Medical Records of Seasons

2016年末からの療養記録です

タグリッソが肺腺がんの一次療法へ

2017-09-20 19:52:22 | 医療情報

タグリッソというのは

肺腺がんに用いられる分子標的薬の第三世代といわれている新薬で

すでに二次療法としては健康保険適用になっています。

これが一次療法として素晴らしい治験成績をあげているというニュースです。

 

オンコロの記事へのリンクはここ

 

現在まだ一次療法としては健康保険適用になっていませんが

近々承認されるのではないでしょうか。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オンコロ記事リンク2

2017-09-10 21:44:46 | 医療情報

先日アップしたオンコロの記事の第2報(最終回)がでました。

 

リンクはここ

 

内容には新しい知見はありませんでしたが、肺腺がんで新薬の開発が盛んだということは分かりました。

Ⅳ期の肺腺がん患者と診断された私は2017年1月末から一次療法で新薬ジオトリフを処方されています。

爪囲炎での障害はありますがそれを除けば体調は PS0 です。

いまのところびくびくしながらも楽しくやってます。

 

いま飲んでるジオトリフが効かなくなる(増悪する)のは

治験結果のPFSの中央値が11ヶ月であったことから今年2017年末であろうと予測しています。

(だったら忘年会はたくさんやっておいた方がいいね。)

あとの延命治療が従来のプラチナ製剤ベースになるなら

2017年8月はじめに亡くなった会社の先輩O谷さんとおなじような経過をたどるのでしょうか。

そうなったらどうするか、それはそのとき考えましょう

あはは

あはは

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day 222

2017-09-02 21:48:36 | 医療記録

Day 131 でジオトリフの副作用である

爪囲炎と皮膚膿疱について記録しました。

爪囲炎についてはこれまで何度かその後の経過を記録してきましたが

皮膚膿疱についてはご無沙汰でした。

ここで近況報告です。

 

皮膚膿疱はいまでは紅斑に変わりました。

 

 痛くも痒くもありません。

鼠径部にも同じような赤斑が出ています。

皮膚科の診断ではこれはマイザー軟膏でも消えないと云われました。

困ったね。

見かけが悪いだけですが

これを見れば普通の人はぎょっとするので

短パンをはいて外出するのはやめてます。

涼しくなったからもういいかな

あは

あは

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オンコロ記事リンク

2017-09-01 16:54:29 | 医療情報

がん情報サイト「オンコロ」に、以下の記事が掲載されました。 

 

リンクはここ

Vol.1 では「肺腺がん」とはなにかを解説しています。

終盤に光富先生が納得のコメントをしていました。

 ここ最近は新しい治療薬が続々と登場し、世間でも話題になっていますが、今のところ死亡者の割合に影響を与えるほどの大きなインパクトとはなっていません。

新しい治療法が出てきていますけど OS(Overall Survival:全生存期間)はかわっていませんよ

ということなんですが

まあ患者としてはQOL(Quality of Life)が改善されるだけでもありがたいです。


次回 Vol.2 では、「飛躍的に進歩する薬物治療——『分子標的薬』『免疫チェックポイント阻害剤』」を解説する予定だそうです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day 218 定期受診

2017-08-29 12:49:31 | 医療記録

2017年8月29日

Day 218 に定期受診をしました。

 

1.これまでの経過

―2017年1月24日からジオトリフ40mgの服用を開始しました。

―2017年3月1日からジオトリフを40mgから50mgに増量しました。

―爪囲炎、発疹がひどくなってきたので、2017年6月7日からジオトリフを50mgから40mgに減量しました。

―2017年6月22日血圧が高いので臨時受診血圧を下げる薬を処方してもらいました。

―体調はPS0が続いています。

―ほぼ一月に1回定期受診をしています。

 

2.受診内容

―採血・血液検査

―胸部レントゲン撮影

―皮膚科問診

―呼吸器内科問診

 

3.受診結果

―胸部の病変はレントゲン写真では変化なくジオトリフは奏功している。

―血液検査では肝臓の数値で幾つか高値があるが、前月とほぼおなじで心配するほどではない。

―副作用である爪囲炎はこれまでの部位には若干の改善があるが、新規懸念もある。

・右手第三指、左手第三指は前月の50%程度に改善

・右足第一指は前月と同じ状態

・左手第二指に新規爪囲炎ができそうになっている

・対策としてのデルモベート軟膏0.05%+サトウザルベ軟膏20%は継続

・抗生物質はこれまでのミノサイクリン塩酸塩錠100mg(夕1錠)と同じくミノサイクリン塩酸塩錠50mg(朝1錠)を継続処方

―血圧については、現状少し高めなので、緩い降血圧剤(アムロジピン錠2.5mg)の処方をアムロジピン錠5mgに増量する。

―睫毛(まつげ)乱生は収束した。

―ジオトリフは標準処方40mgを継続する。

―CTスキャンの実施頻度について呼吸器内科に質問したところ

・胸部レントゲンで増悪は十分把握できる

・悪くなってから実施すれば十分という考え

・半年に一度くらいはやっておくのもいいかも

・なのでやるとすれば年末くらいか

 という回答でした。

 

4.次回定期受診は5週間後の2017年9月26日Day 246 です。

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加