gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

不景気対策はエネルギ-革命でしのげる

2019-12-26 09:43:32 | 日記
経済の実充はエネルギ-で決まる。エネルギ-輸入を0にすれば経済は楽になります。ただしGDPは減ります。GDPは減りますがGDPとは売買したものしかカウントしませんが、実際の家計にはカウントしないけど生活を豊かのするものが多く入っています。たとえんば家庭菜園等自給自足したものはカウントされません。だからエネルギ-輸入しなくなった分太陽光や風力発電で自家発電し化石燃料の輸入代を減らせばGDPは減りますが逆に国民の経済は豊かになります。そのようにGDP増やすことばかしが経済が豊かになることではないのです。だから不況が来たら輸入する金はなくなりますがその時の国民は自給自足,地産地消で凌より方法がなくなります。でも地産地消でしのげばどんな大不況でもしのげます。今日本で出来る節約方法は化石燃料輸入を減らし輸入代を少なくし、食糧やアルミ等物が買える体質にすることです。それと不景気による輸出減に対応することを考えなければ日本は立ち行かない。そんなこと考えもしないでIR施設など考えているから日本は発展しない、明治維新はギャンブルなどにかかわらずもっと大きなかけ、産業の改革に掛けた。今の令和の維新をギャンブルなどの遊びに回すべきでない、エネルギ-革命、AI革命かけるところが沢山あるのに欠詰まらんギャンブル革命なんか持ち出す時期ではない、政治をもっとただし、エネルギ-革命にかけよ。
コメント