小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

ササグリ、イヌショウマ他秋の野草

2014-09-28 | 花と野草

今日は福岡県糸島市と佐賀県唐津市七山との県境にある浮嶽(標高805,1m)周辺をうろうろしました。もう野鳥がやってきているのではないかと期待をして出かけたのですが、すっかり嫌われたようで鳴き声はあちこちから聞こえるのですが、1枚も撮れませんでした。しかしたくさんの秋の野草に会うことができました。

ササグリの花

ササグリ(笹栗) 柴栗ともいうそうです。手の親指の第一関節くらいの大きさしかありませんが、子供のころこれを茹でてもらうのが楽しみでした。味はなかなかのものです。ブナ科

イヌショウマ 久しぶりの出会いでした。林の薄暗いところに咲いていました。キンポウゲ科の多年草

アカバナ いつ見ても可憐な花です。アカバナ科

リンドウ(竜胆) とても撮り難い場所に咲いていました。

リンドウの実 

リンドウの蕾と実

シロバナサクラタデ サクラタデより花の密度が高いそうです。タデ科

コメント (17)

変わった名前の野草たち

2014-09-27 | 花と野草

野草の名前を調べていましたら、思わず吹き出すような名前とか、気の毒になるようなのが出てきました。

シロイヌノヒゲ 犬の髭はこんなでしたっけ。ホシクサ科

ガンクビソウ この名前を見つけたときはもう一度写真を見直しました。びっくりするような名前ですね。由来はキセルの雁首に似ているのでこの名前が付いているそうです。そういわれれば似ていますが、ちょっと気の毒な気もします。キク科

ベニバナボロギク 可哀想な名前を付けられたものです。前回行ったときは蕾で俯いていましたが、21日に行ったときは花は上向き、すでに綿毛になっているのもありました。キク科

ヤマハッカ ここからは普通の名前の花です。シソ科

サクラタデ サクラと名前が付いていますが花期は8~10月です。多分色から付いたものでしょうね。

シラヤマギク 花びらがまばらです。キク科

ヤマハギ 近くに咲いていても花の色はずいぶん違っていました。マメ科

今夜の月 大気中に浮遊物が多かったのでしょうか、ずいぶん赤いお月様でした。9月27日18:44分撮影

コメント (4)

初登場の秋の野草

2014-09-26 | 花と野草

9月21日に撮った野草の中には、初めてのも何種類か入っていました。

ツルリンドウ 木立の中でこの花を見つけたときはヤッターと思いました。図鑑でしか見たことがありませんでしたから。リンドウ科

コシオガマ こちらも初登場なんですがピンボケです。ゴマノハグサ科の1年草

ヤブマメ こちらも初登場です。つる性マメ科の1年草。

クルマバナ シソ科

アキノタムラソウ この時期シソ科の花が多いように感じます。シソ科の多年草

ゲンノショウコ お馴染みですがなかなか可憐で目立ちます。

ミゾソバ 花先だけピンクでかわいらしい

夕焼け 9月26日17:55分撮影

コメント (10)

秋のトンボたち

2014-09-25 | 蝶と昆虫

樫原湿原では思いがけずいろんなトンボに出会えました。初めて出会ったのもいて行った甲斐ありでした。

秋の風景 湿原に行く途中、次に行くときはこのイネは刈り取られているでしょうね。

キトンボ オレンジ色に輝いていました。初めての出会い、しばし撮るのを忘れて見とれていました。腕が未熟で輝きを出せていないのが残念です。

アキアカネ だろうと思うのですが自信は全くありません。違っていたらすみません。キトンボを見た直後だったので、アカネ君には申し訳ないですが、かなりみすぼらしく見えました。

ヒメアカネ こちらも初登場で名前を特定するのに3,4時間かかりました。それで違っていたらトホホですが、間違っていましたら指摘してください。

ネキトンボ 今までナツアカネと思っていました。翅の根元が黄色なのでこの名前が付いているんだそうです。

マユタテアカネ お尻の先がぴんと跳ねているのでそうだろうと思っています。

ノシメトンボ だろうと思います。今回は自信のないものばかりですみません。半日以上トンボの図鑑とにらめっこしていましたら、頭が痛くなってきました。

コメント (12)

チョウ色々

2014-09-24 | 蝶と昆虫

9月21日に行った樫原湿原とその周辺には、お天気が良かったからでしょうか、まだいろいろなチョウが飛んでいました。

キタテハ裏翅 この時期に会えるなんて嬉しかったです。

キタテハ表翅

アカタテハ 名前の通り翅がいつもより赤かったです。

ナガサキアゲハ こちらも久しぶりの出会いでした。

キアゲハ サイヨウシャジンの花に止まってお食事中でした。

アゲハ

イチモンジセセリ このチョウが一番多く飛んでいました。

ミドリヒョウモン このチョウは樫原湿原だけで出会います。

ヒメジャノメ 薄暗かったのでかなりピンボケです。

キチョウ

 

コメント (14)