京都&神楽坂 美味彩花
京都&神楽坂の写真を中心に風景やお店の話題などを綴っています。
 




うどんすきのお店「鳥茶屋」さん、別亭ではお昼限定の『親子丼』が有名ですが
鳥茶屋特製弁当『松花堂弁当』を注文してみました。
お刺身に揚げもの、豚の角煮、焼物等々・・・これで2310円とリーズナブル!
特に鶏のから揚げはボリュームたっぷり~美味しかったです。

露地を入った石段の途中にある風情ある別亭

玄関を入ると受付が料亭っぽい感じ

2階の畳敷きテーブル席に案内してもらいました。
広間と違った趣のある落ち着いた和室。ゆっくり食事できました。
松花堂弁当の他にも会席弁当(3240円)がありますがそちらは要予約です。
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





神楽坂もお蕎麦屋さんが次々にできて、どちらも人気店になっています。
市ヶ谷の名店といわれた「大川や」さんが神楽坂路地裏に2年前にオープン
6丁目の宝龍さんの横の道を入り角を曲がった古民家を改築したお店。
 

何度か訪れたもののいつも満席でなかなか入ることができずやっと入店
玄関を入ると靴を脱いで上がるスタイル、手前にテーブル席
2,3段上がった奥に白木のカウンター席があります。

田舎、つけとろ、鴨せいろ、穴子天も有名らしいですがせいろを注文
丸抜き全粒粉の細めに打たれたツヤツヤのお蕎麦
一口食べれば分かりますが洗練さた味という感じ!美味しい~

夜は蕎麦割烹ということでお料理も色々楽しめそうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





創業明治22年(1889年)の老舗中華料理「龍公亭」さん
古くからあるお店なので地元の常連さんも多く親しまれています。
お昼の千円ランチや土鍋麻婆豆腐も人気ですが、最近の個人的お気に入りは「鉄板焼きそば」!
夜メニューなので昼は載せていませんが注文するれば作って頂けます(1400円也)
野菜たっぷりで中華ソースの味わいがなんともクセになります
  

お得な日替わりランチは優しい味わいで美味しい。
五目チャーハンもオススメで我家の定番!
人気メニューの1つ中華カレーライスも気になる~また挑戦してみたい。
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





神楽坂6丁目のボルゴ大〆にできたお蕎麦屋「かね田 宝庵」さん
大〆さんの御親戚(?)が経営される鰹節問屋さん直営のお店ということで
お蕎麦だけでなく蒸し寿司も復活されて味わうことができます。
 

店内はこぢんまりしていますが落ち着ける雰囲気
温かいお蕎麦から冷たいお蕎麦、蒸し寿司、茶巾寿司などがあります。

せいろと蒸し寿司がセットになった桜御膳は両方食べることができてオススメ
お蕎麦も美味しいですが汁がさすが鰹節問屋さんだけあり出汁が利いてます。

大〆さんから伝授された蒸し寿司は、鯛のほぐし身に刻んだ椎茸煮などの具が入り
上にはふんわり玉子にキクラゲがのり美味しさ復活!

海老天や厚焼き玉子、大根おろしなど色々な具材がのった「宝庵そば」



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 
京都駅烏丸口を出て東方向へ少し歩いた所に平安京「羅城門」10分の1スケール模型が設置されています。
夜はライトアップされ幻想的な感じに・・・ちょっとした撮影スポットにもなってます。
平安京の表玄関であった羅城門は朱雀大路南端に造られていた大門で
二重閣瓦屋根造の巨大な建造物でしたが幾度かの台風や暴風で倒れその後再建されることはなかったようです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





季節ごとのテーマで彩る京都駅大階段のグラフィカルイルミネーションPlus
写真は先日撮ったものですが、暫くメンテナンスのためお休み中です(11月18日まで)

次回点灯は11月19日(月)から



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





桓武天皇が平安京造営の際に都の四方に祭祀した東南方角の一つ「東三条大将軍神社」
久しぶりに立ち寄ってみると台風20号で倒壊した拝殿は跡形も無く片付けられていました。
昨年の台風では稲荷社が倒れ、境内の様子がすっかり変わってしまいました

神社の管轄は八坂神社だそうで



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





店先のしつらえが美しい京料理の老舗「瓢亭」さん
創業は約400年前、南禅寺境内で門番所を兼ねた腰掛茶屋を出したのがはじまり

その名残がみられる玄関
 
茶屋の頃から提供していたとされる煮抜き玉子は現在でも『瓢亭玉子』として有名
朝がゆなどお隣の別館ではリーズナブルなお値段で提供。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





インクラインから南禅寺に向かう参道沿いにできた「ブルーボトルコーヒー」、看板のブルーのボトルが目を引きます。
コーヒー界のAppleとも言われているらしいサードウェーブコーヒー(90年代後半に起こった新しいコーヒー文化)店の1つで
東京では南青山や清澄白河などに店舗がありますが日本では8店舗目になる京都カフェ。

3月のオープン以来大人気で沢山のお客さんで賑わっています。
 

築100年を超える2層構造の伝統的な京町家をリノベートしたもので
建物の梁などをそのまま残したお洒落な空間

メニューは至ってシンプルで、ドリンクはドリップコーヒーとエスプレッソのみ
フード類はパウンドケーキやクッキーなどが少し
 

手前の建物と奥に分かれ前側ではグッズの販売などオーダーは奥

席数はある程度確保されていますが落ち着いたテーブル席はやや少なく
カウンター席等などで自由に飲むという感じ?
南禅寺に行く時に気軽に立ち寄れるのが良いかも



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





もみじの紅葉はまだまだですがほんのり色付いている木や桜葉の黄葉など秋らしい雰囲気に・・・

法堂横の桜葉と三門横のもみじ

あと一月も経つと紅葉も進んできますね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ