そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ドリームガールズ

2007-02-17 | 劇場映画れびゅー
賞狙いで出演したビヨンセの思惑が外れ、アメリカンアイドル出身の新人が評価されている話題の『ドリームガールズ』を観てきました。
★★★★

全身で感じるソウルフルなミュージカル映画。

思わずリズムに合わせて体が動いてしまいそうになる瞬間の連続。
全ての登場人物が力強く迫ってくる群像劇。
まるで素晴らしいステージを観ている気分で終ったので、スタンディング・オベーションでも起きるんじゃないかと思ったのですが、さすがに日本の映画館じゃ起きませんでした(悲)
朝イチの回だから観客少なかったし。

映画でこれだけの迫力が伝わってきたのだから、生だとどんなに凄いんだろう。
是非ブロードウェイ版も観てみたい。
字幕が無いとわからんけどねw

ダイアナ・ロスをベースにした役だからと言って、出番も魅せ場もずば抜けて多い訳ではない控えめなビヨンセが主演?
さすがに疑問符の残る宣伝だけど、槍玉に挙げられているのがちょっとかわいそう。

ジェニファー・ハドソンに食われたと言うよりも、ジェニファー・ハドソンの役の方が全然オイシイし、特に群像劇なのだから主演もなにも無いと思うんですが。
そりゃギャラはビヨンセの方が全然多いでしょうし、彼女が賞狙いなのは事実でしょうけどw
ただ、賞狙いなら選ぶ役を間違ってます。

シュープリームスをベースにしている訳だけど、波乱だらけのグループはビヨンセの居たデスティニーズ・チャイルドも同じ。
初期のデスチャを解雇された二人や、その後に加わってすぐに抜けたメンバーの事等考えながら観ていたら、この映画でのビヨンセの評判は必然的に悪くなるわなぁ…。

ジェニファー・ハドソンが凄いのは歌唱力とアップになった時の顔の表情。
新人とは思えない迫力と説得力に映画館の椅子にはりつけられた気分です。

加えて評判どおり凄かったのがエディー・マーフィー。
どこかで観たような彼のユーモアたっぷりな演技が、全く違う方向からのアプローチで生々しいキャラクターを生み出し、ステージも盛り上げている。

ジェイミー・フォックスもさすがに凄いし彼だからこなせたような難しい役を演じているんだけど、エディー・マーフィーとジェニファー・ハドソンの存在感に霞んじゃってます。
ジェイミー・フォックスよりもキース・ロビンソンの方がオイシかったりして。

台詞パートとミュージカルパートがほとんど分かれてるので、ミュージカル苦手な人にも観やすいかな?
最近こんな取っ付き易い作りのミュージカル映画増えてるね。
俺はバリバリのミュージカルも好きだけど。



ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)
サントラ, マキシ・アンダーソン, シャーリン・カーモン, キーシャ・ヘリー, ダレル・バブス, ルーク・ボイド, エリック・ドーキンズ, スティーブ・ラッセル, マイケル・レオン・ウーリー, ジェニファー・ハドソン
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

コメント (8)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
« オープン・シーズン<日本語... | トップ | ミュージカル 『スウィーニー... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミュージカルだとは。 (たいむ)
2007-02-17 19:24:12
TBありがとうございました。
リードの変更のあの場面まで、ミュージカルだと思ってもいなかった私でした(^^;)
ミュージカルはあまり得意ではないのですが、音楽にはやられちゃいました。
素晴らしかったです。
一度くらいは生を堪能してみたいですね。
迫力ありました~。 (ぷちてん)
2007-02-17 19:58:40
こういうミュージカルでよかったと、思っちゃったんですけど^^)というのも、どうもミュージカルが苦手なもので(笑)
でもこの映画はせりふを歌われても、ジェニファーの歌唱力の説得力があり違和感も全く無かったですね~。

ジェイミー・フォックスは、確かに難しい役を彼ならではで演じていました。彼が居なくてはこの映画成り立たなかったんですけど、目に行くのがジェニファーや、ビヨンセやエディになってしまうのは仕方ないですかね。
そうそう、やっぱりキース・ロビンソンにはちょっと注目してしまいました^^)
こんばんは♪ (ミチ)
2007-02-17 22:12:55
初日というのにあまりお客さんが入っていなくて、一般向けじゃないのかな~って悲しくなりました。
本当にスタンディングオベーションをしたくなるほどでしたよね。
エディが歌も達者なのに驚きました。
ミュージカル (そーれ)
2007-02-18 00:24:59
>たいむさん
そうでしたね。
私はミュージカルって聞いてたのに会話の場面では歌わないし、かなりとっつき易く作ったのかな?と思いながら観ていたので、あの場面で逆にゾクっとしました(笑)
本当、一度で良いから観てみたいです。
本場ブロードウェイでの『ドリームガールズ』『オペラ座の怪人』『プロデューサーズ』
ちなみに明日、『スウィーニートッド』の日本版ミュージカルを観劇してきます

>ぷちてんさん
前半しっかり描いて、後半音楽で畳み掛けるように聞かせて魅せるっていうのは気持ち良いです。
ジェニファー・ハドソンの新人らしからぬ貫禄は今後映画に必要な素材ですよね。
こんなタイプの人はクイーン・ラティファ位しか居なかったですし。
キース・ロビンソンって頭小さいしインテリ風だしベビーフェイスでカッコいいし、今後黒人俳優の中で伸びてきそうに感じませんでした?

>ミチさん
私も初日で、でも午前中の回だったからかガラガラでした(汗)
一般ウケはすると思うんですよね、私の周り(非ブロガー)でも楽しみにしてる人多いですし。
最後4人揃って歌ってる場面でもう既に立ち上がりそうになって焦りました(笑)
エディー、上手くてびっくりして吹き替えかと一瞬思いました。
こんにちは! (由香)
2007-02-20 11:31:03
そーれさん、こんにちは!
TBさせて頂きました^^・
あまりにも出演者たちの歌声が素晴らしくて、立ち上がって拍手したかったです~
おとなしく観ているのが、結構ストレスになる映画でした。
ややや。。。『スウィーニー・トッド』の記事をアップされたんですね。今からそちらにもお邪魔します。
拍手 (そーれ)
2007-02-20 14:27:18
>由香さん
やっぱりスタンディングオベーションを贈りたかった人多かったようですね。
映画館での拍手って、いつだったかなぁ。
十数年前の何かの映画の時に一度だけ経験した事が有るんですが、何の映画だったか思い出せないです(汗)
舞台挨拶の有る時なんかはよく有ると思いますが、普段の上映時に拍手ってほんと無いですよねぇ。
『スウィーニー・トッド』は千秋楽で満場のスタンディングオベーションでしたよ
Unknown (ケント)
2007-03-03 21:26:57
こんばんは、TBお邪魔します
シカゴと同じ脚本家ですが、こちらのほうが楽しかったです。
ジェニファー・ハドソンの歌と存在感は、物凄い迫力でしたよね。
確かにビヨンセが主演?可愛そうです。
ジェニファー (そーれ)
2007-03-05 15:39:30
>ケントさん
『シカゴ』の場合は、それこそずっと歌いながら話が進行していたのと、主人公がトボけたキャラクターで描き方も抽象的だったから全く違う印象でしたね。
ジェニファー・ハドソンのパワフルな歌声、生放送のアカデミー賞ではビヨンセの方がスターオーラ放っていたので映画程感じられませんでした。
歌手としてよりも女優としての活動に力を入れていくのかもしれません。
ビヨンセって最近のアメリカの若手歌手や女優に居ない“綺麗&上品&清純&セクシー”の4つを兼ね備えた貴重な存在(上っ面だけかもしれませんが)なんですが、個性が見えてこないんですよねぇ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

68 トラックバック

ドリームガールズ DREAMGIRLS (ちょっと話題のブログを目指して。)
昨年10月にハノイに駐在して以来、久しぶりの映画。 ビヨンセ・ノウルズが10キロ痩せて出演したミュージカル映画。 女性が化粧で、こうも変わるのかということを教えてくれます。 久しぶりに見た映画で、十分堪能できました。 さらにジェニファー・ハドソンの迫力のあ...
『ドリームガールズ』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1573に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  圧倒的。 『ドリームガールズ』 原題:"DREAMGIRLS" 2006年・アメリカ・130分 監督・脚本:ビル・コンドン 製作:ローレンス・
ドリームガールズ (ネタバレ映画館)
男5人のコーラスグループがジャクソン5だとすると、あのチビちゃんはマイケル・ジャクソン!すると、そこでビヨンセにプロポーズしたのか・・・
ドリームガールズ(2006年) (勝手に映画評)
1981年12月20日のニューヨークのインペリアルシアターで初演。そしてその後、4年間に渡り1522回の公演を行い、82年にはトニー賞の13部門にノミネートされ、そのうち6部門で受賞したブロードウェイミュージカルの映画化。 はっきり言って、ミュージカル映画はあまり得意で...
『ドリームガールズ』 (Sweet* Days)
CAST:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、エディ・マーフィー 他 ゴールデン・グローブ賞作品賞 最優秀助演女優賞、最優秀助演男優賞 受賞 アカデミー賞 助演女優賞 助演男優賞 他ノミネート STORY:1962年、デトロ...
「 ドリームガールズ/DreamGirls(2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : ビル・コンドン 出演 : ジェイミー・フォックス /ビヨンセ・ノウルズ /エディ・マーフィ
「ドリームガールズ」みた。 (たいむのひとりごと)
キャンディーズも、最初は”スーちゃん”がセンターだった。。。(笑)それはともかく、アマチュアとプロとの大きな違いは、必ずしも”実力”だけではない、ということだね。女性コーラストリオ「ドリームズ」の結成、デヴュー、成功、そして解散。煌びやか
ドリームガールズ (Lovely Cinema)
2006/アメリカ 監督:ビル・コンドン 出演:ジェイミー・フォックス(カーティス・テイラーJr.)    ビヨンセ・ノウルズ(ディーナ・ジョーンズ)    エディ・マーフィ(ジェームズ)    ダニー・グローバー(マーティー・マディソン)    ジェニファ...
ドリーム・ガールズ (ぷち てんてん)
見てきました!いや~~、面白かった。アカデミー助演女優賞は、ジェニファー・ハドソンで決まりだなと思っちゃいますね~。ほんと、迫力があり伸びのよい声なんですよね。聞いていても気持ちがいいですよ~~。ちょっと太目のジェニファーは、左で歌っております。彼女の...
ドリームガールズ (青空侍のシネマ徒然日記)
 本日公開。評判通りの良い映画でした。  ジェニファー・ハドソンが菊池凛子との助演女優賞争いで注目されていますが、こりゃジェニファーですね。凄いです。「Rey」のジェイミー・フォックスを見たときの衝撃に近
感想/ドリームガールズ(試写) (APRIL FOOLS)
これもまた華麗なる恋の舞台なミュージカル映画『ドリームガールズ』2月17日公開。片田舎のボーカル3人組「ドリーメッツ」は、ある男にその才能を見出される。彼は私財を投げ打って彼女たちをプロモートし、見事にスターダムに乗せたのだった! しかし、メインボーカルの...
ドリームガールズ (悠雅的生活)
それぞれの夢。それぞれの挫折。それぞれの愛。
映画「ドリームガールズ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ドリームガールズ」 トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを元ネタに映画化。 エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレルの3人組は、コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、成功を夢見て...
映画~ドリームガールズ (きららのきらきら生活)
 「ドリームガールズ」公式サイトトニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した極上のエンターテインメント作。コーラスガールの女性3人組が歩んだ成功と挫折の物語を、数々の名曲に載せて描き出す。エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディ...
ドリームガールズ/DREAMGIRLS (我想一個人映画美的女人blog)
2/25に発表になるアカデミー賞で、最多8部門でノミネート中! 予め、サントラ先に購入して映画観る前に聴いておくという"予習"をたまにやるんだけど、 これは大正解{/good/} まずは音楽を楽しむってことが大前提!! ドリームガールズ サントラ{/fuki_osusume/} 最...
ドリームガールズ/ジェイミー・フォックス (カノンな日々)
ココ数ヶ月の間で劇場予告編を観る機会が一番多かったのがこの映画じゃないかってくらいで、よく行くシネコンではロビーでも上映していて主題曲も繰り返し何度も流れてたから、観る前からすっかり洗脳されてしまってるような状態ですね。興行側にしてもかなり自信を持って...
「ドリームガールズ」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/アメリカ  監督/ビル・コンドン  出演/ビヨンセ・ノウルズ      ジェイミー・フォックス      エディ・マーフィ      ジェニファー・ハドソン  25年前のブロードウェイで大ヒットしたミュージカル「ドリームガールズ」の映画版です...
Dremagirls ~ファッション編~ (London Night ~Club Amour~)
見た~!見た、見た、見た、見た、見た~! ビヨンセ、メチャメチャきれいだった~。カッコよかった~ やっぱりミュージカル映画って映画館の迫力で見なくちゃダメよね。 ビヨンセのアップ。みんなの歌も素敵だ
ドリームガールズ(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
昨日の「ルワンダの涙 」の重い気分を吹っ飛ばすにはピッタリの映画、 「ドリームガールズ」の試写会に行ってきました! ( → 公式HP  ) 出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、ダニー・グローヴァー、アニカ・ノニ・ローズ、ジェニフ...
ドリームガールズ DREAMGIRLS (いいかげん社長の日記)
今週は、「ドリームガールズ 」。 アカデミー賞8部門にノミネート、私の好きな成り上がり系ストーリー、ということで、期待感は十分です。 (期待はずれだと、そのぶんショックも大きいけど^^;) 「UCとしまえん 」に着いたときは、「人が少ないなぁ」と思った...
ドリームガールズ (シュフのきまぐれシネマ)
ドリームガールズ  1月17日(水)@朝日ホール(試写会) 出演:ジェイミー・フォックス/ビヨンセ・ノウルズ/エディ・マーフィ/ジェニファー・ハドソン 他 監督・脚本:ビル・コンドン ?? この映画、デカいスクリーンと 音響設備のイイ映画館で観るべ...
ドリームガールス (eclipse的な独り言)
 去年は一月、二月に映画を沢山見ました。でも今年は?うーん、ちょっと出遅れてい
ドリームガールズ (UkiUkiれいんぼーデイ)
あげちゃってください! ジェニファー・ハドソンに! アカデミー助演女優賞を!!! ものすっごい良かったです♪ これほどまでに素晴らしいとは・・・。 歌のシーンごとに鳥肌ものでした☆ これは、かの有名な「シュープリームス」を題材にしたミュージ...
ドリームガールズ (BLACK&WHITE)
【DREAMGIRLS】2006年/アメリカ 監督:ビル・コンドン 出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィー アニカ・ノニ・ローズ、ジェニファー・ハドソン ステージへの夢を賭け恋に歌に情熱の全
『 ドリームガールズ 』 (My Style)
土曜は『 ドリームガールス 』を観た{/kirakira/} 感想は・・・素晴らしい{/hakushu/}!! 一晩経っても、思い出すとまだどこか興奮覚めやらぬチックな自分。 こんなにパワフルでソウルフルで圧倒的ボリュームの歌が満載{/star/}で しかも成功するまでのテンポの良いス...
DREAM GIRLS /ドリームガールズ (Yuhiの読書日記+α)
 ビヨンセ、エディ・マーフィ、ジェイミー・フォックス等が出演し、アカデミー賞にも数多くノミネートされたという話題作です。とは言うものの、実は私は予備知識はほとんどなく、伝説のミュージカル「ドリームガールズ」を実写化したものというくらいしか知りませんでし...
【劇場映画】 ドリームガールズ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1962年デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナのコーラストリオは、歌で成功しようと毎夜オーディションなどに出場していた。そんな彼女たちを、カーティスという男が目を付けた。やがて、デトロイトで抜群の人気を誇るスター、ジミー・アーリーのバッ...
ドリームガールズ (Diarydiary!)
《ドリームガールズ》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - DREAMGIR
ドリームガールズ (「C列車で行こう!」)
製作=2006年 アメリカ 130分監督=ビル・コンドン脚本=ビル・コンドン出演=ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ エディ・マーフィー ジェニファー・ハドソン アニカ・ノニ・ローズ ダニー・グローバー キース・ロビンソン公式HP=http://www.dreamg...
ドリームガールズ(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
昨日の「ルワンダの涙 」の重い気分を吹っ飛ばすにはピッタリの映画、 「ドリームガールズ」の試写会に行ってきました! ( → 公式HP  ) 出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、ダニー・グローヴァー、アニカ・ノニ・ローズ、ジェニフ...
ドリームガールズ (とんとん亭)
「ドリームガールズ」 2007年 米 ★★★★ 1962年シカゴに住むエフィ、ディーナ、ローレルの3人は、ボーカル ユニット「ドリーム・メッツ」を結成。 デトロイトで大物シンガー、ジミー・アーリー(マーフィ)の、 バック・コーラスの女性が止める...
ドリームガールズ (とにかく、映画好きなもので。)
 1962年のデトロイト。エフィー(ジェニファー・ハドソン)をリードボーカルとした、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)の3人組はオーディションに出場した際に、カーティス(ジェイミー・フォックス)という男に目を付けら...
ドリームガールズ (Alice in Wonderland)
絶対に初日に観ようと思っていたのでどうにか時間を作って映画館に行きました。 しかもポイントが貯まっていたのでポイントで観ることができて少し映画関係者の人にすまないななんて思いながらの鑑賞でした。 1962年デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナのコーラ...
ドリームガールズ Dreamgirls (俺の明日はどっちだ)
うーん、なんだろう、このもどかしさは。 80年代トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した作品としての期待も高く、実際に観てもジェニファー・ハドソン扮するエフィーが仲間との別れを余儀なくされたときにまさに熱唱する“ And I Am T...
ドリームガールズ (八ちゃんの日常空間)
まさに、ミュージカル映画と言うよりもミュージック映画と呼べる出来具合。キャラクターの心情やセリフを歌に載せるミュージカルがどうしても苦手だと言う人にも楽しめるかも知れません。全篇、そんなミュージカルと言うより「歌」そのものを見せて聞かせる映画なのです。
ドリームガールズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第79回アカデミー賞最多6部門8ノミネート*助演男優賞 : エディ・マーフィ*助演女優賞 : ジェ二ファー・ハドソン*美術賞    *衣装デザイン賞    *録音賞*歌曲賞 : リッスン、ラブ・ユー・アイ・ドゥ、ペイシェンス【story】1962年、デトロイト。音...
ドリームガールズ (Akira's VOICE)
栄光と挫折を凝縮させた出色のミュージカル♪
ブラボー!ジェニファー・ハドソン~魅力たっぷりの「ドリームガールズ」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
R&Bの大好きな私のような人間にとっては、たまらない映画。一般公開初日の17日に「MOVIX京都」に駆け付けた。それが「ドリームガールズ」(ビル・コンドン監督)。書きたいことは山のようにあるが、「ドリームガールズ blog」で検索したら、既に154万件も...
【2007-27】ドリームガールズ(DREAMGIRLS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
才能もあり 情熱もある でもそれだけでは── 夢はつかめない 輝くために 失う何かがある しかし夢だけは── 永遠に生き続ける
「ドリームガールズ」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  実は3週間くらい前に試写会で観てました。   「ドリームガールズ」     現在劇場で公開中です。   困ってしまう感想をもった映画でした。  
ドリームガールズ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
シュープリームス時代のダイアナ・ロスと、当時急成長したブラックミュージックレーベル、モータウンミュージックの勃興をモデルとした、ブロードウェイのヒットミュージカルの映画化。 激動の60~70年代を、華やかな
ドリームガールズ (週末映画!)
期待値: 90%  2007年度アカデミー賞6部門8ノミネートのミュージカル映画。 ジェイミー・フォ
耳と目と心で感じるエンターテイメント。『ドリームガールズ』 (水曜日のシネマ日記)
コーラスガールの女性3人組が歩んだ成功と挫折を描いた物語です。
ドリームガールズ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
1962年のデトロイト。歌での成功を夢見て、オーディションに出ていたコーラストリオのエフィー、ローレル、ディーナ。そんな彼女たちにカーティスという男が目をつけ、様々な手段を使って売り出していきます。デトロイトで人気のあったジミー・アーリーのバックコーラスか...
映画ファンも音楽ファンも楽しめる名作『ドリームガールズ』(2007年7本目) (ON THE ROAD)
   この映画、映画ファンとしてより、音楽ファンとして観てしまった。 シュープリームスとモータウンレーベルからインスパイアされて作られた ブロードウエイミュージカルの映画化。 主人公カーティス・テイラー・Jrは、 1960年代中期以降、それ以前は黒人にしか...
「ドリームガールズ」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
先日公開した「ドリームガールズ」を観てきました。 コーラスガールの女性3人組の栄光の歩みと挫折を描いた物語で R&Bの魅力を余すところなく詰め込んだミュージカル映画。 「シカゴ」で脚本を担当したビル・コンドンが 監督と脚本を担当し、 コーラスガール役にはグ...
ドリームガールズ (future world)
デトロイト、モータウン、ブラックミュージック、このキーワードでミュージカルの映画化~~もう観る気満々! 女性3人グループ「ドリームガールズ」~~あのシュープリームスがモデルでビヨンセがダイアナ・ロス役を。 ストーリーはドリームガールズのサクセス物語と...
『ドリームガールズ』 (映画館で観ましょ♪)
良かった。 観たいとは思ったけど、それ程期待していなかった、 だけど良かった! いつもは必ず一番後ろの席で観るのだけれど、 これは何故かいつもよりずいぶんと前に座った…これも良かった理由かな。
「ドリームガールズ」(2006) (TMDiary)
監督:ビル・コンドン 出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、エディ・マーフィ、ダニー・グローヴァー、キース・ロビンソン、アニカ・ノニ・ローズ 他 原題:「DREAMGIRLS」 1962年、アメリカの自動車産業の中心地、デトロイト。...
ドリームガールズ (徒然DIARY)
二日続けて映画を観にいってしまいました~しかもこの日は「おひとりさま」♪夫が会社の生協?で買った1200円の共通前売りチケットが期限迫っていたのです。夫が「もったいないから観たい映画観てきたら・・・」というので、お言葉に甘えて行ってきちゃいました~「ド...
映画「ドリームガールズ」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年13本目の劇場鑑賞です。「ゴッド・アンド・モンスター」「愛についてのキンゼイ・レポート」のビル・コンドン監督作品。モータウンによってブラック・ミュージックが白人文化へと広く浸透していった60年代から70年代のアメリカ音楽シーンを背景に、女性ボーカル・グ...
★「ドリームガールズ」 (ひらりん的映画ブログ)
2007/02/17の劇場公開初日のナイトショウ(0:30~)で鑑賞。 ブロードウェイミュージカルの映画化。 ひらりん、結構ミュージカル好きなので期待大。 オスカーも6部門に8ノミネートされてるしーーー。
ドリームガールズ (O塚政晴と愉快な仲間達)
アカデミー賞でいくつもノミネートされ、助演女優賞・音響賞の2冠となったので、さっそく観てみました。 ドリームガールズ ★★★☆☆ ミュージカル嫌いにとってはこれでも高評価です。 トニー賞で6部門を受賞したブロードウェイミュージカルの映画...
ドリーム・ガールズ 2007-09 (観たよ~ん~)
「ドリーム・ガールズ」を観てきました~♪ 1960年代のアメリカ、デトロイトにスターとして成功することを夢見る少女、エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ローレル、ディーナ(ビヨンセ)の3人はショービジネスで成功することを夢見ていた・・・ 人気Blogラ...
Dreamgirls(2006,U.S.) (The Final Frontier)
菊地凛子さしおいてアカデミー助演女優賞受賞したジェニファー・ハドソンって何者だ!? くらいの予備知識で観てきました。 エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人組は、コーラスグループ“ドリーメ...
「ドリームガールズ」観ました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ドリームガールズ」 監督:ビル・コンドン 出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローヴァー、キース・ロビンソン、シャロン・リール、ヒントン・バトル、ジョン・リスゴ...
ドリームガールズ  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  久々に素晴らしい米国映画を観た気がした。圧倒的なパフォーマンスで贈るミュージカルと黒人の組合わせ。これこそ米国映画にしか出来ないメニューである。 オリンピックにおいても黒人がいなければ、ロシアや中国に勝てない米国。とうとう映画も同類になっ...
映画『ドリームガールズ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
18.ドリームガールズ■原題:Dreamgirls■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:130分■鑑賞日:2月24日 渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督・脚本:ビル・コンドン□製作:ローレンス・マーク□製作総指揮:パトリシア・ウ....
DREAMGIRLS/ドリームガールズ☆★ (銅版画制作の日々)
 DREAMGIRLS   1981年12月20日、NYのブロードウェイにあるインペリアル・シアターでオープニングを迎え、毎夜、スタンディング・オーベンションによる喝采を浴びた、マイケル・ベネット演出による伝説のミュージカル「ドリームガールズ」今回スクリーンに登場ブ...
ドリームガールズ (日々徒然ゆ~だけ)
 とにかく歌がすげー!元ネタになったモータウンサウンドに痺れた世代には,その裏事情も判る内容で,そぉいう意味でも面白い話である。
ドリームガールズ (明け方シネマ)
 トニー賞受賞の大ヒットブロードウェイ・ミュージカルの映画化。60年代から70年代、モータウン・レコードが輩出したキラ星の如きソウル・R&B歌手たち。彼らのアナザー・ストーリーとも言うべき、スターへの階段を上ってゆく女性ヴォーカル・トリオの夢と人間模様を...
映画感想「ドリームガールズ」(ネタバレあり) (読書とジャンプ)
魑魅魍魎うごめくショービジネス界。この映画の中では、誰もが自分の欲望に忠実に生きてました。家に52型のテレビがあって、大音量で見ても苦情のでることのない大邸宅に住んでるとかじゃなければ、絶対に映画館で見たほうがいいです。極上のエンターテイメント作品。映...
「ドリームガールズ」 夢を追う者、夢に破れる者 (はらやんの映画徒然草)
夢とは独善的なものだと思います。 夢を叶えるためには当然のことながらそもそも叶え
「ドリームガールズ」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
***************************** 1962年、シカゴ在住のディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウルズさん)とエフィー・ホワイト(ジェニファー・ハドソンさん)、ローレル・ロビンソン(アニカ・ノニ・ローズさん)の仲良し3人組はコーラ...
ドリームガールズ (利用価値のない日々の雑学)
トニー賞を総なめにした舞台の映画作品化であるが、モデルがシュープリームスだったり、ビヨンセが自身の境遇に類するものがありと、色々と公開前から話題の多い作品であった。又、ジェニファー・ハドソンが堂々のオスカー助演女優賞を受賞し、公開直前では彼女が可也クロ...
映画「ドリーム・ガールズ DREAMGIRLS」 (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督 ビル・コンドン 製作総指揮 パトリシア・ウィッチャー 原作 トム・アイン 脚本 ビル・コンドン 音楽 ヘンリー・クリーガー 出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、 エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、 アニカ・ノニ・ローズ...
ドリームガールズ (銀の森のゴブリン)
アメリカ 2007年2月公開 評価:★★★★☆ 原題:Dreamgirls 監督
ドリームガールズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『夢は永遠に生き続ける』  コチラの「ドリームガールズ」は、2/17公開になったダイアナ・ロスとシュプリームスの実話を元にした大ヒットミュージカルの映画化で、既にご覧になられた方も多いようですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  アカデミー賞最多ノミネート(...