Monkey-ATAX

北米に生息する伝説の獣人 ビッグフット を追い求め、いろいろ活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Joy Division - Closer

2013-11-30 19:42:07 | K-ON!!

Joy Division - Closer

1980年作のあまりに伝説的オルタナアルバム

Joy Division は全アルバム持ってますが

LP盤なのでプレーヤー無いから聞けない...

でしたが...

HMVでCD盤を見つけました♪

 

23歳で自殺したイアン・カーチス様の遺作。

死の直前の作品なので、全編 漆黒の闇 のようなアルバム。

特に The Eternal なんて曲は、歌詞も曲も当時のイアン様の心象風景そのもの。

YAYA的には別格的に好きな作品の一つです。

 

イアン様の伝記的な映画 Control が出たのが2007年

オルタナ好きな人にはいまだに神なのです。

 

ダークなイメージのアーティストは星の数ほどいますが

イアン様は リアル

奥さんと娘さんがいて、障害者のための職業安定所で一生懸命働いてて

(名曲 she's lost control は担当していた女性の死を歌ったもの...)

 

SDRなパンクとはまったくの別もの

でも

それ故に

その他大勢のフィクションなダークとは異なり

イアン様の作品は純粋に

彼のすさまじく寂寞な心象風景そのもの

 

Closer のフルアルバム、Control の全編 共にユーチューブにあります♪

 

Joy Division - The Eternal

 

コメント

HHhH

2013-11-26 22:02:23 | 

題名: HHhH プラハ、1942年

著者: ローラン・ビネ

ドイツ第三帝国で最も危険な男 金髪の野獣 と呼ばれたラインハルト・ハイドリヒ

国家保安本部RSHAの若き長

アイヒマンの上司、ヒムラーの右腕

HHhHとは「ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる」の意味

 

類人猿作戦と呼ばれたハイドリヒ暗殺計画の全貌がここに♪

 

「新たな生存園を獲得するうえで必然的に生じる...二つのイデオロギーの最終衝突」

ハイドリヒの追い求めるこの聖杯を阻止するためにロンドンより送り込まれた二人の刺客

 

ひんしゅく的ですが 美しき漆黒のSS将校と連合軍空挺部隊の刺客とが魔都プラハを舞台にして繰り広げる戦いは...

なんか もう あまりに できすぎたフィクション的なノンフィクション

 

 

先週読んだその他の本...

たまたまですが戦争物が多いです。

題名: 日本兵を殺した父  ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦と元兵士たち

著者: デール・マハリッジ

「第二次世界大戦が終わり、大勢の男たちがアメリカに帰還した。けれども良い戦争の名のもとに無数の美談が語られるばかりで遠い海外で男たちがほんとうに経験したこと、そして彼らが家に戻ったあとのことは無視されている。」

沖縄戦はアメリカの圧勝とのイメージありましたが、実際にはアメリカ軍にも1万人を越える死者がおり...

著者の父も沖縄で追った凄惨な記憶が癒えることなく PTSD を死ぬまで抱えていたのでした...

戦争中のことをほとんど何も語らずに死んだ父が沖縄でどのような経験をしたのか...

それを知るために始めた父の部隊の生存者達へのインタビュー

戦場のリアルは まさにカオスのひとこと...

 

題名: レックス戦場をかける犬

著者: マイク・ダウリング

イラクの治安維持のため派遣された軍用犬レックス

テロリストのしかけた爆弾や隠された武器弾薬の捜査を行なう軍用犬は

当然的にもっとも爆弾に接近します。

インディアンの血をひく相棒との壮絶な作戦行動...

で ありながら 陽気で元気なレックスのけなげさに...

シェパード欲しい病にかかります。

 

題名: 世界恐慌(上下) 経済を破綻させた4人の中央銀行総裁

著者: ライアカット・アハメド

1929年に始まった世界恐慌が起きたときのアメリカ、イギリス、フランス、ドイツの中央銀行総裁達...

彼らが属していた通称「世界でもっとも排他的なクラブ」

そのクラブ活動の全貌...

第一次大戦後の破綻した欧州経済を復活させるために死力をつくしたはずが...

滅びゆく金本位制度の呪縛と、既に始まっていたバタフライ効果的なグローバル化のカオス...

経済は もう人のコントロールできる領域を超えてしまっていた...

 

題名: シティ・マラソンズ

著者: 三浦しをん、あさのあつこ、近藤史恵

「走り終えた皮膚は、冷めることを知らぬ熱を宿している。」

ニューヨーク、東京、パリ

三都のマラソンを舞台にした市民ランナーたちの思いと戦い

YAYA的には初しをん様のニューヨーク・マラソン編のドタバタ感が過去マラソン経験となんか合致してました♪

 

題名: 猫物語 黒

著者: 西尾維新

最近はまっている物語シリーズ

相変わらず主人公は暦君は 腕ももぎ取られたり、胴体を真っ二つにされたりとかたいへんな目にあいますが

相手が美しきダークな猫娘であれば きっと死んでも本望かも

 

コメント

山一輪車とツリーハウス

2013-11-24 10:23:54 | 一輪車

山一輪車:マウンテン・ユニサイクルでの最近の課題は急勾配。

画像では斜度分かりにくいですがけっこう急なので、ビビリが入ってなかなかクリアできません。

画像の下部もけっこう長くて、落車すると最悪10mくらい転がっていきます...

そんな森ですが

ツリーハウスっぽいのがあります♪

近所の少年達が作ったんでしょうか?

こーゆー遊びをするような少年がまだいるのが少しうれしいです♪

 

今日の相棒はスペインの誇るモンティ社のユニ♪

マウンテンというよりはトライアルな20インチ。

小さく軽いので小回りききます♪

 

反面 少し安定感はイマイチ。

26インチの大きなカナンドラム号と20インチのモンティ号との差が大きすぎて、乗り換えに少しドタバタします...

山一輪車の標準な24インチ車も欲しいところ。

 

 

コメント (4)

2013冬コミケに向けて その2 横浜ボークス

2013-11-23 19:18:44 | コスプレ

日本が世界に誇るガレージキット、フィギュア、ドールのひとつの頂点 ボークス http://www.volks.co.jp/

もともとは京都のお店で、昔 京都にいたころお店にいったりしてました♪

工具やエアブラシ関係(コンプレッサー込)なんて、ほとんどそこで揃えました♪

横浜に来てからはガレージキットをいじることがほとんど無くなりボークスとのかかわりもまったくなくなりました。

しかし

再放送中の ガールズ&パンサー にちょっとはまってしまったYAYAが、なにげに西住みほ様なんかで検索してたりしたら...

なんと!

ボークス横浜ショールーム なんてのが横浜駅のすぐ近くにあることが判明!

冬コミケ用超大型巨人の肩に同スケールの巨人アニ(約60cm)&ミカサ様(約6cm)を乗せるためにポリパテとかスパチュラとかがほしいなと思ってたYAYAにしてみれば、まさに運命的なタイミングでお久しぶりなボークス!

というより なんでいままで気がつかなかったんだろう...

すぐ横を週1くらいの頻度で歩いてたのに...

さっそく行ってきました♪

ビルの5階で地味な入り口ですが、中は京都のお店よりも広いように思います♪

 

ガレージキット最新作 雷電 1/32 に目を奪われます♪

値段もあれですが、まさにスケールキットの究極!

 

同じくオリジナルの超絶完成度のキャラ系フィギュアに心奪われます♪

 

驚いたのが お店の1/3以上のスペースがドール系♪

異様に艶かしい球体関節人形(約60cm)

これってYAYAの超大型巨人と同スケールの巨人アニと同寸法。

この子を改造するという手もあるかも

頭部とか手とかドールアイとかパーツがすごい量で充実しているので、なんでもできるかも♪

巨人アニ様

 ↓  ↓  ↓

 

 

コメント

ボジョレー・ヌーヴォー

2013-11-21 20:20:45 | 

今日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日♪

横浜駅中のデパートで試飲させてくれてたので

いただいてきました♪

 

でも

YAYA的にはヌーヴォーって呑みやすいけど...

やっぱり普通の方が好きかも。

日本酒でも新酒よりも普通のが良いです。

 

なんか

普通のお酒を普通に呑むのが気楽で好きです♪

 

 

 

コメント

2013冬コミケに向けて その1

2013-11-19 21:10:09 | コスプレ

カドカワのアニメ月刊誌 にゅうたいぷ を久しぶりに買いました♪

なんといっても 進撃の巨人 の特集号♪

少し いまさら感 もありますがアニメ版超大型巨人の図がのってました♪

 

しかし

アニメ版って、原作版とだいぶ違いますね。

原作版はもっとスリム。

もっとも

原作版も巻によって、コロコロ外装が変わりますが...

 

YAYAのコスプレ的には2.4m級とするためのエクステンションで物理的にプロポーションが要調整ですので...

なかなか苦戦中...

 

冬コミケまで あと1.5ヶ月...

 

 

コメント (2)

人間の性はなぜ奇妙に進化したのか

2013-11-17 22:03:34 | 

あの名著 銃・病原菌・鉄 の著者ジャレド・ダイアモンド様による本です♪

ヒトのセクシュアリティに対する進化的アプローチの重要性と魅力と困難さがDEEPにかつマニアックに書かれてます♪

ペニスに機能は応用絵気圧モデルに基づく生体機能学的な実験をすることによって簡単に解決されるような単なる生理学上の問題ではなく、進化上の問題をも含んでいる。その進化上の問題とは700万~900万年をかけてヒトのペニスが推定される祖先のサイズから、なぜ4倍にも拡大したかということだ。これほど大きくなった理由を考えるには歴史的な説明と機能的な理由づけがぜひとも必要なのである。ここまで女性の乳汁分泌、隠された排卵、社会における男性の役割、閉経についてじっくりと検討してきたように、どのような淘汰圧が働いたためにヒトのペニスが時代を経て拡大し、その多く名サイズが今日も保たれているのかを問いかけなくてはならない。

ヒトの性は実はかなり特殊です。

たとえば霊長類約250種内において女性の胸が膨らんでいるのはほぼヒトだけ(他には唯一ボノボだけが少し膨らんでます。) 女性の許可を得ずに交尾しようとするのもほぼヒトだけ(他には唯一オランウータンだけ) 等々。

理由の一つにはヒトの赤ん坊は育てるのが超大変なことがあげられていますが...

700万年かけて、すさまじいレベルまで高められたヒトのオスとメスの複雑な関係もそれに拍車をかけてます...

実は恋愛なんて、氷山の一角的に表層に現れてるちっぽけなオマケ的なもの...

意識の潜在下等で行なわれている莫大なエネルギーのDNAの戦いがちょっと怖いです。

 

他にも先週はこんな本を読みました。

題名: 混浴と日本史

著者: 下川耿史

YAYAは記憶にある限り、過去に一回だけ東北で混浴経験あります。

意外に普通に入浴できた印象ありますが、それもそのはず 実は混浴は日本の文化であり、その歴史は実に長く、奥深いものでした。

著者は多感な学生の頃、風呂屋さんに覗きに行ったら同級生の女の子が同世代の男の子と混浴の風呂場で普通に会話しているのを見て、大きな衝撃を受けました。

その衝撃をもとに混浴を研究し続け、本作を書きあげたのでした。

混浴を不埒なものとして殲滅しようとするお上とお風呂屋さんの数百年にわたる戦いとか、海外の文化人から混浴なのに下賤な行いがない高いモラルを絶賛されたりとか...

混浴というよりは日本の大衆文化のすばらしさに心打たれます♪

 

題名: ビルマ・ハイウェイ 中国とインドをつなぐ十字路

著者: タンミンウー

世界の経済力の中心が東洋に移っているなか、アジアの地理も変わりつつある。そうした地理の中心にあるのがビルマだ。

ビルマのラムリー島近くの海岸から中国雲南の昆明に至る鉄道と石油・天然ガスパイプラインが建設されています。(パイプラインは完成)

いままでは深いジャングルと国境付近の紛争により遮断されていたルート。

それが中国のアキレス腱である内陸部の脆弱な経済とマラッカ海峡ジレンマ等への対策として開発が進められました。

しかし

ビルマはちょっとデンジャラス...だけでなく

数多くの少数民族の紛争と貧困、60年代の中印紛争リターンマッチの影、黄金の三角地帯の麻薬組織等々

あまり馴染みの無いこのエリアの、実に複雑な状況と歴史がすごくよく分かります。

ビルマに交差点は生まれるが、それは危険な交差点である。

 

題名: 誰も戦争を教えてくらなかった

著者: 古市憲寿

「あちこちがただれてくるような平和」が続く世界で、世界の戦争博物館はどのように、戦争という非日常を現在へと伝えているのだろうか。

今の若者達は実は日本プロパー的で、むしろYAYA的な世代が実はイレギュラーなのではないかという印象な話題作 「絶望の国の幸福な若者たち」 の著者の新作ということで読みました♪

アウシュビッツ博物館から数キロしか離れていないモールでは、当たり前だけど日常そのの光景が広がっていた。ソフトクリームを買おうかどうか迷ってやめた。

アウシュビッツ(意外にフツーな所らしい)、中国(意外にマイルドらしい南京の博物館)、韓国(ディズニーランド的な楽しい所らしい)などの戦争博物館見学と地元の人たちとの交流。

戦争とはなにかという、たぶん誰もがそれぞれにバイアスかかってて、他人とは真に共感できない難問について、各国の戦争博物館をもとにして考察するという本書は、ちょっとシュールですが興味深く読めました。

 

題名: 新完全ヒモマニュアル

著者: 鍵英之

だれでも知ってる一流企業を脱サラし、ヒモとなった方のマニュアル本です。

ヒモられさんの見分け方やアタックのかけ方など実践的な内容もありますが、YAYA的には本書のメインはヒモという生き方の記述だと思います。

ヒモという軟派なイメージとは異なり、17年もの長きにわたりヒモを貫くことは、時には命がけでもあり、想像以上に過酷な世界...

 

題名: クレイジー・ライク・アメリカ

著者: イーサン ウォッターズ

ほとんどの人が年に一回は心理療法を受けるアメリカ。

だから きっと世界中の人たちも皆 心の病 を持ってて、ケアや投薬が必要なはず。

で 日本でもアメリカの製薬会社が大活躍してSSRIのメガマーケットに...

「各国の文化を考慮に入れない療法は間違っている」 と著者は言われてます。

 

コメント

酔仙 特別純米酒

2013-11-12 22:05:59 | 

 

横浜そごうデパ地下に京都のみみさんののさんのお祖母ちゃん用お菓子などを買いにいきましたら...

お酒売り場で岩手の酔仙の試飲コーナーが♪

http://suisenshuzo.jp/

つい

吸い込まれて

にごり酒から大吟醸まで全9種類をいただいたら

つい

純米酒の1升瓶をお買い上げ...

「柔らかでふくよかな味わいの特別純米酒です。原料米を60%まで磨き、最も寒い時期に醸すことで優しい味わいときれいな風味が調和しております。旬の食材と共にお楽しみ下さい。」

な 一品です♪

 

YAYA的には

アルコール系であれば、あまりこだわりないですが

それでも

なんか

秋は日本酒が美味しい季節

のような気がします♪

特に寒いところのが

また

YAYA的には

なんか妙に飲みやすい純米酒よりも

ちょっとざらついた感の本醸造がタイプですが

この酔仙のは

「岩手の地酒」 というネームのまさにイメージ通り

で 気取りのない、ふくよかな味わいが

みみさん、ののさんにも好評でした♪

 

昔 

いろいろな女優さんが ほろ酔いな感じで

「女房を酔わせて、どうするつもり♪」

というステキなウィスキーのCMありまして

とても憧れましたが...

みみさん、ののさんのお母さんはお酒がまったくだめ...

なので

とりあえず ユーチューブで浸りたいと思います。 

石田ゆり子CM ニッカオールモルト

 

コメント (2)

2013 Exciting Porsche Meeting

2013-11-10 19:30:36 | 横浜

横浜ミナトミライ赤煉瓦倉庫で毎年開催されているポルシェのメーティングに行ってきました♪

http://www.e-porsche-m.com/

 

スポンサーが Gulf なのがステキです♪

YAYA的に好きな車ベスト3あげろといわれたら...

1位 マッハ号

2位 コルベット・スティングレィ 68

3位 ポルシェ917K Gulfカラー

 

残念ながら917Kはありませんでしたが、約120台ものポルシェが並ぶ壮観さは筆舌に尽くしがたい迫力でした!

 

小さいですがパノラマも。

 

一般参加の市販車メインですが、世界最速のワンメイクレースと言われるGT3カップのクレーマーポルシェなんてカリカリなのも♪

 

YAYA的にはサーキットの狼的な古いカレラや

 

湾岸ミッドナイトのブラックバード的なターボに心奪われます♪

 

ドハデなウィングとたぶん一番太いリヤタイヤのこのマシンも良い感じ♪

 

ここ赤煉瓦倉庫では他にもフェラーリやロールスなどのミーティングもありますが

オーナー様の雰囲気が微妙に違いますね。

フェラーリのときは、ロッソ繋がりで こんな痛イタ車 ♪ がありましたが

ガルパンの西住まほ車なんてのを少し期待してましたが...

やはりお堅いドイツ車なので、こんなのはなかった...

コメント

早朝 山一輪車

2013-11-09 16:53:51 | 一輪車

謎の反制服組織 ヌーディスト・ビーチ に ドキドキ♪

な 今日この頃

近所の森で久しぶりに山一輪車♪

ハロウィンで忙しかったので1ヶ月以上ぶり。

 

今日はファット・タイヤの Conundrum uni で走りました。

 26インチ径×3.7インチ幅のファットタイヤの一輪車は走破性高いですが、小回りが苦手。

 なので走行ラインを外した場合のリカバリーが難しい...

 

少し前に集中的に練習してた階段もアプローチのライン外すと失敗します。 

 

ユニ後はコミケに向けての巨人作り。

時間があるからと頭部や胴体の形状的に気になっていたところを改造中。

なのでボディは、まだ未塗装の真っ白のままです。

2ヶ月なんてアッという間なので、ちゃんと計画的に進めなくては。

コメント