CuniCoの徒然・・・岩下邦子の独り言

日々の暮らしの中で、立ち止まったり、すれ違ったり。私の中のアレコレを思いつくまま、気の向くまま。

いよいよ後期高齢者!(^^)!

2017-10-31 10:17:37 | 日記
今日は、家人の誕生日。

ハローウィンらしいが、日本人は、『かこつけて』が得意だから、
台風とともにお祭り騒ぎをしたらしい。
まぁ、楽しめることはよいことだから、よしとして
しかし、投票率の低いことと言ったら、驚きだ。

これは、由々しき事態、民主主義はすでに崩壊していると言っていいほどで、
選挙の時だけ政治を『真面目な顔した芸能ネタ』のように取り上げるマスコミの責任も大きい。
特番の視聴率競争から、一抜けたできない人たちは、
大きな災害になるかもしれない台風のことより、特番だった。
日頃の政治の取り扱い方も、スキャンダルネタで盛り上がるばかりで、
確信をつく報道はないし、政治にかかわる運動に対しても報道は消極的だ。

政治に対する興味が薄れるのは、政治家たちの日和見主義、勝ち馬に乗る・・・
よくわからない人たちに成り下がっていることもその一因だろう。

しかし、一番問題なのは、政治は自分に関係ないと思わされている人たちだ。
無効票が話題になったが、ある意味無効票大いに結構じゃないかとも思う。
自分が投票するに値する候補者や政党がなければ、白票を投じる行為、これは大切だ。

投票する行為を国民は大切にしなければならないと私は思う。

あ・・・珍しく政治ネタを書いた・・・
天下国家を論じるの嫌いじゃないけど、ブログなどだと、
きちんと向き合えないどこの誰だかわからない私・・・だから、あまり書かない(笑)
ついつい、書いてしまったなぁ・・・
なにしろ、形骸化しつつあるものが多すぎて、辟易とすることが多いこの頃なので(^^;

さぁ、天下国家を論じていても、私の暮らし向きは変わりそうもないから、
まずは、我がクローゼットを思い切って片付けましょう。

そう、捨てます宣言!
いつか着る服ではなく、大切に長く着る服をチョイスしよう。
何しろ、後期高齢者世帯になるわけで、
いつなにがおこってもいいように・・・片付けはしておきましょう。

あ・・・私は、後期高齢者になるには、まだ20年あるけれど、
家人を見ていると、片付ける・・・つまり物を捨てることのパワーがなくなっていることと
もの捨てること=自分を捨てることみたいな精神状態に歳を重ねるごとになっているのがわかる。
そして、何をどこに置いたか・・・確実に頭の中の許容量が減ってきていて、困惑している姿が多くなってきた。
つまり、もともとの容量が家人よりはるかに少ない私は、シンプルにすることこそが、大事なのだと痛感する。
ここから5年かけて、自分の暮らしを軽くしていくぞ!と決意するわけで、
家人の誕生日はお片付けの日となるわけです(笑)

誕生日プレゼントは・・・休暇。
私は今日お仕事お休みをいただきました。
まぁ・・・家にいないはずの私がいる・・・これって、すごいプレゼントだと思うんですけど(笑)

いると邪魔でいけない・・・とどこからか声が聞こえてくる気もしますが・・・・

いよいよ後期高齢者です。

今日は、家人の誕生日・・・
よくお酒を呑み、昼近くまでで眠る家人は、
珍しく早起きして・・・
いま、お風呂の掃除をしています(^^)/

うん、なかなか素晴らしい、後期高齢者初日であります。
呑んだ分、身体動かさなくっちゃねぇ・・・

そうそう、天下国家の最後のひと言。
いろんな政策の失敗のツケを年寄りに回しちゃいかんでしょ。
高度経済成長を支えてくれたお年寄りにしっぺ返しするような国は御免だな。

いのちを守り育てるために、
いのちを愛することができるように
いのちを見つめることのできる自分でありたいと思うわけです。
コメント

10月30日(月)のつぶやき

2017-10-31 05:44:59 | 日記
コメント

10月29日(日)のつぶやき

2017-10-30 05:58:20 | 日記
コメント

ジャムラボ参加・・・三回目!(^^)!

2017-10-29 09:21:53 | 表現にからむ様々なこと
歌を唄おうとしているうちは、歌えていない状態なわけで、
そんな状態ではあるけれど、ジャムラボ三回目の参加!(^^)!

歌えていない状態なのに、
しかも、ジャムラボ・・・ジャズの勉強会のようなもので、
まったく、ジャズがわからない私が、参加させてもらっていて、
田村博さんに感謝しかないし、
そんな私を温かく迎えてくれる参加者のみなさん、
オーナーに感謝感謝・・・なのであります。

たぶん、今、私、月に一度参加しているジャムラボとても楽しんでます。

みなさん、楽譜読めるし、
自分がどういう風に歌いたいかを説明できるし、凄いなぁ・・・と。

私は、楽譜に沿った説明なんてできない。
グレーにピンクが混ざったような・・・とか
太陽のもとで踊ってる・・・とか
そういう風にしか説明できない。

これから、頑張って、楽譜読めるようになりたい・・・と思っていないし(^^;

でも、楽譜を読める方たちが、もちろん私以外の参加者みんなそうなんだけど
ピアニストの田村さんとサラサラと話しているのを見ると少しだけうらやましい。
外国でその国の言葉でサラサラ話してコミュニケーション取れてる人・・・
みたいで、うらやましい。

つまり、音楽の世界って私にとって知らない世界なのだと痛感する。
外国に行ったとき知らない文化知らない街でも、私は平気でいられる。
逆に知らない世界との出会いはワクワクする。
日本語で話すとわりと通じたりするし、生きていることに何ら変わりはないから。
知らない世界でも生きられる『岩下邦子』がそこにいるだけだ。
そんな感じなのだろうか、ジャムラボもワクワクする。

私は、音楽を知らないうえにカタカナが苦手で、
会話に出てくる人の名前が、まったくわからない(^^;

でも、昨日一人だけ名前をメモして帰ってきた。
その方のピアノをYouTubeで聴いた。
凄い!
いろんなものが見えてくる・・・つまり、感じる。
ジャムラボに参加するたびに、いろんな世界と出会う。

三回目の参加で、初めて自分の歌を録音できた。
参加することの緊張感があって、二回レコーダーを持参し忘れた(^^;

帰りの電車に揺られながら、自分の歌を聴く。
もちろん、田村さんのピアノで歌う自分の歌を初めて聴く。

1曲目は録り忘れ。。。(^^;
二曲目の『群衆』
もちろん、ジャズピアニストの田村さんは、ほとんど初見で弾く。
「どんな曲だっけ?聴いたことあるかもしれないな・・・」
でピアノの鍵盤を田村さんの指が、お散歩始める。
一音目、二音目・・・だんだん近づいてくる。
そして、世界が見えてくる。

面白いなぁ・・・
たぶん、クラッシックをしっかり勉強した人って、
初見で楽譜通りに弾くことはできるのだろう。
だから、いつもの伴奏にとても近いものになるわけだ。
たいてい、音数が多かったりするから、減らしてもらったりするのだが・・・

探り探り、二次元の楽譜を三次元に立ち上げるわけで、
田村博さんの指が、鍵盤を自由に走り始め、
これまで私が感じたことのない世界を創り出す。
それでいて、勝手な自己主張ではなく、しっかり私の世界を感じてくれている。
凄いなぁ・・・本当に、すごい。

私は、音楽コンプレックスの塊みたいな人間だが、
その私に、音楽って楽しいよね・・・といつも語り掛けてくれる存在。
それが、田村博さんのピアノなのだと思う。
自由でいいよと語り掛けてくれる。

私自身をしっかりしなくっちゃと心の底から思う。
自由というのは好き勝手でいいよってことではない。

歌おうとしている状態ではない私が、あの場に参加できるように。
コトバとカラダをしっかりくっつけて、あの場に行かなくては。
芝居の稽古は、そういうもんだったわけで、
当然のことだが、コトバとカラダをくっつけて、稽古に臨む。
だからこそ、相手役の在り方、状態に反応し芝居を創ることができる。
ジャムラボで、田村さんのピアノで歌える時間を無駄にしてはいけない。
もっともっと、自分を何とかしなくっちゃ・・・と思った。
もっともっと、自由になるために・・・自分を何とかしなくっちゃと思った。

そして、駅の改札に向かう時・・・
「あ~終わっちゃった・・・」と
まるでソロライブが終わったときのような喪失感を味わう。
久しぶりに逢った恋人とまたしばらく逢えない・・・そんな寂しさを味わう。

ジャムラボ・・・
Jazzを歌う人たちが集う場に、ちょこんと参加させていただいて、
すごくいい時間を過ごしている私なのでした。
コメント

10月28日(土)のつぶやき

2017-10-29 05:50:32 | 日記
コメント