缶詰blog

世界中の缶詰を食べまくるぞ!

ポルトガル缶詰旅 その2

2019-02-03 13:35:24 | 缶詰旅行

ポルトガル缶詰旅の2日目であります。

がんばって早起きして、リスボン観光スタート。

いや、缶詰専門の観光だから、缶光と表記するのが正しいだろう。

上の画像のお店はオイルサーディン専門店だ。缶上蓋に「1966」「1980」など年がプリントされているオイルサーディンが並んでいた。

「これは例えば...」と僕。「自分の生まれた年のオイルサーディンを買える、ということですな」

「でも、製造がその年ではないですよね。みんな新品ですから。ただ年が印刷されただけという」と伊藤氏。

「それはつまらんですなァ」

そのわりに値段は約1,000円と、なかなかお高かった。

どうやらリスボンは缶詰でインバウンド消費を狙っているのではないかと思い始めた。

 

こちらは日本で調べておいた缶詰専門店。何と、ポルトガル缶詰協会が直営しているという。

店員に話を聞いてみると、現在は20社ほどの魚介缶を合計300種類ほど扱っているらしい。

 

店内はほぼ缶詰尽くし! 夢のような光景であります。

カウンターの横には巻締機(缶にフタを密封する器具)も置いてあった。有料で巻締体験が出来るのだ。

試食もやっていた。小さなバゲットにオイルサーディンやイカを乗せ、缶詰のオイルをちょっと垂らして提供している。

いろんな味を試せるので嬉しい。

 

ポルトガルの缶詰はどれもデザインが可愛い。

種類はオイルサーディン、ツナ、バカリャウ(干し鱈)、イカ、タコなどがあり、一番多いのはオイルサーディン。

壁には各造り手のポスターが貼ってあり、それぞれの歴史や特徴も判る。ちょっとした缶詰ミュージアムであります。

 

路地を抜けて、コメルシオ広場へ向かう。目の前は広大なテージョ川河口で、その先は大西洋だ。

 

コメルシオ広場に面しているのが缶詰料理店「Can the Can」。

ディナーに向けて仕込みの最中だったが、写真だけ撮らせてもらう。

天井から下がっている照明が大きな空き缶なのがお判りだろうか?

 

壁面にはポルトガルの缶詰がディスプレイされている。

製造に使う器具も置いてあったりして、とにかくすべてが缶詰オシ。オーナーはよほどのマニアなのだろう。

 

ほかにも市内を回ったが、城のふもとや聖堂の近くなど、さまざまな場所に缶詰専門店があった。

やはりリスボンでは缶詰を観光資源にしているらしい。

「ほかの街ではどんな様子だろう?」と僕。

「これからポルトへ移動します。そこでも専門店やバーがあるならすごいことですね」と伊藤氏。

「もしそうなら、国を挙げて缶詰をオススメしていることになるなァ」

 

...ということで、次に向かったのはポルト。

ポルトワインの産地として知られており、風光明媚で、とくに女性に人気が高い街だという。

しかしこちらはおじさん2人組。明媚な風光より缶光であります。

このあと「現存する世界最古の缶詰メーカー」を誇る「Ramirez(ラミレス)」の本社工場を取材するのだ!


続く!

 

コメント

ポルトガル缶詰旅 その1

2018-09-09 12:08:17 | 缶詰旅行

ポルトの缶詰メーカー「PINHAIS & CIA」にて。この笑顔を見てほしい!

 

読者諸賢よ!

筆者はこの夏、ポルトガルへ行ってきた。むろん缶詰の取材であります。

実は、これまで様々な人から言われてきたのだ。

 

「ポルトガルは世界一の缶詰大国だよ」

「缶詰バーがたくさんあるよ」

「缶詰博士のくせにまだ行ってないの?」

 

ここまで言われたら是非もない。行かねばならぬ、なりませぬ。

 

羽田からイギリス・ヒースローを経由し、ポルトガルの首都リスボンへ。乗り継ぎの待合時間を含めると何と19時間という長旅である。

同行したのは2013年のモルディブ行でも一緒だった伊藤氏。

彼はモルディブ行の後で独立し、今は三幸貿易という輸入会社の社長になっている。今回の旅も、ポルトガルの缶詰を扱う彼にコーディネートをお願いしたのだ。

「再びおじさん2人旅ですな」

「モルディブ行から5年も経ちましたね」

「お互いヤレてきましたな」

 

リスボンへ着いたのは深夜1時のこと。

おじさん2人は疲労困憊だが、頑張ってリベイラ市場近くにある「Sol e Pesca(ソル・エ・ペスカ)」へ向かった。

リスボンの缶詰バーでもっとも有名な店なのだ。

 

観光客で賑わう一角。これで深夜1時過ぎだ

 

ソル・エ・ペスカの中は暗かった。壁一面にポルトガル産の缶詰が並んでいる

 

バカリャウ(干し鱈)のパテ。パセリをのせてくれる

 

まずは白ワインをオーダーして、メニューを広げてみる。

魚の名前がずらっと並ぶが、基本的にはそれらすべてが缶詰。

今でこそ日本にも缶詰バーがあるが、その発祥はポルトガルかスペインだと思われる。

日本ではキワモノ扱いされる業態だが、こちらでは違う。缶詰が日常食として当たり前の土地だからだ。

 

バカリャウのオイル漬け。にんにくとパセリとチャイブが散らしてある

 

ここソル・エ・ペスカは海に近い。店内には釣り竿や浮きなどの釣り具が飾ってあって、ここがかつて漁村として栄えたことを教えてくれる。

さて、ポルトガルといえばバカリャウ。塩蔵した干し鱈を水で戻したもので、干し魚特有のうま味があり、この国ではとてもメジャーな食材だ。

そのバカリャウのパテが名物らしいので、真っ先に頼んでみる。

口に運ぶと、塩気は薄く、繊維質の身を噛んでいるとうまみがにじみ出る。

バカリャウを皮付きでオイル漬けにした缶詰も試したが、これも誠に美味だった。

皮が香ばしく、塩気はやや強い。

だから白ワインがくいくい進むんであります。

 

続く!

 

 

 

 

コメント

夢のコラボレーション! シーチキンコンビーフ登場

2018-08-05 16:16:03 | 総菜

読者諸賢よ!

本日8月6日にリリースされた新商品「シーチキンコンビーフ」を日本最速で実食紹介したい。

その名の通り、シーチキンとコンビーフがミックスされた、まったく新しい缶詰なのだ。

シーチキンははごろもフーズの商品で、コンビーフは国分の商品。

ゆえに両社のコラボレーションということになる。

あるいは、マグロと牛肉のコラボレーションともいえる。2年の月日をかけて開発したそうで、8月20日販売予定であります。

 

さあ開缶!

コンビーフの繊維の合間に、ツナの白っぽい身が見える。

配合割合は1:1である。

ツナと牛肉が、あくまで対等な関係なのである。

まずはひと口、いただいてみると、実に面白い。

今まで食べたことがないのに

「ま、ふたつ合わせればこういう味になるだろうな...」

という、至極当然の味がする。噛んでいるうちに脂をともなったうまみが広がり、それが素朴だけど重層的で美味しい。

缶所は香り。香りがすごくいい。ツナの魚臭さとコンビーフの牛臭さが、互いに打ち消し合ってる。

 

かくのごとし。日本最速の缶たんレシピ「シーコンのなめろう」であります。

ねぎ、しょうが、炒り白ごまをシーコン(シーチキンコンビーフ)に混ぜこんで、大葉に乗せただけ。

大葉でくるんで食べてみると、実にウマい。ビールにもサワーにも合いそうですぞ。

 

 

内容量:80g

原材料名:コンビーフ(牛肉、牛脂、その他(ゼラチン含む))、まぐろ油漬(きはだまぐろ、大豆油、その他)、大豆油 / 調味料(アミノ酸等)、カゼインNa(乳由来)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)

原産国:日本(販売:国分グループ本社) 

参考価格:税別360円(限定販売予定)

 

 

 

コメント

さばの語源は...

2018-07-01 09:21:17 | 日記

とか...

 

とも言われております。

コメント

こだわりの牛しぐれ

2018-06-19 12:47:31 | 

今日はひさしぶりにご当地缶詰をご紹介。

こけしブランドの「こだわりの牛しぐれ そぼろ風」であります。

こけしは新潟県魚沼市にあるホリカフーズのオリジナルブランド。マニアな方ならこけしのコンビーフをご存じだと思う。

ホリカフーズは日本でも数少ないコンビーフメーカーのひとつだ。

 

 

開缶!

見た目は確かに牛しぐれ煮。思ったより肉が粗ほぐし。

汁気がほとんどないのが嬉しい。つまり中身はほぼ肉、であります。

肉の合間に見えるのは国産生姜の細切りだ。けっこうな量が入っているようだ。

 

かくのごとし。こうしてご飯に乗っけるのが正解だと思う。

では、失敬しましてひと口...。

肉の食感が独特で、しっとりしてる。いい意味で汁気がないのだ。あくまでも全域しっとり。

味付けは割と甘い。それでいて塩辛さはあまりない。つまり甘くて優しい味。

それとは別に、全体に甘い香りが加わっている。生姜の香りには違いないけど、あの生姜のとがった風味とは違う。

なんだかふわーっと甘い香りがしてるのだ。

おそらく、牛肉や生姜などの材料が加熱されて出た香りがミックスされた結果だと思う。

 

缶が小さめで内容量55g。ちょうど食べきりサイズでありました。

 

 

内容量:50g

原材料名:牛肉、しょうが、砂糖、しょうゆ / 調味料(アミノ酸等)

原産国:日本(新潟県魚沼市・ホリカフーズ) 

参考価格:280円

※ネットショップやスーパー、ドラッグストアで購入可

 

 

コメント