goo

多読活動

ゴールデンウィーク中に久しぶりに洋書を読みました。

正直なところ英語の本を読むのは得意ではありません。学生時代はある程度必要に迫られて読んでいましたが、昨今はと~んとご無沙汰していました。

でも友人が「すごくおもしろいからぜひ読んでみて」と勧めてくれました。

それがこの本 ↓  在日韓国人四世代を題材にした'PACHINKO'


翻訳も出ているのですが、それがまた高いので洋書を買ってみました。

とっかかるまでちょっと時間がかかりましたが、読み始めたらおもしろくてとまりませんでした。

580ページを一気読みです。そして久しぶりに英語の本を読む楽しみを思い出しました。

     

私のスクールでも「多読活動Extensive reading」をおこなっています。

この目的は英語の読む力をつけることにありますが、それ以上に「読む楽しさ」を味わってもらうために、子どもたちは時間をかけて本を選び、毎週借りていきます。

帰国子女の保護者から寄贈していただいた図書も多く、どの本も魅力的ですし、本国で人気のある本が集まりますので、大変ありがたいです。

  これらの本棚が2本

この本↓はとても人気があるシリーズ。'Winpy Kids'というのですが、挿絵もあったり、子どもの日常が描かれていて楽しいです。


子どもの読書離れが進んでいるといわれて数年が経ちますが、素材次第で子どもたちはまだまだ読書を楽しめるのではないかと思いますし、そういうチャンスをたくさん与えてあげたいと思っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自分をアピールしよう

新しい年度がスタートし、新学期がはじまりました。

スクールでは一年以上も待っていた新しい外国人講師が次々来日して、とても賑やかになりました。

 KEC英会話スクールのguy teachers

待っている私たちも忍耐が必要でしたが、待たされている彼らも本当に忍耐強く国境が開くのを待っていたので、来日して最初に逢った時はお互い興奮してしまいました

始めて逢う時にはまず自己紹介をします。

クラスでも先生がまず自己紹介をし、子どもたちも自己紹介をします。

昨年度より、「魅力ある自己紹介をしよう」を目標のひとつとしています。

自己紹介は相手に自分を覚えてもらうためにするので、名前だけ言っても覚えてもらえないですね

ですから、性格とか、ニックネームとか、意外なこと、とか、何か印象に残ることを伝えるようにしよう!と子どもたちには声をかけています。

語彙としては、

friendly
curious
hardworking
positive

など、自分のよさを伝えてみることから練習しています。

ある生徒は、「コンビニが好き」で、どこのコンビニが好きか、その理由まで述べてくれた子がいて、おもしろいなあ~と思いました。

その子の名前はすぐ覚えました

これは子どもたちだけじゃなくて、私たち大人も同様、自分をアピールできるような自己紹介ができるといいですね。

私は名前の漢字の意味を伝えて、名前を覚えてもらうようにしています 

みなさんはどんな工夫ができますか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

世界に羽ばたく卒業生

2000年からスタートとした国際理解教育を軸に、スクールのゴールを「世界に通用する人材を育成する」としてきました。

「英語学習」を「やらされている」のではなく、また受験のためでなく、「英語で何をするのか」ということを子どもたちに考えてほしいと常々思っています。

今までにたくさんの卒業生が社会や世界に飛び出して、活躍しています。

さてNPO Feel the World主催のツナガルプロジェクトでは、3月6日(土)にいよいよKEC英会話スクールの卒業生、佐藤仁美さんが登壇します。

彼女はスクールに7年間レッスンに通ってくれました。

幼児クラスで接した外国人女性講師の金髪が美しくて、私に「先生、きれい!って英語でなんというの?」と聞いてきました。

'Beatiful'っていうんだよ、と伝えると、彼女はそれを言いに行きました。

先生がにっこり笑って'Thank you.'と言ってくれたのが嬉しかったそうです

ここから、彼女の道がスタートしました。

小学校中学年では、壁にあたったり反抗期もあったりでしたが、小学校卒業まで継続して通ってくれました。

「継続は金なり」です 

その後、高校、そして大学へ進みましたが、大学時代に留学を通して国連や世界貢献のあり方について考えたそうです。

詳しくはこちら ↓
(この投稿「活躍する卒業生」は英語を教え始めた頃に書いてもらいました)

現在、名古屋市の中学校で英語を教えていますが、KECの「世界に通用する人材を育成する」というゴールを達成して活躍しています。

私たちは「なんのために英語を学ぶのか?」という原点に戻って、ひとりでも多くの方々に参加してほしいと思っています。

奮ってご参加ください!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

海外で働く~ツナガルプロジェクト~オーストラリア編

英語を学んでいると、それを実際使ってみたくなって、海外旅行や留学、そしてさらには海外で働いてみたいと思うようになります。

私もそうした一人でしたし、スクールの卒業生や大学の教え子で海外で活躍している人はたくさんいます。

名古屋の私大で、早期英語教育コースを担当して15-16年たちますが、大学時代も貪欲に学んで、それを夢につなげていく人がいます。

ある一人の女性は、スペシャリストコースの「通訳コース」も「早期英語教育コース」もそして教職課程もとっていました。

4年生ともなると、授業も少なくなって、バイトに励む学生が多いなか、彼女は教科書やノートを抱え、忙しく教室移動をしていました。

単位数はすでに満たしていると思うので、

「どうしてそんなに科目をとってるの?」と聞くと、

「先生、だって授業料は同じだし、いろいろ学べるのに、やってみないともったいないじゃないですか 」と答えました。

そうした彼女のキラキラした笑顔と夢を実現していく努力は、今でも本当に素晴らしいと思いますし、これからの女性もどんどん夢に向かって努力をし前進してほしいと思います。

今はメルボルンで家族と暮らし、小学校で日本語を教えているYukiちゃん。

お二人のお嬢さんのお母さんでもあります。

そして、私の念願かなって、いよいよフィール・ザ・ワールドの「ツナガルプロジェクト」に登壇です。



海外で働いてみたい!オーストラリア住みたい!って方、ぜひご参加ください。

将来の夢へのヒントが見つかるかも。。。。。

お子さんには、こんなことが将来もできるんだよ、って教えてあげてください 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新しい年は新しい言葉とともに

新しい年がまたコロナ禍で幕開けしました。

皆さま、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

喜んでばかりいられない状況ではありますが、忍耐は希望を生みますから、ここはみんなで団結して乗り切って行きたいですね。

年明けと共にコロナの第六波が広がり、毎日のようにニュースで状況が報じられていますが、それと共に新しい言葉が日本語でも英語でも生まれていることがわかります。

例えばお馴染みの「ソーシャルディスタンス」

この意味を知らない方はそういらっしゃらないと思いますが、英語ではこんなふうに使います。

You must keep a social distance from other people. 他の人とソーシャルディスタンス(社会隔離)を取らないとね。

しかし昨年からはこの名詞が動詞として使われています。

You must social distance.

なんてシンプル!

social distanceが自動詞として使われています。

他にも「今は、在宅勤務しています」は

I currently work from home.

でしたが、「テレワーク telework」という言葉の浸透から、これも自動詞になって

I currently telework.

といえばOK

なんてシンプル・アゲイン!

言語は文化と社会を反映しますが、こうやって見ていくと英語だけとっても面白いという思える変化があります。

今年もみなさま、どうか健康でお過ごしください。

Stay healthy, stay safe!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ