小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

待ってま~す

2009-11-30 | 日記
雨戸を開けると小屋の屋根に、
まるでしなびたキウイフルーツを並らべたように、
雀たちが勢ぞろいして待っている。
餌を撒くのを待っているのだ。
実りの秋が終わりつつある今、雀の数が少しずつ増えてきた。

朝寝坊でもしようものなら、
餌くれ合唱が始まるのには閉口だが、
庭に出るとどこからともなく飛んできて、
何気ないふうで足元で遊んでいたりするのは可愛いものだ。
コメント (6)

久しぶりピー子

2009-11-29 | 日記

我が家にやってくる雀の中で一番なれているピー子。
物干し竿の上を右に左に体の向きを変えながら、
1メートルくらいまで近づいてくると、四角な物干しに飛び移る。
「わたしよ! 分かってる?」
と言うように下からじっとわたしを見上げた後、餌の撒かれる場所に下りる。
2本の足を踏ん張って、「ハイ、準備OK、早く餌を撒く!」
かなりせっかちで、強気な奴だ。

10日振りくらいにやってきた。
一番手前で餌をついばんでいるのがピー子。


コメント (2)

持つべきものは友

2009-11-28 | 同人誌「南風」

同人誌「南風」26号に親の決めた縁談を嫌って、
台湾に逃げ出す、昭和6年代の娘の小説を書いた。
読んでくれた友人が台湾での生活も書くべきだと言う。
図書館で調べてもなかなか資料が見つからないと愚痴った。
早速、台湾に詳しい知人から資料を借りてくれた。
その方も快く承諾してくださって、資料を送っていただいた。
これらの品々が私には宝の山に見える。
友人の親切と快諾してくださった方に感謝!
ご親切に応えられるような作品にしたいものだ。
コメント (4)

よみがえった

2009-11-26 | 日記
母の着物を友人が帽子とロングベストに作り変えてくれた。
着て鏡の前に立って見ると、全体の雰囲気が母に似てきた。
そういえば母がこの着物を着たいた年頃に自分がなっていたんだ。

針を持つのがからっきし駄目な私だが、
親友は古いものをよみがえらせるエコの先生だ。
役に立つとは思えない物を、素敵なバッグや小物によみがえらせる。

こんな二人だから気が合うのかも知れない
コメント (2)

寂しくなりました

2009-11-25 | 日記

オール読物に今年の1月号から始まった杉本章子さんの
「女占い12か月」が12月号で終わった。
江戸情緒を書かせたら、この作家の右に出る人はない。
毎月、読みきりの話で、江戸の市井の人の暮らしが生き生きと描かれていて、
一話一話をとても楽しく読んだ。
今年一年は発売になるのを待っていそいそと本屋に行ったものだが、
来月からはどうなるのだろう。
新しい連載が始まるといいが・・・。
コメント (3)