私の広場~写真大好き

相変わらず好奇心は旺盛です。
目標はユネスコ無形遺産に登録された全国33件の
山車祭りを見歩くことです。

残念「飛騨古川祭」

2015-04-26 13:53:30 | お祭り

残念「飛騨古川祭」

古川祭は毎年4月19・20に行われる気多若宮神社 の例祭だ。

「神輿行列」と祭りの開始を告げるために打ち鳴らしたと言われる

「越し太鼓」に絢爛豪華な九台の「屋台巡行」からなる、国指定の

重要文化財である。

”動”の「越し太鼓」と”静”の「屋台行列」は地元の人たちが

「一年で一番大切な日」と言うほどで、古川町を愛してやまない

地元の人達に支えられている。

生憎の小雨模様「お越し太鼓」は男たちの裸祭りで、雨が降ろうと

雪が降ろうと関係なく、夜通し練り歩く・・・が

「屋台行列」は小雨でも中止となる、各町の屋台の屋根は和紙が貼られ

その上を漆で塗ってある、雨に最も弱い屋台だ。

メインとなる「お越し太鼓」は各地から祭好きが集まり、宿をとるのが

難しく断念して「屋台行列」に絞ったが、これが中止となり誠に残念だ!

豪華絢爛な屋台行列は見られなかったが、雰囲気をお伝えいたします。

今年の「お越し太鼓」は何時になく賑やかだったようだ、始まる前には

雨が止んだ・・・町中を練り歩く姿を想像した。

翌日お祭り広場には戦い終えた戦士のごとく太鼓が静かに置かれていた。

「屋台行列」に参加の若者が中止と聞き、会所から寂しそうに出て行った。

祭りの翌朝、晴れ舞台で披露できなかった各町屋台が展示蔵に向う。

屋台を引くのは高齢の男性と主婦たちだ、若い衆は勤めに出たのだろう。

出番のなかった弐之町の屋台「金亀台」若者の吹く横笛の音が

寂しそうに聞こえた。

今年の祭りは終わった、弐之町の皆さんが終い歌を唄っていた。

瀬戸川と白壁土蔵街・・・飛騨古川の象徴的な風景だ。

1000匹の鯉が瀬戸川を悠々と泳ぐ、雨上がりのしっとりした街が風情

感じさせてくれる。高山とは一寸違う物静かな雰囲気だ。

隠れスポットとして外人観光客などの人気を集めている。

 

 

 

コメント

浅草吉原「おいらん道中」

2015-04-14 10:16:23 | お祭り

浅草吉原「おいらん道中」

江戸吉原に咲いた花魁の晴れ姿が再現された。

浅草観音うら千束通りの先一葉桜(八重桜)が咲く

小松橋通りで繰り広げられた「おいらん道中」

吉原特有の「狐舞い」を先頭に、見習女郎の「振袖新造」

などのお付を従えて、重さ30kgもある衣装に身を包んだ

大夫が、吉原伝統の外八文字を描きながら歩く光景は

江戸吉原の華やかな姿を想像させてくれた。

 

先頭を往く「狐舞い」剽軽な所作に沿道の観客の笑いを誘っていた。

大きな提灯を持った男衆に続き、真赤な振袖と賑やかな髪飾りを頭に、

見るからに”見習女郎の新造さん”らしく可愛らしい。

金棒持ちも皆美人さんだ。

大夫の履く高下駄は三枚歯だ、歩きにくいだろう、

それに素足とは驚いた!

重さ30kgの衣装を身にまとい、吉原伝統の外八文字を

描きながら歩く、これもまた大変だ!

一葉桜小松橋通りは、絢爛豪華な行列を見ようと観客でいっぱいだ!

コメント (1)

散り桜【皇居千鳥ヶ淵】

2015-04-10 16:48:35 | 

花曇りの天気だったが、この日はマンモス大学の入学式が

北の丸日本武道館で行われるため、多くの父兄と新入生が

行列をなしているほか、外国人観光客が多くて田安門から

千鳥ヶ淵の内堀沿いは物凄い人だった。

内堀には落ちた花弁が花桟敷のように水面を覆っていた。

曇天に菜の花の黄色が映える。泡のように見えるのが桜の花びらだ!

内堀を埋め尽くす桜の花びら、天空に広がる星雲のようにも見える。

ワー!これは羨ましい花見だ! 上からは多くの人が、花びらの中を

進むボートを羨ましそうに見下ろしていた。

桜の中から覗き見だ!

 

向い側にある靖国神社の桜はほぼ散っていた。

千鳥ヶ淵の桜は薄いピンクに染まっていた。

田安門を望む・・・モノクロにしてみた

皇居内堀に花桟敷が長く続いていた。

コメント (2)

桜「昭和記念公園」

2015-04-05 20:29:08 | 季節

桜「昭和記念公園」

国営昭和記念公園は桜が2000本もある。

東京都内の桜の名所である。桜が咲き始めるころになると

広大な公園内には様々な春の花々が一斉に咲き始める。

花も木々も多彩な風景を見せてくれる。

暖かい日差しを受け桜の下では賑やかに宴が始まっている。

家から自転車で、園内も自転車で見物できる。

年寄りには園内の自転車専用道路をゆっくり走れるのが

大いに助かる、売店で焼きそばを買って桜の下で気分よく

昼食をとった。

ピンクのサクラに、白、黄色のヨウズイセンのコラボ・・・

春の景色が清々しい

青空のもと優しい桜風景だ!

園内を回るパークトレインも桜の下で止まってくれる。

園内を流れる残堀川沿いには、修善寺寒桜が華やかなピンクを

並べ咲き、橋の上は見物人で賑わっている。

菜の花が咲き始め、桜に色を添えていた。

サイクルロードは、子供達が楽しげに走る姿が目だった。

桜の下、家族のパーティーが始まった。

道路脇には土筆が芽を伸ばしていた。

学校は春休み、子供達は花見より遊びが楽しそうだ!

コメント (2)

横浜【フラワーガーデン2015】

2015-04-01 21:44:58 | イベント

ベルギーで2年に一度開催される花の祭典「フラワーカーペット」

を彷彿させる様なイベントが、横浜赤レンガ倉庫の広場で催されると

聞き出掛けて見た。

ベルギーの花の祭典をTVで見て感動したので、胸ふくらませて横浜へ

ベルギーとのスケールの違いは多少あるが、此処は此処で素晴らしい

花の絨毯を見ることが出来た。

今年のテーマは「協奏~concert(コンチェルト)~

高い所から俯瞰できないのが一寸残念だが、大きな三つの花壇に

47,500株以上、30種類の鉢植えの草花が用いられている。

港には大型の豪華客船が停泊し、カモメが群れを成して飛んでいる。

港横浜ならではの光景だ。

両側の赤レンガ倉庫に挟まれた広場・・・花園を見た後はテラスで軽食を

横浜らしいお洒落な光景だ!

春休みで遊園地は子供達で賑わっていた。

 

コメント (1)