滋賀市民運動ニュース&ダイジェスト

編集:市民運動ネットワーク滋賀・事務局(TEL:FAX077-522-5415)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【1011/182:栗東の産廃処分場跡地問題】滋賀大教授の県への慰謝料請求を棄却 / 地裁

2011-01-26 23:23:16 | Weblog
 産廃処分場の諮問機関を巡る研究論文に対し、県がホームページ(HP)に抗議文を掲載したため精神的苦痛を受けたとして、滋賀大教育学部の早川洋行教授が県に慰謝料300万円の支払いを求めた訴訟で、大津地裁は1月25日、請求を棄却した。石原稚也裁判長は「学問の自由を侵害する行為とは認められない」と述べた。

 判決によると、早川教授は県の諮問機関の委員としてRD最終処分場問題に関わり、09年に「同委の委員長人事を県の事務局が仕切っている」などとする論文を滋賀大環境総合研究センター研究年報に発表。県は同センター長らに論文の再審査などを求め、抗議内容を県のHPで公開した。

 早川教授は控訴する方針。【加藤明子】

【関連ニュース番号:1002/145、10年2月18日】

(1月26日付け毎日新聞・電子版:同日付け産経・電子版なども報道)

http://mainichi.jp/area/shiga/news/20110126ddlk25040515000c.html
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110126/shg11012602090007-n1.htm

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【1101/181:滋賀弁護... | トップ | 【1101/183:犯罪発生... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その後 (早川洋行)
2011-08-17 21:00:37
「敗訴報告~法と現実をめぐる諸問題」をご覧ください。
http://chikyuza.net/n/archives/12476
その後2 (早川洋行)
2011-09-12 08:44:28
「ネット時代の行政権力―滋賀県による論文批判事件控訴審判決を受けて」

http://chikyuza.net/n/archives/13837

Weblog」カテゴリの最新記事