ギロログ

カズーぶら下げ8弦のウクレレをジャカジャカ鳴らし、たらすなサンは今日もどこかで唄っております。

キャラクタービジネス

2015-02-26 17:30:00 | Weblog
今ジョージアの缶コーヒーを買えばキン肉マンの缶キャップが当たるらしい。キン肉マンて何十年前のキャラだ?缶コーヒーのキャップなんて欲しい人どれくらいいるのかな?

当たれば大きいキャラクタービジネス。

旬が過ぎても「懐かしの」やら「復活!」なんて何度も出てきては金に化ける。


そんなに甘い世界では無いのだろうが、特に下手ウマ系のキャラクターを見ていると、やはり甘いんやろうなと思う。センスとかの問題じゃなくて、運が良いか悪いか、と。

森元さんのチュー星人も一部では凄い人気があるんやから、ここらでドカーンと一発当たればええのになぁ。

※チュー星人は漫画家の森元暢之さんが描いているオリジナルキャラクターです♪
コメント

映画の本編前の予告って大嫌い

2015-02-26 08:59:34 | Weblog
映画の本編前の予告って大嫌い。見たい作品だけ上映したらいいのにっていつも思う。

たいてい20分くらい色々流して、最後にビデオカメラが頭についたキャラクターが出て「ストップ!」てヤツで締めのパターン。うっとうしい。

レイトショーで終演時間が終電近くの場合なんて最後の方は時間が気になる事もたまにある。早く始めて早く映画館を出れるほうがありがたい。

最近は映画予告だけやなくてネットのネタ投稿サイトと連動したコンテンツとかも流すからイライラ度も上がる。

予告なんてテレビやネットで好きな時に見れる時代なんやから押し付けくんなって。テレビもあんまり見ないしネットでもよほどのことが無いかぎり映画の予告なんて見ないけど。映画館離れが深刻な現状の原因の一つになってるんとちゃうんかな。

こう思ってるのは私だけ~?

そんなに文句言うなら本編ぎりぎりに入ればええやないか、と。確かに。これからそうする。
コメント

ピエゾの音も使い様

2015-02-20 22:02:31 | Weblog
Adrian Leggてギタリストが大好きなんですわ。

すごいフィンガーピッカーのおじさんで、もうホント超絶。過去にヴァイと一緒にサトリアーニのG3コンサートにも出たりして、ヘビィミュージック畑の速弾きギタリストも一目おくくらいの超絶。まぁ、カントリー畑のフィンガーピッカーて基本的にテクニシャンが多いけど、その中でもズバ抜けた存在なのではないかなと思う。しかし、見た目が地味だからか、なぜか日本での知名度が高くなくて知る人ぞ知る(もちろん多くのフィンガーピッカーの皆さんは知ってますな?)どちらかと言えばミュージシャンズ・ミュージシャン。

Leggのトレードマークは、今はオリジナルデザインのエレキギターやんなけど数年前まではアダマス。アダマスをベースにしたシグネチャーモデルがあったくらいだから当時のオベーションにとっては凄い広告塔の一人だったはず。
まだ20代やったある日、そのシグネチャーモデルが梅田ナカイ楽器のショーウインドーに飾ってるのを見つけてねー。バンジョー用のキースチューナーが各弦に付いていて、弾きながらバンバン音程を変えていけるらしい。なんとも凄いぜLegg!凄いぜアダマス!見つけた時が買い時、なんとしてもその音を聴きたかったから即買いましたぜ!!!あ、AdamsじゃなくてLeggのベスト盤と当時の最新アルバムをね(笑)

聴いてみたらドンシャリ周波滞に特徴がある、所謂オベーション・アダマス族独特のピエゾの音に空間系のエフェクトを多数効かせた、それまでに聴いたことが無い、透明度の高い音だった。純なアコースティックギターの音でも無く、タカミネ系カリカリピエゾの音でも無く、マイケル・ヘッジスの様なマグネティックピックアップとミックスした音でも無く、、、衝撃的体験だったのを覚えている。しかも音数が多いから何しているかわからないし。すぐに奏法分析するのを諦めました(笑)

最近ランダムに音楽再生しているとLeggの音源を聴く回数がやけに多い。改めて聴いてみるとピエゾの音が嫌いな人達には我慢しがたい音なんやろうなと思う。しかし、当時の機材の音というよりも、今彼が使っているエレキギターに組み込まれているピエゾでも同様な音を鳴らしているので、結局はピエゾではなく彼の指が弾き出す音なんだろう。ピエゾの特性を熟知し味方につけ効果的に活用した、Leggのシグネチャーサウンド。素敵なピエゾサウンド。

そもそもアダマスてアコースティックギターのブリッジにピエゾを仕込む発想ではなく、全く新しい仕組みで仕上がった楽器のはず。アコースティックギターの音色をアンプやPAから出力しなくても構わなくて、アダマスの音が出せて世間に認知させる事が狙い。で、その目論みは大成功を納めたと。

そう考えると、ピエゾピックアップを仕込んだたらっパチの音は、ウクレレの音がしなくてもいいわけで。まだまだ改良の余地有りだな。無いのは腕前と予算だな(笑)
コメント

3月のイベント告知っす♪

2015-02-19 23:50:33 | ライブ活動

3月は、ほくぶ停に行くよ~。
南堀江のCorner Stone Barで紙芝居もやるよ~(^o^)/

3月7日(土)
「第117回たらすな会 3月は第1週ですよ~♪」
♪パブデッシャロ
 大阪市中央区瓦屋町1-2-13
 電話 06-6763-2339
♪開演 19時過ぎ

3月21日(土)
「たらすな&本町靭 二人会 〜ほらアホが来た〜」
♪ハワイアン喫茶 ほくぶ停
 愛知県西春日井郡豊山町字八反豊場54-1
 電話 0568-28-5505
♪開場 12時 開演 14時
 ※12時すぎに来たら公開リハが見れますよ(笑)
♪前売2500万円、当日2800万円、別途1オーダー必要です
 ※なんと予約するだけで300万円もお得!
♪出演
 たらすな(正統派)
 本町 靭(本格派)
 Monkey Uke せーいち(印象派)

3月29日(日)
「さえないオヤジの紙芝居コンビ VS オシドリ夫婦DUO」
♪Corner Stone Bar
 大阪市 西区南堀江2-13-26 2F
 (ライブハウスSocore Factoryの2階)
 http://csmusic.jp/bar/
♪開演 18時
♪出演
 森元暢之紙芝居一座(森元暢之&たらすな)
 おきあがりコボシ☆
♪投げ銭イベントです!
  http://ameblo.jp/koboyan/
コメント

さぁて、来週のたらすなサンはぁ~!

2015-02-15 22:48:35 | たらすな会

さぁ、次の土曜日(2月21日)は恒例たらすな会。

第116回目、唄って騒いであたたたたかな夜にしてみますよぉ♪(^O^)/
トレードマークの8弦ウクレレ「たらっパチ」もがっつり奏でます!
エレレレ学研もギャイーンとやりMAX!!!
変なウクレレ使いの変な唄うたいショー「たらすな会」は、
美人ママたーちゃんが切り盛りしている、空堀界隈で顧客満足度11年連続No.1の
パブデッシャロで19時頃からお届けします。

ミュージックチャージはゼロ円。
その分お店の美味いお料理とお酒をガンガンとオーダーしてくだされ!

お時間と興味がある酔狂な方は是非♪(^_^)

パブデッシャロ
大阪市中央区瓦屋町1-2-13
TEL:06-6763-2339
mail:info@dessharo.co.jp http://www.dessharo.co.jp/
ブログ→ http://dessharo.blog2.fc2.com/
ツイッター→ https://twitter.com/Dessharo
facebook→ http://www.facebook.com/#!/pages/Dessharo/446758218692862
コメント

繋いでは外し、入れ換えては繋ぎ♪

2015-02-14 16:28:53 | Weblog
前回(1/10の日記)は、BOSSのDIでスプリットしてドライ音とエフェクト音を別々に出せるように組んだけど、会場によっては回線数が少なかったりドライ音とのバランスを音響さんに任せることができない場合があったので今回は、BOSSのLS-2でミックスして1回線で出力できるように考えてみた。まぁ、小さな会場では、PAからエフェクト音だけ出してドライ音は生音である程度客席に届けることができるけど、ちょいとこだわってみた。あと、CarbonCopy(アナログディレイ)をマイクスタンドにセットして手動でキュインキュインいわすのもポイント!実用度はともかく、パズルみたいに色々やる作業が楽しいな♪(^_^)

ちなみに、たらっパチから
 →PureGainer(NeotenicSound)
 →PitchBlack(KORG)
 →LS-2(BOSS)のsend
 →V845 Wah(VOX)
 →Phase90(MXR)
 →RV-3(BOSS)
 →CarbonCopy(MXR)
 →LS-2のreturn
 →LS-2のoutputから出力
となっております。CarbonCopyのマイクスタンド設置がポイントとなっております♪

ところで、エフェクター業界の最近の流れにある「小型化」。9V電池も入らないくらい小さくてかわいいやつが沢山出てきている。軽いし持ち運びにも便利やから人気が出るのもわかる。たくさん繋ぐと重いからなぁ。
でも隊長的選択基準では電池駆動がデフォルトなので小さすぎるのは論外なのであーる。現場の電源環境に左右されずセッティングも楽。電池切れの緊急対応としてACアダプターも持っていくけど、やはり電池が基本。ただしランニングコストがかかるのとゴミを出しつづける罪悪感はずっと付きまとっている。使いきった電池ゴミは環境にはいいはずないから、理想はeneloopみたいな充電池で動くやつで固めたい。でも世の中まだまだ単三電池で動く機種がまだまだ少ない。せやからZOOMのようにディジタルかつ低電圧で駆動させる商品を開発しているメーカーをどんどん応援したい!モデリングのクオリティーもかなり上がってきているからブラインドテストしたら本物かモデリングか聞き分る自信あらへん!

しかし、エフェクターの魅力は音だけでは無い!言い切ってやる!インターフェイス、すなわち操作感も選択基準の一つなのだと。ノブの回し具合、効き具合、スイッチの踏み具合、音色が切り替わる時のタイミング。踏んだ時のノイズなどなど。多くのトゥルーバイパス機で使われているスイッチの踏んだ瞬間のバチっというノイズなんて不快極まりない。絶対にありえまへんな。
今回の構成では、BOSSのRV-3は、例えばZOOMのME-50G(学習ね)に置き換えられるか。KORGのPitchBlackもヘッドに付けるタイプのチューナーで代替できるけどボタン電池やと根本的な解決にならへんな。MXRのPhase90も足でノブを回しながら演奏できる1ノブのフェイザーなんて他にあらへんし。

まぁ、弾き語りにそんなにエフェクターが必要かと言われると身も蓋も無いし、そもそもそんなに色々買えるほどヘソクリあらへんけどナ!(笑)
コメント (5)