小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

ヒバリ

2016-04-30 | 

今日は朝から快晴でしたので、郊外に写真撮りに出かけました。冬鳥たちはいなくなっていましたし、夏鳥もまだやって来てないようで、姿を見ることはできませんでした。ヒバリだけが終始遊んでくれました。

ヒバリ ホバリングしながらしきりに囀っていました。見ているだけで気持ちよかったです。

ヒバリの雌だと思います。

ヒバリ♂ 草むらにいました。

 

コメント (12)

木の花と路傍に咲く花

2016-04-29 | 花と野草

今日は散歩の途中で見かけた木に咲く花と路傍に咲く花です。

フジ 高い木に巻き付いて咲いていました。青空を背景に

ナンジャモンジャの花 モクセイ科 新しく造成されているところの並木はこの花になりそうです。

梅の実 福岡城址の梅ノ木にも実が生っていました。

ヒナゲシ 散歩の途中の校庭に咲いていました。ケシ科

ニガナ キク科の多年草

アメリカフウロの種 豪華な燭台のようです。フウロウ科の1年草

ツボスミレ 前回UPしたのがピンボケでしたので再度の登場です。

コメント (12)

木に咲く花ばかり

2016-04-28 | 花と野草

今日は木に咲く花ばかりを集めてみました。

ハリエンジュ(ニセアカシア) 大きな木にあふれんばかりの花をつけていました。マメ科

ベニバナトチノキ マロニエとアカバナトチノキを交配させたものだそうです。街路樹の中に1本だけこの木がありました。トチノキ科

レッドロビン 燃えるような紅い葉の生垣が綺麗でした。

アセビ(馬酔木) ツツジ科

ウツギ(卯の花) ユキノシタ科

イロハモミジ 写真を整理していましたら春先から撮ったのがありましたので、並べてみました。こちらは3月29日に撮ったものです。葉はまだ開いていませんが、花がたくさんついています。

4月19日

4月26日 種になっていました。

コメント (12)

路傍の花たち

2016-04-27 | 花と野草

毎日通る道の脇に咲いている花を集めてみました。

ニワゼキショウ この花は白あり、紫あり、ピンクありと色のバリエーションが多いですから、それを探す楽しみもあります。アヤメ科

チチコグサ この花を見る度に「男やもめに蛆が湧く」という言葉を思い出します。現代ではそんなことは決してないとおもいますが、昔の人のイメージだったのでしょうね。キク科

ハハコグサ ↑ に比べると温かな感じの花です。母は優しい? キク科

カスマグサ カラスノエンドウとスズメノエンドウの中間の大きさなので、カとスの間でカスマグサ。枝先に二つの花を付けるのが特徴です。ここではその特徴がうまく出ていませんが。久しぶりに見ました。マメ科

イヌガラシ アブラナ科

マツバウンラン 姿の良い花ですね。ゴマノハグサ科

ムラサキサギゴケ 地面を這うように咲いていました。ゴマノハグサ科

コメント (10)

ヤマトシジミ、ヒメウラナミジャノメ、ノラ猫

2016-04-26 | 蝶と昆虫

ひょっとしたらキビタキかオオルリに会えるかもしれないと、今日は午後から福岡城址に行ってみました。残念ながらどちらにも会えませんでした。お馴染みのシジュウガラやコゲラの声はしていましたが、姿は見えませんでした。蝶には会えましたが。

ヤマトシジミ 若いのは綺麗です。

裏翅が見えにくいです。

ヤマトシジジミ 越冬したのでしょうか、刀折れ矢尽きた風情で痛々しいです。翅の色は味わいのある色なのに残念。

ヒメウラナミジャノメ たくさん飛んでいました。

エナガ

ノラ猫 思わず「落ちないように、用心するのよ」と声をかけたくなりました。でも気持ちよさそうですね。

コメント (10)