安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い323  フィリピン慰霊の旅、お疲れ様でした     

2016-01-31 10:54:12 | 日記
平和への希い323 戦後71年 
   フィリピン慰霊の旅、お疲れ様でした     2016.1.31.

1月31日は。「今日は何の日??カレンダー」より。
▲日本初の電気鉄道、京都電気鉄道が開業(1895)
▲スターリングラードでドイツがソ連に降伏(1943)
▲イタリアのコルチナダンペッツォで開かれた第7回冬期オリンピックで猪谷千春が
 日本初のメダルを獲得(1956)
▲アメリカ初の人工衛星打ち上げ成功(1958)
▲鹿児島で初の五つ子誕生(1976)
▲江川卓が阪神入団、巨人小林繁と即日トレード(1979)

1943年1月31日、ナチスドイツの崩壊が始まった。ヒトラー内閣が発足してから
ちょうど10年後でした。ナポレオン没落と同じ、ロシアの地での敗戦。
無謀な暴走が繰り返されたということになるのでしょうか。
そして、日本もアジア各地で無謀な暴走。


天皇皇后陛下は、フィリピン戦没者慰霊の旅を終えられ帰国された。
日米戦で、110万人余のフィリピンの方々が亡くなった。比・米に対する加害者国
の重荷を、戦闘員や民間日本人の苛烈な戦没者50万人余の被害者に対する重荷を、
真摯に受け止められて、晩さん会で述べられた、
「貴国(フィリピン)の多くの命を失い、傷つきました。私ども日本人が決して忘れて
はならないこと」は、二度と戦争をしてはならないという、強いお気持ちが表れている

と思います。

『憲法99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。』

平和憲法を守ることを真摯に行動されていらっしゃいます。
それにつけても、安倍総理の行動は・・・・???
コメント

平和への希い322 独裁の最大の無理は、圧政と虐殺

2016-01-30 09:47:47 | 日記
平和への希い322 戦後71年 
   独裁の最大の無理は、圧政と虐殺     2016.1.30.

1月30日は。「今日は何の日??カレンダー」より。
▲西南戦争勃発(1877)
▲ロンドンで日英同盟調印(1902)
▲ヒトラー内閣成立(1933)
▲国際連合、第1回会議開催(1946)
▲ガンジー暗殺される。78歳(1948)
▲日本と朝鮮民主主義人民共和国、国交正常化のため第1回政府間交渉開始(1991)

1933年1月30日には、ドイツではヒトラー内閣が発足。
1945年4月30日、自殺。


甘利大臣の収賄疑惑で揺れている安倍丸。
安倍総理は、以前から「築城3年、落城1日」と言って、自民や政府の引き締めを
心していたとのことを最近報道で知りました。「油断が自壊へ」「勝手兜の緒を締めよ」
と自戒しているのでしょうね。

ヒトラーも日本軍部ファッショも、国民に都合悪いことは隠し、耳触りの良いこと
で熱狂させて、独裁が自由自在に行われる環境を作った。所詮無理がある独裁。
独裁の最大の無理は、昔も今も変わらない、「反対者や不用者など」への圧政や虐殺
です
。絶対に根絶やしなどあり得ない反対者達は、世界の民主同調集団や民主政府の
国々からの協力を得て、時を待って、必ず独裁に対する反攻で独裁内部の自壊作用と
相俟って独裁を倒すことになるのです。

70年築いた平和も、あっという間に崩壊します。まさに、「築城3年、落城1日」
です。「アリの一穴」で堤防が崩壊するように。

国民に都合悪いことは隠し、耳触りの良いことで熱狂させ始めたら、独裁を自由自在に
行う環境を造りが始まったと思い、為政者の腹の中に疑いを抱くべきです。
圧政・虐殺→解放の歴史が繰り返されてしまいます。

コメント

平和への希い321 平和の原点、お風呂に入り普通の生活をすること・・・

2016-01-29 10:21:06 | 日記
平和への希い321 戦後71年 
  平和の原点、お風呂に入り普通の生活をすること・・・ 2016.1.29.

1月29日は。「今日は何の日??カレンダー」より。
▲初の全国戸籍調査。総人口3311万(1872)
▲南極観測隊がオングル島に上陸。昭和基地設営(1957)
▲東大紛争発端となる医学部の無期限スト始まる(1968)
▲フランス、超音速旅客機コンコルドが就航(1976)
▲上野動物園にパンダ来園(1980)

1872年1月29日には、初めて全国の戸籍調査が実施され、日本の総人口が、
3311万人だった。143年後の2015年(平成27年)では、約12600万人
最近は年々30万人前後減少しており、90年後の2105年には、約4600万人に
なりそうということです。(人口問題研究所の平成24年推計)


昨日(1月28日)の日経夕刊「明日への話題」で宇宙飛行士山崎直子さんが
トークイべントで一緒になった、一年前「イスラム国」に拘束された後藤健二さんの
思い出をお書きになっています。
「来場者の方から、後藤さんに『これからの夢は』と聞かれ、後藤さんは天井を見上げ
ながら『お風呂に入ったり普通の生活をしたりすること、そして長生きすること』と
話されていました。その5日後に再びシリアに渡り拘束されてしまうとは思いも寄らな
かった。戦火の中の子供たちの姿を伝えたい、と真摯に語っていた姿が偲ばれる。」

減りつつある日本人12000万人、世界の70数億人の人々にとって、後藤さんの
『お風呂に入ったり普通の生活をしたりすること、そして長生きすること』ことこそが、
平和の原点
なのだ、と思いを新たにしました。

世界のすべての国が、戦争放棄の憲法を掲げるならば、国と国の戦争は無くなるのですが。
コメント

平和への希い320 平和憲法の伝道者???    

2016-01-28 19:39:05 | 日記
平和への希い320 戦後71年 

平和憲法の伝道者???    2016.1.28.

1月28日は。「今日は何の日??カレンダー」より。
▲江戸幕府が初めて「生類憐れみの令」を出す(1687)
▲日本軍が中国軍と上海で衝突。上海事変(1932)
▲南極に初めて日本人到達。日章旗を掲げ、この地点を大和雪原と命名(1912)
▲米スペースシャトル・チャレンジャーが打ち上げ直後、爆発炎上。
 乗務員7名全員死亡(1986)

1932年1月28日は、上海事変があった日で、日中戦争の泥沼化がひどくなる
契機になった日。


昨日、フィリピンに着かれた天皇皇后両陛下。先の大戦で、フィピンの方々110万
余が犠牲になったけれど、アキノ大統領は、「(日比)両国の歴史に影を落とした時期に
他者が下した決断の重みを背負って来られねばならなかった(両陛下)に畏敬の念を
抱いている。」そして、「あまねく平和を実現する敬愛の象徴」とスピーチしています


軍部ファッショが既成事実を積み重ね、暴走し、多数の国々に多大な迷惑を掛けた
先の大戦を反省してできた日本憲法の伝道者の姿を、お二人に見た思いです。
本来、安倍総理こそ、平和憲法を旗印に世界平和に尽力すべきです。
コメント

平和への希い319 平和日本の象徴、皇室の皆様

2016-01-27 10:03:20 | 日記
平和への希い319 戦後71年 

平和日本の象徴、皇室の皆様   2016.1.27.

1月27日は。「今日は何の日??カレンダー」より。
▲鎌倉第三代将軍源実朝、鎌倉・鶴岡八幡宮で甥の公暁に暗殺される(1219)
▲1回官約ハワイ移民が出発する(1885)
▲アウシュビッツ収容所、解放(1945)
▲美智子さま、皇居へ初お目見え。装いはヘアバンド、ミンクのストール、
 純白のドレス、白の長手袋。翌年まで若い女性の間で大流行に(1958)

▲パリでベトナム平和協定が正式に調印(1973)
▲東京都のエイズ対策テレフォンサービスに電話が殺到し回線がパンクする(1987)
▲曙が初の外国人横綱に、貴花田は大関に推挙され貴ノ花と改名(1993)

1958年1月27日は、美智子皇后さまが、皇居へ初お目見えした日です。

昨日、天皇皇后ご夫妻が、ご高齢を押してフィリピンへ戦没者慰霊の旅に出発された。
1962年、皇太子ご夫妻時代に、天皇のご名代としてフィリピン訪問以来の54年
振りで、歴代天皇として初めてとのこと。
出発に際してのお言葉。
「フィリピンでは、先の戦争において、フィリピン人、米国人、日本人の多くの命が
失われました。中でもマニラ市街戦においては、膨大な数に及ぶ無辜(むこ)のフィ
リピン市民が犠牲になりました。私どもはこのことを常に心に置き、このたびの訪問を
果たしていきたいと思っています。」

昭和天皇は、太平洋戦争には忸怩たるお思いであられたご様子でしたが、そのご遺志
が、平成の天皇皇后さまに、皇太子ご夫妻に・・・皇室の皆様に引き継がれ、近隣各国
で起こった悲惨な犠牲のもとになった戦争に対して、真正面から受け止め、不戦・平和
を心の底から守らねばならないとのお覚悟を感じられます。

憲法で、天皇は政治に直接関与できない象徴ですが、
『憲法99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。』
となっています。
平和憲法を強引に捻じ曲げて解釈し、集団的自衛権含む安保法を成立させた安倍政府や
国会議員に、天皇のご心中はいかばかりかと、お察しするに余りある思いです。

今年の参議院選で、自公が大勝すると、憲法改正確実になってしまいます。
平和憲法は私達国民が守らなければ。


コメント