恥ずかしい歴史教科書を作らせない会

改憲で「戦争する国」、教基法改定で「戦争する人」づくりが進められる今の政治が
将来「恥ずかしい歴史」にならぬように…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私はあきらめません

2006年11月16日 | 教育基本法・教科書
教育基本法改正案、衆院で可決

15日の委員会採決、16日の本会議採決と、与党は単独でこれを行い、衆議院を通過させました。

 その与党が、野党の採決欠席や、審議拒否を批判していますが、極めて「的外れ」です。

 圧倒的多数の国民の声は「慎重に審議を」「時間をかけて議論を」というものでした。
 その国民の声に応えて、より徹底した審議を主張した野党に対して、その「徹底審議」を「拒否」して採決に持ち込んだのは与党のほうです。
 御用メディアや評論家の皆さんは、野党に「審議復帰」させようと野党側への攻撃を強めるでしょうが、私はだまされません。

 衆議院通過は大変残念ですが、落胆している暇はありませんし、まだ終わったわけでもありません。

 国会では、野党がしっかりと共闘を組み「徹底抗戦」の構えです。
 国民の声に応えた野党を、参議院でも激励し、法案や審議などの問題点を明らかにしていきながら、法案の廃案を目ざして、力を尽くしていきたいと思います。

 私は一人の父親です。子どもたちに対して責任があります。
 私は現在の国民です。将来の国民に対して責任があります。

 大切な子どもたちの「心」や「命」に関わる問題を、あきらめるわけにはいきません。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 安倍総理大臣への手紙 | トップ | 中学生を脅す「愛国者」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育基本法・教科書」カテゴリの最新記事