安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い1351 平和な日々ためのノーベル賞

2018-12-10 10:34:53 | 日記
    平和への希い1351 戦後74年  
  平和な日々ためのノーベル賞  2018.12.10.

12月10日は、ダイナマイトを発明したノーベルの命日。
ノーベルは、ダイナマイト事業で財を成し、遺言で、命日の12月10日に、毎年ノーベル賞の表彰をする
ことに決まった。
ノーベルが発明したダイナマイトが、その後戦争に使われ、多くの命を奪うことに悪用されるようになった。
皮肉なことに、ノーベル賞を受賞した学者の成果から、核分裂⇒核爆弾が実現されてしまった。

人殺しのためではなく、人の生活の向上のたに、発明されたものが、大量に人を殺すための道具に悪用する。
そして、人類は、悪用した武器を背景に、人類滅亡に繋がるような戦争の危機に直面しているのです。

今年は、京大の本庶佑先生が、新しいガン免疫製剤で、生理・医学部門で受賞。
癌で苦しむ生活から、開放される可能性が出てきたのです。

今年のノーベル平和賞は、性暴力を受けた女性を治療し、反戦を訴えるコンゴの産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏
と、過激派組織「イスラム国」に性奴隷として拘束され生還した人権活動家のナディア・ムドラ氏。
品性下劣、死の商人のトランプ氏や兄を暗殺したり、見せしめの銃殺刑、拉致など、人権無視の金委員長が
米朝雪解け会談?演出で受賞の下馬評に上がっていただけに、この両人でなくて良かったと、ホッとしています。

生活の質を高め、平和な毎日を送れる日々のために貢献する方々こそ、ノーベル賞に値する。
ウォーキング中に出会った花。この寒空に、ビワの花、水仙が咲き始めました。

12月10日、「今日は何の日カレンダー」より
世界人権デー、ノーベル賞授賞式(ストックホルム)、歳暮開始、LPガス消費者保安デー(毎月)
▲グレゴリー暦制定(1582)▲秘密結社・上帝会の洪秀全が太平天国の乱(1850)▲ダイナマイトの発明者、
アルフレッド・ノーベル没。63歳。遺言で毎年この日にノーベル賞授与(1896)▲パリ講和会議で米西戦争
終結(1898)▲田中正造、天皇に足尾鉱毒事件を直訴(1901)▲第1回ノーベル賞授与式。物理学賞は独の
レントゲン(1901)▲キュリー夫妻ノーベル物理学賞受賞(1903)▲関東大震災の影響で東京帝大理学部に地震
学科設置(1923)▲英国王エドワード8世、シンプソン夫人と恋に落ち結婚を望んだため退位を宣言(1936)
▲日本軍が南京総攻撃を開始(南京事件)(1937)▲世界人権宣言が第3回国際連合の総会で採択される。
思想・宗教・報道等個人の基本的自由を規定(1948)▲湯川秀樹が日本人初ノーベル賞、物理学賞受賞 (1949)
▲三億円強奪事件。 '75年未決のまま時効に(1968)
▲ノーベル物理学賞 朝永振一郎(1965)江崎玲於奈(1973)南部陽一郎、小林誠、益川敏英(2008)
赤崎勇、大野浩、中川修二(2014)梶田隆章(2015)▲ノーベル化学賞 福井謙一(1981)白川英樹(2000)
野依良治(2001)田中耕一(2002)下村脩(2008)根岸英一、鈴木章(2010)▲ノーベル生理・医学賞
利根川進(1987)山中伸弥(2012)大村智(2015)大隈良典(2016)本庶佑(2018)ノーベル文学賞
川端康成(1968)大江健三郎(1994)ノーベル平和賞 佐藤栄作(1974)
コメント

平和への希い1350  戦争をしない違う日本

2018-12-09 10:49:51 | 日記
      平和への希い1350 戦後74年  
戦争をしない違う日本  2018.12.9.

毎年、この時期は、真珠湾奇襲で始まった太平洋戦争の悲惨を考えさせられます。
昨日、76年前の12月8日は、真珠湾奇襲での「戦果」が、多くの国民を高揚感に酔わせた。
この興奮・高揚感は、人類史上初の2発の原子爆弾で惨憺たる結末となって、打ち砕かれたのです。

いかに無謀な戦争であったかを後で知った国民は、作られた「蜃気楼のような高揚感」だったことを悟り、
戦争がもたらす悲惨を痛体験したことを大切にして、73年間、「戦争をしない国」を貫いてきたのです。
米朝の威嚇狂騒は、休火山状態ですが、自己中、頑迷固陋のトランプ米大統領と、唯我独尊の独裁者金委員長
のこと、いつまた噴火するか、不安定な状況。
国際ルールを無視する南沙諸島の強硬路線、宇宙での軍拡など、習中国独裁政権の覇権野望が、米トランプ
自己中大統領をイライラさせて、米中貿易戦争が過熱。
自己中も、独裁も、日本が、かつて起こした「真珠湾奇襲で始めた無謀な戦争」を教訓にしてもらいたい
核兵器が世界に15000発も存在する現在、「真珠湾奇襲での戦果」は、人類滅亡に繋がるのです
集団的自衛権を含む新安保法で、「戦争をしない国」が危うくなりそうですが、私達日本国民は、
真珠湾奇襲の1941年12月8日は、『戦争をしない、違う日本』の出発点だったのだ」と、認識し、
『平和国家日本』を今後も貫いて、世界各国に働きかけて、「武力によらない解決」を恒久なものにする努力を
積み重ねて行く必要があるのです

安倍総理は、トランプ大統領の顔色伺いながら、「抑止力」なんてゴマカシテ、米の死の商人を喜ばす武器購入
を止めて欲しい

ウォーキングちゅうに出会った花。山茶花が盛り。まだ朝顔も。

12月9日、「今日は何の日カレンダー」より
障害者の日、身体障害者福祉週間(12/9~12/15)、漱石(夏目漱石)忌
▲平治の乱(1159)▲幕府がロシア船打ち払い命じる(1807)▲徳川慶喜が将軍辞職、王政復古大号令(1867)
▲初のレコード吹き込み(1911)▲夏目漱石、胃潰瘍で没。50歳(1916)▲北京の学生抗日運動起こす(1935)
▲GHQが日本の農地改革を指令(1945) ▲都電銀座線など廃止(1967)▲ビートたけしら「FRIDAY」
の取材に抗議、講談社に押し掛け(1986) ▲沖縄上空を侵犯したソ連機に自衛隊機が警鐘発砲(1987)
▲法隆寺、屋久島など世界の文化遺産になる(1993) ▲「火垂るの墓」の野坂昭如逝く(2015)
コメント

平和への希い1349 「ヨイトマケ」のお母さん     

2018-12-08 07:23:41 | 日記
      平和への希い1349 戦後74年
   「ヨイトマケ」のお母さん     2018.12.8.

NHKのラジオ深夜便12月号で、美輪明宏さんが、「ヨイトマケの唄」が生まれた、感動秘話をご披露
されていました。感動しました。
小学校低学年の父兄会で、おしゃれをして澄ましている母親たちの中にハッピ姿のお母さんがいた。
ある日、そのお母さんの子供が、工事現場でどなられながら、真っ黒になって働いているお母さんに、
「貧乏人っていじめられた」と泣きながら言いつけに来た。

お母さんは、
「お金持ちだからって偉いことじゃなかとよ。勉強できるから、喧嘩が強いからって偉かことじゃなかと。
人間で一番偉かとは、神様の前でまっすぐにその目をみられること。清らかで、一生懸命働いて、陰ひなた
なく正直なこと。だから泣くな、お前は偉かとぞ」

字が書けないような、お母さんのその言葉に感動、そのお母さんの人生哲学を子供に諭すお母さんに感動
された
、と話され、
「そんな思い出が、ある日突然よみがえって、「ヨイトマケの唄」が天から降るように下りてきた」と。
わが身を振り返ると冷や汗が出ます。
自分のことを棚に上げて、と思いつつも、つい、愚痴ってしまいます。
「安倍総理、憲法違反の集団的自衛権、モリカケ疑惑、共謀罪、今国会での入管法など、
 神様の目をまっすぐ、見られますか?」

今日12月8日は、1941年に、安倍総理のお爺ちゃんの岸信介が東條内閣の閣僚として起こした、
真珠湾奇襲で、太平洋戦争が始まった日。
12月8日の誕生日の花は、「チャ(茶)ツバキ科」。花言葉は「追憶」(NHKのラジオ深夜便12月号)
白い花が、ウォーキング中に出会ったお茶の花。

12月8日、「今日は何の日カレンダー」より
太平洋戦争開戦記念日、こと納め、針供養(法輪寺)、米の日(毎月)
▲釈迦が悟りを開く(紀元前428)▲賭博のすごろく禁止令(689)▲戦没者供養のため北条時宗が円覚寺建立(1282)
▲わが国初の日刊紙「横浜毎日新聞」創刊(1870)▲日本、真珠湾を奇襲攻撃。太平洋戦争勃発(1941)
▲新宿コマスタジアム開場(1956)▲プロレスラーの力道山、赤坂のキャバレーで刺される(1963)
▲ジョン・レノン、ニュー・ヨークのダコタ・アパート前で狂信的ファンに射殺される。40歳(1980)
▲愛人バンク第1号の夕ぐれ族が摘発される(1983)
コメント

平和への希い1348 平和な時が流れる  

2018-12-07 10:07:47 | 日記
      平和への希い1348 戦後74年  
    平和な時が流れる  2018.12.7.

昨日は、傾聴ボランティア仲間と、紅葉の見ごろに開放される皇居乾通りを散策しました。
あいにくの雨模様でしたが、散策中には、傘を開くことも無く、1時間半ほど、散策を楽しみました。
私達は、永田町でランチして、散策客は少なくなる2時ごろからの散策でした。
昨日は、朝から雨が降っていたせいか、かなり、すいていました。
外国からのお客さんが多く、平和を満喫している笑顔で溢れていました
今年は、夏の熱暑と、9月の度重なる台風襲来による塩害でしょうか、紅葉が例年より鮮やかさが冴えない
感じでした。
世界情勢は揺れ動いて、不穏なムードいっぱいですが、乾通りには、平和な時が流れていました。
乾通りでのスナップ、二の丸庭園の鯉。

12月7日、「今日は何の日カレンダー」より
◆大雪(二十四節気の一つ。雪が激しく降り出す)、神戸港開港記念日(神戸市)
▲幕府、神戸港を開港し大阪を開市する(1853)▲日本初のラグビーチーム、横浜在住の外人チームと対戦。
35対5で大敗(1901)▲東海地方の大地震と大津波で死者998人(1944)▲池田勇人蔵相「貧乏人は麦を食え」
と発言(1950)▲吉田内閣総辞職(1954)▲長崎市と米・ミネソタ州のセントポール市が初めて姉妹都市(1955)
▲長嶋茂雄(立教大)、巨人に入団決定(1957)▲東京タワー公開(1958)▲ローマ教王パウルス6世と東方教会
総主教アテナゴラスが911年ぶりに和解(1965)▲1961年スタートした米・アポロ計画、17号で最終(1972)
▲長崎市の本島市長、天皇には戦争責任がある、と発言し論争となる(1988)
コメント

平和への希い1347 大嘗祭の憲法論議

2018-12-06 09:06:05 | 日記
     平和への希い1347 戦後74年  
   大嘗祭の憲法論議  2018.12.6.

先日、お誕生日お迎えの秋篠宮さまが、来年11月に行われる天皇即位儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」は、
宗教色が強い儀式であるから、天皇の私的儀式として、国のカネを使わずに、「質素に」したら?
と、
憲法20条(「信教の自由」を規定)の第3項
「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教活動もしてはならない」

を、厳格に解釈されて、お話になられたようです
安倍政権は、
「宗教儀式とは認めながらも、憲法2条で、天皇の皇位世襲が明記されており、その儀式に国が関与する
のは当然。だから大嘗祭は、公的な性格があるので、公費を支出できる」
と、大正・昭和・平成の大嘗祭を踏襲するつもりのようだ

大嘗祭の費用は、関連儀式などを含め、約26億円(平成天皇即位の時)掛かるらしい。
大嘗祭は、7世紀の持統天皇時代から続いている行事で、議論はいろいろあるようです。
が、大正・昭和の大嘗祭は、絶対権力に近い「統治権の総攬者(そうらんしゃ)」としての天皇の時代の様式。
象徴天皇時代の様式としては、「どんなものですかね」と思いますが、いかがなものでしょう

憲法9条を強引に理屈付けして、「集団的自衛権」を含む安保法を成立させてしまった安倍政権のこと。
天皇を政治的に利用しようと、奸計のための理屈をつける伏線があるのでは、と、ゲスの勘ぐりをしてしまう。
公費(税金)を使うなら、私達国民に、大嘗祭の意義を納得させ、使った経費を明らかにして納得させること。
*総攬者(そうらんしゃ)とは、「一手に握って、統(す)べおさめる人」(岩波国語辞典)
ウォーキング中に出会った花です。狂い咲き?大宮体育館のツツジが今咲いています。

12月6日、「今日は何の日カレンダー」より
▲持統天皇が都を浄御原宮から藤原宮に移す。皇居は日本最初の中国風宮殿(694)▲クロムウェルが英国議会
から長老派を追放(1648)▲徳川光圀(水戸黄門)没73歳(1700)▲近松門左衛門作「心中天網島」初演(1720)
▲水野忠邦、筆頭老中になり、天保の改革開始(1839)▲エジソンが録音装置の最初の試作機を完成(1877)
▲米大リーグ(ジャイアンツ・ホワイトソックスの世界一周野球チーム)初来日(1913)▲山田耕筰、初の管弦
楽作品を発表(1914)▲大学令・改正高等学校令公布。慶應義塾、早稲田、同志社など私学が大学となる(1918)
▲英がフィンランド、ハンガリー、ルーマニアに宣戦布告(1941)▲戦後初洋画「ユーコンの叫び」上映(1945)
▲国際柔道連盟がパリで結成(1951)▲日ソ通商条約調印(1957)▲酒田-ナホトカ間の定期航路が開設(1967)
▲東京地裁がコンピュータのプログラムは著作物であるとの我が国初の判断(1982) ▲特定秘密保護法(外交・
防衛など国家機密の特定と漏えいした者に対する罰則等)成立(2013)
コメント