Salsa する?

Salsaの力を信じてます。
ココロの核にしみ込んで、カラダの芯が躍動します。

前編/江戸のおなごたちには敵わねぇ~遊女 大奥まで

2017-02-15 16:34:31 | 


この世には男と女の二種類。
植物や動物や海の生き物も全てそう。。
子孫や種を残すための役割を果たすように出来ている。

が、ここ数年
人だけは、どうもおかしな事態になっている。
恋をしない、プロセスが面倒、、
結婚しない、、一人が気楽だ…

同じ日本で、今から150年前から400年ほど前、江戸は真逆。
年中、恋に明け暮れていた。
それは私の想像を遥かに超えたおなごたちが作った時代だった。


◇色恋のレッスン 遊女◇

江戸幕府が出来た頃は、片田舎だった江戸。
世界一の水道や地方大名の江戸屋敷の整備。
町づくりのため職人や武士といった男だらけ。
女は希少価値になっていた。

それは商人が商いを大きくすれば、もっと希少になった。
身目麗しい<おなご>は、
力とお金のある商人が何人も囲ったりしていた。
男女比のバランスは、最悪だったという。

だからか
貧乏長屋に嫁に来ると大騒ぎになった。
それだけ江戸には生粋の地娘が圧倒的に少なかった。

そためか、江戸は遊女の需要が高った。
地方の貧しい農家から売られてきた娘たちの中で、身目麗しい娘たちは吉原へ。
その数は3000人。
新宿や品川などの宿場町にも格下の遊女たちが、大勢連れてこられた。

おなご不足の解消と恋のいろはを愉しむのが遊女の役割だった。

吉原の最上級の花魁などは、お茶・お花・手紙・俳句など。
これらの習い事を習得し、そのうえ恋の手練手管に長けていた。

さらさらと文字を綴り、訛りを隠すための独特の遊女言葉は色っぽさを掻き立てる。
遊女は、最大限の女を武器に男を騙し続けてなんぼ?のお仕事。
そして江戸の最先端のファッションリーダーでもあった。

下唇を玉虫色に塗る花魁。
これは江戸の地女や大奥まで流行ったという。


楽屋裏。。珍しい浮世絵
だが
過酷な仕事ゆえに、28歳までに病死する遊女が多かった…
生きて遊郭の大門を出ても、故郷では受け入れてもらえず、
江戸に留まる者が大半だった。



◇奥勤め。。大奥◇

大奥は将軍専用の女たちの集まり。
拝謁できる女と一生拝謁できない女で成り立っている。

一般庶民の出自でも、
行儀見習いで大奥勤めを二~三年勤め上げれば、嫁の貰い手は引く手あまた。
大奥で薪割りや大奥内での移動の駕籠かきだったとしても、
外へ出れば女エリートとして扱われる。

だが大奥や武家屋敷のお女中は、
江戸っ子の男たちからは薄気味悪がられていた。
髪は油でコチコチに固められ、顔は白壁のように厚く塗られ、
豪華な刺繍が施された布団のような着物を着ていた。

杉浦日向子さんの本に
奥女中を「左官に頼む面」と江戸っ子には茶化されたと書いてあり、
思わず吹き出してしまった。
江戸東京博物館で見た着物や華美な装飾品が、
町民とは全く違う美意識と生活を物語っていた。

エリート集団の女たちも
粋や色香を愛でた江戸っ子たちには、異物に見えたんだろうねぇ..


大奥の浮世絵も珍しい!


後編に続くよ~


人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加してます🎵良かったら応援ポチ!してくださいませ~励みになります(*´ω`*)




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

実は超上級編~ 1981年映画/北斎漫画vs2015年映画/百日紅

2017-02-01 10:06:43 | 映画



画狂人と称された葛飾北斎の生涯を描いた映画は、多分この二本。。

Youtubeで見た5分足らずの映像にビックリしたのが、
1981年の新藤兼人監督「北斎漫画」。
なにがビックリしたかと謂うと、
映画のセットの緻密さと本で読んだ風景がそのまま映像になっていたからだ。

ビデオ屋には置いてない、、
映画専門チャンネルも月々の料金を考えると割に合わない、、
もたもた考えてると、なにやら国立の図書館にも置いてある映画だと知った。
女体の裸がバンバン出てくる映画としては、かなり珍しいことらしい…

この情報を聞いた瞬間
「DVDを買っちゃえーーー!」と相成った。

言葉に出来ないほどのエロス満開というより、爆発だった。。


↓焦がれた北斎の生涯を描いた実写版



◇1981年映画「北斎漫画」 北斎の一生と春画「蛸と海女」とピカソ◇

北斎が40歳前、娘のお栄が19歳くらいだろうか。
世は浮世絵が大流行。
いきなり湯やの場面から物語が始まる。

<帯表紙の場面>
働き盛りの裸の男たちが北斎を囲んでいる。
豪華メンバー!

葛飾北斎(緒方 拳)
十辺舎一九(宍戸 錠)
式亭三馬(大村 昆)


奥に見える牡丹の絵(ざくろ口)の奥が湯船。
男女混浴のため、次々と裸で入っていく。

北斎たちの手前では、モンモン入れた男衆。
この当時は、やくざは白肌で素人が入れ墨を入れていた。
湯やは社交場であり、囲碁をしたり、
武士も庶民も様々なサークルを作りワイワイガヤガヤ。

この場面は、江戸っ子の日常がよく描かれている。
オレンジの⇒が北斎デーーース🎵

町中で偶然すれ違うキザ男が浮世絵師の喜多川歌麿だったり。。
人気沸騰中の歌麿に激しく嫉妬する北斎がいたり。

喜多川歌麿(愛川欽也)

そして90回以上引っ越しを繰り返す北斎親子。
間借りする家主が、
「南総里見八犬伝」の滝沢馬琴だったり。。

滝沢馬琴(西田敏行)

この豪華メンバーの始まりは30代。
俳優陣が若く、引き締まった身体と綺麗な肌にビックリ!!

で、
映画は有名な春画「蛸と海女」を中心にド変態エロスに入っていく。
画の背景に書かれているニョロニョロ文字は、北斎が書いた蛸のド変態台詞。
簡単に言いますと、
海女を竜宮城に連れてって、たっぷりたっぷり可愛がってやる~~~🎵
と書いてある。。


この画は、ピカソが所蔵していた北斎の春画の一つで。
ピカソ自身が北斎の影響を受けていたと見受けられる。
後に上品な「Woman and Octopus」
女性とタコを描いていらっしゃるほどですからね。


映画の締め括りは。。
90歳の北斎の死と71歳の娘お栄の風情が、
とてもリアルに生身の北斎を忠実に描こうとしてる。

謎の多い北斎だが、
産みの母との関係や養子先のとの微妙な距離感もへぇ~なるほど。。と分かる。
<画狂人>と称される背景が、ぴったりハマる映画だった。

そして外せない話題として、
女優/樋口可南子と田中裕子の脱ぎっぷりには脱帽。
但し、
観た後の疲れ方は、スゴイです。。。。。。よ


◇2015年映画「百日紅」原作/杉浦日向子◇



娘お栄の視点から描かれた北斎。

画の事以外は全く無欲。

心が強そうで、実は非常に繊細な北斎。

杉浦日向子さんの物語は、全体があったかく優しい。

「百日紅」も絵師としての日常だが、画狂人ではない。

儒教的な部分も色濃く出ていて、読後感がすこぶる良い映画。


謎の部分は美しい霧のように描いてるのが、「北斎漫画」とは真逆。


この二本の映画は面白いパズルのようだった。
北斎の左右・前後・表裏のようにね。



去年の11月末。
北斎40代の肉筆画「鶏竹図」がデンマークでの競売に出た。
本家の日本では、この画の存在は知られていなかった。
北斎の絵は至る所に、埋もれている可能性を示唆した記事だった。

 


文字を見やすくしました。
ハッとするようなコメント・勉強になるコメント・応援コメント
いつもありがとうございます(*´з`)
ドシドシ書いてくださいネ。
人気ブログランキングへ←ランキングに参加してます。
応援クリックはとても励みになります🎵よろしく願いします(*´ω`*)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

原宿/浮世絵の太田記念美術館 いとおかし~江戸っ子の実態🎵

2017-01-21 19:33:39 | 



平日の昼間、表参道から原宿へ向かった。
セールの文字を目指す、垢ぬけない若い女の子たちがわんさか湧いていた。
横浜のチベットから、えっさほっさとやってきた女ひとり、、
ラフォーレの前の交差点に立つと、
この後ろに美術館があるなんて思えないほどの雑踏。。

江戸風俗評論家で、江戸エッセイストであり、江戸漫画家の杉浦日向子さん。
彼女が絶賛していた太田記念美術館は、浮世絵専門の美術館。
展示の仕方や照明のあて方、その月毎にスポットをあてるテーマが面白い!

2017年1月は浮世絵師 歌川広景・・・誰?



◇お笑い江戸名所~歌川広景の全貌 スライド・トーク40分◇

美術館の学芸員による展示された浮世絵の解説が40分。
説明会場は定員オーバーで100人ほどでギュウギュウ。
20人以上が立ち見となるほど大盛況。

解説員の第一声に驚いた。

「えーー
今回の歌川広景は無名です。
浮世絵の専門家も全く知らない浮世絵師です。

今日は
ココにいらっしゃる100名の方に知ってもらった!

じゃあ何故そんな無名の浮世絵師を取り上げたかと云うと…
絵が非常に面白すぎるからなんです。。

他の浮世絵師が描かなかった江戸っ子の生活や実態や

江戸っ子は男女問わず、よく転んだ
もちろん武士も転びます
それをみんなでクスクス笑ったり
揶揄したり

人々が、とっても大らかだと絵から伺える

実は
武士と庶民の隔たりがなく
江戸っ子は武士をこんな目線で見てたんだと分かるんです

華美な浮世絵のはずが、、

おならや
肥溜めをかぶる
転ぶ
野犬が人の食べ物をすぐ盗んだり

人も犬も一緒に生活してる

非常に珍しい浮世絵なうえに
氏素性も分からない
絵師として二年八カ月の間に
こんな風に版元から
錦絵を65点も出している

なのに誰も知らない不思議な浮世絵師なんです」

ホントに面白く興味深く聞き入った解説だった。
そしてスライドで見た浮世絵をこの目で見ると、
江戸っ子の大らかで朗らかな生活が垣間見えた。


◇江戸っ子の実態浮世絵 チョットだけよ~~◇


公衆便所に立てこもる武士

お腹を下したのか、相当な臭いらしいWWW
お供の人が笑いを堪えている。


用を足している武士の目の前の木板に、アイアイ傘と落書き🎵
いつの時代も大して変わらんねぇ~


雪が良く積もったらしい。
雪だるまが面白い。
野良犬が買ってきた魚を盗もうとしている。
江戸は野良犬が平気で人を噛んだり、物を横取りしていた。
意外堂々と生活していたのよ。


髪結いでの一幕。
月かさ(頭頂の青い部分)を剃られ過ぎて、怒る男。
あまりにも間抜けな月かさに、周りの人が笑い転げてる場面。
イイよね~~ 喧嘩にもならないの。




ごく一部をここで紹介したが、
肥溜めをかぶった女や
川に落ちた雷様が蛸に足を掴まれ、思わず黄色い屁をこいたシーン。
夏の暑い時期、川に飛び込む男達の失態など盛りだくさん🎵

とにかく面白い!!!
そして広景くんは
葛飾北斎や歌川広重の絵を、かなりパクリまくっている。

著作権もない時代で、原画をパロディったりとかなりヤンチャ。

北斎の絵と広景の絵が両方展示されてて、これまた大満足!

太田記念美術館の凄いのは、
浮世絵の和紙の凹凸が見えるところでもある。

この可笑しな浮世絵展は1月29日まで開催。
27日金曜日
14時と15時の二回スライド・トークがある。
是非、これを聞いてからご覧あれ(*´з`)


人気ブログランキングへ←ランキングに参加してます。
応援クリックが励みと勇気になります!ありがとうございます('◇')ゞ


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

命のベクトル!珠玉のスウェーデン映画「幸せなひとりぼっち」 映画は玄米とジャンクフード。。

2017-01-14 12:34:05 | 映画


◇映画は玄米とジャンクフード◇

何気に目にした映画マニアの方のブログに、見知らぬタイトルの映画の感想が書かれてあった。
とにかく観て!と云うスウェーデン映画「幸せなひとりぼっち」・・・
この邦題はど~よ、、と思った。
しかもスウェーデンで思い出すのは「ドラゴンタトゥーの女」くらい。
全くノーマークだった。

その北欧の映画でもノルーウェイ映画は、最近のお気に入り。
誇張もなければ、ウケを狙ってる臭いが漂ってこない。
敢えて、あなたはどう思う?と問われてる感じなのだ。

子供向けの絵本のような映画でも、
人の心の機微が見て取れるほど繊細に作られている。


最近の映画のストーリー展開は大胆でスピード感もあり、飽きる暇がない。
瞬間に楽しく、スリリングで面白い。
が、身体の奥深くが疼くことはない。娯楽だから。。



そんな消化不良を起こしてるうちに、
映画には玄米タイプとジャンクフードタイプがあると気づいた。

お米で例えると、固くてパサパサと素っ気ない<玄米>。
よく噛まないと消化不良を起こすが、
ちゃんと噛めば甘味と旨みが、舌と喉を通り腸へ。
身体の糧となる食物繊維・ビタミン・ミネラルをプレゼントしてくれる。
土を耕し、えっさほっさと作られた味わいがある。


ジャンクフードは適度に味は濃く、
同じ味わいを間違いなく届け、空腹の隙間を埋めてくれる。
いつものように。。あっという間に・・


このスウェーデン映画は、
全ての人が訪れる肉親やパートナーとの別れの<ひとりぼっち>を描いた。
よくある老人の偏屈さと、孤独感と、激しい哀しみのオンパレードから始まる。

何の変哲もない日常。
朝起きてから、寝るまでの同じ行動。
たまに起きる隣近所とのトラブル。
これが死ぬまで続くという大きな恐れ、、

59歳の主人公オーベは、
年寄りというポジションで括られ、彼は世間を拒否していた。
お金を払って観るにはツライものがある。

が、この映画は珠玉だった。。
最後に<命のベクトル>の意味を指し示したから。。。。


◇ハンネス・ホルム監督54歳 映画「幸せのじとりぼっち」◇


人には寿命と宿命がある。
死にたい!と願っても思うようにはならず。

見えない宿命で生かされている。

そしてその宿命を閉じることが出来るのは寿命。
細胞分裂しなくなったテロメアは短くなり、その生涯を閉じさせる。

映画「幸せのひとりぼっち」は、
オーベがそのことに気づいた時にある幸せを映し出していた。



ワタシの顔には、二本のちいさな小川が流れ続けた。
そう
私も怖い・・・

そんな心の疼きに応えてくれた玄米映画だった。
残念ながら、東京では3館のみ
ヒューマントラスト有楽町と渋谷 シネマカリテ新宿のみ。
神奈川では
ジャク&ベティ伊勢佐木町のみ

お急ぎを~~~🎵

スウェーデンのアカデミー賞<ゴールデンビートル賞>の
主演男優賞と観客賞を受賞。

ハンネス・ホルム監督の映画「青空の背徳」は、
1975年のスウェーデンで起きた実話を基にしたもの。
評価は☆5つと最高点をマーク。


玄米映画とは。。。。
その時分からなくても、いつかその意味に気づく瞬間がある。
あなたの生きるためのベクトルになるよ( ..)φメモメモ


人気ブログランキングへ←ランキングに参加してます。
あなたの応援クリックで勇気を貰えてます(*´ω`*)ありがとうございます☆

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

事実は小説より奇なり!葛飾北斎の春画のどよめき/ゴッホ ドーンと上級編

2016-12-28 14:26:43 | 

北斎の<鏡面朝顔 夏の朝>

◇北斎 春画のどよめき。。◇

浮世絵師とは。。
江戸の最先端の情報を絵に描くことが仕事。
流行りのファッションやメイク・歌舞伎役者のブロマイド・
人気の観光スポットなど。


版元が
江戸っ子の知りたがってることや要望を絵師に伝えて発注。


絵師は
発注通りに描くわけだが、、
美しい浮世絵だけではなく、漫画や、本の挿絵など。
その中で春画という男女の濡れ濡れシーンの仕事がある。

あの北斎も注文があれば描いた。
しかも絵の隙間ににょろにょろ文字で台詞まで書いている。

文章は絵よりも、いたぶり感と北斎の変態ぶりが凄くて笑う。
決して女が無理やりイタサレテルのではなく、
男と共にヌメヌメの世界に没頭してるのが春画。。。。


しゃらっと着物でチョット隠すとかはない!
ガチ本番の全開モード。
おケケから、、男女の物体Xまで超詳細に。

初めて春画の本物を観たのは、駒込「東洋文庫美術館」。
もちろん18歳未満は観れない。

二回目は「すみだ北斎美術館」

ガラス張りの向こうにあるため照明の反射で見づらい、、、

だがなぜか春画を横目でしか見ない観衆…
羞恥心か?それとも変態!?と思われるのが嫌なのか。。
この時しか本物を見るチャンスはないのに・・
で、、
思い切って、ググッとガラスに額をねじ込むように見るワタシ。
だんだん絵の細部に焦点があってくると、なんだか可笑しい。
なんとも幸せそうな快楽の表情に、
江戸っ子たちにの生活や営みは、もっとシンプルで嘘はなかったのだろう…
そんな風に思えてくる。。

これほどの描きっぷりは、世界中の画家にはいない。
江戸の浮世絵師は、頭のネジがぶっ飛んでいたから絵師になったのか。
ほとんどの絵師の氏素性は、よく分からないと云う。

そんなぶっ飛んだ感性の浮世絵を最初に見たのがヨーロッパ人。
絵の明確な美しさと描写の緻密さに驚いて、浮世絵に魅せられ収集し始めた。
なんと!日本が鎖国していた時代にだよ?!

そのキッカケとなったのは日本の陶磁器だった。。



◇事実は小説より奇なり! ゴッホ◇


日本で唯一ポルトガルや後にオランダと貿易が出来たのが長崎の出島。
ヨーロッパで大人気となったのが陶磁器。
この時期に、国宝級の古伊万里や有田焼が多く輸出された。
その時に、壊れないようにと包んだ紙に浮世絵が使われた。

見たこともない繊細な絵と色使いに、包み紙だった浮世絵の方に夢中になる。
北斎の描いた作品数は三万点。
それを大量に刷ったものが日本で余っていた。
此れをきっかけに国宝級の浮世絵がジャンジャン流失してしまった。


北斎<富嶽三十六景 本所立川>
墨田区立川の材木問屋
材木の間から富士山と隅田川。
材木の細かい線描きを彫った彫師の高い技術に唸ります!

ヨーロッパの画家の中でもゴッホは、
北斎の繊細な青使いに魅せられ、その影響を強く受ける。
あぁ・・これだな!とすぐ分かるほど。。。。
HOKUSAI恐るべし!


そしてヨーロッパの切手でこんなのまであるぞ~
Fはフランだから…
スイス フランス ベルギー ルクセンブルグ アンドラ モナコ
どこかの国でこんな大胆な意味不明(レフト)のを出してるのも驚きよ~



書ききれなかった分は、上級編に書きますわ(´-ω-`)
次はもう北斎マニアの域デス イエ~~~イ

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加してます。応援クリックを押していただけると勇気と励みになります!よろしくお願いします(*´ω`*)


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加