京都&神楽坂 美味彩花
京都と神楽坂を行ったり来たり、風景などを綴っています。
 




北の丸公園内堀に咲く水仙の花と旧江戸城北の丸東門にあたる清水門(重文)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





本日もまたまた先月撮影した桜をアップしていきます。
「護国寺」は五代将軍徳川綱吉が、生母桂昌院の願いにより創建した祈願寺で
如意輪観音を本尊とし、 元禄時代の本堂や月光殿は国の重要文化財にも指定されています。

境内の桜はソメイヨシノから枝垂れ桜まで多彩で本数は多くありませんが広い境内に彩りを添えていました。


元禄時代の建築様式を残す観音堂(本堂)は都内でも江戸の面影を残す建築物の1つ

雄大な緑青の大屋根が印象的。近くの枝垂れ桜とのコントラストが



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





早稲田駅から徒歩10分程の所にある箱根山、元は尾張徳川家の下屋敷があった所で
江戸では一番広い敷地だったそうです。人工的な丘ですが山手線内では一番標高が高いと言われる場所。

頂上にある展望台からは桜の時期360度の花見ができる場所
建造物は何もないので見渡す限り桜という感じ。なので何処を撮っても同じ感じ?w



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





江戸三祖師は日蓮聖人の木造三体があるお寺で
神楽坂の朝日坂を上がった所にある圓光寺さんもその1つ。

杉並区にある「妙法寺」も堀之内のおそっさまとして親しまれています(後1社は赤坂)

三社の中では戦火を逃れているため広大な敷地に歴史的建造物や文化財などが残され
都内では貴重な場所でもあります。

江戸期の仁王門、本堂、祖師堂、鐘楼等々・・・

和洋折衷なデザインの明治期に作られた鉄門は重要文化財指定。



書院なども残されていますが拝観不可。

本堂裏は紅葉が綺麗でした。



江戸期の手水舎


良縁や財運などにご利益があるとされる二十三夜堂。

毎月23日には堀之内寄席なども行われます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





アップしそびれた写真を載せてみます。10月に訪れた浅草の浅草寺。
訪れる人もまばらな静かな境内でしたが今は賑わっているようです。

雷門を入ると本堂までの間に小舟町大提灯がかかる宝蔵門(ほうぞうもん)
因みに雷門は松下幸之助氏寄進再建。宝蔵門はホテル・オータニの創業者大谷米太郎氏寄進再建。

本堂参拝は混雑しないよう順番待ち。

宝蔵門裏に掛かる仁王様が履いたという長さ4mの大きなわらじ。

10月は仲見世も閉まっているお店もちらほら(12月現在は正月飾で煌びやかです)

コロナ禍の中ひっそりと今年4月に新調された風雷神門に飾られている雷門提灯
骨組みは京都丹波の一本竹が使われ制作は京都の老舗高橋提灯さん。

浅草寺お隣の浅草神社、三社祭の神輿はこの神社の町神輿。
鳥居を入った右手に寄り添うように1対の夫婦狛犬(めおとこまいぬ)が鎮座。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





映画「男はつらいよ」の舞台にもなっている葛飾柴又の帝釈天
久しぶりに訪れてみました。

創建は江戸時代初期ですが現在の建物は二天門は明治期に
内殿は大正期、拝殿は昭和初期に造られたものです。

境内は比較的こぢまりとしていますが帝釈天は別名『彫刻の寺』と呼ばれる程
お堂の彫刻が見事!

境内は自由に参拝できますが庭園と内殿一部の彫刻ゾーンは有料
大正から昭和にかけて江戸の匠たちが施した見事な彫刻を見ることができます。

内陣外側にある10枚の胴羽目彫刻は特に有名で法華経説話の浮き彫り彫刻が圧巻です。


祖師堂にある大客殿は東京都の歴史的建造物に指定されています。

客殿前に広がる池泉式庭園



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





画業20周年を記念して上野の森美術館で片岡鶴太郎さんが個展を開催中(7月2日まで)
出品数は120点、見て回ると以外にも作品の多さにビックリ!
魚と椿の絵が多いのが印象的、映像と融合させた金魚の絵もインパクト大でした。

作品は撮影NGですが階段の柱に会期初日に描いたというパンダの絵があり
撮影スポットになっています。今日はサイン会もありました。

上野は赤ちゃんパンダ誕生で盛り上がってます
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 
スカイツリーは建設中から色々撮ってきましたが展望台に初めて上ってきました。
350mの展望デッキと450mの展望回廊に分かれ
まずは第1展望台まで行きその後専用エレベーターで第2展望台まで上ります。

分速600mで第1展望台まで50秒で地上350mに到達
冬は空気が澄んでいるので晴れている日は遠くに富士山が見える確率大!

望遠で撮ると結構近くに見えます。
 
太陽に輝く東京湾、まぶしい~

展望デッキから専用のエレベーターで展望回廊へ・・・

100m高さの違いますがあまりすがさほど変化は感じず?

緩やかな坂道になっている展望回廊を上り下ってくるだけです。

浅草の駒形橋から見るスカイツリー、改めて遠景から見ると高さに実感がわく

展望台の売店でしか買えないスカイツリーグッズもあるので要チェック



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





11月1日~11月23日まで開催されている湯島天神の『菊まつり』、北斎画にに搭乗する巴錦なども展示!
今年の菊人形はNHK大河ドラマ「真田丸」をテーマにした昌幸、信繁、春の3体。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ