小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

キアゲハの舞

2014-07-24 | 蝶と昆虫

20日日曜日の日盛り、汗を流しながら田んぼのあぜ道を歩いていると、突然、目の前にキアゲハが現れました。

キアゲハ 2匹は絡まりながら飛んでいます。

右に行ったり左に行ったり、私はあぜ道から田んぼに落ちないように気を付けながら、彼らについていきます。

今回は前回と違ってキアゲハだけですから、求愛行動だと思うのですが。

車も通る広い道に出ました。「お~い もう少しゆっくり飛んでぇ おねが~い」

それから少しづつ上へ上へ

彼らの行動は愛に昇華させることができたでしょうか。汗を拭き拭き追いかけた私としては昇華できたと思いたい光景でした。

コメント (12)

久しぶりのハグロトンボ

2014-07-23 | 蝶と昆虫

20日に糸島市に行ったとき久しぶりにハグロトンボに会いました。

ハグロトンボ♂ 水田から水が勢いよく川に流れ落ちていましたから、水量はかなり多かったです。流れに沈んだ水草に止まっていました。

雄の胴体は金属的な光を放っていて綺麗ですね。

ハグロトンボ♀ 胴体に雄のような光沢はありませんが、翅の筋が芸術的です。

じっと見ていたら翅を一瞬だけひらりと動かしてくれました。まるで優雅な扇のようでした。

ウチワヤンマ これはいつもの池で撮ったものです。

こんなアングルで撮れることは滅多にないので、ちょっと失礼して後ろから撮らせていただきました。

コシアキトンボ こちらもいつもの池で撮りました。

コメント (6)

ツバメ、ダイサギ、アオサギ

2014-07-21 | 

昨日の続きです。帰りに寄った糸島市は水田の稲が大分伸びていました。緑の上を通って吹いてくる風は、都会のコンクリートの上を通ってきた風と違って涼しく、本当に気持ちよかったです。

ツバメ 大分伸びた稲の上をすーぃすーぃと幾羽ものツバメが飛び交っていました。

これもツバメなのですが、光線の具合でしょうか茶色に見えます。

まるで別の鳥のようです。でもツバメです。説明しなければならないなんてトホホ。

ダイサギ 珍しい鳥ではありませんが、緑に白、綺麗でした。

アオサギ こちらも飛ぶ姿やはりきれいです。

今津干潟 夏場の風景たまにいるのはカルガモくらいなものです。

今日の夕陽 18:38分撮影 雲に隠れたりまた出てきたり。

コメント (16)

セグロセキレイとヒバリ

2014-07-20 | 

今日は久しぶりに今津干潟に行ってみました。思った通り水鳥はわずかにカルガモとダイサギがいるだけでした。帰りに寄った糸島市ではヒバリに会えました。

セグロセキレイ 水鳥はいませんでしたが、久しぶりにセグロセキレイに出会えました。

カワラヒワ 羽を広げず弾丸飛翔。

ヒバリ

ヒバリの親子

ヒバリの若鳥 親が飛び去ったので心細げに鳴いています。

ヒバリの若鳥 お母さんは呼んでも戻ってきてくれません。仕方ない僕も飛ぼうっと。

ヒバリの若鳥 別の場所にも親子がいましたが、親だけ飛び去ってしまいました。

コメント (10)

チョウ色々

2014-07-18 | 蝶と昆虫

昨日いつもの池に行ったときに出会ったチョウたちです。久しぶりのお天気なのでチョウも嬉しいそうに飛んでいました。

アオスジアゲハ このチョウはヤブガラシの花が好きのようで、ここに待っているとよく会えます。

ウラギンヒョウモン この場所での出会いは久しぶりでした。

ツバメシジミ この裏翅いつ見てもかわいらしいです。

ツバメシジミの表翅 ほんのちょっぴり見せてくれました。

ヒメウラナミジャノメ 大きな目玉は健在です。

ヒメウラナミジャノメ 前日の大雨で翅が傷んだのでしょうか。

ベニシジミ すっかり夏翅になっています。

ベニシジミ 裏翅は変わらないのですね。

コメント (10)