万華鏡の楽しみ ガラス色の幸せ

万華鏡の魅力、ガラス色の幸せを伝えたいと思います

偏光万華鏡を究める人

2018-06-18 23:31:57 | 万華鏡ブログ

東京、銀座で開催中の細野朝士さんの個展に伺いました。 ご存知のとおりシンプルでスマートなステンレス製の筒の中に驚くほどの多彩な色世界を生み出す作家さんです。

作家歴20年目となる今回の個展だそうですが、偏光万華鏡とテレイドスコープだけを作り続けてきて、覗く人に感動を与え続けていることのすごさを感じます。 いつまでも覗いていたくなる色模様の美しさ、モダンな映像デザイン、光と遊ぶような楽しさ、そんな魅力がいっぱいの作品が並びました。

筒のデザインは同じでも、ミラーの組み方と偏光フィルターの使い方、オブジェクトの形、背景の素材によって、種類は多岐にわたります。 そして同じ種類でさえ、自由なオブジェクトがオイルの中を自由に動き(ーもちろんその自由さも細野さんの手による仕掛けですがー)一点ずつ異なった映像が見えるのですから、たくさん覗いてお気に入りを探すのも楽しいです。

偏光万華鏡のオブジェクトは、無色透明なプラスチック素材です。それが偏光フィルターと光の作用で鮮やかな色が生み出され、ミラーの反射で美しい模様となります。今回、初の試みとして黒いオブジェクトも入れてみたとのこと、上の写真で黒いラインになって見えているところです。

3ミラーシステムの広がりのある世界も、3種類のミラーシステムから全く違った映像が生まれます。下の映像は、そのうちのひとつ、二等辺三角形に組んだ3ミラーシステムから生まれるものです。

細野さんの作品が素晴らしいのは、その色合いです。どうやったら美しい色が生み出されるのか伺ったところ、素材のプラスチックに手を加えて自分の気に入った色を”探す”、そして”創り出す”とのこと。
偏光万華鏡の色の想像を超える映像は、ヴィヴィッドなものからソフトなものまで展開し、細野さんの世界を見せてくれます。

この上下の映像が同じ作品から生み出されるなんて、びっくりしませんか?

Fシリーズの万華鏡です。 細野さんの光と色の世界を味わいたい方は、ぜひ個展に足を運んでくださいね。20日までですが。

つかう たのしむ + ノーション
中央区銀座6-4-13 銀座ヤマザキビル2F
03-3575-4030

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

両目で見るテレイドスコープ

2018-06-15 16:45:59 | 万華鏡ブログ

双眼鏡みたいな形ですが、先端に透明な球体がついています。 覗き口のほうを見ると、こんな風になっています。

それぞれにミラーシステムの組み込まれたテレイドスコープです。普通のテレイドスコープは1本の筒ですが、2本の筒からなるテレイド。これはユニークですね。
両目で見てちゃんと見えるように作られています。正三角形のミラーシステムの映像ですね。
ユニクロの新聞広告を見てみました。

片目をつぶらなくても楽しめるテレイドスコープを作ったのは、コロラドカレイドスコープのリーフ・コールソンさん。
コンベンションではオーディオ・ヴィジュアル機器の操作を担当する若手の作家さんです。

記憶を探ってみたところ、日本の佐藤英昭さんの同様なコンセプトの作品が、実は2016年のコンベンションで披露されていました。
トンボのイメージで和風に作られています。

でも映像の見え方が違うのです。会場を見回して撮影した写真なので、少し暗いですが、二つの中心を持つ映像です。

同じアイディアでもミラーの組み方、2本の合わせ方など違っているのでしょうね。
面白い試みとしてご紹介しました。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

スピリットシリーズ 新作 Northern Lights

2018-06-04 17:25:20 | 万華鏡ブログ

Kaleido Company からスピリット・シリーズの新作です。 マイケル・コリアさんから引き継いだ定番のスピリット・シリーズを制作、販売する傍ら、新しいテーマにも挑戦しています。この万華鏡シリーズは、手ごろな価格で本格的な万華鏡なので、以前からとても人気があります。

今回のテーマは"Northern Lights", オーロラです。

キラキラしたオブジェクトや透明感のあるオブジェクトがたくさん入っています。

オイルセルの大きさがあるので、その分たくさんのオブジェクトが入り、映像も多彩に変化します。
先端のセルを回転させることができるのも、評価が高いところです。

ボディは黒を基調にビニールに印刷したオーロラのイメージ写真を巻いています。 基本のスタイルを保ちながら、いくらでもテーマとその内容に広がりを持たせられるところが、万華鏡の面白さでもあるとつくづく思わされるスピリットシリーズです。

制作するカール・シリングさんのワクワク感が伝わってきますね。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花の万華鏡 Hydrangea

2018-06-01 16:53:43 | 万華鏡ブログ

梅雨入りも近づき、紫陽花の花の美しい季節になりました。 今日は井野文絵さんの白い磁器の万華鏡をご紹介します。
紫陽花の花が咲く白い筒は、清楚な雰囲気で小さいながら目を惹きます。
この作品の特徴は、中に展開する映像です。ブルー系やグリーン系のガラスオブジェクトが外観のイメージにもぴったり重なりますね。

次の映像を見ていただくと、黒いラインが動かないことに気づかれるでしょう。

ミラーシステムの先端にマスキングという技法で、黒いラインを作っています。 背後の変化する色合いのアクセントになっています。
面を黒く覆うマスキングは、映像を形に合わせて切り取る効果があり、多くの作家さんが試みていますが、井野さんはこのようにラインを映像に重ねるように使っています。ユニークですね。

いかがですか?
本当に小さな万華鏡ですが、紫陽花の花の移ろいを感じていただけたでしょうか。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

手毬万華鏡 Temari Ball Kaleidoscopes

2018-05-31 10:27:37 | 万華鏡ブログ

メンフィスのBKSコンベンションで大人気だったのが、北村幸信さんの手毬万華鏡でした。上の写真のように大きなものと小さなものが組み合わされた”Temari Ball Family"は、新作発表で披露されたものです。 大きな手毬は人感センサーで内部のLEDが点灯し、小型の手毬万華鏡は手に持つとLEDが点灯します。

それぞれ一点ずつのものもあり、とても人気があって、追加注文を受け付けるほどでした。

手毬に施された和風の可愛らしいデザインは、繰り返しの模様が万華鏡の映像とも共通点があります。コージー・ベーカーさんのコレクションの中に手毬も飾られていたことを思い出しました。 手毬のアートはアメリカでも知られているようですが、それが万華鏡になっていれば、BKSの人たちが一つ欲しいなと思うのはよくわかります。

小型のものは台座から持ち上げると内蔵のLEDが点灯する仕組みです。台座に戻すとLEDは消灯し、数秒で充電されます。 オブジェクトセルはベアリングでスムーズに回転し、マグネットで着脱できます。いろいろな仕掛けを考えるのが得意な北村さんらしいアイディアの詰まった万華鏡です。

光を受けて美しく見えるオブジェクトを選びました。 

6月20日から流山市の万華鏡ギャラリー「寺田園茶舗 見世蔵」さんで開かれるコンベンション参加作家作品展で同様のものをご覧いただけると思います。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

中里保子さんの「パズル」 “Puzzle" by Yasuko Nakazato

2018-05-26 10:55:47 | 万華鏡ブログ

メンフィスのBKSコンベンションで、中里保子さんが発表した新作をご紹介します。
ダイクロイックガラスの模様からインスピレーションを得て名付けた「Puzzle」という作品です。彼女が作品を創り上げる過程で、ガラスの板からイメージを作り上げ、作品像を描くことはよくあるそうです。このガラスに出会ったのは昨年訪れたアメリカでのこと。それから構想を温めて、コンベンションの新作になりました。

つや消しの黒いガラスと輝きのある美しいダイクロイックガラスを組み合わせ、台座はアイアンを組み合わせました。 コンベンションでの新作発表は、必ず新しいこと、新しいミラーシステムへの挑戦をすると心に決めているそうで、今回どんな映像を見せてくれるでしょうか?

この作品を作りにあたって、考慮した点があります。覗き口を大きくとることです。そして中の世界は大きな広がりがあります。覗く位置や方向によりカメラでとらえられる映像も違ってきて、包括的に撮影するのは難しいです。

大きな覗き口をとる理由は、その覗き口から入る光を光源の一つとしているからです。内部にもLED照明があり、スイッチでつけたり、消したりできます。内部光源を使わないときは上から入る光で映像を楽しみます。内部光源を使うと一気に輝きが増し、青みがかったきらめきと立体感のある映像が浮かび上がります。スイッチを切るとオブジェクトのガラス色がより見えるようになります。撮影が難しく、ここでは眼でみた光景を再現できていませんが、それぞれの違いと良さを是非実物で見てもらいたいです。

オブジェクトは2種類です。ひとつは下に見えるホイールです。もう一つは内蔵されたオイルシリンダで、輪を描くチューブのように見えているところです。

 外観の美しさも目を惹きますね。 スマートで洗練された作品だと思います。

BKSカレイドスコープ・コンベンションに参加したアーティストによる作品展が6月20日から7月8日まで、流山市の万華鏡ギャラリー寺田園茶舗 見世蔵さんで開催されます。(10時~17時 (月、火 休館))
ぜひこの機会に実物を見にいらっしゃいませんか? 中里さん、北村さん、山見さん、若林さん、石田さんの発表作品も展示される予定です。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Memphis ! Music !

2018-05-24 08:59:28 | 万華鏡ブログ

今回のコンベンションの開催地メンフィスはエルビス・プレスリーやB.B.キングなどの有名なミュージシャンにゆかりのある街。 新作発表やサイレントオークションに出された、特別な万華鏡をご紹介します。
上の写真は、コンベンション初参加のジュディス・グリーンバラさんの作品。 ポータブルレコードプレーヤーで、レコードに見立てたホイールがオブジェクトになった「R and B Scope」と言います。この作品はサイレント・オークション部門でピープルズチョイスアウォードを受賞しました。初参加、初受賞、おめでとうございます。

次はジュディス・ポールさんのオークションの作品。レコードとボディーを黒でまとめ、スピーカーにダイクロイックガラスをちりばめた、彼女らしいお洒落な万華鏡ですね。

同じくジュディス・ポールさんの新作発表作品はギターのついた大作です。ダイクロイックガラスをたくさん貼ったボディーの真ん中に黒いボディーの万華鏡を入れて飾ります。替えのセルが2個ついて、いろいろ楽しめる万華鏡になっています。右端の男性は「ミラーマン」のトム・ダーデンさん。

3ミラーシステムの映像は、華やかで音楽に関するオブジェクトがたくさん見えてきます。黒いラインはもちろん五線譜です。

次はローラ・ワイルドさんのオークション用作品「Sing with Elvis」。ゴージャスな雰囲気のマイクの形です。



作家として初参加のボニータ・ライリーさんはエルヴィスへの賛辞を込めた万華鏡。プラスチックの部分はすべて3Dプリンターで制作したそうです。 

北村幸信さんはいつも仕組みを凝らした作品を見せてくれます。今回のオークションスコープは、「R and B Scopes」で、いくつかの手持ち型万華鏡を組み合わせた作品。 台座から外すと内蔵のLEDライトが点灯する仕組みは今年の特徴のひとつです。

会場のPeabodyホテルは毎日定時に鴨たちが屋上からエレベーターで降りてきて、レッドカーペットの上をロビーの噴水まで行進するのが見もので、たくさんの人が見に来ます。Peabody Duckをテーマに作ったバーバラ・スパイクさんの万華鏡です。

コンベンションの楽しい雰囲気が少しは伝わりましたでしょうか? 作家さんが遊び心を発揮しての素敵な万華鏡たちでした。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

People's Choice Awards 受賞作品

2018-05-22 21:02:57 | 万華鏡ブログ

毎年BKSのコンベンションでは、新作発表作品の中から、参加者の投票によって、受賞作品を3点選びます。
上の写真は、そのひとり、マーク・ティクルさんの”Hour Glass Parlor" のユニークな内部映像です。京都での受賞作品「カメレオン星雲Cameleon Nebula」をさらに進化させたもので、ダイクロイックガラスをミラーシステムに組み込み、光を窓から取り入れて、この鮮やかで不思議な映像を生み出し、初めて見る人たちに大きなインパクトを与えました。

先端部にオブジェクトセルを回転させるカレイドスコープです。彼の考案したミラーシステムでは、四角で広い覗き口が特徴です。

メンフィスのコンベンションならではのテーマ性のあるデザインと美しい映像、精緻なつくりで受賞したのは、山見浩司さん。 
エルヴィス・プレスリーとギターとピンクのキャデラックを配したステンドガラスの作品です。いろいろな特徴を取り入れて、本当に造りが細かいですね。

覗き口はエルヴィスの頭部とギターのヘッドの2か所。そこから覗くと、それぞれ美しく繊細な映像が展開します。(写真を撮るのが難しかったです。)

そしてもう一人はスー・リオさんの美しい鳥を描いたステンドガラスのカレイドスコープです。
鳥が大好きなスー・リオさんが、身近で見つけたというブルーバードが主役です。
彼女ならではの煌くガラスをちりばめたシリンダータイプのオブジェクトを下に配した縦長のスタイルが新鮮でした。

この美しい煌きのあるシリンダーを回転させて生み出される映像は、光の当たり方によっても変化し、とても魅力的です。
2ミラーと3ミラーの両方が組み込まれ、それぞれの覗き口から2種類のガラスの色模様が見えるのです。

 今年も目の肥えたBKS会員をうならせる作品が登場しました。 それぞれの作家さんならではの力作に敬意を表したいと思います。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Brewster Kaleidoscope Convention 2018 Memphis

2018-05-19 15:29:04 | 万華鏡ブログ

今年のブリュースター・カレイドスコープソサエティのコンベンションはテネシー州メンフィスで開催されました。昨年の京都での大会には参加できなかったアメリカの会員も、再び集って楽しいコンベンションとなりました。5月10日の開会式には、プレジデントとして初めてペギー・キテルソンさんが壇上に上がり、コージー・ベーカーさんの著書 ”Kaleidoscope Renaissance"の中の一節を引用して開会のスピーチをなさいました。ベーカーさん在りし頃のBKSを思い起こしながら、一方で新しい歩みを踏み出すべく、これからのBKSへの思いにあふれたスピーチでした。

次に恒例のデヴィッド・スギッチさんの ”Kaleidoscope Song"。 彼がベーカーさんに捧げた歌です。
このあと、新作発表となり、作家さんたちが一人ずつ新作を発表します。ワクワクする楽しい時間です。
このほか、4日間のコンベンションの内容は、ショールームでの展示販売、アーティストによる教室、万華鏡関連のトーク・セッション、「カレイドスコープ・スタジアム」(作家が与えられたユニークな材料を使い短時間で万華鏡を作り上げて競うもの)、バンケット(エルビス・プレスリーがテーマ)などで、これらを通して会員同志の親睦も深まります。

毎年、コンベンションでは、記念万華鏡が用意されます。今年はキャシー・ペインターさん制作の万華鏡で、基本スタイルは同じですが、細部の素材などが違っています。

持ち手はスプーンで、万華鏡の筒は鴨とカエルの飾りのついた青いプレートの向こう側。なかなか手が込んでいます。

もともとキャシーさんはファウンドオブジェクトで作品を創る方なので、作品はすべて一点ものですが、今回は参加者分、ほぼ似たものを制作しました。大変だったと思います。

3ミラーシステム、オブジェクトケースが大きく奥行があるので、中の映像も立体的です。

記念の万華鏡は、参加者のコレクションに加わり、メンフィスの思い出とともにあり続けると思います。
来年のコンベンションは、6月にアリゾナ州スコッツデールで開催されるそうです。
これから少しずつですが、発表された新作や、エルビスをテーマにしたユニークな作品をご紹介する予定です。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ナップ工房から ”Believe On"

2018-04-13 15:01:22 | 万華鏡ブログ

ナップ夫妻のマンダラシリーズは、手持ち型の高品質な万華鏡です。 二人合わせて五十数年の実績がある彼らの素晴らしいクラフトマンシップを見せてくれます。
今回ご紹介するのは、2018年新作「Believe On」(ビリーブ・オン)です。何よりも映像の迫力があるので、映像から紹介しましょう。

ナップ夫妻の作品で4ポイントというのは、初めてではないでしょうか? 今までは、5ポイント、6ポイントがとても多く、小さな作品では3ミラーもありますが、今回は2ミラー、4ポイントです。

そしてもう一つ、新しいのはオブジェクトの色合いです。 今まではジュエルトーンとブライトトーンという2種類を作ってきたシェリーさんですが、今回は一つにまとめています。 新しい試みです。ここでご紹介する映像は、すべて一つの万華鏡のものとは思えないくらい変化します。

映像の色合いの変化に大きな影響を与えるのが、オブジェクトセルの側面のダイクロイックフィルターです。このフィルターを通して光の色が変わり、映像に色を添えます。

ポイント数が少ない分、オブジェクトの形や質感がよりはっきり見えます。バーナーワークで作るオブジェクトは、ガラス棒をひねったり、つぶしたりという細工はもちろん、ダイクロイックガラスや彼女のオリジナル「ルチーニ」と呼ばれるガラス細工が含まれ、多様な模様を映し出します。

これらの迫力のある映像の変化を見せてくれるのが、この万華鏡です。先端部がとてもなめらかに回り、覗きやすい構造になっています。アクリルのオブジェクトセルのきれいな形状、回転部分の回しやすい細工、眼のぶつからないアイホールのくぼみなど、ランディさんのこだわりの機能美は、何気ないけれど良い万華鏡の証拠です。
オイルの中で流れるような映像変化は現代万華鏡ならではのもの。そしてこの迫力、インパクトの強さはアメリカの作家さんならではと思います。何よりもナップ夫妻の伝えたい想いが感じられ、覗けば別世界へ誘われる万華鏡です。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加