14:30start 3,000円(1drink 付き)

お申し込み、ご来場お待ちしております。




コメント