Seasons

花鳥風月を撮りつづけると季節の移り変わりがわかるかも
でも風を撮るのはむつかしいので花鳥虫月だという噂も・・・

日比谷(1)

2005-09-30 | まち歩き
DSCN1448

日比谷公園に池がありまして
先日通りかかったら
写真の真ん中に小さく写っているのが分かりますか
大白鷺がいました。

小さく写っていますが
大白鷺です。

間違いない(C) by 長井秀和

飼っているようには見えないので
どこかから飛んできている
野良大白鷺なのでしょうか。


コメント

秋の花(41)

2005-09-30 | 写真
ハナスベリヒユ【花滑ひゆ】=ポーチュラカ【portulaca】

DSCN1311

人の前栽に菊にむすびつけてうゑけるうた
                            在原なりひらの朝臣

うゑしうゑば
秋なき時やさかざらん
花こそちらめ
ねさへかれめや


コメント

Williams BMW

2005-09-29 | スポーツ
DSCN1522-1


F1マシンです。
Williams BMW。

昨日の朝から
東京駅の丸の内北口ホールに展示を始めました。

写真はありませんが
また夕方に通りかかったら
Cam Gals が二人脇に立っていて
見物人のすごい人だかり。

ところで
来週から
鈴鹿でF!グランプリが始まります。

今年は不運続きだったようだけど
鈴鹿はがんばってね
佐藤琢磨。

コメント

秋の花(40)

2005-09-29 | 写真
ランタナ【lantana】=シチヘンゲ【七変化】,コウオウカ【紅黄花】

DSCN1308

秋のうたとてよめる
              坂上これのり

佐保山のははその色はうすけれど
秋はふかくもなりにけるかな


コメント

Mr. Children

2005-09-28 | 音楽
DSCN1502-1


I V U

Now on sale.

東京駅の丸の内~八重洲の自由通路に
張ってありました。

ポスターをじっくり見てはじめて分かりましたが
下地は原稿用紙です。

このアルバム
私はまだ買っていませんが
大変な病気から復活した桜井さんはじめ
メンバーの皆さん
張り切っているようです。

がんばってね
Mr.Children

コメント

秋の花(39)

2005-09-28 | 写真
ストレプトカーパス【Streptocarpus】

DSCN1305

越の国へまかりける時
しら山を見てよめる
                みつね

きえはつる時しなければ
越路なるしら山の名は雪にぞありける



コメント

木場

2005-09-27 | まち歩き
DSCN1424

木場公園には面白そうなことをやっている人たちがいます。

DSCN1425

だんだん涼しくなってきているのに
プールで何をしているのかな。

さすが
木場です。

おじいさんが
孫くらいの子供に
角乗りを教えています。

たぶん本当の孫です。

木場公園のホームページによると
入口広場の中央のイベント池で
毎年10月に木場の伝統芸
「木場の角乗」が行われるそうです。

その練習ですね。




コメント

秋の花(38)

2005-09-27 | 写真
シソ【紫蘇】

DSCN1304

越なる人につかはしける

              きのつらゆき

思ひやる越の白山
しらねども
ひとよも夢にこえぬ夜ぞなき


コメント

イサム ノグチ

2005-09-26 | アート・文化
DSCN1430-2

東京都現代美術館で
2005年11月27日まで
イサム ノグチ展
を開催中です。

noguchiKAO


イサム ノグチは
1904年生まれの
米国の彫刻家
1988年に逝去。

父は詩人野口米次郎
母は教師をしていたレオニー・ギルモア。

参議院議員をしていた
女優山口淑子(中国名李香蘭)と
ひところ結婚していたことでも
知られています。

さまざまな現代彫刻を残し
さらにランドスケープにまで
その芸術の対象を拡げました。
札幌市東区のモエレ沼公園のマスタープランや
新高松空港のタイム・アンド・スペースなどを制作しています。

11

12

金属や
石を使った
大きな彫刻作品が多いです。

noguchi13

noguchi14

でも
こんなことをいうと
独断と偏見だと非難囂々かもしれませんが
日本人が一番好きだったのは
和紙と竹ひごという素材で作った
AKARIシリーズ
ではなかったでしょうか。

noguchi03










コメント

秋の花(37)

2005-09-26 | 写真
キバナコスモス【Cosmos sulphureus】

DSCN1242


津の国に侍りける頃
道済がもとに遣わしける

                能因法師

夏草のかりそめにとて来しかども
難波のうらに秋ぞ暮れぬる


コメント

Oktoberfest

2005-09-25 | 食・レシピ
DSCN1453-1


Tokyo
Oktoberfest
in Hibiya

を覗いてきました。

DSCN1452


本場ドイツのおじさんやら
きれいなおねえさんがいて
楽しそう。

octoberfest-a


本場のOktberfestは
上の写真のように
巨大テントの中でやるらしいですが
ここのように
こじんまりしてるのも
いい感じです。

なんで日本では9月にOktoberfestなの
と思いましたが
本場で10月にやるから
ドイツに来てね
というプロモーションも兼ねているんですね。


コメント

秋の花(36)

2005-09-25 | 写真
セージ【sage】

DSCN1240

色かはる
露をば袖に置き迷い
うらがれてゆく
野辺の秋かな


コメント

JUNMEN銀座店

2005-09-24 | まち歩き
DSCN1456-1


ミスチルの
新しいアルバム

I V U*
(I Love You)

の広告がかわいいので
撮っときました。

*Vの字のところは
ハートのマークなんですが
変換できないので
Vで代用です。


コメント

秋の花(35)

2005-09-24 | 写真
花虎の尾

DSCN1239


題しらず

                   西行法師

きりぎりす
夜寒に秋のなるままに
弱るか
声の遠ざかり行く


コメント

Paul Theroux (6)

2005-09-23 | 本と雑誌
The Stranger at the Plazzo d'Oro

DSCN1398-1

2003年の作品です。

Paul Theroux (5)
でご紹介した地中海の旅の途中で
モティーフを得て
旅のあいだ
ずっと書き続けていたフィクションが
これです。

なにせ
表紙がこういう感じに色っぽいですから
カバーなしでは
電車の中で読みにくい。

中身もR-21かなと思うと
Theroux先生のことですから
そっちの方は
がっかりはさせませんが
さらっとしております。

上品なあなたにも
まだ大丈夫なレベルです。

さて
お話しの方はどうなっているか。

■場所はシシリー島

■主人公は60歳の米国人の絵描き兼旅行記作家
1962年にガールフレンドのシシリー王家の王女を尋ねて
ここに来ました。
再びここを訪れ、
20歳くらいの若い女の子をモデルにして絵を描きはじめ、
そのうち、回想シーンに。

■1962年のそのとき、そこで出会った
30半ばに見える美しくも高慢な伯爵夫人の若いつばめに。

■彼女は、1920年代にD.H.Lawrenceがここに暮らしていた、とか
同じ時期Thomas Mannも居たんだ、とか、妙に昔のことに詳しい。

■さらに彼女の1920年代の回想シーン。
実は彼女はそのころ20歳で60歳の伯爵と出会って結婚。
伯爵夫人となったのでした。

■ですから、1962年にはもう60歳を越しているおばあさん。
なぜ若く見えたかというと、
それが整形美容の効用である、というトリックも。


60歳と20歳の男と女が入れ替わり立ち替わり、という輪廻が
それぞれの心の機微と肉体のしぐさの緻密な描写によって、
一層リアルになっている作品であります。






コメント