子どものころは「昭和」だった

頭も悪く、体も弱い子どもでした。そんな子ども時代を思い出すだけ綴ります。
頭の悪い、体も弱い子の成長後も書いてみます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一膳と一竿

2018年02月15日 | 昭和
ある大手のスーパーでのことです。

弁当を二人前買いました。レジで「箸は二膳にしますか」と聞かれました。
え、え、え。一瞬驚きました。
以前「箸は二本にしますか」と聞かれたことがあります。
膳と言った人は初めてです。
うれしくなりました。
わたしも「二膳お願いします」と答えました。

後日、妻の使いでしにせの菓子店に行きました。
「ようかん一本だけですが、ようかんは一竿ですかね」と注文しました。
「最近は一竿とか使う人は少なくなりました」
「そうですか。スーパーのレジで箸を一膳、二膳という人がいてビックリしました。最近は一本、二本という人が多いです。
ようかんは一竿、二竿だったかなぁと思って、使ってみました」

平成も30年ですもの、昭和も遠くなりましたネ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼間の鐘 | トップ | 角打ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

昭和」カテゴリの最新記事