ギロログ

カズーぶら下げ8弦のウクレレをジャカジャカ鳴らし、たらすなサンは今日もどこかで唄っております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2012を振り返る

2012-12-31 22:02:29 | Weblog
はい、2012年も終わりです。たらすなさんにとっては、楽しく愉快なことが沢山あったハッピーな一年でした。

1月には、淳部屋で「たらすな祭」をやってもらった。自分の曲を他の人が歌うとこうなるのか、と眼から鱗だった。そして悪友デイジー☆どぶゆき氏と黄昏小劇場。いやー、衝撃やったわぁ。20枚以上ピック投げたぜぃ、がっはっはっ!(^O^)

2月前半には、サンセットで「たらすなオーケストラ(1回目)」ウクレレきらいを大勢で弾いて楽しむ、しかもステージではなく客席の通路で弾くという「たらすなさんスタイル」をオケメンバーにも味わってもらった。ゆめっこと初めて一緒に音楽で遊んだのもこの時だ。そして後半フレイムハウス(画廊喫茶のほう)で「森元暢之漫画家的生活三十周年記念余興」お客さんが会場に入りきれずフレイムハウスの床が抜けてしまい、その煽りで下の中華料理屋が店をたたんだといういわくつきのイベントだった。

3月には作戦を沢山練った。

4月にはフレイムハウス(ギャラリー&カフェバーの方)で3人のくせ者とコラボ。Ryongさんfrom水戸、Mr.B from英国、まいたけさんfrom群馬と色とりどりでバラエティーに富んだ4月のフレイムハウスをプロデュース。

5月には、前月から引き続いて、まいたけさんの騒音ウクレレ関西ツアーにご一緒させてもらい、翌週にはフレイムハウスの猫展で「絵の無い紙芝居」を披露。また、隊長の大切な友人である巻きタブくんが文香さんと屋台、もとい所帯を持つお披露目パーリィーに乱入し悪友どぶゆきと共にNGワード連発の乱痴気騒ぎを繰り広げた。その翌日には安曇野の素晴らしい自然をマンキツ!マンキツといってもマンガ喫茶じゃないぞ、満喫だぞ!

6月は、パブデッシャロで第三土曜恒例たらすな会の他に森元落語会を開催。空堀インディーズ落語の急先鋒である目月亭から二人の刺客を相手に熱い夜を繰り広げた。隊長企画のイベントでパブデッシャロが満席になったのを久しぶりに見たぞ。後半には、東京~水戸~横浜を回る関東ツアー。持って行ったCDが完売。悪友どぶちゃん、ワンダーホリックまのす姐さん、彦六の織田嶋さん、202のRyongさん、レレサポ隊の皆さん他、沢山の方々に助けられて涙ちょちょ切れた雨の関東だった。

7月には、フレイムハウス恒例「反省しない犬達」5月に屋台を持った巻きタブ夫妻がお忍びでやってきててビックリシャックリだった。本町にカニカピラがオープンしたのも7月、ゆめっこが市民プールデビューしたのも7月だ。

8月には、恒例パブデッシャロたらすな会と久しぶりの5th streetブッキングライブ。両極端なハコで如何に自分らしくやるかをテーマにじっくり考える時間をとった夏だった。

9月は、淳部屋での新しい試み「レレ曜日」、ウクレレジャンボリーでのたらすなオーケストラ(2回目)のリハ、サウンドメッセの海のステージ動画エントリー(落選!)そしてパブデッシャロでライヴやってる面々集めてフレイムハウスでライヴする企画「フレイムハウスはええデッシャロ」、んでもちろん「たらすな会」と盛り沢山!

10月は、たらすな会も末広がりの88回目、たらすなオーケストラのリハも2回目で総勢20人以上の大所帯に!後半にはデイジー☆どぶゆきのプチ関西ツアーとウクレレジャンボリー本番!これが盛り上がったんだわ、予想を超えるノリやったねー、ほんま♪次からハードルがぐんと上がったよ(^O^)/

11月は、森元さん30周年イベントも大詰め、ムジカジャポニカで開催のゲストなんと「ふちがみとふなと」だぁ!!!こちらも新作アリ定番作アリ問題作アリの濃い夜でした。ふちがみさん、ふなとさん、遊んでくれて本当にありがとうございました♪

で、12月。息切れ直前の紙芝居コンビは、くノ一と人間国宝の力を借りて最後の大仕事。西村猫町で森元さん30周年記念イベントを無事走り抜くことができました。この日のギターは冴えに冴えまくっていたぜ(手前味噌の自画自賛)♪そしてフレイムハウスの自画像展パーリィーでは本町靭姐さんに森元紙芝居を読んでもらうという掟破りの逆サソリ!で、たらすな会は90回を数え楽しい楽しいイベント尽くしの2012年おしまい!

さぁ、あと数時間で2013年です。何が待ち構えているのか?ドンとこんかい、やったるでぇ!(^O^)/
コメント

たまには間違い電話もいいもんだ

2012-12-25 11:05:28 | Weblog
今朝、間違い電話があった。最近会ってない古い友達、ガキんちょの頃に組んでたバンドでベース弾いてたアイツからだった。
出てみると受話器の向こうで◎▲☆※□・・・と訳のわからぬ声、というか気配だけが伝わってきた。

2分ほど黙って付き合ってみたが状態が変わらなかったので一旦切って、「なんかあったか?」とメールしてみた。すると「すまん、スマホの誤動作や」と返事が返ってきた。ま、そんな事やろなと思いつつも、メールが届いて少し嬉しかった。

隊長には、エレキギターブームが来ている。何年か周期の大きなやつで、今楽器屋に行くと絶対ヤバい。レスポール一本お持ち帰り!というくらい心の中で一人盛り上がっている。で、昔やってたバンドの事も思い出したりしてたから、元気そうな(いや、相変わらずやな)アイツの顔を見れた感じがして嬉しかったのだ。

こんな間違い電話ならたまにはいいもんだネ♪
コメント

今年最後のたらすな会

2012-12-11 08:35:15 | Weblog
空堀界隈で一番人気を誇る小さな洋風居酒屋「パブデッシャロ」。そこから毎月お送りしている「たらすな会」、今年ラストも第三土曜日にゆる~く唄いますよん♪

第90回たらすな会
12月15日(土)
19時30分頃スタート♪
ノーチャージ♪
マイク無しの完全生ライブ♪

少し変わったウクレレ使ってオリジナルソングを唄いますよ♪(^_^)
クリスマスシーズンでイベント目白押しの時期ですが、興味とお時間のある方は是非!


空堀界隈でナンバーワンのお店「パブデッシャロ」
大阪市中央区瓦屋町1ー2ー13
TEL:06-6763-2339
http://www.dessharo.co.jp/pab.htm
mail:info@dessharo.co.jp
コメント (1)

今年の紙芝居しゅ~りょ~

2012-12-10 14:14:49 | Weblog
昨夜、フレイムハウスで開かれた「自画像展」オープニングパーティー。自画像と一口に言っても色んなアプローチがあるんだな、と感心しましたよ、隊長は。
自分で自分を表現するならどう描こうかな。いや、絵でなく「自画像」という曲を作るのも手だな。ウクレレに描くのも隊長らしいか。考えていると楽しくなるね。

そんな楽しい作品が並ぶ店内で今年最後の紙芝居をやりましたよ。しかも最後の最後に新作ときたもんだ、森元さんたらっ!
書き下ろし、漫画の紙芝居化問わず新しい紙芝居作品をやったのは、ここ数年では今年が最多。逆に締め切りに間に合わず紙芝居を持って来なかったイベントもありました。そのどちらもフレイムハウスが現場だったのがまた縁ですな。来年もフレイムハウスには何かとお世話になりそうです。。。

さて、昨夜は趣向を変えて「恋はお好みに」を本町靭姐さんに読んでもらいましたよ。今までに何度も観てもらってるので筋は頭の中に刷り込まれているようでしたが、抑揚や読む速さなど表現方法は森元さんとは全く違うのが面白かったです。音楽も変えたら、、、と考えていたのですが、直前に「あえていつもと同じ感じにしてみて変化を楽しもう」と思い、あのような仕上がりになりました。

逆に靭作品を森元さんが読むというのもやりましたが、残念ながらゆめっこ連れだったので途中で離脱。あ~、観たかったなぁ。


という事で例年に無く色々あった紙芝居ですが、来年もゆる~くだらだらと反省せずにやっていきますので、皆々様ヨロシクお願いしマンモス♪(^O^)/
コメント

しゅーねん

2012-12-05 18:35:06 | Weblog
西村猫町で12月1日に催した「夜のおめもじ会」で紙芝居の相方である森元暢之さんの漫画家デビュー30周年記念余興は、めでたく終了~。初めて森元作品を体験するお客さんも多く、時間もたっぷり取らせてもらい、朗読も演奏も手前味噌ではあるが満足できたので充実した内容で締め括れたなーと思う。
といいながら、番外編的な位置付けで12月9日にフレイムハウス「自画像展」オープニングパーティーで紙芝居やるから、それで打ち止めデス♪
今年はいっぱい紙芝居やったなー。

さて、そんな30周年祭が終わった森元さんですが、来年は紙芝居のコンビを組んで10周年なのです。ま、特別なにかやるかという事はなく淡々と例年通りな感じだと思いますが、まぁ一つの区切りという事で。
あ、10周年記念で紙芝居をまったくやらない一年というのはどうだろうか(笑)

ま、ビートルズもローリングストーンズも50周年で盛り上がっているし、とりあえず周年はオメデタイというで何かスペシャルを考えましょうかねぇ(^_^)

周年といえば、ユーミンがデビュー40周年なんやね、今年。40周年記念ベストアルバムがよく出来ている。今まで何回かベストアルバムを発売してたのは何だったんだ?と言いたくなるくらい良く出来ている、と思う。なんでこの曲がここ?というのも入ってるが、まぁ聴きやすい順番で並んでる、と思う。これをきっかけに有能な作曲家作詞家として再評価されるのではないだろうか、と思う。大御所だからという扱いだけでなくてね。
なーに偉そうなこといってんだ、隊長!(笑)
コメント

やっぱりエフェクターが好きだっ!

2012-12-03 21:21:13 | Weblog
紙芝居でギターを弾くとき、隊長の足元にはエフェクターがたくさん並ぶのだ。基本的に本当にいらなくなったもの以外は手放さない性格(大切なのをあげた事実は一度だけ有り)なので過去に買った物は殆ど手元に置いてある。ペダルワウ、フェイザー、フランジャー、ディレイ、リバーブ、トレモロ、ファズ、オーバードライブ、コーラス、ハーモナイザー、ルーパー、Eーbow、ルーパーなどなど。なぜかディストーションは持ってないな。鼻たれギターキッズの頃から少ない小遣いを投資してきたそれらをその日の気分によって鞄に詰めて会場に向かう。だから、もう重くて大変!

一時期は荷物を減らそうとマルチエフェクターを導入したこともあったが、リアルタイムな操作性があと一歩で、思った瞬間に直感的にツマミをいじりたい時はストレスを感じ、だんだんマルチとしての登場は少なくなり特徴的な音色のみ採用した単体モノとして使い続けている。

だが、こないだ買ったZOOMのMSー50Gというやつは少し違う。55種類のエフェクターが一体化されたマルチエフェクターなのだがサイズがコンパクトエフェクターと同じくらい。操作性も悪くない。頑丈な作りでしっかりしており、デザインも70年代の超合金ぽくてお気に入りの一品に仲間入りだ(写真に写ってる銀色のやつね)!

しかしこのMSー50G、画期的で便利だけど、やはり惜しい!
搭載されているエフェクターは、現存する代表的な機種がモデリングされた音色が多いから、いくつかを置き換えて使えると思っていたけど、本物を持っていると圧倒的な差を感じてしまう。音はいいけど他の面で。
例えばアナログディレイ。アナログディレイに求められる効果(なんと発振するところまで!)機能として作りこまれているけど操作感がイマイチ。いや、イマイチでなく好みではないというべきか。隊長はMXRのCARBON COPYを愛用しているのだが、ある種のエグさや発振するギリギリのヤバさはCARBON COPYのが好き。そもそもCARBON COPYがモデリングされてはいないのだろうけど。
例えばフェイザー。MXR直系の機種が元のはずだが、隊長の持っている90とは違う。具体的に言うと振り幅が広くて多彩すぎ。そのくせエグさが足りない。いや、隊長好みではない。
要は、お気に入りの実機を持っているならば代替品はいらない。「やっぱり隊長は本物が好きだ」ということ。当たり前か。ツマミの回し具合と直結したエフェクトの効き具合、直感的なインターフェースまではマルチは真似できるはずはなく、またマルチにそれを求めてはいけないのだね。
だからMSー50Gには「今あるものの代わりに現場へ持ち出してエフェクターの数を減らす」効果がまったく無いわけで、鞄は重くなるばかり。
でもいいのだ。マルチに限らずZOOMの出す商品は隊長の琴線に触れる魅力があるものが多い。だから今足元にMSー50Gがあるのだなー♪

あ、ZOOMで音以外に隊長好みなのは、四角い9Vでなく単三電池が使える商品が多いってところ。昔から。これ大事だね。eneloop超大好きな隊長には大きなポイント。9Vタイプの四角い形のeneloopが開発されたらいいのになぁ♪

けど色々選ぶ時の基準は今でもBOSSなんだよなー。形や質感、スイッチの頑丈さ、電池の交換しやすさ、トゥルーバイパス神話にも揺るがない一貫した開発コンセプト。一度廃番になった機種は二度と再生しないという頑固さ(モデリングでバンバン偽物を復活させているけど)。やっぱりBOSSって絶対的な安心感があるから好きだ!最初に買ったエフェクターはSDー1だ!初マルチもBOSSだった!どっちもノイズが酷くなって使えなくなったけど下取り額は良かったナ。素敵なヘッドフォンアンプも持ってたゾ。それにはコーラスも着いていて夜中に大活躍だった、、、そういやアレどこいったかな?
コメント