私の広場~写真大好き

相変わらず好奇心は旺盛です。
目標はユネスコ無形遺産に登録された全国33件の
山車祭りを見歩くことです。

【巾着田の曼珠沙華】

2017-09-23 10:38:56 | 

【巾着田の曼珠沙華】

先日天皇・皇后両陛下が、初めて巾着田の曼珠沙華を見に来られた。

近くの高麗神社に参拝された後に立ち寄られた。

30分ほどお二人でゆっくりと見て歩かれたと新聞、TVで報道された。

私は翌日に行って見たが、両陛下が来られた事もあってか、早めに

出掛けた私が帰る頃には、高麗駅から歩いてくる人、観光バスで乗り

込む人で大賑わいになって来た。

500万本と言われる曼珠沙華の群生・・・どうして本数を勘定するのか

疑問が湧いたが、兎に角ものすごい!巾着のような地形の中は赤一色

浦和レッズ、広島カープの赤の応援軍団と重なった。 

清流高麗川(こまがわ)が蛇行した形が「きんちゃく」の形に似ていることから、

巾着田と呼ばれるようになった。

高麗川に沿って赤の絨毯が敷き詰められている。

高麗川の清流に、泳ぐ魚たちが尾ひれを振って迎えてくれた。

朝の陽をいっぱい浴びて、林の中が朱に染まった。

小さい頃、寺の近くや畠の横に咲いてる彼岸花が大人たちに忌み嫌われていた

様な記憶がある。未だにそんな思いが頭を過ぎるが、なんの何の・・・見事な群生

見ていると、心が燃えてくるようだ。

燃え盛る花の中を、さまよい歩く人たち・・・

赤く燃える海原に老木が沈んでいくように見える。

枯葉が曼珠沙華に留まる、秋の装いだ!

朱の中に一本の白い花、なんと清々しい佇まいだろう。

フラメンコを踊る火の女のようにも見え、左八文字で優雅に歩く花魁のようにも

見える。

コメント (4)

【梅雨時の花たち】

2016-06-25 21:44:49 | 

【梅雨時の花たち】

祭りもなく、イベントも少ない梅雨時、近くの花々を見歩きました。

何時も電車の中から見ていた、沿線の花農家に自転車で見に

行ったのだが、ピークを過ぎたのか花の数も少なく、ハウスの中で

出番を待つ花々も些か寂しそうに見えた。

また近くの都立薬草園では、見たこともない珍しい花々の名前をメモ

しながら見歩いてきた。

小学生が先生に引率され花々の前に立ち止まり熱心に説明を

聞く姿が印象的だった。

東村山の北山公園の菖蒲は黄昏時だったが、光に当たる紫の

菖蒲が何とも艶めかしい姿を見せてくれた。

 

ハウスの中の花々は、スーパーや花屋さんの店頭で見かける

花たちだ。

秋口に咲く花たちだろうか、芽を出したばかりの苗が並んでいた。

カルドン(キク科)葉柄部を軟白して食用にするようだ。

ラシャカキグサ(マツムシソウ科)

羅紗を毛羽立てるのに用いたそうだ。

良く見かけるラベンダーかと思ったが本名は

ラバンジン・ラベンダー”別名グロッソ”(シソ科)香料の原料に使われる。

小学生たちが先生の説明を熱心に聴いていた。

妖艶な姿を見せてくれる輝きの花。

木の陰には西武電車が走る、

傘をさす女性は菖蒲を見て何を思っているのだろう。

コメント

【押し花アート】

2015-11-28 21:56:24 | 

【押し花アート】

押し花倶楽部”パープル”が開く押し花展を見てきた。

主宰者の・川村たつ江先生・は私の友人だ、一時写真と花の

組み合わせが出来ないか、と数回教室に通い女性たちに

囲まれ、親切に教えられながら挑戦したが、根気と繊細さに

付いていけず断念した。

一緒に先生の指導を受けていた女性たちが年に一度展示会を

開く、毎年見に行くが年々腕をあげ、技術とセンスの向上に驚かされる。

使われる花のほとんどが庭に咲く花たちである。

花びら一枚一枚を貼り合わせて出来上がる作品はどれも素晴らしい。

花たちも冥利に尽きるだろう。

 

自転車の荷かごに詰められた可憐な花たち。コスモスの花が主役だ。

良くまー!こんなに並べたものだ!

思わず青梅マラソンの風景を思い出した、花のマラソン風景だ!

花瓶も敷物も全て花だ!見た瞬間モネの絵が頭をよぎった!

花の配置が素晴らしい、気に入った作品だ!

花の一片一片はどう貼り合わせたのか?流石 川村先生の作品は見ごたえがある!

アイディアが可愛らしい!!

 

コメント (4)

ゆりの花

2015-07-05 10:46:18 | 

ゆりの花

梅雨の合間、初夏の訪れを感じさせる”ゆりの花”が、今咲き誇っている。

狭山丘陵の地形そのままのゆり園、50種類・約45万株のゆりの花に

癒された。赤や黄色にピンクの花の甘い香りに包まれ、いい気分だ!

立てば芍薬~坐れば牡丹~歩く姿はゆりの花~こんな女性を想像しながら

色とりどりの”ゆりの花”を見て歩いた。

 

狭山丘陵は”ゆりの花”の競演だ!

純白のドレスに身をまとう貴婦人のようだ!

情熱のフラメンコ!を思わせる立ち姿。

約3万㎡の自然林に咲き誇る色とりどりの百合たち。

陽を浴びて黄金色に輝いている。

UFOが空から見ているのかな?(西武ドーム)

コメント

新・紫陽花

2015-05-28 11:09:59 | 

新・紫陽花

間もなく鬱陶しい梅雨がやって来る。

しとしとと降る雨に良く似合う紫陽花が、そろそろ開き始めてきた。

紫陽花でもこんなに綺麗な花があるのだと感心した。

いま、昭和記念公園で静岡県掛川市の花鳥園・加茂㈱が新品種

を展示している。

新品種に付けられた紫陽花の名前が花の姿を現している。

「夕景色」赤から紫の八重咲き額アジサイで、良く見かける手毬系

とは違う見事さがある。

「透明なブルー」澄んだ青色が特徴だ!

「春よ恋」加茂コレクションの最新作である。

「宵の星」額アジサイ、加茂コレクションの最新作、花姿が珍しい。

コメント (3)