Salsa する?

Salsaの力を信じてます。
ココロの核にしみ込んで、カラダの芯が躍動します。

講談へ行こう♪ 嘘のようなホントの歴史の語りべ講談師

2016-05-21 09:29:09 | 



二月、ちょっとした「大人の女同士の酒盛り」があった。
何年振りかで会う友人と近況を語りながら、
休みになると、全国の気になる神社仏閣巡りをしてることを知った。

ふ〜〜ンと聞くだけのワタシは全く縁のない世界。
その話の途中、
友人が思い出し興奮し始めた。

東北の有名な神社に参拝した時だった。
年一回しかしない戦国武将たちのお位牌の日陰干し。。
しかも巨大なのがズラ〜リ。

友人曰く
「あんなの他でも見たことない!大きくてびっくりしたの」

呆然と立ち尽くす友人に寺人が
『お位牌は一日しか出てきません。。
とても運がよろしいデスネ』

そして興味のなかったこの話を
二か月後、あれか…と思い出すことになった。

きっかけは講談だった。。。。



◆江戸時代の講談 徳川綱吉の実母/桂昌院
嘘のようなホントの話。。◆

 
今年のゴールデンウィークは二回も寄席に行ってみた。
新宿「末広亭」のように丸一日居られるわけではなく、
二時間半ほどで演目は終了。
前座の若い衆から、漫談マジック、大道芸、
その中に珍しく女講談師が一人。

講談と落語の違いも分からず、とりあえず聴いてみた。
聴き始めると、史実に基づいた話で江戸時代の大奥の話。
しかも実在した人物であり、
書き綴られた文献を掘り起こし、それを見てきたかのように話す。

落語が会話で成り立つものだとしたら、講談は読み聴かせ。
釈台という小机に張り扇と扇子が小道具。
張り扇のパン!は句読点、パン!パン!は今から盛り上がるよ!の合図。


桂昌院の出自は商家。
名を「お玉」と云い、愛嬌のある面差し。
父の病死をきっかけに下級武士の養女に、奉公に公家出身の尼僧の元へ。
その尼僧が高位に就いたため、三代将軍家光への挨拶に江戸城へ。
そこで尼僧に一目惚れした家光は、尼僧をそのまま側室に。
お伴のお玉もそのまま江戸城を出れず、大奥勤めになる。

が、お玉は前代未聞のブス。。。。だった
大奥で笑いものになり、湯殿係になる。

湯気の立ち込める湯殿なら目につかないという理由。
だがお玉は超強運の持ち主。
お玉の愛嬌のある顔と話しぶりを家光が気に入り、ついに側室に。
後の五代将軍綱吉の母となった。
江戸時代のシンデレラストーリーと語り継がれた所以がここにある。

ここから『玉の輿』という言葉が生まれ、
『美人は三日で飽きるが、ブスは三日で慣れる』の例えにもなった。

綱吉の強運も凄く、二人の嫡子が亡くなったため五代将軍に就くことに。
徳川家の跡継ぎは体が弱く短命でもあったが、
綱吉は小人症だったといわれ、伸長は124センチ。
徳川家康からの代々の位牌で、ひと際小さい124センチの位牌が綱吉のもの。

犬公方と言われたが、実は名君で公共事業に取り組み
武士の無謀な面目のための「切り捨て御免」を禁じた。

講談は史実の上に、個々の講談師の脚色が加わるため軽妙なノリ。
女講談師の桂昌院の話は読み切りだった。
本があって読んでる訳ではないが、
『この続きは、また後日〜〜〜』と云ったところで、
次、高座に呼ばれなければ話の続きもクソもない、、、

なので、今は最後まで話を完結させるとノタマッタ。。
戦国時代から江戸時代の裏話が好物なワタシにとって、
講談の世界は家政婦は見た。。だった。



◆西表ヤマネコより少ない講談師…◆


江戸時代は長く続いたが、
度重なる飢饉や質素倹約・藩のお取り潰しなど、
町には読み書きの出来る浪人があふれ出した
講談師はそんな者たちが、
町角に立ち歴史本を読んで聴かせたのが始まりだった。

当時は文字の読めない者も多く、
軍記本を声高に楽しく読んで聴かせる講談師。
三面記事的な部分も大層人気があった。


明治維新以降の教育の普及と共に、講談師の役割は趣味嗜好の文化に移行。
ドンドン人数は減り、今や60数名、、
イリオモテヤマネコは90数匹、、
落語家は600人ほど。。

こんなに面白いのに崖っぷちの講談界。
学校へ講談出張や、レストラン、寄席など、
至る所で古典・現代物などをやっているが、
実は絶滅危惧種に認定されてもおかしくないのが現状らしい。

神田神保町の落語カフェでは講談の日があります。
興味のある方はどうぞお聴きくださいね♪


**ミニ知識**

戦国時代の男子の平均身長は157センチ
徳川家康 159センチ
徳川家光 157センチ

織田信長は170センチくらい
豊臣秀吉は 140センチだって。。


ダンス・バレエランキングへ☜ランキングに参加してます!クリック押して応援していただけると嬉しいデス。ありがとうございます( *´艸`)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

主婦なんです!桃井かおり監督 映画「火 Hee」vs芥川賞作家/中村文則「火」

2016-05-04 10:02:00 | 


ここ数年、
有名俳優たちの訃報を耳にするとドキッとする。
自分の年代も「黄泉の国」への待合所に近づいてきた気がするからだ。

数年前の大原麗子さんの時は、宿命というより因果応報のように感じた。
白亜の豪邸に一人。。
整形手術の失敗なども重なり、、孤独死。

男優は離婚をしても、家族に恵まれる人が多い。
それに反して
女優は家庭に恵まれない人が多い。
因果な商売…と思うが、それは違う。

圧倒的に性格や気質が仇になってる。
女優として名を馳せるには才能よりも強運がないといけない。
とてつもない強運と美貌と必死についてくる才能、、
「女優」と孤独と実態のない生活は三位一体のはずだった。

それを打ち破った女優が現れた。
あの「桃井かおり」だった。。。。


◆あの人は今… 女優 桃井かおり◆


久しぶりの日本でのテレビ出演

『スイマセーーーン しあわせデ〜〜ス♪
 末路を見せなきゃいけなかったノニネーーー』
第一声はこんな自虐のカマシ・・・

あれ!?変わんない桃井さん。。。。と思ったら、
翳りと棘のようなものがない。
代わりに
充実してる人が持つ独特のエネルギーとプリプリした顔つきが。

監督二作目となる「火 Hee」の夏公開に向け来日。
個性的は変わりないが、
生き抜くことに覚悟を持った顔になっていた。。


◆主婦と幸せと自由人 at アメリカ◆

昨年、夫になった男性は、
9歳の時にロンドンへバレエ留学した時の同級生。
お互い64歳の結婚。
ここに辿り着いた道のりは、女優「桃井かおり」ではなく、、
アメリカ一般市民としてのスタートだった。

50代に入り、女優としては巧くなった。
が、つまらなくなった、、自分に気付いた。
どう足掻いても19歳からカマシ続けた「桃井かおり」を拭えない。

カマシ捲くったツケは大きく、業界でキラワレ者になってしまった。
なるほど…と思ったのは
同じようにカマシ続けた松田優作は、
死んでしまえば、伝説になる。。

生き残った者は、生き抜かなきゃいけない。
何か作品を作っても、「桃井かおり」という名前は出せない…
そんな混沌とした状況が続いた。


54歳「SAYURI」のハリウッドデビューをきっかけに、
拠点をロサンゼルスに置いた。
50代と云えども、まだ勇気と元気があった。
一般人としてアメリカ社会で暮らし、溶け込んでいくうちに、
実態のある生活の心地良さに気づく。

人種・性別・年令は言わなければ全く分らないのがアメリカ。
5〜6年暮らすと、ポツポツ仕事が入ってきた。
そうこうするうちに、去年は5本の映画に出演。
イギリス映画やメキシコ映画に、監督として撮った映画など。

同時に、64歳で結婚。
女優としてベルリンのレッドカーペットで
『運を使いきってる!ピークに来てる♪』と叫んだ。

とうとう映画監督として、世界の舞台に躍り出てきた。
2016年2月12日
第60回ベルリン国際映画祭で、
初監督の2006年長編映画「無花果の顔」がNETPAC賞を受賞。

監督二作目「火 Hee」も同時にフォーラム部門に招待された。

インタビューで
『自分の可能性を信じてきた。明日死んでも、後悔は無い!!
 
 ベルリンに来る度に応援してくれる人が増えてきてる

 70歳までに、また来たいデス♪』



◆映画「火 Hee」vs芥川賞作家/中村文則「火」


日本で静かだと思ってたら、こんなエライ展開になっていた。
ワタシはテレビを見るまで全く知らなかった。

日本のテレビで映画「火 Hee」のことを
『ちょっと名作、、

普通の監督には撮れない。。

売春婦なのに プライドを持ってて、、

自分は

あの成れの果てから 巧くすり抜けたなぁ〜と

物凄く実感できたお話なんだけどね』



「火 Hee」は中村文則「銃」の中の短編小説を映画化。

ロサンゼルスの桃井邸で10日間で撮影。
衣装も小道具も犬も全部桃井さんちのもの。
監督・脚本・主演が桃井かおり。
上映時間は49分。。

これを聞いただけで原作を読もうと思った。
テレビのインタビューを見終わり、本屋へ。

あっという間に読み終わり、脳みそが朦朧となる「火」。。

本の解説は作者自身が書いていて、
「内容がなかなかエキセントリックで、
こういう小説を書いてる自分をどうかと思うけど、、
(中略)
大多数が喜びそうに計算されたものが多い中、
文学においてこういうものも必要なんじゃないか…」

これを映画にした桃井かおり監督に、
もっと驚いて、、その日は寝込んでしまった。


夏に公開のこの映画。
観切れるエネルギーと体力がいるなぁ…思った。

桃井かおり、やっぱりカマシてんじゃん
恐るべし。。。。。


ダンス・バレエランキングへ←ランキングに果敢に参加してます!クリックして応援ありがとうございます(=^・^=)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

更年期の北風と太陽。。はらたいら 「サルサ天国」

2016-04-20 14:48:50 | サルサ



◆更年期世代のアラカルト。。◆

去年から同級生や知人の闘病生活を耳にするようになり、
自分たちは、、もうそういう年代なんだと思わざる得なかった…
親の介護と自分たちに降りかかる病気のダブルヘッダー。


我が家も夫婦共々低空飛行ではあるが、大病には至らず、、
その代わり、ワタシの母をサポートする日々。。
母親のアルツハイマーは、今年に入り小康状態に。
今年は、サルサ仲間の友人たちに会いたい!!
そう思えるようになっていた。


職種も年齢も違う友人たちは、一般的には更年期世代。
だが誰一人、闘病もなく、フットワークも軽妙。
どんなに遠い場所を指定しても、ひょいひょいやってくる。
そして男女とも、更年期障害に悩まされずにココまできた。

フランスのマダム達のようにホルモン充填法もエステもしてない。
浮気をしてるわけでもない。
心がとても健全で身体も若い。。
更年期障害って、なんだろう?と思った。

だって
昔、見たり、聞いたりした更年期障害は壮絶だったからだ。。



◆更年期障害の北風。。◆

多分10年くらい前迄は、更年期は女性特有の症状と見られていた。
それがある有名人のカミングアウトと本で、
男性の更年期障害がクローズアップされた。
漫画家のはら たいら氏だった。

10年前
よう言えば、はら たいら氏をしばらく見ないなぁ、、と思った時。
突然の訃報が、、、63歳だった。。
こんなに長く大変な闘病生活のキッカケは、更年期だった。

大橋巨泉さんの「クイズダービー」で15年間レギュラーで活躍。
その知識と教養の深さと完全無欠さは、揺るぎない自信に溢れていた。
だが「クイズダービー」終了の49歳の時、更年期障害に襲われる。
眩暈や集中力の低下で闘病生活に入る。

その後
男の更年期の本を出版し復帰するも、今度はうつ病が襲う。
奥さまの乳がんの発症と闘病も重なり、長期入院生活。
お酒を断つことなく、持病の肝硬変を悪化させ、末期がんに、、
49歳から14年間の長い闘病生活は閉じられた。

はら たいら氏の更年期障害は荒れ狂う北風。
だが、はら氏のケースは特殊ではない。
俳優/故竹脇無我さん 女優/生田悦子さんらも
更年期により役者を断念せざる得ない状況に。


まさに更年期は男女共に、避けられない関所のようなもの。
ワタシは
もうすぐ来るであろう更年期に不安を抱いていた。
乗り越えられる自信もパワーも、
自分の中に持ち合わせていなかったからだ、、


◆更年期の太陽♪◆


8年前のワタシは
大きな怪我から自信喪失、、ヘンテコな鬱に入りかけていた。

筋トレや有酸素運で、なんとか持ち直すも、
心はいつまでも湿度100%・・・

そんな時に出会ったのがラテンダンスのサルサだった。

最初に出くわした友人は絵を描く人で、
二十代を中米を歩き回る元バックパッカー。
彼女は高校生の時から、サルサを知っていた。

日本を代表するイラストレーター河村要助氏が主宰の
「サルサ天国」で踊っていたという。
当時の日本で踊る人は数えるほどしかおらず、
キューバ人の男の子やオタク系の日本人男子など。
その十数年後、ようやくサルサが日本に広まり始めた。

友人は日本で最初にサルサを踊った女子高生。
当時、恵比寿にあったキューバ料理「ボテギータ」にも出入し、
中南米を歩き回りたいと思うキッカケになった。

だが当時、中米の名も知られてない国は歩けても、
ブラジルの治安の悪さや
キューバはたとえ行けたとしても、食糧が配給制のため、
何日間も食べれない可能性が高い、、

特に、若い女の一人旅は危険過ぎる!と
中米の人達に忠告され南米は断念。

ならばと
中米の行く先々で面白い品物を買い、
それを他の国で売ったり交換したり。
その国のサルサを踊ったり。
藁しべ長者のようにしながら歩き回ったツワモノだった。


そんなツワモノの友人も母親を看とり、
父親の介護に毎日施設に行く。

ツワモノの不思議チャンだった友人と
何時間も夢中で話した奇妙なサルサレッスンやバックパッカーの日々。

突然、友人が
介護オンリーで駆け抜けた三年間に、光が射したと言った。

無我夢中で過ぎた三年間で忘れていた
有り余るエネルギーと楽しさと解放感を思い出した。


生気を取り戻した彼女の口から
「今度、昔のビデオを観に来て♪
サルサ天国のがあるのよぉ〜
コレを見たくてベーターの器械を取ってあったの。。
これはサルサ界のお宝よ!」

踊るサルサは楽しい。。
それよりも
サルサへのパッションや蓄積した思い出が光になることがある。
またサルサに助けられた不思議な話しだった。

ダンス・バレエランキングへ←ランキングに参加してます。応援ポチをお願いします♪次回の励みになります(*^_^*)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

サンバは処方箋。。 海馬に優しく 右脳を豊かに♪ 

2016-04-04 18:21:03 | サルサ



◆サンバは優しい処方箋♪◆

去年、友人と共に初めてサンバの拠点クラブ「プラッサ・オンゼ」へ。
ラテンダンスと言えば、
サルサのペアダンスしか興味がなく、、
お付き合いで友人の師匠の演奏を聴き、ハイサヨナラ♪のつもりだった。

耳慣れない派手な音の重なりは大音響と化し、
バンドのボーカルの声は、ビックリするほど浪花節。
歌詞は、日本語だったりポルトガル語だったり。。

それらの歌は、
『生きるって切ないよ イヤになるけどさ、、 
躓いても立ちあがる勇気出そうぜ!
一緒に歌ってくれる友もいるじゃないか!』

どん底の歌なのに、ナヨナヨ クヨクヨしてない…
顔を上げて、チクショーー!負けないぜ。。的な人生の応援歌。

内心では「うわぁ、、演歌ダゼ」と慄いていた。



◆サンバは海馬に優しく 右脳を豊かに♪◆


同じラテン音楽でもサルサの場合は、
メロディアスだったり、どこか風景を感じさせる。
聴き慣れたスペイン語の語感にはエロ感が漂う。
だがエロ感や哀愁のメロディの歌詞は
<火事で家が燃えて〜みんな死んじゃった〜>という歌でも、
スペイン語の歌詞が分からないため、
見知らぬ男女は雰囲気たっぷりで踊れちゃう。

男性はオトコを満喫し、女性はオンナを思い出す。
たとえ一瞬でも
踊る相手を敬い、気遣うのがマナー。
だがサルサは心が不健康だと、ダンスも不健康になる。
一言で言えば、デリケートでめんどくさい、、
ラテンダンスはそんなものだと思っていた。


それが
サンバは一般的なラテン音楽とは全く違った、、
アフリカから連れてこられた奴隷たちのソウルが「サンバ」という形に。
楽器も違うが、リズムが2拍子らしい。。
慣れないリズムに乗ることでいっぱいいっぱい…考える暇などない。

日常生活では思考停止なんて滅多にならず、
いつも何がしらかの不安がドーーーンと居座っている。
が、不思議なことに
あの派手な大音量とリズムは、マイナスの思考回路に良く効いた。
左脳を使わず、右脳が活発になることで脳内麻薬が出たらしい。

サンバライブが終わり
ボーカルの浪花節クンが、ワタシに放った言葉が図星だった。
『サンバってイイでしょ♪元気になるでしょ!』


そしてサンバはホントにそういう背景から生まれた歌と踊りだった。
1888年 ブラジルでの奴隷制度が廃止され、
仕事を求めてリオ・デ・ジャネイロに集まりだした。

居住地区はプラッサ・オンゼ(第11広場)
ここで育まれたサンバは居住区が解体されても、
細々と残り、それでも徐々にブラジル全体に広まった。

今もそうだがブラジルの格差社会はかなり酷い。
リオのサンバカーニバルの踊り手は貧困層。
観る人達は富裕層。

友人の師匠曰く
『昔は富裕層が観てたけど
街中が大音響になるからね
お金持ちはカーニバルの時期はバカンスに行ってるよ〜

若い人はサンバは踊らない。。
ヒップホップやレゲトンを踊る
サルサもそうだけど
サンバはおじさん・おばさんの踊りだよ」

若い時は
エネルギーを持て余すほど溢れてて、
深い哀しみや憤りは時間と共に消化吸収される。
若者は侘び・寂びのダンスで癒される必要もない。

だけど
おじさん・おばさんと括られる頃になると、
自分が張ってるバリケードはボロボロになっている。
それを治してくれるのは、抗鬱剤でも睡眠導入剤でもない。
胸に届いた音楽だったり、心を無にしてくれるダンスだったり。

海馬を無心にし、右脳を活性化させ豊かにする。。
おじさん・おばさんのダンスには優しい処方箋がついている。
しかも副作用はないの。。。。


人気ブログランキングへ←ランキングに参加してます。クリックして応援お願いします(*^_^*)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「熟成のモノサシ」キューバ/ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 歌姫オマーラ・ポルトゥオンドvs前田美波里

2016-03-21 08:55:41 | サルサ



◆プロローグ「熟成のモノサシ」◆

友人と鎌倉川喜多映画記念館に
映画「愛を読む人」を見た帰りだった。

声楽家でありピアノ講師でもある彼女は、ボサノバァを歌う。
ワタシは彼女の高くもない低くもない微妙な音色が好きで、
時々、ライブへ赴く。

最近、彼女の歌に変化があった。
裏声に頼らなくなった。
楽に歌える裏声をやめ、微妙な音色で歌い切る。。
そのためには発声も声量も、今までよりずっとキツくなる。
敢て、自分の音域に挑んでいた。


そして彼女は
「妹にさ
<イパネマの娘>とか歌ってて飽きない?
聴いてる方は飽きるんだけど…」

身内だからこそズケズケ言える言葉だった。
ふと 
サルサの原点を教えてくれた恩師の言葉が浮かんだ。

「日々の練習はダンスだけでなく、人も熟成していく。。」

思わず彼女に
『貴女が歌い続けるために、変化して熟成していけばイイ
今、過渡期なのかも。。』

その翌週
「熟成する。。」をいう言葉を二度も見せつけられた。

一つは奇跡の声
もう一つは魅了する肉体とダンスだった。



◆キューバの最高峰バンド「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」最終公演
85歳のキューバの至宝 歌姫オマーラ・ポルトゥオンドの奇跡◆

今回の来日が最後になる・・
1999年公開の映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」でのボーカル三人
2000年アカデミー賞にノミネートされる。

↓左から 
イブライム・フェレール オマーラ・ポルトゥオンド コンパイ・セグンド


映画公開からワールドツアーへ。
キューバ音楽の質の高さは世界中から大絶賛を受ける。
閉ざされたキューバで、陽のあたらなかったミュージシャンたち。

ようやく生活の苦しさから解放される間もなく、
2003年 コンバイ・セグンド氏 95歳没
2005年 イブライム・フェレール氏 78歳没

この写真には出てないがピアノ奏者
2003年 ルーベン・ゴンサーレス 84歳没


主要メンバーが他界。。
今回キューバの至宝と言われる歌姫オマーラが来日した。

美しい気品のある切ない歌「Silencio」
↑ブログ:
映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」キューバ 永遠の言霊に掲載♪


すでに85歳という高齢。
長いフライトの疲れと
何よりもあの当時よりは確実に衰えてるはず、、、
声に名残や面影があれば、いいかな。。ぐらいの気持ちだった。

それは
自分の母の病気や乗り物にも乗れない体力の衰えを
ひしひしと感じていたからかもしれない…

だが予想は大ハズレ!母より年上のオマーラは怪物だった。


3000人は収容出来るライブ会場の隅々まで、
オマーラの美しく強い張りのある声が轟いた。

会場からは「おおおおおーーーーー!!!!」
と驚きと歓喜の声が上がった。
そして最後に突然
春の童謡「さくら さくら」を日本語でアカペラで優しく歌い始めた。


日本の歌姫「美空ひばり」さんは52歳の若さでこの世を去った。
複雑な背景と身内の不幸からか、、
喫煙と飲酒で自らの寿命を縮めたとも言われている。
「50歳まで歌を歌えるだろうか…」と思っていた事は現実になった。


授けられた才能を豊かに活かすことが出来るのは、
人としての熟成にある。。と思う

オマーラの歌には
とてつもない強い魂があった。
いかなる境遇にあろうとも、
そこで花を咲かせ続けるには熟成する力がないと咲かない。


2016年、
最後となる公演に行けた幸運に感謝した。



◆努力の天才かも。。美しい肉体美 前田美波里◆

TV「サワコの朝」のゲストは前田美波里さん。
67歳だというが、肌も体形もピッカピカのシュ!

幼少からの話しが進むにつれて、闘争心の塊でストイックなのが分かる。
一部の隙もなく、自分の目指すベクトルに今も走り続ける人。

身体の柔軟性や使い方

全体の立ち姿

声の出し方や話し方

それらが非常に美しい人。。。。

中年以降は、身体を甘やかすとココに全て付きます!
と、指した部分はお腹…
思わず自分のお腹をつまむと、ハードカバー一冊分だった。

「孫がね〜」などという言葉が全く似合わない。
いつも常に努力し続けてる結果が、肌と体形に現れていた。

女として歳を重ねることに抗ってるのではなく、全て自己管理の賜物。
「熟成する人」とは、綺麗でいる努力が自然に出来る人なのだ。

今回の帯表紙は
前田美波里さんのミュージカルのワンシーン。
ハイレグがこんなに似合うなんて、、どんだけ努力してるのだろう。。
カッコいいですわ〜

人気ブログランキングへ←参加してます。応援クリックを押して戴けると励みになります!宜しかったらポチッ!とお願いします(*^_^*)読んでくれてありがとう♪
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加