ポレポレ隊が行く! 

ようこそポレポレワールドへ!
家族で歩いた山の報告です。
  ◆ポレポレとはスワヒリ語で 「ゆっくり」 の意。

▲やっぱり怖かった・・ 乾徳山 <その1>

2007-05-17 16:11:01 | ▲2007年山行報告

 
 歩いた日 2007年5月13日(日)
 

奥秩父主稜線から南に外れた場所に 岩峰を天に向けて立っている山、乾徳山。

山岳会の方からも 「変化に富んだいい山ですよ」 とかなり前に聞いて

ずっとチェックはしてましたが 『岩』 が弱足の気持ちを迷わせていた。

今年、 「絶対登るぞリスト」 に入れてから ずっとドキドキ・・・・

そのドキドキ・・はどんどん高まり とうとうその日がきちゃいました。  

ああ、ドキドキ・・・・とってもドキドキ・・・・

 

 

 

 

 

 

♪中央フリーウェイ~♪ を通って勝沼ICに向かいます。

右に競馬場、左にビール工場を見送って 

GW過ぎの だーれもいない 高速をひた走る。

本当に滑走路みたいだね。

 

 

 

 

 

 

徳和の駐車場到着。 

徳和公園のPにはトイレもありますが ポレポレ隊は林道を抜けて

もうちょっと上の駐車場まで上がってきました。 ここにはトイレはありません。

そして一番ノリみたいです。

 

 

 

 

 

 

今日の手ぬぐい。  竹の子さん。 

 

 

 

 


 

いつもようにバナナを食べて身支度開始。 

 

 

 

 

 

 

登山口まで少し歩きます。 

 

 

 

 

 

 

道標に沿って。 

 

 


 


 

 

最初の分岐。 右に進むと道満尾根方面。

帰りはそっちから下りてくるのか・・・。 

 

 

 

 

 

 

登山口はまだかね。 

 

 

 

 

 

それにしてもこの新緑! 目に鮮やかな緑色。

『みどり』 って一口に言っても 本当に微妙な色合いだよね。 

どんな高級な絵の具を使っても出せない色たち。

 

 

 

 

 

 

そんなたくさんの緑色の中を進んでいきます。

気持ちいいっす。

 

 

 

 

 

 

ここが本当の登山口。

コースタイムを確認する隊長と副隊長。

弱足隊員は既にお花を見つけて脇で大喜びしてます。

 

 

 

 

 

 

それでは出発。   無事に戻ってこれますように。 

ドキドキ・・・・

 

 

 

 

 

 

おっと・・・熊ですか。 

それじゃあここで熊鈴のストッパーはずします。

久しぶりにチリンチリン♪鳴らしながら歩きます。 

 

 

 

 

 

 

いい感じ。 最初は杉林。 

 

 

 

 

 

 

ちょっと歩きにくくなってきたぞ。 

 

 


 

 

 

しばらく歩くと最初の水場、銀晶水に到着。 

ここのお水はチョロチョロでした。 

 

 


 

 

 

お、コブラが見てる! (笑) 

 

 

 

 

 

 

いい感じで進みます。 

 

 

 

 

 

 

駒止に到着。 

 

 

 

 

 

 

また進みます。 

 

 

 

 

 

 

岩がいっぱい。 

 

 

 

 

 

 

と思ったら こんなになだらかな道。 

 

 

 

 

 

 

今度は 錦晶水。  さっきのは 『銀』 晶水。 

 

 

 

 

 

 

ここの流れの方が勢いがよかったです。

副隊長、顔をザブザブ洗って 「気持ちいい~!」 って叫んでました。

いいなぁ~ こっちはそれができないからなぁ。

お化粧全部落ちちゃうもん。 

スッピンだと猛獣に間違われて猟友会の方に撃たれそうな弱足。(キャーッ!)

 

 

 

 

 

 

錦晶水の広場はこんな感じ。 小休止にちょうどいいです。 

 

 

 

 

 

 

さて、歩き出そう。   

この木・・・・・!! 

 

 

 

 

 

 

お・・・!!! 

もしやあれに見えるは・・・!!!! 

 

 

 

 

 

 

そう、あれこそが今向かっている乾徳山であります。

そろそろ国師ヶ原に着いたらしい。 

 

 

 

 

 

 

国師ヶ原の交差点です。  

ここはまっすぐ扇平に向かいます。

 

 

 

 

 

 

まだけっこうあるなぁ。 

 

 

 

 

 

 

がんばろう。

 

 

 

 

 

 

中央に富士山がうっすら・・・・・

わかるかなぁ~

 

 

 

 

 

 

シラカバを見ながらズンズン進みます。

 


 

 

 

 

扇平はもうすぐかな。

 

 

 

 

 

 

ケルンに一つ積み上げて。

 

               <その2>につづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« ▲やっぱり怖かった・・ 乾徳... | トップ | ▲恐るべし! 蓼科山 <後編> »
最近の画像もっと見る

▲2007年山行報告」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事