万華鏡の楽しみ ガラス色の幸せ

万華鏡の魅力、ガラス色の幸せを伝えたいと思います

Kasamoyo 赤津純子さんの新作発表

2018-12-04 11:41:28 | 万華鏡ブログ

赤津純子さんの年末恒例の万華鏡展が近づいてきました。 一足お先に作品をご紹介させていただきます。
今回の一番の見どころとなるのは、パーラータイプ(置き型)の作品 「Kasamoyo」です。
いつもは小ぶりな手持ち型の作品が多い赤津さんが挑戦し、数年をかけて完成に至ったものです。 
実は2017年、京都で開かれた万華鏡世界大会で和の万華鏡の新作発表を目指していたそうですが、納得のいく作品に仕上げるのに時間が必要で、今回の発表となったそうです。
作品の大きさにかかわらず、いつも細部にまで納得のいくものをめざし、丁寧に時間をかけて制作なさる作家さんなので、出来上がったこの「kasamoyo」も期待に違わず、大変見ごたえのある、魅力的な作品だと思いました。そしてユニークな映像は想像以上の展開を見せてくれました。

和の雰囲気を出すために選んだガラスは藍染のようで、白と藍色のコントラストが美しいですね。 
オブジェクトセルはガラスの筒(本体)を斜めにカットした先にあります。そして覗き口が広く、両目で見ることができます。
この二つの特徴が、独特の映像を生み出しています。

 木部の台座を制作なさったのは名取清さん。 オブジェクトセルと呼応するような丸い台座で、重みのあるガラスの筒をしっかり支えます。
独特の映像というのが、このタイトルからも想像できるように、和傘のイメージで作られています。
先ほど述べた二つの要素から、大きくて立体的な、傘を広げたような映像が展開します。

私の撮影では両目で見る映像は再現できていないことをお伝えしたうえで、その魅力的な映像の一部でも感じていただければと思い、いくつかご紹介したいと思います。

今回の作品を創るにあたって、中里保子さんや名取清さんにも相談しアドヴァイスをいただいて完成させることができたと、感謝の気持ちも込めて出来上がった作品です。ご苦労の経緯や自分らしさを出すための工夫などお話を伺っていると、この作品への思いが伝わり、とても興味深く、拝見しました。

レンズを通すと奥行き感がなかなか出ませんが、傘を開いた時の雰囲気は伝わると思います。これを両目で見ると、実に立体的で本当に傘を開いたようです。 ぜひ実際に覗いて、その臨場感を味わっていただきたいと思います。

オブジェクトの色合いも和風で、組み合わせにも赤津さんらしさが伝わってくる素敵な映像展開です。 

オブジェクト素材の組み合わせにも工夫があります。オイルの中でバランスよくオブジェクトが動くように軽いもの、重いものを組み合わせます。細かいビーズ状オブジェクトと面積のあるオブジェクトの組み合わせも絶妙です。

細いラインで色のグラデーション模様を見せていますが、なんと(!)これは細い糸を巻いて創った薄い板状のオブジェクトです。
ブルー系、オレンジ系、グリーン系の3種類があり、ガラスやビーズ、メタルオブジェクトなどに対して背景のような繊細な色模様を展開します。

 

このオブジェクトセルはマグネットでの着脱ができるので、取り外し可能です。 いずれは替えのオブジェクトセルも創られることでしょう。ボールベアリングを取り付けているので、滑らかに回転します。
 

パールの粒と細くガラスを引いて作ったオブジェクトは、 軽やかなリズム感を生み出します。模様の美しさだけでなく、流れや動きの面白さを演出します。ご本人による動画もアップされていますので、ぜひご覧ください。https://youtu.be/DRbTEHMI0As

またDMに書かれたご本人のコメントもご紹介します。

傘の内に模様が現れる万華鏡〈kasamoyo〉を作りました。
傘には露払いで厄除け、そして円かにという吉祥の意味があります。
映像は、南蛮渡来の文化と日本が出会った頃のような色彩と形。
両眼で覗くことのできる万華鏡です。ご高覧お待ち申し上げます。

 

赤津純子作品展
  万華鏡~光の贈り物~

2018年12月12日(水)-18日(火)
松屋銀座 7階和のステージ
 最終日18日(火)は午後7時閉場
会期中とおして、在廊いたします。

会期中の松屋銀座 営業時間 午前10時~午後8時
      16日(日)は午後7時半まで

繰り返しますが、ぜひ両目で見て、細部まで感じていただきたい万華鏡です。 

 

Comment

中里保子さんの万華鏡教室展から

2018-11-18 14:06:56 | 万華鏡ブログ

流山で開催された中里保子さんの万華鏡教室展に伺いました。 作品には万華鏡を好きな気持ちや向上心があふれていて、たくさんの作品を拝見しながら暖かい思いに包まれました。 今では4つのクラスがあり、それぞれに違った雰囲気ながら、和気あいあいと万華鏡制作の指導をしていただいているとのこと。 適切なアドバイス、質問への対応などで一緒に考え、知識や経験をシェアしてくれる先生だけに、長く教室に通われている方も多いと聞いています。教えてもらうだけでなく、自分の技術や得意分野を生かしてオリジナリティを発揮する方もいらっしゃいました。
上の写真はLEDをオブジェクトにしている万華鏡です。 オイルの中に複数のLEDが浮かび、色のある光を発しています。 磁界共鳴方式で電力を供給する市販のツール(黒いパネル部分)を利用して、ワイヤレスのLEDを光らせているそうです。 LEDは透明な樹脂でコーティングしてあり、オイルの中を動きます。

 色のある光がオブジェクトになってオイルの中を動きまわるなんて、とてもユニークなアイディアですね。

お雛様をテーマにした万華鏡は、繊細なオブジェクト、ガラスロッドを使ったデザイン、きれいに焼き付けられたお雛様のデザインなど、ガラスの使い方がとてもきれいですね。バーナーワークのオブジェクトが外から見えますが、とても凝っていて繊細、映像が楽しみなガラスワークを見せていました。

 

2017年京都で開かれた万華鏡の世界大会での出品作品など大型のものから手持ち型の作品まで力作ぞろいでした。

文鳥の「動」と「静」というタイトルの作品。
小鳥の姿、表情がきれいに表現されている万華鏡です。ガラスに金属をあしらったデザインがユニークで新鮮です。

内部に展開する映像世界も美しいですね。それぞれの内部映像です。

素敵な万華鏡がたくさんあったのにご紹介しきれずごめんなさい。 これからもいろいろな作品に挑戦して、万華鏡の世界を楽しんでくださいね。
また見せていただく機会を楽しみにしています。

Comment

世界のきらめき万華鏡展から

2018-11-16 22:43:56 | 万華鏡ブログ

流山の「万華鏡ギャラリー寺田園茶舗 見世蔵」さんで開催中の「世界のきらめき万華鏡展」に伺いました。
今年は第9回目とのことで、すっかり地元にも根付き、万華鏡ファンの方も集まってくる様子を拝見して嬉しくなりました。
創立時から尽力し、協力を惜しまない地元の作家、中里保子さんの大作や受賞作品を鑑賞できるのもこのギャラリーの魅力の一つですが、それに加えて、昨今目覚ましく進化している日本の万華鏡界の作家さん達がたくさん出品なさっていて、見ごたえのある展示となっています。
上の写真は若林寛さんの作品です。金属の表情がとても豊かな万華鏡を制作なさる作家さんで、万華鏡の仕組みやデザインでオリジナリティを発揮しています。回転を助けるオブジェクトセルの周囲の飾りもユニークです。べアリングを使いスムースに回転するオイルセルから生まれる美しい映像もこの通り。 ここでも金属を使って繊細な万華鏡模様ですね。

ユニークな発想といえばもう一人、北村幸信さん。 万華鏡の機能やデザインに新しさを取り入れて制作なさっています。
今回初めて拝見したのは 電球の形をした「ライトバルブ」です。

右奥は今年のBKSのコンベンションで発表し、大人気だった手毬の万華鏡です。 電球の万華鏡「ライトバルブ」もこの手毬と同様、オブジェクトセルの中にLEDを組み込むという新しいアイディアを使っています。オブジェクトセルは外からは見えないし、光を取り込む窓もない形状で内部の光が万華鏡映像を映し出します。 覗き口は底の部分にあり、覗くために持ち上げるとスイッチオンとなるようです。上が3ミラー、下が2ミラーの映像です。

木村えみ子さんのさわやかな色合いのパーラータイプの作品「ミクロスコープドラム」です。いろいろなテーマでステンドガラスの作品を制作なさる作家さんです。ボディーとオブジェクトのきれいなガラス使いが目を引きます。

ライトグリーンのボディーに彩を添える映像展開です。

中里保子さんの作品コーナーにはBKSでの受賞作品「秋草」や「型紙」の大きな作品と、富士山の万華鏡が並んでいます。


海外作家の作品も並んでいます。ぜひ足を運んで、いろいろなタイプの万華鏡を手に取って、覗いて、楽しんでいただければと思います。

2018年11月14日から12月24日まで開催中です。 月・火休館(祝日開館)10:00~17:00
https://www.issasouju-leimei.com/misegura/misegura_index.html

Comment

BKS万華鏡公募展のお知らせ

2018-10-31 13:38:17 | 万華鏡ブログ

ブリュースター・カレイドスコープソサエティが、2019年4月6日~5月26日まで、ワシントンDCの郊外、ロックヴィルのストラスモア・マンションで万華鏡公募展 ”Kaleidoscopes: Spectrum” を開きます。
この地は、万華鏡のファーストレディと呼ばれたコージー・ベーカーさんが1985年、世界で初めての万華鏡展を開いた場所。それ以来7回の万華鏡展が開かれてきました。現代万華鏡の進化を見てきた場所ですね。

今回の募集要項には、「21世紀のカレイドスコープアートのすべてを網羅する万華鏡の公募展覧会を開きます。この展覧会は世界中のすべてのアーティスト、あらゆる表現手段を受け入れます。」と明記されています。

審査展ですので、エントリー作品の審査があります。その対象は、万華鏡、万華鏡関連アート、万華鏡をテーマにしたアート作品です。審査の基準は①技術の完成度と創造性 ②ユニークでオリジナルなアイディアに基づく確かな品質 です。オンラインでの写真審査の申し込みは、もう始まっており、2019年2月15日で締め切りです。

2016年にはここで万華鏡発明から200年を記念する万華鏡展がありました。日本の作家さんも出品なさっていました。 その雰囲気をお伝えしたく、少しだけ写真を載せます。

作品は万華鏡だけでなく、関連のアートも展示されています。例えばカレイドスコープ・キルトの第一人者、ポーラ・ナーデルスターンさんの作品。

作品はいくつかの部屋に分かれて展示されています。

手前に見えるのは中里保子さん、チャールズ・カラディモスさん、ジュディス・ポールさんの作品です。

マーク・ティクルさんの作品と映像の絵、ロイ・コーエンさんの作品です。

スティーブン・グレイさん、キテルソンさん、鈴木明子さん、アーニー・ウェインスタインさんの木工の作品。その他多数の作品の記録は過去の5回のブログでご覧ください。

https://blog.goo.ne.jp/kaleidoscopesjapan/e/7ccceea7b723efd42ff6c48452c554be

https://blog.goo.ne.jp/kaleidoscopesjapan/e/2ca679e5c37ee413a0a86885467dd0a1

https://blog.goo.ne.jp/kaleidoscopesjapan/e/6d2ba0a802b4301127306518bfc070b1

https://blog.goo.ne.jp/kaleidoscopesjapan/e/e836291c2cc64f50e79ba14370f393d2

https://blog.goo.ne.jp/kaleidoscopesjapan/e/f046bfa02e941475a1365673ba472b2d

この万華鏡展は大変好評を博し、3年後の2019年にぜひ開催してほしいとの依頼があったそうです。
BKS会員のみならず、万華鏡を制作なさる方に、この機会をお知らせしたく、ブログでご紹介しました。
応募に関して注意事項もございます。
応募に関しての詳しい情報が必要な方は、BKSのウェブサイトをご覧ください。www.brewstersociety.com からストラスモア展のリンクがあります。 また日本語の説明を用意しておりますので、ご希望の方は 当方までjunko-aragane@j09.itscom.net ご連絡ください。

 

 

 

Comment

万華鏡の展示に挑戦

2018-10-30 10:45:12 | 万華鏡ブログ

私はいつもブログやオンラインショップでのご紹介がほとんどなのですが、先週末に「大磯うつわの日」というイベントに参加させていただき、国内外の作品をご紹介する機会に恵まれました。会場はギャラリーといってもいいようなモダンな家で、たくさんの光を取り込んで、万華鏡には最適な明るいスペースに置かせていただきました。ほかには陶器、木工、木の器、布小物、キルトなどの作家作品が展示され、いずれも生活の中にちょっとした楽しみをプラスできるような温かみのあるものばかりでした。 私も万華鏡がそんな風に楽しまれ、生活に彩を添えるものであってほしいと心から思いました。

一つずつ違う景色が見えること、普通の鏡とは違うこと、作家さんの作風、オリジナリティ、オイルが生み出す流れ、万華鏡の発明者、アート万華鏡の歴史などなど問われるままにお伝えすることができ、「きれい!」「こんなの見たことない!」「宇宙みたい!」と皆さんの声を聴けて、本当に素晴らしい経験ができました。 ご家族でいらっしゃってお子様にきれいだよって見せてあげるご両親、自分で覗ける小学生が繰り返し覗いていた様子、気になって次の日に再訪してお買い上げくださった方、じっくりとお好みの作品を探してくださった方、そんな方々に作家さんの思いが伝わるようお手伝いができたかなと思っています。

どんな反応があったか、その一部だけですがご紹介します。

これはランディ―&シェリー・ナップさんのパーラータイプの"The Evolver" です。 どっしりとした木工の作品で限定版の#1。
初めて見る方には、これが万華鏡?と思う形でした。オイルが入っているの?! 先端部を回して覗いてみると鮮やかでダイナミックな映像がオイルの流れとともに変化していく様子に驚かれていました。

ガラスジュエルのちりばめられたシリンダーを鍵穴からのぞくスー・リオさんの作品。ステンドグラスの飾り窓を見ているような美しい模様に感嘆の声が聞こえます。光のあふれたスペースだったので、光を受けて素晴らしい色合いが次々に生まれました。

香水のアトマイザーのように、空気を送って羽を飛ばし、それを鏡を通して見る”Feather and Leather”です。
パレッティ―夫妻は遊び心をくすぐる作品の数々で、覗く人に驚きと楽しさをプレゼントしてくれます。
見るのは羽。動かすのは空気。  こんなアイディアに皆さんびっくりでした。しかも映像はとてもきれいで楽しい。

いつもはどうやったらネット上で作品の魅力を知っていただけるか、苦労していますが、直接見ていただいたらすぐに共有できるものがあることに改めて感じ入りました。
お気に入りの万華鏡を身近に置いていただき、時々覗いて気分転換したり、癒されたり。 そして、周りの方に見せてあげたりできるよう、万華鏡のある暮らしを提案していきたいと思います。

Comments (2)

響きあう二つのアート

2018-10-04 09:24:35 | 万華鏡ブログ

今日ご紹介するのは、中里保子さん、辻優子さんのコラボレーション作品「夢シリーズ」の1点です。
辻さんは九谷焼色絵の器を制作なさる陶芸家。多様な表現方法を駆使される作家さんですが、 夢シリーズで使われるのは、この独特の模様の色絵です。



かなり前からお二人のコラボレーション作品をご紹介してきましたが、最近は拝見することが少なくなっていたので、久しぶりに出会ってうれしくなりました。
陶器の筒は一点もので、手作りの陶器の温かさが伝わってきます。半分に白い釉薬をかけて色絵を配したおしゃれなデザインですね。
この独特の模様をよくご覧ください。 見た人がこれは何だろう?と思うところが魅力です。
この絵に使われている九谷の色合いや辻さんらしい模様を大切に、中里さんはオブジェクトを作ります。 また万華鏡全体のデザインとして、この個性あふれる陶器を生かすよう、オブジェクトセルの取り付けや装飾はんだなどで工夫なさっています。

二等辺三角形に組んだ3ミラーシステムから、曼荼羅模様が重なり合う細かい模様が生まれます。オブジェクトは手作りのガラス細工に加えて、メタルワイヤーを巻いたりねじったりしたもの。 ガラスの色模様にアクセントとなり、模様の変化に面白みを与えています。

お二人の作家としての感性が響きあって、夢を見させてくれる素敵な作品です。

 

 

Comment

別世界を覗く宝箱

2018-09-29 16:41:54 | 万華鏡ブログ

つい先日まで開催されていた渋谷の東急本店での万華鏡展で拝見した小嶌淳さん・喜多里加さんの作品「Morris」をご紹介します。
タイトルの「モリス」は、 ウィリアム・モリスの「イチゴ泥棒」のデザインをアレンジしているからだそうです。
喜多さんの陶器はいつもながらそのたたずまいが素敵ですね。 

立方体の陶器のボディが木の台に乗っています。 電動でスイッチを入れると内部のオブジェクトを載せたトレイが回転し、照明がつきます。
覗き口がたくさんあって、それぞれに違ったミラーシステムが組み込まれているので、いろいろな映像が楽しめます。

トップの写真は中央の大きな覗き口から見えるものです。小嶌さんの選ぶオブジェクトの色、輝き、質感と内部照明とがうまく作用しあって夢のようなきれいな世界が展開します。

ほかの覗き口からはまた別の立体的な映像が見えます。ミラーの組み方と覗き口の位置次第でこんなに面白くて、しかもきれいな模様が生まれるのですね。いろいろ作品を覗いてきましたが、それでも見るたびに不思議です。

そして視野いっぱいに広がる3ミラーの映像も。これはオブジェクトが見えていて、宝石箱みたいですね。

また機会があったら覗きたいなあと思う作品の一つです。

ヴィヴァンさんの万華鏡展は、今年もいろいろな作品を見ることができて、充実感いっぱいで帰路につきました。
今回は山見浩司となかまたち展も同時開催で見ごたえがあり、新しい作家さんの作品も見ることができてとてもよかったと思います。
作家さんともお目にかかれる良い機会なのですが、少しでも混んでいない平日の時間帯を目指して伺いましたので、作家さんの数も少なく、残念でした。
皆さん、素敵な作品を披露していただき、ありがとうございました。

(この記事の写真は小嶌さんに提供していただきました)

Comment

窓のある万華鏡 Cubic Flower

2018-09-20 20:26:49 | 万華鏡ブログ

小嶌淳さんが考案した窓のある万華鏡「Cubic Flower (キュービック・フラワー)」をご紹介します。高さ約10㎝の小ぶりな四角柱の形です。アクリル製の筒の前面のみ窓が開いていて、中を覗くと細い柱が中央に見えています。その足元にはきらびやかな反復する映像が花開くように見えます。 

 

アイホールはトップにあり、オブジェクトセルは底の部分にあります。筒全体を回して映像の変化を楽しみます。

上から覗くと、手前から奥まで柱があり、(特に写真では)手前の部分はややぼやけて見えますが、その先にはあでやかな模様が展開します。 オイルセルの中にはきらめきのあるガラス片や色味の美しいガラス片が組み合わされていて、それぞれ小さいけれど豪華な映像を展開します。

今回、渋谷での万華鏡展で初登場した「Cubic Flower 」ですが、春に開かれたギャルリー・ヴィヴァンさん主催の「立方体の万華鏡展」で出品したものを進化させたものだそうです。
小嶌さんは、「覗いて楽しい、飾って楽しい小ぶりな万華鏡を作ろう」と考え、この作品を生み出しました。 まさにその意図どおりの作品で、私もはまってしまいました。万華鏡のデザイナーとしての創造力も発揮し、小さいながらオリジナリティのある作品だと思います。

軽やかな素材で、スマートなデザインの筒の中に、艶やかな花が咲き、窓から差し込む光を受けてきらめく様子をお伝えできたでしょうか?

 

Comment

木の温もりが嬉しい万華鏡

2018-09-18 15:52:45 | 万華鏡ブログ

今日は高林千稔さんの小ぶりな作品「Odd Days」をご紹介します。
高さ12㎝、最大径5.5㎝程、丸みを帯びた形状は手の中に納まりやすく、回しやすいつくりです。

2種類の木材を使って、木目の美しさを見せながら、温かい手触りも嬉しいデザインです。
角のない形状のオブジェクトセルは高林さんのこだわりを見せているところの一つです。 
アクリルの滑らかなラインが木の造りにしっくりと合っています。このオブジェクトセルについては、背景の色にもいろいろな選択肢を用意しています。筒の木材の種類を変え、セルの仕様を変え、さらにオブジェクトを変えることで、同じ作品はなく、魅力的な品ぞろえの中から、一つを選ぶのも大変でした。

今回は背景が透明で、凹凸感のあるセルの作品をご紹介します。高林さんの作品は白いオブジェクトへのこだわりが特徴的ですが、今回の作品はそれに加えて透明感のある赤、オレンジ、イエロー、ブルー、グリーン、ターコイズなどのオブジェクトが加わり、多彩さが楽しめます。白いオブジェクトは透明感はありませんが、ほかの色を映しながら、白の陰影も演出しています。

背景がほぼ透明なので、重なり合って色が生み出される透明感のある映像が映し出されることもあり、とても変化に富んでいます。

 今日のお気に入りの色合いはこんな感じです。 

覗くたびに違ったきれいさ、面白さに出会う万華鏡、気楽に手に取れていつでも楽しめる万華鏡を身近においていただければと思います。

Comment

投影式万華鏡の世界に浸る

2018-08-24 14:06:52 | 万華鏡ブログ

先日ご紹介した依田満さん・百合子さんの投影式万華鏡イベントに伺いました。 部屋の四方に浮かび上がって見える映像のひとつひとつが、それぞれ別の投影式万華鏡から映し出されたものです。万華鏡が一つ一つ同じものがないように、映像もみんな違っています。

影絵と組み合わされた表現はいつもながら自然への優しい目を感じさせます。 草や花、柳の葉、鳥の羽までも風のそよぎを感じる演出に加えて、美しい色合いのガラスオブジェクトが生み出す動きのある映像が重なり、その景色の中にたたずむ自分を感じます。いつまでもとどまっていたい空間です。

 

大きな白い球体に映し出す万華鏡映像は、球面ゆえの面白さがあります。球体の上に投影式万華鏡本体が2台見えますが、いかに小さいものか、わかりますね。こんなに小型の万華鏡から、壁面に映るような大きな映像まで展開されるのも驚きです。 

 

投影式の万華鏡ルームは光が入らないよう、暗幕で囲まれた空間ですが、通常の万華鏡も展示されています。
依田さんご夫妻がアメリカでのカレイドスコープ・コンベンションに出品し、高い評価を得てきた作品たちで、大きな据え置き型の万華鏡です。
電動式であり、内部照明がついているので、暗い場所でもきれいに映像が見えます。デザインもそれぞれのテーマに合わせて素晴らしく、また透明なアクリル製のものは仕組みまでがきれいに見え、細部へのこだわりがよくわかります。 

そのうちのひとつ、中央の「永遠の生命」から、四季のうち、冬の映像の一瞬です。

万華鏡の変化する映像美が一つのポイントだと思いますので、このブログではご紹介しきれませんが、ぜひ会場に足を運んでお楽しみいただきたいと思います。 

Comment