花好きじじい

花を求めて山野を歩き回っています。
花好きの皆さん花にまつわる話をお聞かせください。

キッコウハグマの花

2018-11-19 21:15:17 | Weblog

 私の生活圏にはキッコウハグマの生育する場所が何ヶ所かあることは知ってはいましたが、最近になって毎日通勤に通っている国道からあまり離れていない公園の散策路にも沢山生えることを山野草同好会の仲間から教えて戴いたので帰途に何度か立ち寄って観察しました。

 キッコウハグマはキク科モミジハグマ属の中でも最も小さく、草丈も10〜15cmしかなくて見栄えのしない上に、閉鎖花が多いので見過ごされ易い花なのです。

  

 頭花は総状に数〜10個つきますが、そのうち開花する解放花は1〜3個だけで、あとは開花しない閉鎖花のことが多いことが分かりました。
 
 根は細かく分かれ、かなり深く広がっています。
 

 葉は茎の下部に5〜10個輪生状につき、長い葉柄がある5角形で角には棘状の突起があります。葉表は緑色でやや光沢があり、葉裏は緑白色。両面に毛があります。


  頭花は3個(稀に4個)の小頭花の集合体で各5枚合計15枚(時に20枚)の白色で先端が巻いた花弁をつけます(下の画像は小頭花を切り分けたものです)。


 雌雄両性のこの花でははじめに3本(稀に4本)の雄蕊(葯筒)が表れ、その中から先端が二分した雌蕊(花柱)が突出してきて受粉するとされます。
 下の画像の前方には葯をつけた雄蕊筒をつけた花、後方に花柱の突出した花が見られます。 


 葯をつけた雄蕊筒
 

 雄蕊筒から花柱が突出した花
 

 花が咲いた後、痩果をつけますが、解放花と閉鎖花とでは大きく違います。
 花弁の萎んだ解放花では開花の終わりがよく分かりますが閉鎖花では開花が終了したのか蕾の状態のままなのか右の画像のように冠毛が表れてくるまで分かりません(右は全て閉鎖花)。
  
          開花が終わった閉鎖花と解放花
 
 
下の画像は花筒から覆瓦状の萼片(十数片)を取り除いたものです。
                解放花では 
 
 下の閉鎖花に比べて子房が極めて貧弱で成熟した種子となるとは思われません。

                閉鎖花では 
 
 閉鎖花には花弁の痕跡のようなものは全く見られず、中央に棍棒状に見えるものがありますが、
 これを取り出して袋状の幕を開いてみると褐色の先端が二分した花柱が出てきます。
 恐らく、この花柱嚢(仮称)の中で自家自粉が完了したものと思われます。


 熟すると萼片が脱落して羽状の冠毛をつけた風散布型の痩果が開いてきます。

  冠毛を除いた種子の拡大像
 

 種子を鉢に播き増殖を試みておりますので結果については後日書いてみます。

 

 

コメント (2)

秋田で見るハグマの名のついた植物

2018-11-19 20:45:41 | Weblog

 『ハグマ』とはチベットなどに生息するヤクの白い尾の毛を武将の采配、僧侶の払子、旗や槍の装飾に使ったものの名称であるが、花の形がこの白毛の装飾に似るキク科モミジハグマ属の一群につけられている。
 この属の植物は日本から中国にかけて30種ほど知られているが、日本で○○ハグマの名のつけられたものが10種あり、秋田でもオクモミジㇵグマ、クルマバハグマ、キッコウハグマの3種が見られる。

オクモミジハグマ
 草丈:40~80cm 
 葉は4~7個、茎の中央部にやや輪生状につき、腎心形または円心形、掌状に浅裂  し縁には鋸歯がある。長い穂状花序に多数の頭花を横向きにつける。小花は3個、花冠は白色で5裂する。総苞は筒形の覆瓦状。

                     (9月22日岩谷山麓で撮影)

クルマバハグマ
 草丈:30~60cm
 葉は6~8個、茎の中部に車状につく。先が尖り、基部が楔形。茎頭の円錐花序にまばらに頭花をつける。小花は7~10個、花冠は白色で5裂。総苞は鱗状に並ぶ。

                     (9月22日岩谷山麓で撮影)

キッコウハグマ
 草丈:10~30cm
 葉は下部にやや輪生状に5〜11枚、腎形または卵形で5角形。頭状花序は総状または複総状に10個内外つくが解放花は1〜3個でほとんどが閉鎖花。小花は3個で花冠は白色で5裂。総苞は狭い筒形で覆瓦状に並ぶ。


                    (11月3日国花苑で撮影) 

 

コメント

カキツバタが咲いています

2018-11-12 05:49:25 | Weblog

秋田市千秋公園あやめ園のカキツバタは今年も見事に咲いています。
背景の紅葉とマッチしてカキツバタの紫がよく映えています。
 

コメント

アギナシの零余子(2)

2018-10-20 18:10:19 | Weblog

 2018-9-21「アギナシの零余子(1)」では零余子の成熟を待って採集したいと書き、その後も時々抜き取って調べていましたが、かなり成熟したと思われた10月19日に採集して半分はそのままプランターに植え、残り半分は軽く湿らせたマットを敷いた容器に並べて冷蔵庫中に来春まで保存して植えることにしました。
 9月21日の時点では零余子はまだかなり未熟でした

 10月19日には成熟して黒くなり、触れると種子のように簡単に細い柄から離れます


 大きさに違いがありますが大部分は長径3〜5mm先が尖った水滴形をしています

 

 その後の発芽や生育状況については後日書きたいと思います。

コメント

野生アズキを使ったお汁粉

2018-10-14 22:08:37 | Weblog

 2017-10-21ヤブツルアズキご飯』には近隣の大豆畑の厄介な雑草ヤブツルアズキから採取した豆を入れて炊いたご飯について書き、この文中で、来年にはこの豆を使ったお汁粉作りにも挑戦したみたいと書きましたが、今年も昨年と同じ大豆畑から相当量のヤブツルアズキが採取できたのと、この畑に隣接した別の大豆畑からはヤブツルアズキとは別種の野生アズキ属と見做されるものも(種名不明)採取できましたので、これらを使ってこし餡を作りお汁粉を作ってみました。
 なお、食感を比べるために市販のアズキでもお汁粉を作って食べてみました。

ヤブツルアズキ
     
    大豆に絡みつくように延びています                                
名称未定のアズキ属(?)の植物 
      
    大豆には絡みついてはいません
                                     (上の画像は拡大して見ることができます)
  
両種は3出複葉で、小葉は卵形または狭卵形、総状花序に黄色の蝶形花を付けるなどよく類似していますが、ヤブツルアズキの方が全体にやや小型で蔓状に延び周辺の植物などに絡みついています。
 豆果は線形で長さは4〜9cmですが、名称未定のアズキ属の方がやや大きく、熟すると両者とも莢が黒くなり、乾燥すると中にある6〜10個の卵形の種子が弾き出されてきます。 
 種子の色はヤブツルアズキ(中央)では薄黒い斑ら模様なのに対して、名称未定のアズキ属(右)は黄土色をしています。
 大きさの比較のために市販のアズキ(左)を並べました。


 畑の所有者の許可を得て、大豆畑の中からヤブツルアズキ(左)と名称未定のアズキ属(右)をかなり大量採取しましたのでぶし餡ではなくこし餡に挑戦することにしました。

 食感を比べるために市販のアズキ(左)でも作って試食しました。
       アズキ       ヤブツルアズキ     名称不明

 
 お汁粉にしてみると3者ともさほど違いがないというのが率直な感想で、強いて言うならヤブツルアズキでは粒子が粗く味覚がやや劣るかというところでした。

 ここで、名称未定のアズキ属としたのはヤブツルアズキに極めて近縁の植物らしのですが蔓性ではなく種子が黄土色なので別種なのです。インターネットで検索してもヒットしないため今のところ未定としておきます。何方かご存知の方がおられましたらお教えください。 

 追記:インターネットで検索したところヤブツルアズキは野生アズキ、別の名称不明とした植物は雑草アズキ(ノラアズキ)と呼ばれていることが分かりました。
    

  

コメント

アギナシの零余子

2018-09-21 16:50:50 | Weblog

 2018−8−30 「アギナシとオモダカの見分け方」の中で、“アギナシのどれほどの割合で
ムカゴを付けるかという知見ももっていませんので調べてみたい”と書きましたが、今朝
(9月21日)通勤途上アギナシ群生のジュンサイ沼わきを通りかかった折、2度目の除草
作業が済んだ直後であったので苅り残されたアギナシを探して抜き取ってきて調べてみま
した。
 そこで分った事は、アギナシでは生育が遅れた株以外の殆どで葉茎の基部に零余子を付
ける
が 、開花しているいる時期には画像で見るような未熟だということです。

 


 このことから、アギナシとオモダカを見分ける決定的な鑑別点零余子の有無と言い切
っても良いのではなかと思います。
 なお、零余子が成熟する頃合いを見計らって(恐らく、11月中旬)採集して、低温保存
をしておき来春発芽させて育ててみたいと考えております。 

コメント

ミソハギの花

2018-09-13 10:19:37 | Weblog

 盛夏も過ぎたこの頃、私の生活圏の至る所でミソハギ科の紅紫の鮮やか花がやや黄ばんできた草むらの中に一際目立って見らるようになります。



 ミソハギ科にはミソハギエゾミソハギの2種(メミソハギを加えて3種ともされる)あることが知られていますが、私のちか身辺で咲く花はその何れかを知りたいと考え20ヶ所以上から採集してきて調べてみました。 
 その結果から書きますと、私の生活圏で見られるミソハギ科は、はっきりとミソハギとされるものは意外と少なく、大方はエゾミソハギか,またはその何れとも決め難いものでした。 

Text bookの中で、ミソハギとエゾミソハギとを区別する特徴として挙げられる点は;
 ① エゾミソハギでは全体に細毛が密生している。
 ② 花の萼から伸びた6個の突起はミソハギでは横に開出するのに対してエゾミソハギでは真直ぐ。
        ミソハギ                  エゾミソハギ
  

                          花後の萼
             ミソハギ         エゾミソハギ
 


 ③ 葉の基部がエゾミソハギでは茎を軽く抱く。
       ミソハギ                     エゾミソハギ
 

 ④   花が茎に付く角度がミソハギでやや鋭角のものが多い。
 などとなっていますので、上には両者の違いのはっきりしたものを載せました。
  しかし、各所のミソハギ科を見て歩いていると、この様に明瞭に区別出来るような特徴を備えたものばかりではないことが分かりました。 
 細毛の濃さと長さには違いがあって、短くて殆ど無いように見えるものから濃いものまで幅があるため、細毛の有る無し(つまり、ミソハギとエゾミソハギの区別)をどこで決めるかというのは難しいし、それに、濃い細毛があるのに萼先端の突起が開出しているものがあったり、葉の基部が茎を抱く形をしているかどうか明瞭ではないものなども少なくないなどのことから何れとも区別できないものが多かったのです。
 

コメント

パッションフルーツが咲きました

2018-08-31 20:05:56 | Weblog

 昨年8月中旬にたまたま出かけた駅前のデパ-ト地下の野菜売り場にパッションフルーツとドラゴンフルーツとを見かけ(後で、この売り場にはこの時期、常時並べられていると知りましたが)、これらの熱帯〜亜熱帯原産の果実を育ててみることを思い立ちました。

 寒冷地秋田でも冬期の管理にさへ気を配れば結実までには至らなくとも開花まではもって行けるのではないかと期待して両種から種を採集してそのまま播種してみました。
 取り出した種は水で種の周囲を取り囲むゼリー状の物質をよく洗い流してからキッチンペーパーに並べて一晩乾燥した後、プランターに播いて軽く土で覆い、直射日光を避けてやや湿らした状態にしておいたところ、約10日で発芽してきました。発芽率はドラゴンフルーツの方が可なり良かったのですが、その後の越冬の段階でドラゴンフルーツの幼苗は枯れてしまったため、ここからはパッションフルーツについてのみ書きます。

   種の実態顕微鏡による拡大像です
 

  この画像は本年8月1日再度の試みるとして播種して26日経過した新しい苗です。
 

  昨年播種し越冬し、成熟して繁茂したものとを並べて撮影してみました。
 

  8月31日夕刻にようやく念願の花を見ることができましたが、命の短い1日花で翌朝には萎んでいました。

 
  トケイソウ科の仲間特有の複花冠を持った花が美しい。

  花弁が5個、萼片が5個ありますが、前面から見るとどちらも白いため区別がつきませんが後面から見ると萼片が緑なので区別できます。

    (追記:秋田では花は沢山つけますが、開花後は全て落花してしまい結実しません。)


コメント

アギナシとオモダカの見分け方

2018-08-30 20:32:39 | Weblog

 私の職場の近辺にはジュンサイを栽培している浅い沼が数多く散在していますが、その中でも最も
近くにある1hrにも満たない小さな沼の周辺の土手の水際にはヒエ、イネ、イグサ科などの雑草など
に混じってアギナシがたくさん生えていてジュンサイ農家の嫌われものの一つになっています。

 

 農家ではジュンサイの摘み取り作業も8月中旬には終了し、下旬から9月上旬にかけて沼周辺の草刈
り作業とか沼の中に侵入したアギナシ、タヌキモ、ヒツジグサなどの抜き取り作業が始まります。
 こうした作業に取り掛かる前に、毎年沼の所有者の許可を得てこれらの植物を撮影をしたり採集さ
せてもらったりたりしていますから、除草作業に入る前に馴染みになった所有者が通知してくれます。
 

  今年は8月31日に除草作業をするとの連絡がありましたので、昼食後の休憩時間を利用して出かけ
てジュンサイ沼から抜き取られた雑草の中からアギナシだけを20株以上を選び出して持ち帰りました。
 なおこの折、この沼と村道を挟んだ水田の端に群生したオモダカも比較するために採集してきました。
 このように綺麗に刈り取られ、抜き取られてもオモダカ科の植物は生命力は強靭なため復活して翌年
夏にも同様の開花が見られるはずです。
 

  幸いにも、私の生活圏にはオモダカ科5種(オモダカ、アギナシ、ヘラオモダカ、サジオモダカ,マル
バオモダカ)の生息地がありますから、これら5種の形状、ことに花とを見るだけでほとんど間違いなく
見分けることが出来ます。
 通常、開花したオモダカ科に遭遇した場合、花冠サイズの大きい(4〜6mm)のオモダカ、アギナシと、
小さな(3〜4mm)のサジオモダカ、ヘラオモダカ、マルバオモダカとは見分けられ、さらに植物の全容
(ことに、葉の形)を観察することで区別することは容易です。
        オモダカ                  アギナシ
  

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー       

        サジオモダカ               ヘラオモダカ
 

                   マルバオモダカ
            
 

 とりわけ、オモダカアギナとを区別するのが困難だったとした記載も間々見受けられますが、
以下の各点に留意すればそれほど難しくはないものと思います。
 

 ⓵ 輪生総状花序はアギナシでは高く花も離れて付くため葉の上に出るように見え、オモダカでは
低く花も蜜に付くため葉の中に隠れるように見えます。
       ジュンサイ沼の岸に生えたアギナシ

    
       別のジュンサイ沼に群生していたオモダカ
 
  

 ⓶ は矢じり形をしていますが、アギナシでは葉身の狭いものが多くオモダカでは広いものが多
いという違いがありますが、両種とも変異が多いため葉身の幅だけで区別することは困難です。
       アギナシの葉は多様ですが、概して葉身の細い線形のものが多い。
 
      オモダカの葉身は幅広のものが多い。 
 

 きわめて特徴的なのは、アギナシでは頂裂片が側裂片よりやや長いのに対してオモダカでは頂裂片
の方が短いことで、葉身の幅の広狭に関わらずこの関係は変わらないことです。 
 頂、側裂片の先端はアギナシではオモダカより鈍とされていますが、それほどの違いが無く両種を
区別の有力な根拠とはし難いと思われます。

 「顎なし」の名称の元となったアギナシのヘラ状の葉は殆ど1割程度にしか見られれませんから、
この有無だけで両種区別の根拠とはなし得ないと思います(オモダカにも稀に見られることがあります) 
     下の画像の様にヘラ状の葉を多数出している極めて稀な株もあります。
      ヘラ状の葉が成長につれて3裂した葉に変わるということはない。
 

 ⓷ 秋には葉柄の基部に多数のムカゴ(零余子)を付けるとされますが、奇妙なことに、今年8月31日
にジュンサイ沼から抜き取った約20株以上のいずれにもムカゴの痕跡すらも見ておりません。その理由と
して、まだムカゴ形成時期に達していなかったのか、または今年の異常な暑さによりムカゴ形成が遅れた
ためなのかなど種々考えられますが、想像の域を超えていません。
 刈り取りを免れたアギナシが沢山残されているのが分っていますから今月中旬以降にもう一度調べてみ
たいと考えております。(なお、ここに掲げたムカゴの画像は何れも9月中旬以降に撮影されたものです)
 
                         2012.9.14  撮影                      2015.10.1 撮影
 これまで、アギナシのどれほどの割合でムカゴを付けるのかという知見も持っていませんのでこれも併
せて調べておきたいと考えております。 

 

 

 

コメント

ノラニンジンの中央花(その2)

2018-08-08 20:26:31 | Weblog

 前の記事には「ノラニンジンの暗紫色の中央花は何の役割も持たない無駄花であろう」と
書きましたが、ここでは少なくとも繁殖には関与していないらしことを示す証拠を示します。 

 ノラニンジンは複散形花序を形成し、大花序は50〜60個の小花序からなり、小花序は約
40個の小花からなっています。 小花は5片の花弁、2本の花柱が立った花盤(溝あり)、5個
の雄しべ、その下に有毛の子房とからなっています。なお、大花序の樹枝状に分かれた総苞片
は9~13個、小花序の苞片は6~8個あります。
  
  

  白小花より雄しべをスライドグラスに取り、水滴を滴下してカバーグラスで覆い圧迫して検
鏡しますと葯より多数の俵型をした花粉粒が出てきました。


 

  中央花には通常1個の雄しべしかありませんが、取り出して集めた暗紫色の雄しべについて
も調べてみました。
  

 中央花の葯の内容物は全く無いか、又は少なく、内容物が有っても正常の花粉粒も少々混
じってるものの、変形して崩れたものが大部分でした。

 

  結果して鳥の巣状の塊となった果序の中心部から萎れた中央花を取り出して撮影したのが
下の画像ですが、暗紫色の花では殆どが結果することなく萎縮傾向を示しているのに、中央
の暗紫色と白色との複数の花を付けたものの中の白花だけが結果しています。
 

  以上の観察から暗紫色の中央花は繁殖には全く関わっていない花だと考えました。



コメント (1)