ギロログ

カズーぶら下げ8弦のウクレレをジャカジャカ鳴らし、たらすなサンは今日もどこかで唄っております。

さらば不滅の男

2017-10-25 22:32:04 | Weblog
この体中から力が抜けていく感じ、久しぶりだ。
忌野清志郎や石田長生の訃報を知った時と同じくらいのインパクト、ダメージ、虚無感、喪失感。

不滅の男、遠藤賢司が逝った。

東京ワッショイ、夜汽車のブルース、満足できるかな、外は雨だよ、カレーライス、不滅の男、夢よ叫べ

彼の作品は勿論、音楽に対する真摯な姿勢や生きざまに受けた影響は計り知れない。

先日(10/19)大阪で行われるはずのコンサートが中止になったとき胸騒ぎがした。でもまさかこんなに早く逝ってしまうなんて。

純音楽家遠藤賢司は、70歳で旅立った。

安らかに眠れ、エンケン!
ありがとう、エンケン!
コメント

クンタッチ

2017-10-24 18:22:05 | Weblog
ランボルギーニ・カウンタックは70年代後半にスーパーカー・ブームを体験した年代には夢のマシン。クーペっぽい、かっこいいけど現実的でやもすると地味な感じもするフェラーリに比べて、未来からやってきたスペシャル感は圧倒的にカウンタックの方が上だった。
そう、スーパーカー・ブームはカウンタック・ブームといっても過言ではない、と言い切ってしまおう。

そんな「カウンタック」は、イタリアでは「クンタッチ」と発音する。クンタッチとはトリノ地方郊外の方言で、虚をつかれて驚いた時に発してしまう「ウワー!」みたいな感じの感嘆の言葉。カウンタック開発当時にベルトーネがスタジオが手一杯だったためトリノの田舎の納屋で最終の仕上げをしていたところ、住民に目撃されて彼らが「ゥワッチャ〜(クンタ〜ッチ!)」と叫んだことから名前が決まったそうな。今ならさしずめ「ヤバイ」か。


「ランボルギーニ・ヤバイ」悪くないかも(笑)
コメント

1021はVol.145 ♪

2017-10-16 15:46:10 | Weblog
ウクレレジャンボリーの後に控えておりますイベントはぁ〜?

そう、たらすな会です。今月の第三土曜もパプデッシャロ恒例たらすな会やりますよ。

10月21日の第145回目の夜も、いつも通り19時過ぎから唄いはじめま〜す♪
8弦ウクレレ「たらっパチ」をポロポロ奏でて、陽気に暢気に変な自作唄の数々をお届けします。

50になって最初のたらすな会。今までと変わらずゆる〜く唄います。お楽しみに!


「たらすな会」は、空堀界隈で顧客満足度No.1の名店パプデッシャロで第三土曜日に絶賛開催中。

ミュージックチャージはゼロ円。その分お店の美味いお料理とお酒をガンガンとオーダーしてくだされ!
ワタシと一緒に唄って騒いであたたたたかな夜にしますよぉ♪(^O^)/

お時間と興味がある酔狂な方は是非♪(^_^)


パブデッシャロ
大阪市中央区瓦屋町1-2-13
TEL:06-6763-2339
http://www.dessharo.co.jp/
ブログ→ http://dessharo.blog2.fc2.com/
ツイッター→ https://twitter.com/Dessharo
facebook→ http://www.facebook.com/#!/pages/Dessharo/446758218692862
コメント

ウクレレジャンボリー2017

2017-10-15 23:15:35 | Weblog
今回のウクレレジャンボリーは新鮮だったなぁ。第一回が雨のため屋内開催だったというのもあってか所々5年前とかぶって、そういう意味でも面白かった。



出演者がたくさんでスケジュールはタイトだったけど、客席が近く今までで一番一体感があった。声援に野次、コールアンドレスポンスも賑やかで、盛り上がりも熱気も緊張感もごちゃ混ぜでなんせ面白かったなぁ。


実は昨年でジャンボリーの灯は消えると思っていた。主催の運営がいい加減で、それでウクレレラバーズの心も離れてしまったと感じていた。しかし今回の顛末を一部始終見て、参加者に愛されるイベントは主催者だけで形にできるものではなく、みんな(運営スタッフ、お客さん、出演者など)で作り上げられるものだという事を改めて理解した。そして、作り上げるみんなの想いを裏切らないことが主催者の使命なんだと。

さぁさが主催に戻ると宣言してから色んな事がぐんぐん進み、正直なところイベント当日までエネルギーが持つんだろうかと心配もしたが、みんなの期待を裏切らずにさぁさは走り抜けてくれました。勿論、それも彼女を支えたスタッフの方々がいたからこそ。本当にいいチームなんだと羨ましくなるなぁ。



我々たらすなオーケストラもその上に乗っかって練習から本番まで楽しませてもらいました。暗譜という高いハードルを克服し、お客さんに楽しんでもらうというテーマを見事に体現してくれました。毎年参加してくれている人、初参加の人、メンバーは回によって様々だが、終わった後に良い表情してもらえると「今年もやらせてもらって本当に良かったな」とありがたく思う。オーケストラも参加してくれる人達が作り上げるものだから。僕はマイク持って騒いでいるだけで、みんながいなければ何も進まない。これは東軍どぶゆきオーケストラも同じに違いない、きっと。
一緒に遊んでくれたオーケストラメンバー、そして演奏をカラフルにサポートしてくれたウクレレスイングトリオのベーシスト高畠さん、ウォッシュボードで小気味良いリズムを刻んでくれたのいのまっくすさん、ほんと感謝します。ありがとう!



さぁさ、楽しい祭を復活させてくれてありがとう。
オーケストラで遊ばせてくれてありがとう!



あ、またオーケストラメンバーと集合写真を撮り忘れたよ。
千社札も渡せてないし、、、あかんなぁ〜
コメント

50代最初のライブはナント!

2017-10-10 14:13:18 | Weblog
50代突入のファーストリブが憧れのアーティストとの共演だなんて、こりゃ幸先がいい!

エリカツノリィのelliさんとのデュエットだぜぇ~☆しかも拙曲「ワタシあなたのウクレレきらい」を歌ってくれる!えっへっへ、いいだろう(^-^)

5th Streetで開催された、エリカツノリィの10月恒例イベント「ウクレレ・オクトーバー」の1コーナーで、elliさんと僕の他に、カツさんはいのまっくすさん、ノリィさんは白浜あすかさんと演奏。それぞれにカラーが違っていて、エリカツノリィ目当てのお客さんにも充分楽しんでもらえる内容になったのではないだろうか(3人とも自画自賛)。



もう嬉しくてうれしくて、リハからずっとニヤニヤ。本番もステージ上でずっとニヤニヤ。「いつもと違う!」と突っ込まれても「ハイ、そうです」と素直に認めます。隠しません。だって嬉しいんだも~ん。歌声にトロけまくってしましましたとさ。

大勢のお客さんを巻き込んでの打ち上げも盛大に盛り上がり、その後にいのまっくす&あすかと共に居残って、エリカツノリィと楽しい悪だくみ。この詳細はまた後日。

あ~、楽しい1日だった!
コメント

次のステージに上がりました

2017-10-05 14:06:25 | Weblog


本日、50歳の誕生日を無事迎えることが出来ました。

紆余曲折は人並みに。
幸せに感じる毎日も人並みに。
心に秘めた大いなる野望と小さな積み重ねも人並みに。
沢山の友人、仲間に囲まれておっさんの域に達しました。
お父さん、お母さん、ありがとう。

さぁ、これからやで!
コメント