安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い923 「数合わせ」でも良い

2017-09-30 10:07:19 | 日記
   平和への希い923 戦後73年  
「数合わせ」でも良い 2017.9.30
9月28日の衆議院解散で選挙公示前ですが、与党自公も含め各党がテンヤワンヤ。
台風の目は、小池新党「希望の党」。
安倍総理の「思惑」は、弱小野党は烏合の衆、小池新党が固まらない前に「解散」して、政権基盤を強固に
したい、モリカケ疑惑はウヤムヤのまま、憲法9条改悪方針など『国民が支持した』ということにしたいのだ。

小池新党「希望の党」が、民進党を吸収し、大阪維新とも連携、小池新党と安倍自公との戦いの様相になった。
安倍総理は、
「ムードから希望は生まれない」「野党の収れん結束を『数合わせ』だ」
「国民の安全と安心を守って行けるのは、自公政権しかない」
と、モリカケ疑惑が国会追及からしばらく逃れられたので、「言いたい放題」。
選挙で「耳障り」の良いことを並び立て、1強多弱体制をつくり、「耳障りの良いこと」は殆ど実現されず、
鎧の下に隠していた、憲法違反の「集団的自衛権」や、治安維持法まがいの「共謀罪」を多数背景に強引成立
させてしまった。

今度の選挙では、幼稚園教育費を国が負担するなど「耳障りの良いこと」を掲げ、憲法9条改悪を実現させたい
のです。国の膨大な借金で「耳障りの良いこと」が実現できるかどうか。その時はその時と思っているのだ。
「武力で国際紛争を解決してはいけない」という憲法9条がある限り、集団的自衛権をタテに、同盟国アメリカ
と一緒に北朝鮮と戦えない、だから、憲法9条を変えたいのです。国民を戦争に巻き込みたいのです。

数合わせでも良い、少なくても、憲法9条改悪を発議できないように、自公と改憲勢力に3分の2を取らせない
よう、小池新党中心に野党は頑張って欲しい。

花の写真ご覧ください。ドジョウみたいな花、名前わからない。

9月30日「今日は何の日カレンダー」より
クレーンの日、みその日(毎月)、そばの日(毎月末日)
▲遣唐使、菅原道真によって中止(894)▲ブロイセンの宰相ビスマルク「鉄血演説」を行なう(1862)
▲ペニシリン、発見(1928)▲大日本バスケット協会創立(1930)▲御前会議、「今後執るべき戦争指導大綱」決定
(絶対国防圏を設定)(1943)▲ジェームス・ディーンがポルシェに乗って衝突し即死。24歳(1955)
▲愛知用水が完成。総延長1135km(1961)▲インドネシア、大統領親衛隊長率いる部隊が中央放送局など占拠し、
 6人の軍最高幹部を殺害(9・30事件)(1965)▲天皇・皇后、初訪米へ出発(1975)▲京都市路面電車全廃(1978)
▲山岡荘八、没。71歳(1978)▲韓国とソ連が国交を樹立させる(1990)▲茨城県東海村のウラン加工施設で放射能
漏れ。日本初の臨界事故。従業員ら被爆(1999) ▲中日・山本昌(50歳)投手引退発表。219勝(2015)
コメント

平和への希い922 「君子豹変」は良いことの筈 

2017-09-29 09:45:48 | 日記
     平和への希い922 戦後73年  
  「君子豹変」は良いことの筈  2017.9.29
9月24日の日経朝刊、遊遊漢字学というコラムで阿辻哲次さんが「君子豹変」について書いていました。
今は一般的に、「手のひらを返すようにゴロッと態度や方針を変える」という意味で使われているが、実は、
誤用なんだそうです。

もともとは、儒学の経典「易経」の中にある言葉で、
「豹の毛が季節の変化に応じて生え変わって美しい斑紋となるように、君子も時代の変化に応じて自分を迅速
かつ的確に変えて行くべきだ」という意味であったとのこと。

昨日28日、臨時国会冒頭に解散。審議もせずに、税金無駄使い選挙が始まるのに、「万歳」と叫ぶ議員の光景
を見ていると、国民をバカするな、と頭にくる。
多弱野党の混乱はチャンス、モリカケ疑惑を吹き飛ばすチャンス、圧勝して政権基盤を固めるチャンス、
政権基盤が固まれば安倍1強を国民が認めざるを得なくなるチャンス、憲法9条の改正(悪)するチャンス、
と、自分に都合が良いなら、モリカケ疑惑に丁寧に説明して行くという舌も乾かないうちに、「手のひらを返す
ようにゴロッと態度や方針を変える」、この悪玉君子振り。

安倍総理の小憎らしい「思惑通り」、弱小野党が小池新党「希望の党」立ち上げで、民進党は身売りする、野党が
結束して自公過半数阻止は霧消。何やってんのか、くそったれ野党。
日本の政治家には、本当の「君子」がいないのだと、ガッカリしています。
今度の選挙では、少なくても、憲法9条改悪を発議できないように、自公と改憲勢力に3分の2を取らせないよう
野党が頑張る時なのに。悪玉君子に「ブームから希望は生まれない」と吠えさせて、恥ずかしくないのか。

花の写真ご覧ください。ホウズキも栗も。

9月29日「今日は何の日カレンダー」より
▲クリーニングの日(全国クリーニング環境衛生同業組合連合会)、肉の日(毎月)
▲東大寺大仏の鋳造開始(747)▲横浜に初のガス灯。わずか3本だったが、遠くから見物人が集まる(1872)
▲女子電話交換手、募集。「小学校高等科出で夫なく家事に関係せざること。品行方正なこと。視力聴力善良に
して言語明瞭なること。筆算に優秀なこと。交換局所在地に居住すること」が条件(1890)
▲ロックフェラー、世界初の億万長者となる(1916)▲ヤンキースのベーブ・ルース、60号ホーマーを打つ(1927)
▲富士ゼロックスが国産初の電子複写機「ゼロックスFX914」を完成(1962)▲阿賀野川水銀中毒訴訟で損害賠償
支払い判決(1971)▲日中共同声明発表。日中の戦争状態終結と平和友好条約の締結に同意(1972)
コメント

平和への希い921  思う壺?  2017.9.28

2017-09-28 10:52:37 | 日記
     平和への希い921 戦後73年  
   思う壺?  2017.9.28
今日28日、臨時国会冒頭に解散。審議もせずに、国民をバカにした、税金無駄使い選挙。
安倍総理の小憎らしい「思惑通り」、弱小野党が小池新党「希望の党」も含めて大混乱、「思う壺」です。
安倍総理のドス黒い笑顔が、「してやったり」と見え、不快極まりない。

それ以上に、ふがいない野党に怒り心頭。
何としても、1強多弱のバックボーンである自公を、過半数以下に落とすべき時なのに。
モリカケ疑惑で、チャンスだったのに。
野党の諸悪の根源は、前原民進党。これが政党か、と情けない。「無くなってしまえ」と叫びたい。
公明党のポスターに、「希望が行き渡る国」とあり、小池新党は、寛容な改革保守を目指す「希望の党」。
希望はいろいろありますが、希望だけ行き渡っても、モリカケ・そんたくなどのしがらみから脱却した政治と
「スローガン」をぶち上げても、希望は「実現」されなければ、絵の描いた餅です

私なんかの「希望」は、平和な日々を送れることなのです。
そのために、政治には、国民が安心して生活を送れる「経済基盤」のための経済政策・産業政策、年金・医療
など福祉政策・教育政策、憲法を守り2度と戦争に巻き込まれないような平和外交政策、などしっかりやって
欲しいのです。

憲法9条違反の集団的自衛権を振り回して、トランプ狂走馬の尻馬に乗って、北朝鮮を暴発させようと「圧力」
を掛け、「暴発危機突破解散」なんて言う、マッチポンプ総理、お友達のためのアベノミクスでは困るのです。
暴発危機で防衛予算が膨らむ一方、福祉予算などにシワ寄せしているのです。
今度の選挙では、少なくても、憲法9条改正を発議できないように、自公3分の2を取らせないことです。
安倍1強と自公の横暴を阻止する必要があるのです。安倍総理の「思う壺」を叩き潰すことです。

花の写真ご覧ください。白い花は、ヨルガオ。

9月28日「今日は何の日カレンダー」より
▲江戸小石川の水戸藩邸に、黄門さまこと水戸光圀らが作らせた庭園、後楽園が完成(1629)
▲日本エスペラント協会の第1回大会(1906)▲京浜線で自動ドアの電車登場(1926)▲新清水トンネル開通(1967)
▲ボンベイ離陸直後の日航機が日本赤軍にハイジャックされ、ダッカ空港へ強行着陸。犯人は日本政府に日本で
服役中の同志9人の釈放などを要求。政府は「超法規的措置」で釈放、人質と交換(1977)
▲日本テレビが、最初のテレビ音声多重放送を行う(1978)▲1969年から17年間続いたドリフターズの「8時だよ
!全員集合」(TBS)の放送が終了(1985)▲冷夏のため9月15日の時点での米の作況指数が戦後最悪の80となった
ことが公表される(最終的には74となる)(1993)
コメント

平和への希い920 鬼が笑う?

2017-09-27 09:23:25 | 日記
     平和への希い920 戦後73年  
   鬼が笑う?  2017.9.27
1昨日25日、安倍総理は、臨時国会冒頭解散を公式に発表。
安倍総理は、大義名分がない、モリカケ隠し解散、自己都合解散、安倍ファースト解散などの批判に対して、
「国難突破解散」と言って、自作自演による「国難(『圧力』で北朝鮮の暴発を煽り、暴発危機を演出)」を
堂々と言い募る破廉恥ぶり。森友・加計疑惑で逃げまくる韋駄天振り同様、国民をバカにし過ぎです。

更に、2年先の消費増税で増える税収を見込んで、増税分を「幼児教育の無償化など人づくり革命」に使うこと
の是非を国民に審判して貰う解散なのだ、と言い出した

昨年の参議院選では、「絶対延期しないと言っていた『消費増税』を新しい判断だと言って、参議院選に自公が
勝ために」増税延期を打ち出し、あたかも国民生活を守るヒーローのごとく「耳障りのよい」喧伝で、国民に
目クラマシを噛ませ、衆議院に続き、参議院でも憲法改正を発議できる3分の2の勢力を獲得してしまった。
1強多弱になった裸の王様安倍総理は、やりたい放題、数の論理で、「共謀罪」を強引に成立させてしまったが、
驕り高ぶり過ぎて、森友・加計学園疑惑で馬脚をあらわした。
「来年のことを言えば鬼が笑う」のに、不確定な再来年のことをいかにも出来ると錯覚させて、「耳障りのよい」
「幼児教育の無償化」など打ち出したのです。

北朝鮮危機、出口が見えない金融政策など行き詰まっているアベノミクス、電気事自動車で立ち遅れている自動
車産業に赤信号が灯り、日本経済に暗雲が広がりつつある状況で、夢みたいな再来年の事を「政策」に掲げて、
国民に信を問うことの無責任さに呆れかえります。その頃には、安倍さんは亡くなっているかも知れませんよ。
そんな不確定なことを「甘い言葉」で、私達国民をダマクラカスことを止めて頂きたい。

今度の選挙は、弱小野党にも腹が立ちますが、棄権しないで、目をつぶってでも自公以外の党に投票し、自公の
横暴を阻止する必要があるのです。鬼に笑われないように。

花の写真が小さくなってしまったのですが、ご覧ください。青い花はイランイラン?。

9月27日「今日は何の日カレンダー」より
▲イギリスで世界初の蒸気機関車が開通(1825)▲日本人の編集による初の英字新聞「アングロ・ジャパニーズ・
レヴィユ」が大阪で発行(1885)▲初の地下鉄(銀座線)起工式(1925)▲クイーン・エリザベス号進水式(1938)
▲日独伊三国同盟調印(1940)▲昭和天皇マッカーサー元帥を訪問(1945)▲琵琶湖大橋開通(1964)
▲皇室史上初めての天皇の海外訪問 (1971)▲横浜ベイブリッジ開通(1989) ▲長井健司さんミャンマーで取材中
政府軍兵士に銃殺される(2007)▲御嶽山噴火、死者58人行方不明5人。(2014)
コメント

平和への希い919  国難を作って、国難突破解散?

2017-09-26 10:00:41 | 日記
    平和への希い919 戦後73年  
  国難を作って、国難突破解散?  2017.9.26
昨日25日、安倍総理は、臨時国会冒頭解散を公式に発表。
モリカケ隠し解散、自己都合解散、安倍ファースト解散、「楽になりたい解散」など、野党の混乱や、小池
新党がまとまる前に「やってしまえ」というところでしょう。
安倍総理が言っていること全部気に食わないけれど、一番気に食わないのは、北朝鮮の威嚇をうまく使って、
「国難突破解散」と言っていること。

下品で野卑なトランプ大統領と、「ドナルド」と得意げにファーストネームを連発し、すっかり仲良し気取りの
「シンゾウ安倍」総理。
「対話不可」「圧力強化」で、北朝鮮に「暴発」させて「叩き潰そう」としているトランプ戦略のお先棒を担い
で、安倍総理が国連で兵糧攻めの「圧力」しかないと演説。晋三とドナルドの下品同盟のお粗末。

北朝鮮の暴発を煽り、暴発危機を「国難」にして、解散の「言い訳」の1つにしている。
口では、「国民の安全・安心を守る」と言っているけれど、「国民の安全・安心を脅かしている」のは安倍総理
ご自身なのです。暴発は、日本・韓国が核戦争の中心地になるのです。

拉致問題を抱える日本は、下品なトランプ戦略の尻馬に乗っていないで、どうしようもないトランプ大統領だけ
れど、「対話」させるために進言したり、対話の土俵づくりに努力することこそ、「国民の安全・安心」に
繋がるのです。
耳障りの良いことばっかり言って、1強多弱をつくりました。今度で3度目です。
仏の顔も2度まで」にするか、「2度あることは3度ある」にするか。
今度の選挙は、弱小野党にも腹が立ちますが、棄権しないで、目をつぶってでも自公以外の党に投票し、自公の
横暴を阻止する必要があるのです。

花の写真が小さくなってしまったのですが、ご覧ください。白い花は、タマスダレという花のようです。

9月26日「今日は何の日カレンダー」より
彼岸明け、ふろの日(毎月)
▲信長、足利義昭を奉じて入京(1568)▲小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)没。享年55歳(1904)
▲台風15号で青函連絡船洞爺丸が転覆。死者・行方不明者が1151名(1954)▲狩野川台風で伊豆半島周辺に
被害。死者行方不明1200人余り(1958)▲観測史上最大の台風、伊勢湾台風上陸。死者行方不明5200(1959)
▲アメリカ大統領選、共和党のニクソン副大統領と民主党のケネディ上院議員が初のテレビ討論。(1960)
▲当時東洋一の釣り橋、若戸大橋開通。2068m(1962)▲日本相撲協会が部屋別総当たり制導入決定(1964)
▲ホメイニ師、「悪魔の詩」の作者・ラシディに死刑を宣告(1988)
コメント