日刊「NOCUSる」

たとえば5年後、あなたは何を食べている? それは、どこで誰が作る?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

食べたことはあるけど成長した姿は気にしてなかった(^^;

2012-10-26 | 自然
10/26
4265

新潟県上越市のはずれ、旧・牧村のそのまたはずれで。
視察目的とずれるけど、画面右側に見える植物・・・
食べたことはあるけど、恥ずかしながら、
大きくなった姿は初めて認識しました(^^;





◆◆ Twitter(つぶやき)まとめ ◆◆
コメント (2)

2012 彼岸花はこれから

2012-09-29 | 自然

4229


一昨年の → ここと同じ場所なんだけど、
今年は遅いようです。

見つかった範囲で彼岸花の記録。
2010年
2007年
2006年
2005年
2001年
1998年





◆◆ Twitter(つぶやき)まとめ ◆◆
コメント (1)

ツバメの巣の下の謎

2012-09-17 | 自然
No.4213

配達先の団地の階段、その天井にあるツバメの巣。
イワツバメかと勝手に思っていたんだけど、検索してみたら自信がなくなりました。どなたか教えてください。
そしてご教授ついでに、下の写真についても。
巣の直下には、昨日まで少量のフンがあっただけでした。ところが今朝、数匹のバッタが死んで散らばっていたのです。もう巣立って空だと思っていたんだけど、う~ん何が起きてるんだ?

4214






◆◆ Twitter(つぶやき)まとめ ◆◆
コメント (1)

食い尽くす(毛虫の大群)

2012-07-11 | 自然

07/08
No.4169


こちら ← は、隣の家の塀です。這わせているツタにたかった毛虫。葉を食い尽くしてしまった後、どこへ行くんだろうか。国会でノダさんあたりに聞いてみるか・・・







コメント

食い尽くす(まず全景)

2012-07-10 | 自然
コメント

「はなせんせ」で教えてもらったマツバウンラン

2012-05-21 | 自然

No.4117


こちら ← 何という花?
とコメントをいただきました。

はなせんせ」というサイトに登録して、
こんなやりとりをさせてもらいました。
「マツバウンラン」でいいのかな。

それにして、露のあるなしで、
ずいぶん表情が変わるものです。











コメント (2)

雨上がりの道ばたで

2012-05-17 | 自然

05/16
No.4113


雨上がりの朝の通りがかりに。

表示できるかな → 少しだけ大きな画像







コメント (1)

桜とウグイス

2012-05-03 | 自然

4/29
No.4096


母ちゃんが配達の途中で撮った写真。
市内山間部の水沼ダムは、標高差もあって、ちょうど桜のころ。

こちらに、動画(ウグイスの声も聞こえてきます)

(釣り人の姿がないことについては後述予定)





コメント

産卵(マルタやらウグイやら)

2012-04-13 | 自然

04/12
No.4076


北茨城市内を流れる花園川にて。
桜の花を撮りにいったら見つけた光景。
子どものころマルタと呼んでいたけど、
ハヤやらウグイやらアカハラやら、
くわいしい区別はわかりません。



 
コメント

たちまち雪景色

2012-01-25 | 自然

No.3997


雪らしい雪は、
今シーズン、平場では初めてです。
午後から降り出して、
みるみるうちに雪景色。

明朝の配達は大変だなぁ。



 
コメント

落ち葉の堆肥

2012-01-20 | 自然

09/11/08
No.3993


突然だけど、畑に投入する堆肥のウンチク・・・ 広葉樹の落ち葉を原料に使うと、たっぷりのミネラルと、ほどよい難分解性とで、良質の堆肥ができることが知られています。
で、
写真は本文とは直接は関係ないけど、北茨城市の奥深い山道で、堆肥づくりのために落ち葉をさらっている元農業委員のNさん(無断UP)。有機農業ここにあり、まさに篤農家の姿!と感激してシャッターを押したのは、メモによると2009年11月でした。
話は変わって、下の囲み。茨城農民連から届いた通達です。放射能の危険があるから、落ち葉堆肥を使うときには注意が必要だというのです。

産地の皆さんへ
 原発事故に伴う放射性物質を含む堆肥についての連絡です。
 稲ワラや麦ワラ、モミ殻、剪定枝、樹皮、落ち葉などから生産された堆肥については使用の自粛が行政から出されています。使用にあたっては、肥料、土壌改良資材、培土の暫定許容値として400bq/㎏が示されており、安全を確認してからとなります。
 今回、鹿行産直センターの生産者(鉾田市)の落ち葉堆肥を農民連の食品分析センターで検査したところ、10000を超える値が出ました。もみ殻は2000、芋床は5000といずれも極めて高い値となっています。使用はできませんので、東電への損害賠償請求となります。
 各産地で植物性堆肥原料を自家生産している生産者には、あらためて注意を呼び掛けてください。
 自家生産したこれらの堆肥を使う場合は、必ず事前に検査し暫定許容値以内であることを確認するように徹底ください。
 先日の茨城ふるさと産直ネットワーク役員会でも、農地の除染に対する考え方や堆肥の使用等についての学習会を開催することを確認しましたが、生産者のみなさんの疑問や不安などをお寄せ下さい。学習会の内容に生かしたいと思います。 
(茨城ふるさと産直ネットワーク)


化学資材にたよらにないで土づくりに励み、おいしくて安全な作物を生産していこう。そして、よりよい農業と食べ物をめざしていこうとしてきた、これまでの努力と今後の展望が根底から否定されかねない事態です。
命の糧をはぐくむ農業と原発、そして命そのものと原発とは、絶対に相容れないということを、何度でも叫びたい。
さらに話は変わって、すでにこちらでみたリーフレット
頼もしい技術者センセに、地元の自然を生かした農業や食の安心と、原発との共存について教えをいただきましょうか。はぁ・・


以上、
こちらとあわせ、「たまご新聞」の記事にした内容です。



 
コメント

せっせと

2011-08-02 | 自然

No.3928

何の花とか、ハチの種類とか、
説明は省略です。



 
コメント

続・これはキノコ?

2011-07-10 | 自然
No.3904
もう一つ、正体不明の・・・
こちらはプラムの木の幹です。
あっちもこっちもキノコかなぁ? それとも、
こっちこそ、樹液がどうにかなったもの?
これまた少なくとも動物には見えないので、
どなたか植物にくわしい人、いませんか?


 
コメント

これはキノコ?

2011-07-09 | 自然
No.3903
庭のカエデの木に、何やら正体不明の・・・
キノコの一種?
あるいは樹液がどうにかなったもの?
すくなくとも動物には見えないけど、
どなたか植物にくわしい人、いませんか?
 謎の植物 → もう一つ


 
コメント (3)

糸とんぼ

2011-06-09 | 自然
06/06
No.3870
ハス田で見つけたナントカイトトンボ(^_^;
腕と時間が足りなくて飛翔姿は撮れなかったけど、
名前、わかる人います?



 
コメント (1)