京都&神楽坂 美味彩花
京都と神楽坂を行ったり来たり、風景などを綴っています。
 




寺町京極の一番北側、御池通の角に店を構える「亀屋良永」さん
『御池煎餅』が有名で京都市内のデパートでも多くみられます。
缶に貼られた文字は棟方志功作で
パッケージが気に入っているのでお土産にもよく使います。

米粉で作られたフワフワとした麩煎餅で
ほんのり甘い味付けがしてあるとてもシンプルなお菓子。

こちらは「玉納豆」、大徳寺納豆を州浜(黄粉を水飴で固めたもの)で覆ったもので
不思議な味のお菓子です。
大徳寺納豆は浜松の浜納豆に似ている物ですがもう少しクセのあるもので
味噌とももろみともつかぬ独特の匂いと味がします。

他には「野守」(のもり)という粟のお菓子も美味しい。



コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )




創業は江戸時代初期
織田信長の御用商人として綿織物を納めたのが始まりとされている
「永楽屋細辻伊兵衛商店」さんです。
祇園でこのてぬぐい柄(桃太郎)を見られた方も多いと思いますが
室町三条に本店がありギャラリーとなっています。


舞妓さんの柄も有名ですが・・・他にも粋な手拭いが沢山あります。
すべて明治から昭和初期にかけて作られた絵柄の復刻版なのだそうです。
手拭いの他にもポーチやバック、コースター等
生地を使ったグッズが人気のようです。
お土産にハンカチを買いました。
 
同じ系列で出されている「RARK」さん
洗練された若い人向きのテイストで
バックや帽子、小物等も出されているお洒落なお店です。
本店さんのすぐ近くにお店があります。



コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )




京都の紅茶専門店「ラ・メランジェ」さん
前は北山の方にあったのですが烏丸御池に引っ越されて
ティールームも新しくなったのかと行ってみたのですが・・・
悲しい事に事務所だけになっていましたシクシク・・・

店内にはお茶の量り売りと中国やその他茶器等も置いてあります。
しかし、やはりティールームが無いのは寂しい限りです
とりあえずミルクティに合いそうな茶葉だけ頂き
メランジェさんの紅茶が入っている所へ移動・・・

京都市内のレストランやカフェの色々な所に
メランジェさんの紅茶は入っているそうですが
こちらもその中の一つ、JR伊勢丹さんの5階の「ブラウニーズ倶楽部」さん
手作りブラウニーのお店です。

暖かいチョコレートブラウニーに生クリームとアイスが添えられています。
メランジェさんのコクのあるミルクティはやはり美味しいです

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




先日「柿本」さんで買った鳥獣戯画和紙を使って
徒然なるがままに作ってみました。
ご覧下され~(小梅太夫風に)

①スタバmyタンブラー・・・クリエイトタンブラーの紙を差し替えて


②箱物・・・お菓子が入っていた箱に貼ってみました。


③茶筒・・・古くなったお茶の缶に貼ってみました。

このお茶缶が一番難しかったです。
絵を合わせるのに苦労しました

コメント ( 24 ) | Trackback ( 0 )




スタバの新メニュー「ホワイトチョコレートブラウニー」を食べてみました。
マカデミアナッツが入った少し堅めのブラウニーですが
ミルクキャラメルっぽいスイートな味わいがとても美味しいです
(普通のチョコレートブラウニーもでています)

&今回はクリエイトユアタンブラーを買いました。
中の紙を入れ替えてオリジナルカップができます。
”Myタンブラー”早速作ってみました。

夢二タンブラー(銀閣寺道でかったハガキ使用)


元禄舞図タンブラー(便利堂さんで買ったハガキ使用)

もう一つは只今制作中なので明日UPしますね~



コメント ( 23 ) | Trackback ( 0 )




昨日の紙司「柿本」さんのお隣のお隣・・・に
お茶で有名な「一保堂」さんがあります。


購入はもちろんのこと店内の喫茶「嘉木」さんでは
お茶の入れ方講習を聞きながら
京菓子付きのお茶を頂く事もできます。

さて、一保堂さんの道を挟んで真向かいに「末廣寿司」さんがあります。
こちらも江戸時代から続く老舗のお寿司屋さん
「穴子寿司が」有名で主にお持ち帰りの方が多いですが
店内で頂く事もできます(2席のみです)

 
お土産用を買ってみました(注文してから作って頂きます)
店内も昔のままの感じを残されていて良い雰囲気です。
 
冬はお持ち帰りにすると寒さで少しご飯が堅くなりますので
これを電子レンジで僅かに温めて頂きます。


穴子が焼きたてのようにフカフカ芳ばしく美味しかったです



コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )




寺町通二条上るは紙司「柿本」さんです。
ハガキや便せん封筒、お懐紙やお料理のお膳敷き紙等々
紙類だけを扱う専門店です。
大好きな鳥獣戯画物があると聞いて行って来ました。

ありました!お懐紙と千代紙が売っていました。
特に鳥獣戯画の紙がとても気に入り飛びついて買って来ました
これを使ってどんな作品(?)を作ろうかなぁ?・・・楽しみです。


縦に長い寺町通りですが
四条~御池通のアーケード街もさることながら
御池から二条、夷通りにかけての雰囲気がとても好きです。
この辺りには紙屋さんも多く墨や硯、筆等のお店もあり
京都らしい雰囲気が醸し出されています。




コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )




京都地下鉄烏丸御池から歩いて2,3分の所にある「蒼」さんです 。
こちらも元々は呉服屋さんだったそうで
町屋の粋な佇まいがそのまま残されています。


中に入ると広々とした店内に美しい中庭が広がっています。


カウンター席からもこのお庭を前にしてお食事が頂ける
配置になっていて落ち着けます。
奧にはテラスや椅子席があり
このお店は”おひとりさま”でも入りやすいですし
お二人様でも沢山の人数で来ても良い所です。

ランチはどのメニューもサラダバー付きで
食後のフルーツポンチもあります。

メインのお料理は日替わりでお肉やお魚料理
日替わりパスタの中から選べます。
お昼限定の「釜飯定食」もありますが
来月からはイタリア料理専門店になるそうなので
もしかしたらメニューから無くなるかもしれません・・・
どんな感じに変わるのか楽しみです。
因みに改装の為2月1日~11日までは休業されるそうなのであしからず



コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )




京都の小川珈琲さんから「お米のロールケーキ」
というのが出ていて密かなブームになっています。
夕方には売り切れて買えない事もしばしばの人気商品!

普通のロールケーキとどこが違うのか食べてみると・・・
生地がものすごくしっとりしていて甘さ控えめ・・・
所々に入った黒豆がとても良いアクセントになっています。
兎に角しっとり~です。

前に米粉入りのパンを食べましたが
やはり生地がしっとりとしていました。
米粉はしっとり感を出す素材なのかもしれないですね。
因みにこの「お米のロールケーキ」他に抹茶と黒豆(期間限定)がありますが
しっとり感はこのプレーンなケーキが一番みたいです

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




今日の京都は雪がちらついていたのですが
どうしても「亀末廣」さんのお菓子が欲しくて出かけてきました。
亀末廣さんは烏丸御池、姉小路通りにあります(新風館のすぐ裏です)

何となく雪が降って時代劇っぽくなってます
暖簾がまた時代を感じます。

さてどんなお菓子が欲しかったかというと
「京のよすが」という干菓子なんです。

こんなにかわいく包装されています。

中をあけるとまたしてもかわいい箱が・・・

中身はこんなかわいいお干菓子なんです。
こちらは「京のよすが」のミニミニ版!
本当は四畳半の形をした箱に詰められたとても美しいお菓子です。
何となくおめでたそうなんですが・・・
実は今日誕生日なんです。
自分で自分を祝っておきました(爆)

コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ