前三田市議会議員 田中一良のブログへようこそ!

改革と行動で地方自治の新政を開く!!
活動状況 考え方 お知らせ お願い等

青山繁晴議員の「ぼくらの国会in西宮」に参加

2022年05月09日 | 活動報告

 

日頃より青山繁晴参議院議員のYouTubeの「ぼくらの国会」を拝聴しております。

日本の現状を憂う者として、青山先生の主張に大いに感銘し賛同しておりました。

縁あって「ぼくらの国会in 西宮」に出席できました。

以前、野間県議会議員が青山氏をお招きして講演会をされた折、お聞きして以来です。

まだ、国会議員ではなかったと思います。

是非是非、2期目もご当選され日本の政治を真っ当なものにしていただきたいと切に願っております。

当選後には、三田市でご講演ください。

 


北摂情報文化懇話会の1月例会

2022年01月28日 | 活動報告

27日、北摂情報懇の講演会が、ザ・セレクトンプレミア 神戸三田ホテルでありました。

講師 : 西宮市大谷記念美術館 学芸員・内村 周(うちむら・まこと)氏
テーマ: 「洋画家・大石輝一と三田アートガーデンの夢」

 

淡路風の丘の近くにある”三田アートガーデン(ゴッホの丘)には
10年ほど前に一度訪れたことがありましたが、
大石画伯のことは、あまり知りませんでした。

ゴッホを愛し、小松左京・野坂昭如・山下清・柳宗悦などと交流もあり、
芸術を愛する者たちが集う理想郷「アートガーデン」の建設を目指した大石輝一。

内村氏のお話をお聞きし、作品等を見せていただき、三田ゆかりの芸術家大石輝一画伯の夢が
よくわかりました。

大石氏没後50年というめぐり合わせに、ピッタシの講演でした。

私も参加させていただいている「アートシティさんだ研究会」では、
忘れ去られていた「ゴッホの丘」「大石輝一の没後50年展」を開催すべく準備しています。

三田ゆかりの多くの先哲・文化人の足跡をたどることは、
我々が住む三田市の魅力の再発見であると思います。

是非、10月の「大石輝一没後50年展」にお越しください。

「展」の成功に向けてのクラウドファンディングを実施しています。

ご協力をお願いいたします。
詳しくは事務局までご連絡ください。

 


3回目のワクチン接種

2022年01月25日 | 活動報告

今日25日から3回目のワクチン接種の申し込みが始まりました。
朝9時からインターネット予約を試みました。
入力に手こずっていたら、予約日程すべて埋まってしまっていました。
たった数分で予約済みとなりました。

別の医院へ電話するもまったくつながりません。

他の医院へ電話するとワクチンの供給がないとのことでした。

一体どうなっているのか?

またも前回と同じような状況か?


田辺眞人(たなべ まこと)先生の「日本書紀1300」の講演

2022年01月13日 | 活動報告

1月11日(火)三田市生涯学習サポートクラブの講座を受講しました。

 林会長のご挨拶

 

園田学園女子大学名誉教授 田辺眞人の「日本書紀1300年」

 

 私は、以前から聖徳太子・法隆寺についていろいろな書物を読み勉強をしています。

 歴史は”勝者”が作るもので事実が記されているとは限らないことをつくづく感じています。

 学校で学んだ歴史の年代や人物像についても、近年疑問視されています。

 近代日本史も大いに疑ってみる必要があると感じています。

 ”日本書記”も国の正式な歴史書ということですが、慎重に読む必要があると思っています。

 聖徳太子・山背大兄皇子他太子一族が殺されたこと。

 中臣鎌足(藤原鎌足)の子・藤原不比等が”日本書記”編纂にかかわっていたのではないか。

そんな疑問を持っていた時期の田辺先生の講演でしたので、大変勉強になりました。

 

 法隆寺・夢殿の”救世観音”の謎も大いに興味を持って勉強中です。

 

 


三田市民文化祭

2021年11月02日 | 活動報告

11月1~3日まで郷の音で市民文化祭が開かれています。

SSCの講演会の後、林会長と郷の音に行かせていただきました。
いろいろなブースを拝見させていただきました。
市民の皆さんの力作がずらりと並んでいました。

すべてのブースの写真を撮っておけばよかったのですが・・・

水墨画展では、陳講師ご夫妻と林会長とご一緒に皆さんの力作を鑑賞しました。

 

 


SSCの講演会 三田市民病院院長 荒川創一氏の講演

2021年11月02日 | 活動報告

11月2日 三田市民病院長 荒川創一氏の「最新の手術支援ロボット<ダ・ビンチ><ヒノトリ>導入による手術について・コロナの話も少し」をご講演くださいました。

前立腺とは、前立腺手術の方法や実際のダビンチによる手術映像なども見せていただきました。
市民病院でのダビンチ手術件数は、年間30~40件となっているとのこと。
今後、保険収載が進んでいくと前立腺以外の手術でも機能を発揮できると思われます。

分かりやすい説明と実際の手術映像も見れて有意義な講演でありました。

 

 

 

 


芸術の秋 見つけた

2021年10月06日 | 活動報告

先日(2日土曜日)前川さんご夫妻の作陶展にお伺いしました。

お煎茶の道具をご主人が奥様(お煎茶のをされています)のアドバイスいただいたり、
奥様に絵付けをしていただいたりして作陶された、素晴らしい作品が並んでいました。
どれも秀作でとても素人の作品とは思えませんでした。

米寿を記念した今回の展示を最後とおっしゃっていましたが、
ますますのご活躍・作陶を望むものです。

 前川ご夫妻・福西様と記念写真

売茶翁の軸と作られた煎茶道具

 

 

 


小さい秋見つけた

2021年09月23日 | 活動報告

96歳の母を連れて丹波篠山へ行きました。
彼岸花が咲いていてきれいでした。

この時期になると必ず咲いてくれる彼岸花、ご先祖様が返ってこられているようです。
それにしても、あの花の形、自然の作品には心惹かれるとともに驚嘆します。

大自然の創造物には、いつも畏敬の念を感じます。

感謝 感謝です。

 

 

 

 

 

 


水墨画展を拝見

2021年09月20日 | 活動報告

9月17日 水墨画展を拝見させていただきました。

林会長さんの作品など

 

 

 

 

 

 

 


水墨画展を拝見

2021年09月20日 | 活動報告

9月17日 水墨画展を拝見させていただきました。

林会長さんの作品など

 

 

 

 

 

 

 


パソコンの再生に挑戦 HDDからSSDへ変換

2021年08月30日 | 活動報告

 もうすぐマイクロソフトのバージョンアップがありますので、

新しいパソコンはもう少し先にすることにし、

パソコンをリニューアルをすることにしました。

 古くなったパソコンのHDDの立ち上げなど動作が遅いと感じていたので、

HDDをSSDに入れ替えをすることにしました。

 以前、知り合いの方がメモリーの増設をされているのフェースブックで拝見しました。

私もと思い、HDDをSSDに返還をしてみました。

意外と簡単でした。

 する前は、データが消失したらどうしようとかいろいろ悩みましたが、

HDDをコピーして、入れ替えてから動作確認後、再びHDDに入れ替えて確認。

正常に以前通りでした。データのバックアップもできました。

 SSDに変換して、PCの立ち上げや・シャットダウンも早くなりましたし、

作業がスムーズに運ぶようになりました。

 これで当分はサクサク仕事ができそうです。

 SSD・変換ケースなどセットでありますので、お手軽です。

 

左が入っていたHDDです。           右がSDDです。240GB

 

左が変換ケースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


田中一良 活動

2021年07月28日 | 活動報告

 

 7月25日、旧九鬼家住宅がライトアップされました。

例年、天神まつりの獅子舞が来るそうですが、コロナ禍で中止となりました。
同時開催の、講演がありました。
 「三田と聖徳太子」ことしは聖徳太子没後1400年、

三田周辺と聖徳太子の関わりをお話いただきました。
お話は、青江征男さんと関本隆さんでした。

他にも聖徳太子に詳しい方々のお話も聞けて、大変勉強になりました。

 学生時代に読んだ 梅原 猛先生の「隠された十字架 法隆寺論」を、
最近、再度読み直していましたので、いろいろと勉強になりました。

”歴史は、勝者が創る” ことをまざまざと見せつけられたところです。
これまで教科書で教わった歴史が、いったい何だったのかと考えさせられます。

 先日、NHKでシーボルトが伊能忠敬が命懸けで創った日本地図を、イギリスのスパイとして幕府の役人をだまし模写してイギリスに送ったことを放映していました。また、「晴天を衝け」でもシーボルトの息子がやはりイギリスのスパイとして活躍していたことを、描いていました。

明治~戦後の我が国の歴史も歪められ教えられてきたのでしょうね。
騙されやすい国民なんですね。

これからも世界で活躍するためにも、『自分の国の歴史をを知り、相手の国や地域の歴史を知らなければ、対等にはならないことを自覚するべき』と考えます。
その点、教育の重要性は、ますます重くなりますね。

 

 

 


田中一良 活動

2021年07月23日 | 活動報告

 泥水を飲む子供たち

 

 

 中村哲さん写真パネル展に行ってきました。

35年もの永きにわたりアフガニスタンで、

医師として赴任後、井戸掘り、用水路建設に着手され

マルワリード用水路約25キロメートルを完成させ、

砂漠を農地にされ、何十万人の生活と生きる力を

与えてられました。

2019年12月4日に凶弾に倒れました。

 以前、テレビで活躍を拝見していました。

本当に素晴らしい偉業をされました。

道半ばで凶弾に倒れられ、さぞかし悔しかったであろうと、思います。

日本人の誇りです。志しを引き継いでおられる方々にも感謝です。

 是非、写真展をご覧になって頂きたいです。

 


三田市の芸術・文化発展のため、デジタルミュージアム・バーチャルシアター構想について

2021年04月28日 | 活動報告

以前、千葉県大網白里市のデジタル博物館について
再度掲載させていただきました。
(私のブログバックナンバー2020年2月2日号をご参考ください。)

人口5万人弱、財政も厳しい大網白里市の情熱ある職員さんの力と
行政の英断でデジタル博物館が出来たとお伺いしました。

新型コロナウィルスの感染拡大で三度目の緊急事態宣言が発令されようとしている現在、
人々は閉塞感を感じ、ストレスが増しています。
今こそ市民の皆様の心を癒す芸術文化の力が必要ではないかと考えます。
 絵画、書、ガラス・陶芸、そして音楽・劇・・・など
それは心の癒し、希望の宝です。
三田市の特色ともなり、市のPRにもなります。

 現在の三田市の財政状況などを鑑みますと、
美術館や博物館などの新たな施設を作ることは到底できないと思います。

 私は、以前から、費用対効果を考えてデジタル美術館・博物館を本会議等で
提案してまいりましたが、市は研究・検討のままです。

 そこで、個人の立場で研究し、もう少し具体的な
デジタルミュージアム・バーチャルシアターの実現可能なものを
提示できるよう活動を進めていこうと考えています。

 まずは、先進事例の研究から始めたいと思います。
また、同じ思いをお持ちの方々、技術的人材も募り実現可能な方法を
模索したいと考えています。
 これらの構想は、壮大でお金も時間も技術も全く見当がつきませんが、
先ずは一歩から始めたいと考えています。

 例えば、デジタルミュージアム日本の宝・三田の宝である「三田青磁」の作品を
3D(上下左右・底から)で手に取るがごとくに見れるようにしたり、
絵画や書の細かな筆のタッチを接写のごとく見れたりするデジタル博物館を目指します。
(大網白里市のデジタル博物館を是非覗いてみてください。)

 そして、音楽・劇においては、従前はリハーサルを重ね、会場を準備し
一回きりのステージですが、それを録画しておきをバーチャルシアター
鑑賞料をお支払い頂き、郷の音ホール等の舞台でバーチャル(仮想的)で鑑賞していただき、
鑑賞料を主催者に還元し活動資金にしていただくなど、
芸術文化の更なる発展を支援できるようなシステムが出来ればと考えています。

 これらの構想のきっかけは、第一回緊急事態宣言発令後、
ある音楽指導者からの悲痛な声をお聞きしたことからです。
レッスンもコンサートもできず、生活が苦しいとのことでした。
 コロナ禍で医療従事者・飲食関連等をはじめ本当に多くの方々が、厳しい状況におかれています。
その中でもあまり知られていない、文化芸術関連の職業につかれておられる方々の、
何かお手伝いが出来ればとの思いから、バーチャルシアターの構想が出てきました。

何せ構想は壮大ですが、金もなく、技術力もなく、つてもなく、あるのは情熱だけですので、
もしこの構想にご賛同、力添えくださる方がおられましたら、是非、お知らせください。
よろしくお願い申し上げます。

ご一緒に、これからの三田の文化発展、三田市の発展住み続けたい”ふるさと”づくりを
していただけませんか。

重ねてよろしくお願い申し上げます。

 


実現した子供たちの安全ガードレール

2021年02月16日 | 活動報告

2019年9月本会議でパネルを使って現状の危険性を指摘した
あかしあ台1丁目交差点に、ガードレールが付きました。
担当部局からは、今年度中には設置すると聞いていました。

左折専用レーンの交差点前方は、歩道と民家です。
交差点内で急遽右折ランプを点灯し戸惑う車を見かけます。

大津の園児死亡事故の後、国の補助で保育園・幼稚園の近くの交差点
の点検・ガードレール設置は進められました。
がしかし、あかしあ台1丁目交差点は、左折レーンの問題もあり、
また、縁石がなく道路とフラットの為大変危険な状態でした。
毎日小学生の集団登校で、多くの児童が待機する場所です。
もし間違って左折レーンに入った車が慌てて右ハンドルし後続車と接触
すれば、大津の事故のようになってしまう可能性がありました。

これで少しは安全になったのではないでしょうか。
それにつけても、左折レーンの表示の方法も検討余地があると考えます。