けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カトマンズを出発します!

2006-10-13 14:43:28 | シシャパンマ
けんけんです。

カトマンズは、PCの接続ができず、ブログアップできなくてすみません。
昨日は、マナスル大蔵隊が帰ってきて合流が出来ました。

私は、隊の予定より2日遅れですが、全ての装備の整理や支払いも終わり、
カトマンズを今日出発します。土曜日の朝には、日本に到着です!

約1ヶ月の間、応援ありがとうございました。
バンコクで途中報告ができれば、しますね。

ではでは。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« カトマンズです! | トップ | ただいまバンコクです。 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
けんけん、おつかれさま (カトマンズのミキ)
2006-10-13 15:48:26
登るだけ、安全に下りてくるだけで大変な高所登山の中、全方向に頑張って、ブログまで発信してくれた、けんけん。ありがとう。ネパールや中国では(国全体がカオスだから)、「なに、これ?」な困難が降り注ぎ、登山以外でも大変だったと思います。そんな中でも、シェルパさんたちに対する優しさが感じられるけんけんや隊員の皆さんのコメントが、うれしかったです。



けんけん。また次の「冒険」が待っているでしょうが、日本に着いたら、ちょっとだけでも「ほっ!」と一息ついてください。ご家族の皆さまにも宜しく。



登山というものは、多分、その場に行った人にしか分からない喜びや、悔しさや、満足感や、感情があるはず。カトマンズに居ては分からないけれど、皆さんに思いを馳せていました。



隊員の皆さん、ありがとう。皆さんが無事に、日本のお家に帰着されることを、祈ります。
マナスル報告 (t-runner)
2006-10-13 19:26:00
マナスルチーム最終報告です。

マナスルチームにも飯田橋ヒューストン同様、強力なレア・エシュロン(後方支援)がいました。

あらためて、マナスルチーム・ヒューストンにも感謝を捧げたいと思います。

(以下、マナスルチームより。後半はマナスルチーム・ヒューストンの言)



応援いただいた皆様へ



長いあいだ私たちの登山におつきあいをいただいたうえに、ご声援まで送っていただき大変ありがとうございました。マナスル登山の励みになり、登頂への原動力にもなりました。本当にお礼申し上げます。この連絡をもちまして登山隊通信を終了いたしたいとおもいます。連絡所をお引き受けいただきましたM崎様、ご面倒を掛けました。ありがとうございました。

われわれメンバーは昨日無事、ヘリコプターでサマの村を飛び立ち、絶壁迫るブリガンダキを後に、マナスルとお別れして参りました。足かけ2年間のマナスルとの対峙でしたので、なじみになったサマの人々との別れには感傷的になりました。

先輩の偉業マナスル登頂は、登ってみて初めて分かるすごさです。あの危険なルートを行き来した先輩諸氏の力に平伏です。

詳しい報告は帰国後に、挨拶まで申し上げメールでの報告を終了といたします。本当にありがとうございました。



隊長 大蔵



マナスルより最終便をお届けします。

長期間にわたり便りを読んでいただき、応援のメッセージをありがとうございました。

登頂に成功した直後の応援メッセージは圧巻でした。

みなさまのおかげで、マナスルBCへ120通のメッセージを送ることが出来ました。

後数日で、登山隊が帰国します。直接会って土産話、自慢話、ほら話を聞きたいと思います。



このメールを最後に中継所を閉鎖します。ご協力と励ましありがとうございました。

M崎K一



P.S.

t-runnerより。

これを読んでいる応援隊の皆様、マナスルチーム及びマナスルチーム・ヒューストンにも暖かいコメントを!

あっこ へ (t-runner)
2006-10-13 19:35:34
タイのビーチとは・・・。

カズ王とクムジュンコは予定通り帰国したのですが、残りの3人は「帰国しても仕事が待っているだけ。どうせだからもっと遊んじゃえ」というとてもカタギには考えられぬ発想をして帰国日を延ばし、タイのビーチにくり出すことにしたのです。

ケンケンは「PCの接続ができず・・」と書いてますが、何で接続ができないのか書いてないところがミソです。遊ぶのに夢中で時間がなければ、そりゃ接続できませんわな。

ま、無事なりゃ、それでいいけんど。

ちなみに、上記のことは極秘です。誰にも言わんように。

(ウェブに書いとんがな!)
夏用のボード? (t-runner)
2006-10-13 19:39:51
写真、味があっていいね。



これがパピヨンの父君言うところの「夏用のスノーボード」ですか?
詳報有難うございます。 (あっこ)
2006-10-14 05:09:20
t-runnerさん

 タイとマナスルについて、詳報を有難うございます。

 タイのビーチとは、そういうことだったのですか!凄いなあ。

 マナスルチーム並びに後方支援担当者様も、長旅お疲れ様でした。マナスルに日本人が初めて登頂したのが半世紀も前だったと、今年になるまで存じ上げておりませんでした。大蔵隊長が2年間を現地で過ごされる必要があったなんて、素人の想像を絶します。あと数日でご帰国とのことですね。最後まで楽しんでいらして下さいませ~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シシャパンマ」カテゴリの最新記事