京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

下鴨神社御手洗祭(足つけ神事)

2017-07-27 05:37:05 | 祇園祭2017

昨日朝早く京都の夏の風物詩のひとつ、下鴨神社の御手洗祭「足つけ神事」に行ってきました。
平安の昔、貴族は季節の変わり目は禊祓いをして罪や穢れを祓っていました。
それが庶民に伝わり現在の御手洗祭になったと言われています。
土用の丑の日に下鴨神社の御手洗池に足を浸し、罪や穢れを祓い無病息災を祈願するのです。
今年の御手洗祭は7月22日~30日、朝5時時半から夜は9時まで行われます。
毎年土用の丑の日(今年は25日)には多くの市民で賑わいます。
境内には露店もでて(22日から25日)、期間中10万人の参拝客が訪れます。

昨日露店も撤去された後のまだ訪れる参拝者が少ない朝















ここから上履きを脱ぎ、灯明料300円を払いロウソクを受け取ります。





輪橋という橋の下から御手洗池に入って池の中を進み、御手洗社の前の祭壇にローソクをお供えし、
池から上がったところのご神水をいただくことで、無病息災、安産、災厄抜除のご利益を受けられます。















井上社(御手洗社)
社前の池が御手洗池です。
足つけ神事以外にも、立秋前夜の矢取り神事、葵祭の斎王代が禊をするところです。










以前はなかった水みくじがありました。










夜の方がロウソクに照らされて幻想的です。観光客も多いです。

楼門の前に出町ふたばが出店していました。
私はここの豆餅が大好きです。
足つけ神事期間中でているそうですが、朝早すぎでまだ商品が出ていませんでした。残念。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾旅行雑誌に私の画像が載りました。

2017-07-26 15:52:38 | 定年後生活

先月中旬台湾の旅行雑誌から私のブログにメールがきました。
内容は7月発行号『京都の紅葉特集』に私の画像を載せたいというのです。
今まで日本のテレビ制作会社や雑誌社からは同様の依頼はありましたが、台湾は初めてでした。
秋の紅葉観光の手助けになればと思い、依頼を受けました。
掲載したいという画像は2014年秋の洛北赤山禅院を撮影した一枚です。
クレジット(提供元)は今回もお断りさせていただきました。

先日台湾の旅行雑誌社よりPDFファイルが届きました。





雑誌に使用された私の画像です。
紅葉と寒桜を撮影したものです。







画像利用依頼は何度かありますが、お役に立てるならということで基本的には了解するようにしています。
それにしても、依頼される方はどこから私の画像を目にしたのでしょう。いつも気になっています。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の山野草 まだまだユリがきれいです。

2017-07-26 05:40:14 | 花めぐり2017


オニユリ
コオニユリとオニユリの区別は難しいですが、私はムカゴで判断しています。
というより、それしか区別ができないのですが。















オウゴンユリ





コオニユリ
ムカゴがありませんでした。





サクユリ





ウバユリ











キキョウ










ヒオウギ

















キンミズヒキ





イヌゴマ





ヤブカンゾウ





カリガネソウ















レンゲショウマ





ホソバイイヌビワ





バイカアマチャ










ハグロソウ





ハナイカダ





スズカケソウ





蝉の抜け殻が目に付きます。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大蓮寺の蓮

2017-07-25 17:55:06 | 花めぐり2017

今年の祇園祭の後祭巡行も無事に終わり、祇園祭好きとしては今は少し虚脱感があります。
いつもは午前中の散策で引き上げ、午後は妻と買い物に行ったり、家の中でゆっくりしていましたが、
祇園祭期間中は朝散策に出かけ、昼過ぎに山鉾めぐり、夕刻の宵山など普段と違うリズムでさすがに疲れました。
ですが心地好い疲れで、先日の胃の具合が良くなかったのが嘘のように食欲もあります。
好きなことに熱中していると不思議と疲れも気にならないようです。
ただこの数日お天気が優れず、蒸し暑い梅雨のようなのは困りものです。
外出時は熱中症対策にとステンレスマグに冷たいお茶を入れ、保冷剤を持ってでかけます。
あと一ヶ月以上は暑さとの付き合いが必要です。

前に撮影した大蓮寺の蓮です。祇園祭に没頭し投稿が遅れました。

小三色蓮





垂水蓮





品種不明





真如蓮





艶陽蓮





喜上眉梢





カスピカム





小舞妃





西光寺白蓮





金鳳展翔





藤壺蓮





紹興紅蓮





天竺斑蓮





仏足蓮





飛蚊





金輪蓮





粉松球





大洒錦









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祇園祭後祭巡行(24日)これで私の山鉾めぐりも終わりです。

2017-07-25 05:38:34 | 祇園祭2017

7月1日の吉符入りで始まった祇園祭もいよいよ後祭巡行です。
10基の山鉾が烏丸御池を9時半出発、御池通りを東進、河原町を南下、四条河原町から四条烏丸まで約2時間の巡行です。
前祭の巡行とは逆コースになります。
私は8時前に山鉾町に着き、出発前の景色から撮影しました。

大船鉾
宵山を賑わした提灯などは全て撤去され、出発を待つだけです。





南観音山





曳き手の方々











北観音山





曳き手の最後の確認です。











八幡山





場所を移動し、新町御池通りで北観音山の辻回しを撮影します。
山鉾の車輪は車のようには曲がりません。
車輪の下に割竹を敷いて、曳手が3回で90度向きを変えます。


北観音山が御池通りに着き、ここから90度回転させます。





一回目 30度まわします。





二回目 60度になります。





三回目の辻まわしで90度まわりました。





出発点の烏丸御池に進みます。





次は南観音山の辻まわしです。
北観音山同様三回目で90度まわします。















最後は大船鉾の辻まわしです。
これも同様に三回目で向きを変えます。











後祭巡行の出発点の烏丸御池に場所を移動します。
すでに大勢の人で撮影場所が確保できなかったのですが、わずかなスペースに陣取りました。
9時半巡行出発です。

1番 橋弁慶山
弁慶と牛若丸が五条大橋で対面する場面をあらわしています。
弁慶は鎧姿に大長刀を持ち、牛若丸は橋の欄干の擬宝珠の上に足駄で立ち右手に太刀を持っています
「くじ取らず」で、後祭の巡行の1番目に行くことが決まっています。(2012年よりくじ取らず)
弁慶の手足にまかれた縄は心身壮健の願いを込め、宵山に授与されます。










2番 北観音山
楊柳観音像と韋駄天立像を安置する曳山で、巡行時に柳の枝を差出しています。
天水引は観音唐草と雲龍図を各年に使用します。
「くじ取らず」で後祭巡行で橋弁慶山に次いで2番目を行きます。





3番 鯉山
龍門の滝を登った鯉は龍になるという中国の伝説の立身出世を意味する「登龍門」の言葉を表している山です。
朱塗鳥居を立て、奥の祠に素盞鳴尊を祀っています。
御神体の木彫りの鯉は全長1.5mあります。










4番 役行者山
日本に古くからある修験道を主題にした山です。
御神体は役行者と一言主神、葛城神の三体を安置します。
役行者が一言主神を使って葛城と大峰の間に橋をかけたという伝承によります。
修験道の大本山聖護院から約50名の僧侶を招き、会所前で護摩木が執り行われます。











5番 八幡山
町内に祀られている八幡宮を山の上に勧請したもので常は町会所の庭にお宮を祀っています。
山の上の祠は総金箔の美麗なものです。
夫婦円満を象徴する雌雄の鳩が向かい合って鳥居に止まっています。











6番 南観音山
本尊の楊柳観音像は悠然と瞑想をする鎌倉時代の座像です。
諸病を防ぐといわれ巡行には柳の大枝を差し四隅に木彫薬玉をつけます。
「くじ取らず」で後祭巡行の6番目を行くことが決まっています。
真木の代わりに立てる松の木は、毎年鳴滝から2本届けられ、北観音山と南観音山の代表がクジを引いて良い方の松を選びます。
真松の下枝には「尾長鳥」が止まっています。










7番 鈴鹿山
伊勢国鈴鹿山で道行く人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現を、
金の烏帽子をかぶり手に大長刀をもつ女人の姿であらわしています。
真松には沢山の絵馬がつけられ、巡行後、盗難除けのお守りとして授与されます。











8番 浄妙山
平家物語の宇治川の合戦で僧兵浄妙が一番乗りをしようとした時、一来法師がその頭上を飛び越え、
先陣をとってしまった様子を表しています。










9番 黒主山
謡曲「志賀」にちなみ大伴黒主が桜の花をあおぎながめている姿をあらわしています。
桜の造花は戸口に挿すと悪事除けになると言われています。











10番 大船鉾 
前祭の船鉾が出陣船鉾と称されるのに対し、大船鉾は凱旋船鉾と言われています。
元治元年(1864年)の蛤御門の変により一部を残し焼失しましたが、2014年より完全復興して巡行に参加しています。
平成24年に、御神面を入れた唐櫃(からひつ)による特別な形で、山鉾巡行に復帰した。
「くじ取らず」で後祭の山鉾巡行の最後を行くことが決まっています。

















10時前、10基の山鉾を見送りました。





祇園祭は7月31日八坂神社の疫神社夏越祭で終わりですが、私の祇園祭投稿は今回で終了です。
今年も長い間の祇園祭のお付き合いありがとうございました。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加