日月神示の研究と実践

ユダヤ・キリスト・イスラム・仏教・儒教を包含する啓示「日月神示」を、中矢伸一氏の著書に基づき研究し、実践するブログです。

「鳩山総理辞意表明   と政治とカネ問題への誤対応」 植草一秀氏

2010-06-02 12:40:12 | 政治・社会
 <記事転載>
--------------------------



 「鳩山総理辞意表明と政治とカネ問題への誤対応」

                  植草 一秀

鳩山総理大臣が辞意を表明した。


総理大臣辞任の理由として、①普天間問題の混乱で社民党を政権離脱に追い込んでしまったこと、②政治とカネの問題で迷惑をかけたこと、をあげた。


参院選を目前に控えて、民主党が極めて厳しい情勢に追い込まれたことが鳩山総理決断の直接の原因であると考えられる。


結果論だが、鳩山総理が普天間問題で別の決断を示していたなら、状況はまったく異なるものになっただろう。国民総意は普天間基地の国内移設を拒絶する意思を鮮明に示しており、また、米軍海兵隊の役割を踏まえても、鳩山総理は普天間基地の海外移設を決断すべきであった。


米国は一度手にした沖縄巨大軍事施設獲得の合意を手放すことに強く抵抗したと考えられるが、鳩山総理は米国のゴリ押しに押し切られてしまったのだと考えられる。海外移設を決断すれば、対米国での厳しい外交に直面することになることは当然である。


しかし、もともと合意が存在していた問題をあえて修正することを提案したのは鳩山総理自身であり、問題が拡大するなかで日本国民の米軍基地拒絶の意思がより明確になったのであるから、鳩山総理は最後まで意志を貫くべきであった。


普天間基地問題での判断の誤りが鳩山政権を窮地に追い込んだのである。


政治とカネの問題が鳩山政権に大きな足かせになったのは事実である。鳩山総理は母親からの政治資金提供に関連して、秘書が架空の収支報告を行ったことについて、まったく認識していなかったが秘書が問題を起こしたことを陳謝するとの姿勢を示していた。


クリーンな政治を標榜しながら「政治とカネ」の問題で民主党のイメージが傷つけられたことに対して、鳩山総理には忸怩たる思いがあったのだと思われる。


鳩山総理が小沢一郎民主党幹事長に対して幹事長辞任を求めたことは、参院選を控えて民主党の党勢を回復するための主張であると考えられるが、捉え方によっては、極めて重大な禍根を日本の歴史に残すことになる点に十分な留意が必要である。


小沢一郎民主党幹事長に関する「政治とカネ」の問題は、昨年3月3日の大規模隆規秘書の逮捕(三三事変)が契機である。


現在、この事件の公判が開かれているが、この事件自身は検察が公判維持不能に追い込まれているのが現実である。


大久保秘書は二つの政治団体からの政治献金を事実に即して収支報告書に記載したが、検察はこの記載を「虚偽記載」だとして逮捕、起訴した。検察は二つの政治団体が「架空団体」であると認定して逮捕に踏み切ったのである。


ところが、本年1月13日の第2回公判で、検察側証人として出廷した西松建設元総務部長が、二つの団体に実体があったとの趣旨の証言を行った。この結果、大久保氏の無罪は確定的な情勢になり、検察は公判維持不能の状況に追い込まれたのである。


窮地に追い込まれた検察が、さらに暴走を重ねたのが本年1月15日の石川知裕衆院議員などの逮捕(一一五事変)であったと考えられる。検察は小沢氏の資金管理団体会計責任者が収支報告書に、小沢氏が一時的に立て替えた資金収支を記載しなかったことを「虚偽記載」だとして石川氏などを逮捕した。


この逮捕者のなかに大久保氏が含まれた。三三事変裁判で窮地に追い込まれた検察は大久保氏を起訴し、この件に関連して三三事変裁判の訴因変更を裁判所に申し立てたのである。


つまり、一一五事変は三三事変で窮地に追い込まれた検察が、裁判での完全敗北を回避するために暴走を重ねたものである可能性が高いのである。


検察は小沢一郎氏については関与の程度が低いとして「不起訴」としたが、この決定を東京第5検察審査会が4月27日に「起訴相当」の決議を示した。


検察審査会が「起訴相当」としたのは、立て替え払いの収支記載漏れではなく、不動産取得の時期が3ヵ月弱ずれていたことだった。収支報告書への記載がずれたのは、不動産登記の時期がずれたためで、この程度の時期のずれは不動産取得では一般的に見られる現象で、検察はこの点を問題としなかった。


検察審査会では一般人が審査人になるが、審査を誘導すると見られるのは、弁護士から選任される審査補助員である。小沢氏の案件では米澤敏雄氏が審査補助員に選任されたが、米澤氏は検察官出身の弁護士で、どのような経緯で米澤氏が選任されたかなど、不透明な点が多い。


検察は石川知裕衆議院議員などを逮捕した事案では、小沢氏の立て替え金の収支漏れを問題としたが、立て替え払いについては収支報告書に記載しなくてよいとの慣例が存在していたのに反して、検察が起訴したことを見落とせない。

つまり、小沢氏に関連する「政治とカネ」問題については、検察やマスメディアの報道などから生み出されるイメージだけで論じることに大いなる問題があることを忘れてはならないのである。


2006年4月に小沢一郎氏が民主党代表に就任して以来、メディアの激しい小沢一郎氏批判が継続してきた。政権交代の可能性が高まるなかで、野党第一党の党首が狙い撃ちされたのが昨年の三三事変だった。しかし、この三三事変は、その後の裁判で、史上最大の誤認捜査であったことが明らかになりつつある。


三三事変が発生していなければ、昨年の総選挙で小沢一郎総理大臣が誕生していたのである。史上最大の誤認捜査と表現したのは、日本の内閣総理大臣の系譜が人為的な捜査ミスで書き換えられてしまったことを指す。


鳩山総理が「政治とカネ」の問題で民主党のイメージが傷つけられたことを重視する気持ちはよく分かる。しかし、その対応として、自分が身を引くから小沢幹事長にも身を引いてもらいたいと述べて小沢氏も了承したと発言したことは、大きな禍根を残す発言になる可能性が高い。


鳩山総理がこの貴重な機会に述べなければならなかったことは、「検察捜査の適正性の確保」と、「政治とカネ」問題の根源に対する取り組みを示すことであった。


刑事事件に関しては、「無罪推定の原則」、「罪刑法定主義」、「基本的人権の尊重」、「法の下の平等」、「公務員の守秘義務」など、多くの重大な大原則がある。小沢氏が巻き込まれている案件では、これらの諸原則を徹底的に重視する必要が極めて高い。


こうした点が不十分なまま、検察とメディアが作り出したムードに押し切られて小沢氏を辞任させてしまうことは、結果的に「検察ファッショ」を容認する行動になる。


普天間問題で最終的に米国に押し切られた行動様式がここにも顔をのぞかせているように感じられる。


鳩山総理が発言したように、「小沢一郎幹事長にも政治とカネの議論があったことは周知の事実であった」が、この問題に対する適正に対応は、問題の全容を明らかにすることであって、検察の行動を絶対視して、検察が問題として取り上げたら、それだけで責任が生じたとの実績を残してゆくことではないはずだ。


「政治とカネ」問題に対する根源的な対応とは、「企業団体献金の全面禁止」を法制化することである。総理辞意表明は、国民にこの問題の説明する千載一遇の機会であったはずだ。小沢氏の辞任をもとめることは大衆迎合そのものでしかなく不適切な対応だった。鳩山総理が強調するべきは「企業団体献金全面禁止」公約の提示だった。


これまで、本ブログで指摘してきたように、民主党内部には対米隷属派の議員が多数存在している。民主党執行部が対米隷属派に占有されれば、日本政治刷新の火は消える。この視点で、米国は小沢一郎氏の存在を最大の問題だと認識してきたと考えられる。小沢氏を排除すれば、民主党内での対米隷属派のプレゼンスが高まることは避けがたい。鳩山総理が民主党をこの方向に誘導しようとしているなら、極めて重大な問題である。小沢氏には引き続き民主党全般の運営に深く関与することが求められる。


米国は対米隷属の二大政党制を日本に樹立することを目指していると思われる。鳩山総理辞任が対米隷属の二大政党制樹立を生み出す第一歩になることを、絶対に阻止しなければならない。

 

民主党は6月4日の両院議員総会で次期代表を選出することを決定した。焦点は直ちに次期代表選出に移る。次期代表はそのまま内閣総理大臣に就任する可能性が高い。対米隷属派議員から次期代表を選出することは絶対に許されない。この点を徹底して監視しなければならない。

 <転載終わり>
-----------------------------

 昼休みに稲荷寿司を食べながら、インターネットニュースを見ていたらトップで鳩山総理の辞任が目に入りました。予想していましたが、ちょっとビックリしました。

 ザ・フナイの4月号で、フルフォード氏が鳩山首相と小沢幹事長の辞任を予測していましたが、まさにフルフォード氏の予測通りになりました。
 検察は鳩山総理と小沢幹事長のスキャンダルを、ある程度握っていたとフルフォード氏はザ・フナイに書いていました。

 小沢氏や鳩山氏にとってみれば、今の状態では民主党は7月の選挙で負けると判断したために、辞任したのかもしれません。あるいは、検察と取引して自らの起訴を免れたのかもしれません。
 首相の後任は管氏か前原氏が有力のようですが、国民は7月の参議院選挙でどのように判断するのでしょうか。

 今更自民党でもないし、共産党や公明党はその筋の人しか投票しませんし、みんなの党は隠れ自民党とも言われているので、警戒する人もいるようです。ただ、小さな波に乗ってるのは、みんなの党でしょうが、結局民主党にもう少し任せてみようと考えるのかも知れません。
 混沌としてきつつあり、何とも言えません。




 ●植草一秀氏ブログ
  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-0c21.html
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「イスラエル、ガザ支援船団... | トップ | 「民主支持回復29%、辞任... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残念です (ゆきひろ)
2010-06-02 22:58:26
yasaiさん、こんばんは
5月29日の夕方、スポーツジムでテレ朝を見ていたら、沖縄普天間米軍基地の移転問題の特集をやっていて、上杉隆記者が言っていたのですが、普天間基地の移転先として民主党の川内議員がグアムを訪れて、グアム・テニアンへの移転に関して、知事の約束も取り付け、5月13日?に鳩山首相とグアムの知事がある約束を取り付けていたにもかかわらず、閣内のある人物の圧力により、急遽会談が取りやめになったと言っていました。今週の週間ポストにも最後まで鳩山さんは腹案を持っていたにも関わらず、閣内の数名(平野一派)の圧力により、辺野古になってしまったようでした。
亡き橋本元首相が約束した5年ないし7年以内の普天間基地の沖縄返還にしても無能な自民党により、何もなされないまま民主党に政権交代され、多少安易な気持ちであっても本気で基地移転を考え、実行しようとした民主党鳩山さんの努力は買いたいと思います。沖縄の方も鳩山さんが首相をやめて当然だと安易に思わずに、その努力は多少なりとも認めていただきたいと思います。
私は沖縄出身ではありませんが、沖縄に日本全国の7割の米軍基地が集中し、いまだに米軍に苦しめられていることが悔しいです。戦争に負けることがどんなことかも少しだけわかってきた気がします。誰も好きでビジネス抜きで海兵隊が来て欲しいと思う自治体はいませんが、どこもかしこもいやだと言っていたら、このままずっと沖縄に基地が残ってしまいます。私も正直、基地問題には無関心でしたが、自分に関係ないこと、いやなことには興味を示さないという態度は改めていくべきだと思いました。

政治・社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事