名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

飛騨の朝は雪景色

2011年03月25日 | セカンドルーム

 

ゆうべ降った雪で、まわりの景色が一変していた。


野山はお化粧をし直し、枯れ木に咲いた花が、朝の陽射しを受けてキラキラと輝いていた。
晴れ間も朝の一時で、すぐに日が翳り、冷たい北風が吹き抜けていく。
朝咲いていた花も風に飛ばされて、はかなく散ってしまった。
灰色の空に舞う風花は寒々として、とても3月の空とは思えない。
夕方になって、今度は本物の雪が舞い始めた。
低気圧の接近で、今夜も雪になりそうだ。

 春は名のみの、3月の雪景色をご覧ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 霜と霜柱は春の兆し? | トップ | 飛騨は今日も春の雪 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
冬へ逆戻り? (Rei)
2011-03-25 19:56:31
写真はとても美しいですが・・・
とても3月末と思えませんね、
いくら飛騨でも寒すぎではありませんか?
寒過ぎますね (山里の住人)
2011-03-25 21:31:57
Reiさん
この寒さも明日までのようです。
3月や4月に降る雪は、日差しがあればすぐに解けます。
あまり困ることも無いので、けっこう楽しんでます。  それにしても寒過ぎますね。

おひさしぶりです (keiko)
2011-03-26 10:21:18
久しぶりに飛騨の山里便りを覗いて見ました。
こちらは相変わらず余震があったり、
計画停電が25グループになるだとか、
放射能漏れでホーレン草の野菜類や牛乳 水までがスーパーから消えました。
でも、昨日ガソリンを入れてきました。
満タンOK、リッター146円でした。
お察しします (山里の住人)
2011-03-26 11:28:16
keikoさん
一難去ってまた一難ですね。
不自由な生活をお察しします。

野菜は洗って食べれば大丈夫とか・・・
若い人や子供は先があるけど、先が見えるわれわれは、ポパイのようにモリモリ食べて、農家に協力したいものです。
安全性も証明できるし・・・

コメントを投稿

セカンドルーム」カテゴリの最新記事