恥ずかしい歴史教科書を作らせない会

改憲で「戦争する国」、教基法改定で「戦争する人」づくりが進められる今の政治が
将来「恥ずかしい歴史」にならぬように…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中学生を脅す「愛国者」

2006年11月18日 | 憲法
■ 生徒たちからの「意見書」

 教育基本法(政府)案は衆議院での委員会採決、本会議採決を、与党が単独で強行し、17日にも与党単独で参議院に付託されました。
 このような慌ただしい動きのなか、札幌市の中学生たちが、自分たちで勉強して「国民に愛国心を強制するものだ」という結論に達し、安倍首相へ「意見書」を送りました。

 「安倍総理は本当に私たちの将来のことを考えてくれていますか?」
 「国を愛する心は人それぞれが自分から思うものであって、おしつけられるものではない」
 「返答をください」
 そこには、「おしつけられる」対象である生徒たちの、切実なメッセージが綴られていました。

■ 生徒や学校を、恐怖に陥れた「愛国」メール

 これが地元紙(北海道新聞)で報じられ、地元テレビ局(札幌テレビ放送)が生徒たちへの取材を申し入れ、学校も受け入れました。しかし取材の当日、学校側はテレビ局に「匿名」という条件を付けました。
 実はこの「意見書」に対して、強い口調で抗議するメールが送り付けられていたのです。

 「今回中学生が安倍総理に送った意見書は一体何だ。お前ら学校は一体どんな教育をしているのか?日本人が日本を愛する心を持つのは当然であり、その様な・・・」

 そのテレビ局のサイトの動画から読み取れるメールの内容はこの冒頭部分だけでしたが、このような「脅迫」めいた文書が送りつけられた以上、学校が「生徒たちの身に危険が及ぶのではないか」と配慮したのです。

 「愛国者」が教育現場、そして生徒たちを、恐怖に陥れたのです。

■ 「愛国心」とはこんな卑劣な「心」か

 ニュースキャスターは、ニュースの中でこう語りました。

 「愛国心とは、こんな卑劣な心なのでしょうか。」
 「愛国心の強制」どころか、「言論の自由」さえも封殺しようという大人の行為に、15歳の心は深く傷つきました。」
 「法案についての「賛成」「反対」があるのは当然だと思います。15歳の彼女たちは自分たちで考えて、著名もつけて安倍総理に反対の意思を表明しました。ところが、それを知った一部の大人は「匿名」で彼女たちを批判した。あまりにも卑劣ではないでしょうか。」

 卑劣な「愛国者」と、自ら名前を明らかにして思いを伝えようとした生徒たち。
 皆さんはどちらの側に付きますか。どちらを「尊重したい」と考えますか。

■ 「動かないとこのまま」

 インタビューの中で、一人の女子生徒が、こう語ってくれました。
 
 「反対の人は『もうしょうがないな』ってなってるから・・・。『動かないとこのまま』ですよね。」

 私たち大人が「もうしょうがないな」とあきらめている場合ではありません。
 正に「動かないとこのまま」です。

 「愛国心の強制」につながる教育基本法改定に、不安や恐怖感を抱く子どもたちは、この学校の生徒だけだと言い切れるでしょうか。

 また、子どもたちを、今回の「愛国者」のような行動を取る人間に育てたいと思われますか。

 私たち大人は、今回声を上げてくれたこの生徒たちの勇気を、絶対に「見殺し」にするわけにはいかないと思います。

コメント (14)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 私はあきらめません | トップ | 勇気 »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あきらめないぞ。 (ぶっさん@高知)
2006-11-19 07:34:45
はじめまして。
村野瀬さんのところ経由でうかがいました。
高知在住、ぶっさんと申します。

北海道の地元テレビ局、まっとうなことを言っていますね。

僕もあきらめません。
あきらめない (imacoco)
2006-11-19 10:27:52
同じく!
ありがとうございます (goo-needs)
2006-11-19 10:34:27
ぶっさん@高知 様

こちらこそはじめまして。
コメントをお寄せ頂き、有難うございます。
そして「僕もあきらめません」とのメッセージ、とても心強く思います。
ともに頑張りましょう。
今後とも宜しくお願い致します。

goo-needsより

自称愛国者はクソ、この中学生こそ愛国者だ (motomichi)
2006-11-19 18:28:15
・・・と、思いました。
私もそう思います (goo-needs)
2006-11-19 22:40:04
motomichi 様

 私もそう思います。
 もう一人の中学生は、こう語っていました。

 「自分の国を大切に思うのはいいことだと思うけど、それを、そういう基本法とかに入れると、間違った方向に進んでいくんじゃないかなって思って…」

 自分の住む国を「間違った方向」に進ませないことも大切な「愛情」の一つだと思います。

goo-needsより
はじめまして! (Combattler-V)
2006-11-20 00:53:05
村野瀬さんのところから飛んできましたCombattler-Vと言います。

一部を拙ブログで引用させていただきました。事後承諾ですみませんm(_ _"m)ペコリ

わたしも諦めません! 今後もよろしくお願いしますm(_ _"m)ペコリ
すみません… (Combattler-V)
2006-11-20 00:55:44
拙ブログのURLを張っていませんでした。改めまして、よろしくお願いしますm(_ _"m)ペコリ
感謝申し上げます (goo-needs)
2006-11-20 01:25:08
Combattler-V 様

 こちらこそはじめまして。
 ご訪問頂いただけでも感謝しなければなりませんのに、リンクもコメントも頂き、本当に有難うございます。
 貴ブログの記事を拝読しました。素晴らしい記事ばかりです。
 このような方から「わたしも諦めません!」というご決意を頂き、本当に心強い限りです。
 ともに頑張りましょう。
 今後とも宜しくお願い致します。

goo-needsより
 
この中学生を応援したい (つくい)
2006-11-21 07:43:58
彼らは,とても良いことをしたので,ほめてほめてほめちぎりたいです。
しょうもない非難の声をかき消すほど,応援とエールを送ることで,彼らの「良い姿勢」をさらに伸ばしてあげたいです。
私もそう思います (goo-needs)
2006-11-21 22:33:18
つくい様

コメントをお寄せ頂き有難うございます。
私もこの生徒さんたちを讃えたいと思います。
社会問題に関心を持ち、しっかりと我がこととして捉え、主体的に意見表明という社会参加を行った、本当に立派な姿勢だと思います。

それをあたたかく見守った先生方も立派でした。
私もこのような大人でありたいと思います。

goo-needsより

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

憲法」カテゴリの最新記事