日刊「NOCUSる」

たとえば5年後、あなたは何を食べている? それは、どこで誰が作る?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

風だのみ

2007-02-28 | まち


No.2426の写真を撮ったのが2月12日でした。そして22日、
県の土木事務所に復旧対策について申し入れに行ってきました。
そこで明らかになった「風まかせ」の行政については、こちら参照

さて、きょうの2枚の写真。
カメラの向きが反対ですが、ほぼ同じ位置です。
右側は2月12日、左側は2月26日に撮りました。
わずか2週間でこんなに崩れがすすんでいます。
風だのみ」の対応で大丈夫なのかぁ!?

人気ランキング
コメント (2)

河童のすり鉢

2007-02-27 | まち

No.2438の答は、コメント欄からコピペします。


●河童のすり鉢 (Peco)

これって、地元フリークの私に対する挑戦??!!
忙しいのにっ!!!


●申し訳ありません。 (本人に代わって)

>塙町役場の担当者さま

静岡方面のヒマ人から

> 忙しいのにっ!!!

電話で問い合わせがあったかと存じます。
失礼いたしました。


●なんで・・わかっちゃったの? (Peco)

ネットで「河童のすり鉢」を検索したら2件どころか
100件近くヒットしたので、
確認のために電話いれたのが・・・
ど、どこで、バレたのだろう???
その情報網が怖い。共謀罪も侮れない。
すごく、忙しいのに!!
あ、ご担当者様もお忙しいところありがとうございました。


●まさか (他人31)

ほ、ほんとうに
電話していたとは!?

人気ランキング
コメント (2)

正直な標語

2007-02-26 | 考える

3月13日の集団申告重税反対全国統一行動に向け、
午前は日立、午後は常陸太田の税務署を訪ね、
こんな申し入れほか必要な打ち合わせをしてきました。
といった報告は別の機会にするとして・・・

税務署の塀に横断幕が掲げられていて、
その正直なスローガンに感心しました。
って、そんなわけないか(^^;
ちなみに、
ネタ元は → こちら

人気ランキング
コメント (5)

川と石と水

2007-02-25 | 神没鬼出

茨城県から山道で福島県に抜け、
塙町の片貝という集落に入る道沿いを
「片貝川」が流れています。
その途中で見つけた名所?です。
さて、
何と名付けられているかわかったら、すごい。
けど、
まぁ地元の人以外はムリでしょうねぇ。(挑発)

ちなみに、名前がわかっていて入力した結果ですが、
ネットで検索したら、2つだけひっかかってきました。

人気ランキング
コメント (6)

書評転載

2007-02-24 | ひと

「虎の威」を借りての自慢はNo.2284でした。
その友人からのメールを無断で転載しちゃいます。

御無沙汰しております。
週刊『図書新聞』(2月24日号)に、
拙著『水平の行者 栗須七郎』(新幹社)
の書評が掲載されました。

同紙は、図書書評専門紙です。
公共図書館にはたいてい備えてあると思います。
8頁だてのうち3頁目の「学術・思想」コーナーです。
同紙の特集記事を除いては、最も長文の評なので、
ていねいに読んでくれていると感じました。

あっ、それから、近くの公共図書館で
未だ拙著を購入していないところはリクエストをよろしく!
リクエストしていただいた方には感謝!!
以下は追加情報。

廣畑編・解説『戦前期警察関係資料集』全4巻、不二出版、2006年10月

当面の拙稿掲載予定
『リベラシオン』福岡県人権研究所紀要、2007年6月
『トスキナア』第5号、2007年4月

というわけで、
その書評は → こちら

人気ランキング
コメント

テトラ

2007-02-23 | まち

テトラポットでなく、テトラポッだそうで、
しかも登録商標だとは知りませんでした。
波消しなみけしブロックとも言ってたけど、
行政では消波しょうはブロックと呼ぶようです。

ちなみに、
港の整備工事は延々とつづいているいっぽうで、
地元に魚が上がらなくなってしまった実態について、
たとえばこちらで書きました。・・・とは余談。

で、写真は、
大津港で3年ほど前に撮ったものです。当時、
市の水産振興室でテトラの単価を聞いてみました。
びっくりしましたが、「わからない」とのことでした。
それが、ひょんなことから、値段を知ることができました。
一体いくらぐらいすると思います?

人気ランキング
コメント

加温8日目

2007-02-22 | 野良から

記録に残っているものだと7年前から、
毎年、自作の孵卵器を考案しつつ、
アイガモの人工孵化に挑戦しています。
じっさいに孵化した例としては5年前の記録しか
見つからず、それもほんの数羽にとどまっています。
少しずつ工夫を加えては、今年も懲りずに挑戦しています。

人気ランキング
コメント (4)   トラックバック (1)

まず咲く

2007-02-21 | 自然


春早く、「まず咲く」というマンサクの花。
近所のお宅の庭で。
「蝋梅の次に咲くんだ」とか。
ただ今年は、すでに梅が満開です。

人気ランキング
コメント (2)

春子

2007-02-20 | 食べる


いただきものの甘露煮。
小さくても真鯛。平潟産です。
で、春子・・・読めるかなぁ。

人気ランキング
コメント (5)

妹から

2007-02-19 | 子育ち


「太い足だ」って?
こらこら。シーっ!

No.2420No.2422と引っぱってきた
No.2418からのつづきです。

姉からのハガキを読んで、
次女は、こんなふうに感想を言ってたとか。
(あとから母ちゃんが書き留めたので不正確かも)

生きる価値のある人なんて滅多にいないよ。
生きたいと思うか、
生きててほしいって思っている人がいるから、
人は生きているんでしょ。
姉ちゃんは生きたいと思っていないのかなぁ。
生きててほしいと思ってる家族がいるのに・・・
私も、
何で生きるんだろうと、
いっぱい子どものころ考えた。
で、考えるの飽きちゃった。
ま、いっかぁ、子どもなんだからって。
って、この言い訳はきらいなんだけど、
とにかく考えるのやめた。


ダテに不登校やってなかったなぁ。
あ、写真。
いまは高校に通っている次女が、
転んで擦りむいて膝に大げさな絆創膏。
そこに赤ペンで落書きしたんだと。(うまい)
「何どうしたの?って2人くらいに心配されたよ」
と、したり顔でやんの。(ンニャロメ)

人気ランキング
コメント (4)

鵜糞(うふん)

2007-02-18 | 自然

No.2429うふんは、漢字で書くと「鵜糞」。

島の東側が、真っ白になるほどです。
樹が枯れないのか心配になりますが、
すぐ目の前のホテルで話を聞くと、
「雨で流れるから大丈夫」とのこと。
いっぽう、地元の野鳥の会のリーダーに聞けば、
「程度問題で、心配ないとはいえない」とも。
もう少しようすをみていきたいと思います。

追伸
半年後、1年後につながった → 点と線

人気ランキング
コメント (4)

「できそこない」

2007-02-17 | 野良から

No.2428のつづきです。
ほぼ今週の「たまご新聞」から抜き書きです。

 写真は、冷たい強い風が吹きすさぶ畑。頬っかぶりで鈴木サトさんが収穫しているのが「バサ菜」です。スーパーなどでは買えない、産直ならではの野菜かもしれません。わかりやすく言えば、ハクサイのできそこないですから。でもね・・・
 ふつうに見かけるハクサイは、初秋に種をまき、たっぷりの肥料を効かして育てます。そうすると、冬を前にして、結球し、皆さんが知っている形になります。
 ただし視点を変えれば、それはブクブクと過保護に育てられた肥満体なのです。冬の寒さには耐えられなくて、そのまま畑においたのでは凍みて腐ってしまいます。
 いっぽう、種まきや定植が遅かったり、あるいは畑に肥料が足りなかったりすると、白菜は結球してくれません。「効率的」な経営であれば、さっさと土にうない込まれるなど、廃棄処分されることになります。
 ところが、そのまま畑において冬を迎えると、ハクサイは結球とは逆に、ロゼット化(下記)してきます。それが「バサ菜」です。
 ちょっと調べてみると、“ロゼットとは、「小さなバラ」という意味。多年生の草の、冬越しの形で、茎がなく、葉が地面にへばりつくように広がっています” などと説明されます。
 緑の葉を幾重にも広げ、太陽の光を体いっぱいに受けようとする、たくましい姿なのです。
 このとき植物体内では、樹液濃度を高めて耐寒性を上げているため、厳冬期にも凍みたり腐ったりすることはありません。そして、それが食べたときの甘み、美味しさにつながります。
 さて、ここからが本題なのですが、バサ菜という「できそこない」の強さ、美味しさを考えるとき、つい人間の成長に思いをはせてしまいます。
 ハクサイという商品作物だって、せっかちな育て方をしなければ、別の特性を見せてくれるのです。ましてや人間は棚に並べる商品ではありません。早く早くと追い立てて、ブクブクの規格品ばかりをめざすのでなく、もっと伸び伸び、ゆっくり見まもったら、たくましさや個性や、人としての輝きを身につけてくれるんじゃないかなぁ、と。

人気ランキング
コメント (2)

うふん

2007-02-16 | 自然

表題。艶っぽい吐息か何かと
誤解している?なら、おあいにく様。

もちろん、写真。
表題と関連があります。
こちらこちらなどで見てきた二ツ島です。

というわけで、これまた
解説は後ほど

人気ランキング
コメント (6)

ロゼット

2007-02-15 | 野良から

こんな野菜、
見たことありますか?
解説は後ほど

人気ランキング
コメント (2)

チョコ

2007-02-14 | しゃれ

情勢重大なおり、
バレンタインデーなんぞと浮かれてはなりません。
たとえ、写真のような美人にチョコをもらおうとも、
「三年片頬」(男は3年に1回、片頬で笑うていどでいい)
を地でいく苦み走った日常の証拠写真です。(えへん)

人気ランキング
コメント (6)