小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

雨の日は大変

2010-06-30 | 日記
土砂降りの中、シオカラトンボが野草に止まってじっとしていた。
上から見ると手を合わせて祈っているようだ。
この雨が早く止むように祈っていたのかも知れない。



翅にも頭にも胴体にも雨粒が付いている。
小雨になったとき見にいったらいなくなっていた。


コメント (6)

小雀の巣立ち

2010-06-29 | 日記
親雀が二羽の小雀を連れてきた。
こうしてみると親雀がりりしく頼もしく見える。
小雀は歩くのもやっとの感じ。



親雀は餌探しにすぐに飛び立った。
おとなしく並んで待っています。
「早くご馳走持ってきてくれないかなぁ」




コメント (4)

アメンボウ

2010-06-28 | 日記
ここのところ毎日雨ばかり。
梅雨だから仕方ないと思うものの、いさかかうんざりだ。
元気なのはアメンボウ、あちこちで見かける。

中脚と後脚が発達していて四本脚に見えるが、前足もちゃんとあるカメムシの仲間の昆虫。



水面に落ちた昆虫に口ばしを刺し入れ、消化液を注入して消化された液体を吸うのだそうです。
水溜りの濁り具合で体の色が違っています。


コメント (4)

ホタルガ

2010-06-27 | 日記
灯りを求めてやってきたのだろうホタルガが玄関灯の傍に止まっていた



密生した椰子の葉のような触覚と赤い頭、黒い翅に白い模様、ホタルガとはいい名前。



コメント (6)

ツバメの親子

2010-06-26 | 日記
やっと巣から出てきたらしい子ツバメが電線に止まっていた。
やがて親ツバメが何処からか飛んできて、餌を与えるとまた飛び去った。



親ツバメは大忙しだ。
アスファルトの道を低空飛行しながら、餌を探しては何度も子ツバメに与えていた。



コメント (4)