滋賀市民運動ニュース&ダイジェスト

編集:市民運動ネットワーク滋賀・事務局(TEL:FAX077-522-5415)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【1106/222:RD産廃処分場】RD調査検討委員会 / ドラム缶調査は深さ5-10メートル

2011-06-24 00:36:44 | Weblog
 県の旧RD最終処分場有害物調査検討委員会(委員長=樋口壮太郎・福岡大学教授)が6月19日、栗東市商工会館で開かれ、県の調査結果について有識者である委員が検討した。

 元従業員の証言に基づく地中のドラム缶調査では、電流で金属を探す高密度探査と、電磁を流すEM探査の場内焼却炉跡付近と西側市道側における結果が報告された。

 ただし深さについては、いずれの方法も5―10メートル程度で、「元従業員が深さ20まで掘って、ドラム缶を埋めた」とする住民の聞き取り調査した深さまで調査できない。これについて委員から指摘され、県は「県が元従業員に再確認した証言では、埋めた深さは5メートル程度」とあらためて主張した。

【関連ニュース番号:1106/190、6月21日;1105/87、5月13日;1103/61、3月8日など:キーワード「ドラム缶」でブログ内検索】

(6月23日付け滋賀報知新聞・電子版9

http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0007860


この記事についてブログを書く
« 【1106/221:高齢者支... | トップ | 【1106/223:災害ボラ... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事