セピア色の映画手帳

古い映画を中心に

「ミロクローゼ」

2016-12-19 00:27:02 | 映画日記/映画雑記
 「ミロクローゼ」(2011年、日本)
   監督 石橋義正
   出演 山田孝之
       マイコ

 園子温監督の「ひそひそ星」に似た、随分とシュールなお話でした。

 取り敢えず「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」の楽曲「Dard E Disco」
を観て、今年中に「ロッキー・ホラー・ショー」を観なくちゃ・・・。
 
 故・山本夏彦氏の言った「日本人は皆、エセ毛唐である」をしみじみ感じました。

 ケフコタカハシさん、こんな感想になってしまい、ごめんなさい!!

 H28.12.18
 DVD
 

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「遠い空の向こうに」 | トップ | 「スモーク」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観る人を選ぶ (宵乃)
2016-12-19 07:54:38
作品でしたね。私もこれはツボに合わなかったですし、一方で絶賛している方もいます。
まあ好みや観た時の気分にも左右されますから仕方ないですよ。
今回もご参加ありがとうございました♪
残念ながら好みじゃなかった・・・ (鉦鼓亭)
2016-12-19 09:07:48
 宵乃さん、おはようございます
 コメントありがとうございます!

filmarksで3.2(「その夜の侍」は3.3)だったから人を選ぶ作品だろう、と云うのは覚悟してました。(笑)
「にしてもなァ」でしたけど。(汗)

今年1年、企画運営本当にありがとうございました。
楽しかったです!

コメントを投稿

映画日記/映画雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

一緒に「その夜の侍」と「ミロクローゼ」を観ませんか? (忘却エンドロール)
<みなさんの感想> newしずくの水瓶 ブログdeロードショー ミロクローゼ Make Shift (仮 その夜の侍 セピア色の映画手帳 「ミロクローゼ」 おもしろい本が読みたい!! ミ......