小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

足輪をつけたメジロ

2009-12-30 | 日記
2009年も余すところ、今日と明日だけになってしまった。
なんだかやたら気ぜわしい。
こんな日はのんびり餌をついばんでいる、スズメやメジロが羨ましい。
写真を撮るまで気が付かなかったが、このメジロ青い足輪をしている。
どなたか行動範囲でも調べているのだろうか。

長崎の友人から手紙を頂いた。
七、八年前、カルチャーセンターで二年ほど共に文章修行をした仲間だ。
小説が書けなかったり、行き詰ったりすると、
すぐに彼女に愚痴を並べたてた手紙を書く。
それを黙って受け止めてくださる、優しい姉のような人だ。
信頼や尊敬、相手を理解することは、
出合ってからの時間の長さではないことを彼女から学んだ気がする。
来年も私の愚痴聞いてください! よろしくお願いいたします。
コメント (4)

正月の飾りつけ

2009-12-29 | 日記
今日は松シメを玄関や神棚に飾った。 昔、母は玄関に飾るのをおおどしと呼んでいたが、 正式名称は分からない。 お店では松シメと書いて売っていた。 下の小さいのは神棚用。

下のはしゃくしと呼んでいたが、これも正式名称は不明。
常日頃お世話になる、台所や風呂場などに飾る。
最近はあまり飾る人がいないそうで、 早めに買っておかないとすぐになくなってしまう。
裏白、ゆずり葉、中の白い玉は米と昆布、スルメをきざんだのが入っている、お年玉。
一年間仲良く遊んでもらったパソコンにもちゃんと飾りました。
来年もよろしく!

コメント

有り難う!

2009-12-28 | 日記
義弟夫婦が正月用の野菜を届けてくれた。
毎週末、二人で農園に通って手塩にかけて作った野菜。
義妹は足が痛くて長い時間立っていることが困難な私のために、
泥を落とし、ちゃんと揃えてくれていた。

今年もこの夫婦からたくさんの思い遣りを頂いた。
心から感謝。
来年もお世話掛けると思いますがよろしく!
良いお年をお迎えください!
コメント (4)

やっぱり不景気

2009-12-27 | 日記
あまり景気、不景気に関係のない生活をしている年金生活者だが、
ふとした折に実感することがある。
来年のカレンダーに掛け換えようとして、
今年のに比べて9センチ短くなっていることに気が付いた。
この会社のカレンダーは余白が大きいので、
行事予定を書き込むのにとても便利なので毎年使っている。
これって不景気? それともエコの一環?

近頃タクシーに乗ると運転手さんから売り上げが伸びないと、
愚痴られることが多くなった。
不景気は相当に深刻のようだ。
コメント (4)

お参りに

2009-12-26 | 日記
ご近所の方が十六日に亡くなってあったのを知らなくて、
今日、お参りに行った。
若々しくしていらっしゃったが九十六歳だったそうだ。
今ごろになると稲穂で作った鶴や亀を作って持ってきてくださっていた。
温厚で優しい方だったのに、また一人いい人がいなくなった。
続けて二人も旅立って逝かれて、周辺が急に寂しくなった。

この時期、常日頃の無精がたたる。
大急ぎで主婦モードに切り替えて、家庭のことに精を出さなければ。
何にもしなくても正月はやってくる、なんていってはいられない。
コメント (2)