小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

干潟の鳥とカニ

2016-08-31 | 

8月も今日でおしまい。毎日バタバタ忙しく暮らしていますが、はたして何をしたかというとさしたることは何もしてはいないような。今日は干潟の生き物を集めてみました。

アオアシシギ 今津干潟のお馴染みさんです。

アオサギ

アシハラガニ おじんの独り言様から教えていただきました。エビカニ→をアシハラガニに訂正します。「おじんの独り言様」ありがとうございました。

クロベンケイガニ ヤマトオサガニとしていましたが「おじんの独り言様」から教えていただきましたので訂正します。おじんの独り言様ありがとうございました。

今日の夕陽 綺麗な夕陽でした。18:35分撮影

コメント (10)

変わった狛犬

2016-08-30 | その他

樫原湿原に行く途中で立ち寄ったお宮で、石灯籠の上にユニークなポーズで飾られている狛犬を見ました。今まで狛犬に性別があるなんて考えたこともありませんでしたが、それと分かるのもあるんですね。調べましたら「阿吽」の阿が雄で吽が雌だそうです。ただここの狛犬たちはどちらも口は結んでいました。

お宮の額 調べましたが住所もどんなお宮かも分かりませんでした。

狛犬 石灯籠の上に立っています。こんな姿のを見るのは初めてですが、自由な発想が面白いです。

逆立ちした狛犬 こちらが雌でしょうか。尻尾は折れている?それとも初めからなかった?

沢ガニ 境内で沢ガニを見ました。子供の頃このカニを捕まえてきては、祖母に塩茹でにしてもらって食べていました。今はすっかり高級蟹になってしまいましたね。

コメント (10)

サカハチチョウ、サトキマダラヒカゲ他

2016-08-29 | 蝶と昆虫

8月19日に行った樫原湿原周辺で出会った蝶です。最近少々忙しくて整理が追いつかず遅くなってしまいました。私にとっては久しぶりに出会った蝶たちです。

サカハチチョウ ↓光線の具合で別の種類と思っていましたが、翅の模様から同じ種類のようです。

サトキマダラヒカゲ こちらも久しぶりの出会いでした。↓と同じ蝶ですが光線の具合でかなり感じが変わりますね。

ベニシジミ お馴染みさんです。

アゲハ この場所はよくジャコウアゲハに出会うところですが、薄暗い山道で出会った彼らの同定はできませんでした。シルエットの蝶も悪くなかったです、とは大分負け惜しみも含まれていますが…。

キチョウ とても黄色が鮮やかでした。

今朝の虹 ふと窓の外を見ると虹がかかっています。大急ぎでカメラを取り出して撮りましたがすぐに消えました。07:30分撮影

コメント (8)

樫原湿原周辺の花 (2)

2016-08-27 | 花と野草

8月19日樫原湿原に行く途中で出会った花の続きです。名前が分からなくて時間がかかってしましました。

ヤブマオ 山道のあちこちで見かけましたが、名前を調べるのにてこずりました。 イラクサ科

ミズタマソウ アケボノ草を撮りたくて行ったのですが、刈り取られてしまって撮れませんでした。この花だけはかろうじて刈り残されていました。 アカネ科

マキエハギ 名前調べにかなりてこずりました。 マメ科

ハシカグサ 花径は5ミリにも満たないくらいなので見落としそうな花です。 アカネ科

ノダケ 秋近しを感じます。セリ科

ヌスビトハギ 小さな萩の花です。 マメ科

クズ 秋の七草の一つ マメ科

キツネノマゴ キツネマゴ科

キカラスウリ ウリ科

コメント (8)

樫原湿原周辺の花 (1)

2016-08-26 | 花と野草

今日は樫原湿原近くで見かけた花を集めて見ました。昔は平地でも見かけていた花が、今ではここまで来なければ見られないのもあって懐かしかったです。

ヒメキンミズヒキ 土壌の質が似ているのでしょうね、湿原でも見かける花です。 バラ科

アキノタムラソウ 普通に見かける花はこの藤色をしています。 シソ科

アキノタムラソウ 白も咲いていました。

オトギリソウ ヒメキンミズヒキに似ていますが枝の別れ方が違います。オトギリソウ科

クルマバナ 平地では見られなくなりました。シソ科

トウバナ こちらはお宮の境内で見かけることがあります。 シソ科

ゲンノショウコ 関東では白い花があるようですが、九州ではこの色一色です。 フウロウソウ科

ヤブラン 前にも登場していますが、山道の入口に咲いていたのがあまりに見事でしたので、再登場です。

コメント (6)