小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

樫原湿原と周辺の植物(3)

2019-08-17 | 花と野草

8月9日に樫原湿原で出会った植物です。国の準絶滅危惧種に指定されているヒメミクリも咲いていました。

キセルアザミ 名前の通り茎の先に花が付いていますが、茎には葉がなくてまるでキセルのようです。草に隠れて茎の長いのが見えません。残念!

オミナエシ(女郎花) 湿原にたくさん咲いていました。この花を見ると秋を感じます。オミナエシ科

オミナエシとコオニユリ

ヌマトラノオ サクラソウ科

ヌマトラノオとコバギボシ

ヒメミクリ ここでだけで見ることが出来ます。下の金平糖のように見えるのが雌花。国準絶滅危惧種、佐賀県絶滅危惧Ⅱ類種 ガマ科

ユウスゲ 行くたびに花はこの状態です。この花は夕方に咲き、翌日の午前中にはしぼんでしまうんだそうです。しぼんだときにしか行ってなかったんですね。ススキノキ科

ホタルイ 地味ですがこちらもここでしか見られません。カヤツリグサ科

カワラナデシコ ナデシコ科

 

コメント (3)

樫原湿原と周辺の植物(2)

2019-08-15 | 花と野草

樫原湿原に着くと早速、湿地に咲く純白のサギソウが迎えてくれました。はるばる着てよかったと思う瞬間です。

サギソウ 湿地のあちこちに咲いていました。ラン科

コバノギボシ こちらも負けじとあちこちに咲いています。リュウゼツラン亜科

サワヒヨドリ 少し時期が早かったようで蕾ばかりでした。キク科

サワヒヨドリ 数年前にここで撮ったものです。

アブラガヤ 地味な花ですがよく見ると一つ一つが星のようで面白いです。イネ科

ウツボグサ 花は殆ど終わっていましたが、たった一輪残っていました。シソ科

クマノミズキ 湿原にむかつているとき渓流の縁で見ました。ミズキ科

コメント (8)

樫原湿原と周辺の植物(1)

2019-08-14 | 花と野草

久しぶりに樫原湿原に行き、ここでしか見られない植物をたくさん見てきました。

ヌスビトハギ とても小さな花ですが、よく見るととても可愛らしいです。マメ科

サワギキョウ キキョウ科

コオニユリ この湿原にはたくさん咲いています。ユリ科

コオニユリとアブラガヤ ユリ科とイネ科

トウバナ シソ科

オトギリソウ 山道の脇にこの花が咲いているとなんだかホットします。オトギリソウ科

キツネノマゴ キツネノマゴ科

 

コメント (3)

樫原湿原のトンボたち

2019-08-13 | 蝶と昆虫

8月9日やっと樫原湿原に到着です。毎回言って申し訳ないですが、トンボの姿が例年より少ないです。それでもここまできた以上できるだけ多くのトンボに出会いたいものです。湿原の木道を何度も行ったり来たり。

ハッチョウトンボ♀ 年配の男性が一緒に探してくださいました。体長14ミリ、日本一小さなトンボです。

ハッチョウトンボ♂ 粘りに粘ってやっと撮りましたが、上の草に隠れて赤い胴体しか見えません。仕方なく去年撮ったのを再掲しました。

ミヤマカワトンボ カワトンボにも会いたかったのですが一度も出会えませんでした。

シオカラトンボ♂

シオカラトンボ♀

キイトトンボ こことこの周辺でしか見られないイトトンボです。

チョウトンボ 今季、平地で止まっているのは一度も撮れませんでしたが、ここに来てやっと1枚撮れました。メタリックな翅はやはり素敵!

コメント (2)

ヒカゲノカズラ、ヒメキンミズヒキ、他野草

2019-08-12 | 花と野草

山道の途中で出会った野草です。どの花も平地ではなかなか見られない野の花ばかりでとても懐かしかったです。

ヒカゲノカズラ 一年ぶりの出合いでした。シダの仲間だそうです。

ヒメキンミズヒキ 被写体が細すぎて撮るのに苦労しましたが大好きな花です。バラ科

ネムの花 花は殆ど散ってしまっていましたが、ちょっぴり残っているのも可愛らしいです。マメ科

マツヨイグサ コマツヨイグサは平地でも見られますが、この花はなかなか見られません。アカバナ科

アカツメクサ マメ科

スイカズラ スイカズラ科

ネコハギ? 調べましたが同定は難しかったです。マメ科

コメント (2)