goo

バッハをアップロード

今日は、先々週収録したバッハの「クーラント」をアップロードしました。
バッハの作品は、いろんな方々がいろんな楽器で、素晴らしい演奏を山のようにたくさん残してみえます。
実力不足が露呈するので、ユーチューブへの新規アップロードはもうしないつもりでいましたが、他のたくさんのバッハ作品と同様、この曲も結局手放すことになりそうな気がしてきて、何とか奮闘して公開までこぎつけました。
「この人のバッハは、どのレベルかな」という聴き方で構いません。興味ある方はぜひご視聴ください。

              〇

今週の(ユーチューブへの)アップロードです。
J・S・バッハの「無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調」の第3曲「クーラント」です。イ長調のギター編曲譜で弾きました。ぜひご視聴ください。

▽クーラント(バッハ 演奏;広垣 進)
https://youtu.be/EhaCURZE2PA
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ギター生活50周年

毎年10月のコンサートは「特別企画」と称して、「伊勢河崎商人館角吾座」という名の、昔の蔵を改造して作った響きの良いホールで開催しています。
実は今年は、私自身の「ギター生活50周年」にあたる年です。今年の「特別企画」を「ギター生活50周年記念コンサート」というタイトルで開くつもりでしたがやめました。「記念コンサート」と銘打てば集客がしやすくなりますが「コロナ禍の中、たくさん人を集めてどうするの」という気もします。でも、それ以上に「仰々しく構えれば構えるほどプレッシャーが増し、ベストコンディションを作るのが難しくなる」と考えたのです。一流の演奏家ですと、プレッシャーをバネにして、その緊張感の中から最高のものが出せるのでしょうが、自分がその器でないことは百も承知です。
タイトルは「ギターの個展2022」としました。一昨年が「ギターの個展2020」で、昨年が「ギターの個展2021」ですから力みようがありません(はずです)。
充分練習するのはあたりまえです。「50周年の節目」にふさわしい演奏ができるように、コンディションの調整にも全力を注いで、足を運んでくださったお客さんに、少しでもいい気分で帰っていただきたいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋が来ました

2~3日前にテレビの気象情報で、「台風は季節を変えるほど大きなエネルギーを持っています」という言いまわしを耳にしました。実際、台風14号が去った後、急に秋が来ました。
今朝は、数年前にアレンジした「竹田の子守唄」をユーチューブ用に収録しました。曲の最初と最後がピアニッシモで、「余分な音が入ると嫌だな」と思っていたのがうまい具合に、エアコンの電源を入れずにすみました。
今度のコンサート(特別企画)は10月半ばです。これが近づいてくると、音源作り(収録作業)を進める余裕は全くありません。もう2~3曲、今のうちに頑張る必要がありそうです。

              〇

今週の(ユーチューブへの)アップロードです。
バッハと同時代に活躍したバロックリュートの大家、シルヴィウス・レオポルト・ヴァイスの名曲(原曲はハ短調)です。ぜひご視聴ください。

▽幻想曲 ホ短調(ヴァイス) 
https://youtu.be/Jpdb3sYpUXY


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

台風が来る

「伊湾台風並み」とも言われた台風14号がもし伊勢志摩地方を直撃したら、私の安っぽいプレハブ教室はぶっとんで
、ご近所さんにとんでもない迷惑をかけるのではと心配しましたが、どうやらそこまではいかないようですね。
でも全国レベルではどうかわかりません。どうか大きな被害が出ませんように。

今朝は、起きてから何度も何度も、気象協会の出している1時間天気予報と雨雲レーダーをネットで確認しながら、
「よし今だ!」と、洗濯前の汚れたズボンと靴下を履き、いつものように録音機を持って三郷山へ向かいました。明日は多分それも無理でしょう。ただ、予報を見ると、朝の3時4時あたりで一時的に風が弱まるとあります。この時間帯にがんばって練習録音するしかありません。今夜は気合いを入れて早く寝たいと思います(笑)。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何とか収録

今週はユーチューブ用の音源作り(録音)の週です。
月曜日に「赤とんぼ」(山田耕筰~広垣編)、火曜日に「幻想曲 ホ短調」(ヴァイス)、そして今朝は「クーラント」」(バッハ)を何とか収録しました。
若い頃から、ギターでよく弾かれるバッハはだいたいかじりました。が、やってもやっても中途半端にしか弾けないので、「一生弾いて行きたい」と思う数曲だけを残して、他は全部手放すことにしました。ユーチューブも、バッハ作品の新規アップロードはしないつもりでした。
今日の「クーラント」は「無伴奏チェロ組曲第3番」の第3曲です。「家で収録できなかったら、コンサートに出すのはもうやめよう」と思って練習しなおしたところ、かろうじて(今までよりは)かたちになってきました。アップロードは2~3週間後になります。

              〇

今週の(ユーチューブへの)アップロードです。
ご存知の童謡をクラシックギターのソロで弾きました。ハーモニックスとトレモロを使ったオリジナルアレンジです。ぜひご視聴ください。

▽赤とんぼ(山田耕筰 編曲と演奏/広垣 進)
https://youtu.be/NLWlJ5dnozE


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

とりあえず間に合いそう

長年、コンサートをひとつ終えると、翌朝から次のコンサートの準備を始める……というパターンでやってきましたが、昨年あたりからは、コンサートを終えてから1~2週間はレパートリー維持のための通し練習を優先させ、この夏あたりからは、1週間程度ユーチューブ用の音源作りを優先させるようになりました。つまり今週は、コンサートで弾いた曲の中からアップロードできそうなものを選んで収録する期間です。
理想的にはコンサートの翌日には、全曲軽く録音できそうなものですが、ていねいにさらいなおすと、新たな課題がやはり見つかって、そこを修正してからあらためて弾き込むので、1~2日置いてからでないと録音作業は始められません。それも1曲ずつのスローペースです。
今朝、一昨日に弾いた「赤とんぼ」を何とか収録しました。とりあえず「今週のアップロード」には間に合いそうです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

年をとると

昨日、今月のコンサート「ファンタジア」を終えました。「もう少しジタバタした方がいいかな」と先週記しましたが、予想通りジタバタする余裕もなく……というよりは、コロナのせいにして無理して人を集めることは放棄して、その代わりに、練習でジタバタして本番を迎えました(これも予想通り)。客席は結局会員さんと教室の生徒さんだけでした。
ま、こんなかたちであっても、続けられるのはありがたい話です。

コンディションを作りにくい季節です。「もう少し難しい曲を減らしても良かったな」という反省はあります。
私自身の立場だけで言えば、続ける目的は「レパートリーを維持し、高めて行くため」ということになりますが、お客さんの思いは当然「いい音楽を楽しんで帰りたい」です。
自分の目的だけを優先させて、限界に挑戦するような難しい曲ばかりを、ボロボロとミスしながら弾いていると、「年をとると、自分が弾けないこともわからなくなる」と陰で言わるかもしれませんね……いえ、もう言われているかも(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あと50時間と少し

先ほど、「モーツァルトの主題による変奏曲」と交互にそれぞれ1日おきに通している「アストリアス」を弾き終えました。
今から明後日の晩、今月のコンサートが終わるまでは、指のウオーミングアップのための練習曲を除き、プログラムにない曲は一切弾かないことにします。
演奏予定曲に絞って弾き込むというのは、ごく普通の話なんですが、私の場合は、月例コンサートを活動の中心においていて「レパートリーがぐっと減ったらどうしよう」という不安をいつもかかえています。それで、演奏予定のない曲の通し練習にも毎日多くの時間を割いてしまい、その結果「もう少し目の前の曲に集中すればよかった」と反省することが多くなるわけです。
本番まではあと50時間と少しです。長い日記を書いている場合じゃありませんね。がんばります。

              〇

今週の(ユーチューブへの)アップロードです。
バロックリュートの大家、シルヴィウス・レオポルト・ヴァイスの作品です。ぜひご視聴ください。「パッサカリア」は低音の反復進行に基づく変奏曲です。

▽パッサカリア ニ長調(ヴァイス 演奏;広垣 進)
https://youtu.be/0rk5Mu4WmgU


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジタバタした方がいいかな

9月のコンサートは今週末、10日(土)の晩です。
新型コロナの感染拡大のために規模を大きくできないとか、アンサンブルの練習ができないとかで、月例コンサートは、ここのことろ(2年半)私のソロのみになっています。
プログラム原稿は9割がた出来てきましたが、肝心の予約がほとんど入っていません。「もう少しジタバタした方がいいかな」と思えてきました(笑)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

長年弾いてきた小品を

9月になったので伊勢市福祉健康センターへ行き、11月例会の会場予約を済ませてきました。6日の日曜日です。
私のホームグラウンド、「伊勢市クラシックギターを楽しむ会」の例会は、11月から来年5月くらいまで日曜午後の開催となる予定です。
月例コンサートを長年開いてきましたがこの夏は特に体力の低下を想定して、難曲を避け曲数もやや少なめに抑えてプログラムを組むことを心がけました。はたしてベストコンディションをあまり作れずに本番を迎えるという事態が多くなり(それが実力です)、冷や汗をたくさんかきました。
でも、そうやって何とか乗り切りました。そういうことにしておきましょう
今日はソルのメヌエットをひとつアップロードしました。音源は先週の火曜日の朝右足腰の異変と付き合いながら収録したものです。アップに向けた作業をしながら、長年弾いてきた小品を大事にしていけば、残りのギター人生をまだまだ豊かなものにできるはず……そんなことを思いました。
 
              〇

今週の(ユーチューブへの)アップロードです。
クラシックギターの大家、フェルナンド・ソルの残した作品11「12のメヌエット」の第2番、第5弦と第6弦の音程を下げた調弦で弾かれるメヌエットです。ぜひご視聴ください。

▽メヌエットト短調(ソル 演奏;広垣 進)
https://youtu.be/ZYtVHDlbq8U

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

年齢相応

「また腰痛が来そう」と日記に記したのは、ちょうど3週間前です。
はたしてそれらしきものが来ました。ひどい状況ではありませんが、これまでに経験した腰痛とは少し違います。部位は右大腿部から臀部と腰にかけてです。椅子に座って立ち上がった時に鈍い痛みがあり、座っている時間が長いほどその痛みは大きいようです。
「ちょっとまずいな」と思ったのは10日前です。今月のコンサートの前日でしたが、本番ではいつものコンサートのように、1曲弾き終える度に立ち上がって礼をしていたので問題はありませんでした。
市内のY整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ、背骨の隙間が少し狭いところがあり、しかもずれているとのことでした。「手術で治しましょう」とは言われず、痛み止めと湿布薬をいただいて帰ってきました。
もう少し気候がよくなって体力がついてきたら、少しは楽になりそうな気がしますが、「長時間は弾き続けられない」という現実とは向かい合っていくことになるでしょうね。
もっとも、今回の症状が出てくるずっと前から、「もう少し年齢相応の曲を弾いていた方がいいじゃないか」とは思っています(笑)。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

もうひとがんばり

先週末に今月のコンサートを終えたので、今週はプログラムの中からユーチューブに使えそうなものを選んで、せっせと収録に励みました。
……というのは嘘です。コンサートが終わってから「どれか使えるかな」とさがしても、「これは全国に公開して差し支えない」と思うほどいい仕上がりになっていることはごく稀で、たいていは「もうひとがんばりが必要」となります。
本当は、ユーチューブに上げる曲の候補はコンサートのプログラムと合わせて考え、コンサートの翌日もさらに集中して弾き込むつもりで練習にあたります。そうやって何日も気合いを入れないと仕上がりが追いつきません。それが私の実力です。
今回はチマローザのソナタを、一日みっちり弾き込んで月曜日に録音し、この日の昼間と夜の練習でソルのメヌエットを弾き込んで、翌火曜日に録音しました。
最後の1曲はヴァイスのパッサカリアですが、曲の難易度と仕事(出張指導)の都合で、これは木曜日つまり今日の朝に照準をあて、かろうじて録音作業まで済ませました。
今週はあと、大事な曲でかつ当面演奏予定のないもの数曲をさらいなおします。9月例会(コンサート)の準備に本腰を入れられるのは来週からになりますね。 

              〇

今週の(ユーチューブへの)アップロードです。
チマローザ(18世紀、伊)のチェンバロソナタです。
アーサー・ベンジャミン編曲の「オーボエ協奏曲」にも使われた有名な作品です。これをギターソロで弾きました。ぜひご視聴ください。

▽ソナタロ短調(チマローザ)
https://youtu.be/KGq4mtEQKIU

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今夜頑張らないと

一昨日の晩、今月のコンサート「八月のパッサカリア」を何とか終えました。
例によってほとんど宣伝をしなかったので、と言うといつもの言い訳にきこえますね(笑)……客席は常連さんばかり。でも、このコロナ禍にあって活動を続けられるのはありがたい話です。これまたいつもの日記です……失礼しました。
一日置いて今朝、チマローザの「ソナタロ短調」を収録しました。もちろんユーチューブ用ですが、アップロードするにはまだ作業が必要です。でも、9月のコンサートまで3週間を切ったので、録音は今週だけと決めています。
あと1~2曲用意しておきたいですが、今夜、練習を頑張らないと、どんな小品でも明朝の収録はおぼつきません。いいご報告ができますように……。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

心配すべきは

今月のコンサートは明後日の晩、この感染拡大の中、今回もチラシ配付も行わず(作っていません)、常連さんに個別のご案内をしただけで開催します。
予約制ですが、現在申し込み状況は……とお知らせできるような数字にも達していません。
少ないお客さんの前で弾くのは平気ですが、あまりにも少ないと、来ていただいたお客さんに「自分が来なくなったら活動休止かな」とか「一生懸命聴かないと申し訳ないな」などと、余計な気苦労をかけてしまいます。
でもジタバタするのはやめましょう。お客さんが少ないことを心配するよりは、お粗末な演奏を聴いていただくことを心配すべきです。練習にもどります。

              〇

今週の(ユーチューブへの)アップロードです。
森繁久彌さんの名曲を、クラシックギター初級学習者向けにアレンジしました。よろしければお使いください。

▽知床旅情(編曲・演奏;広垣 進)
https://youtu.be/rz1gaykgFiA

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日は終戦記念日

今日は終戦記念日です
この夏は、否が応でもロシア軍によるウクライナ侵攻をめぐる連日の報道に眼が奪われました。「平和な日本に生まれて良かった」などと呑気なことは口に出しては言いませんが、心のどこかにそういう部分があるのを否定できません。そんな自分にもどかしさを感じます。
この夏は、若い頃作ったいくつかの平和歌曲の編曲譜を練りなおしたり、さらいなおしたりしました。いくら頑張っても何の力にもなりませんが……いえ、懸命に練習していいものを残せたら、何かの小さなきっかけにならないかなと思うようにして、努力し続けることにしましょう。


▽反核のこもりうた(作曲 峯陽 演奏/広垣 進)
https://youtu.be/XGF_vvnOASU

▽祈り(林学 編曲;広垣 進)
https://youtu.be/3npZfjXuXHs
 
▽孤燕(はぐれつばめ) 編曲/広垣 進
https://youtu.be/shcHRRn_g_E

▽死んだ男の残したものは(武満 徹  編曲/広垣 進)
https://youtu.be/4Yz2EPsH6IE

▽ヒロシマへのパッサカリア(編作曲/広垣 進)
https://youtu.be/a9SxWGGG4A8

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ