ギロログ

カズーぶら下げ8弦のウクレレをジャカジャカ鳴らし、たらすなサンは今日もどこかで唄っております。

シティライフ最新号にっ!

2008-10-31 15:37:19 | ウクレレ
先日取材を受けたフリーペーパー「シティライフ」の最新号が
吹田、茨木、高槻、豊中、箕面、摂津、西宮、岡本、芦屋方面
のカフェや雑貨屋さんなどで入手できます。
興味のある方は、是非ともご覧あれ!

しかしまぁ、どこの誰が見るかも知れないという点はインター
ネットでの情報発信でも同じだけど、紙媒体で自分の事を写真
付きで掲載してもらうのって嬉しいもんやね。カラーや白黒、
枠の大きい小さいに関わらず、うん。

湯気新聞に載せてもらった時も嬉しかったなぁ。
巷で噂の湯気新聞は、森元さんの書き下ろし漫画が読める
今のところ唯一の冊子なのであった!貴重なのヨン♪
コメント (5)

ソリッドウクレレのバリエーション

2008-10-29 19:13:38 | ウクレレ
T's Ukulele Blogに先日購入したソリッドウクレレの仕様バリエーション
と価格が発表されている。

ボクの「寝不足ウクレレ」は、一番標準的なモデルEC-100。
工房で見た組立中だったヤツは、コアトップのバインディング付だから
EC-220かな。73,500円(税込)ナリ。ちなみにカッタウェは無かった。
これもカッコ良かった。

最近、T's製ウクレレが業界標準になることが多いらしくて価格を決める
時に結構悩むと高橋さんは言っていたが、本シリーズもソリッドボディ
ウクレレのディファクトスタンダードになるのではないだろうか。
過去に他社からソリッドボディやサイレント系ウクレレは発表されていて
どれも魅力的な特徴を持っていたと思うが、これほどバランス良い商品は
なかったのでは?
発売されたばかりだけど、今後よく似た見てくれのが沢山売り出されるん
だろうなぁ。海外製とか、メチャ安い値段で。

サイレント系ウクレレを買おうとしている人は、絶対ECを試してみるべき。
音はウソをつかない。勿論、品質管理が良いので加工精度も高いヨ。
このモデルの音を聴いてしまうと、似た安物は買えなくなるヨ、きっと。
コメント

T's Guitar ソリッドウクレレレビュー

2008-10-24 23:53:20 | ウクレレ
gooブログって一つの投稿に対して写真が沢山貼れるんだね。知らなかった。
その機能を使って、一般発売前に入手したT's の最新作、超オススメソリッドボディウクレレ
のレビューを書いてみよう。

「コレは寝不足になるウクレレです」


モデル名:Concert Solid Ukulele EC-100
ボディ:マホガニートップ、マホガニーバックのコンサートサイズ
ネック:マホガニー ナット:牛骨(幅35mm)
指板:ローズウッド 14Fジョイント 20F仕様(スケール:385mm)
ネックの厚みは、ややスリムな蒲鉾型。個人的には、もう少しガッシリしているほうが好みだけど
ストレスは感じない。フレットは標準的なサイズで端も丁寧に仕上げられている。
背面のキャビティパネルがエレキっぽい。ロックぽい。
パネルの裏にはノイズ対策にアルミ板が貼られていて、そこにシリアルナンバーが入るが、
訳あってボクのには入っていない。


T'sのSD(ソプラノサイズ)と並べるとこんな感じ。2フレット分短い。このモデル専用(?)
のヘッド形状にお馴染みTマーク。ペグはギア式でチューニングしやすい。
サイドカーブの有無、ペグボタンの見え具合で印象が随分変わるナ。
ボディの厚みはブリッジ部で36mm (となりのSDは58mm)。


ブリッジ:ローズウッド T'sのCSに使われている撒き付け型
サドル:牛骨 各弦個別に対応したセパレートタイプ
ストラップピンが付いているがボディバランスが良いのでストラップを付けなくても使用できる。
アンダーサドルピエゾピックアップ内蔵でコントロールは1Voのみ。ノブはストラト系に使われる
ソーサーノブが付いている。ギブソン系のスピードノブやフルアコのハットノブも取り付けてみたが
少し大きくてバランスが悪かった。木製ノブもいかもね。
ジャックはサイドに一段深く掘られた穴に丁寧に取り付けられている。T'sは、こういう細かい所も
ちゃんとしてるのです。


1弦側トップにカッタウェイが入っている。レスポールのようなカッタウェイデザインではないが
この大きさだとハイポジションの演奏性は良好。十分に効果的。ボディトップとバックの接合面が
デザインアクセントにもなっている。エッジの角は落とされているので手が当たっても痛くない。
ボディ内部はチェンバー加工が施されており、サイレントといいながらも静かな場所では生音を
楽しめる。ヘッドホンアンプなど使わなくても練習できるのがグッド。
もう、毎日遅くまで弾きまくって寝不足の毎日。それくらい弾き心地が良く楽しいウクレレ♪


写真提供:MAX THE UKULELE PUNK ROCKER!!!

T's の工房でローランドのAC60から出力された音を聴いたときにピエゾっぽくないウォームで
マイルドな音色に驚いたが、それはマイクロキューブなどの小さいスピーカーのアンプでも
同じ事が言えた。プリアンプが入っていないのにこんな音が出るのは、Voポットを吟味した
結果と高橋さんは言っていた。この音だけは、実際に聴いた人にしか判断できないところだが、
少なくとも僕の周辺の人達は驚いている。Mi-Siを取り付けたアストリアスの音を知っている
人は特に。ただ、プリアンプが入っていないのでイヤホンを直接つないでも音は鳴らない。


写真提供:MAX THE UKULELE PUNK ROCKER!!!

このモデルを基本仕様として、バリエーションモデルも今後沢山発表される模様。
実際にコアボディにバインディング(カッタウェイ無し)のモデルも製作途中だったし、
ストラップ使用を前提にすると瓢箪型の呪縛から解き放たれそれこそフライングVなどの
変形ボディやダブルネックなど可能性は無限大に膨らむだろう。アーチトップにダミー
のFホールや、先日新譜が発売されたばかりのAC/DCファンだとSGシェイプがあれば飛び
つくかもしれない。

これでナント定価45,000円(税込み47,250円)!!!
バグスより若干値段は高いが、加工精度や音質など、絶対に価格差以上の品質だと思う。
さすが我らが T's Guitar!

後日、ボクのECに「ある隠された秘密」がある事を高橋社長から教えてもらった。
聞いて納得、なるほど。でも秘密だからここには書かないヨっ!
コメント (3)   トラックバック (1)

取材を受けた

2008-10-24 13:46:24 | ウクレレ
シティライフという北摂中心に展開しているフリーペーパーの取材を受けた。

先日のロハスフェスタで唄わせてもらったつながりで、音楽欄に載せてもらえるらしい。トレードマークの8弦パインの写真も撮ってもらった。

仕上がりが楽しみダ。
コメント

せっかく穴を開けたけど

2008-10-23 12:50:17 | ウクレレ
どうやらデカたらさん(アストリアス製マホガニーコンサート)は、Mi-Siと相性が悪いみたいだ。部品代込みでE万以上出して穴まで開けて専門店で付けたけど残念。

販売店一押しだったのでMi-Siにした。ウォーム&マイルドな生音が魅力のデカたらさんだったので、それを活かすには貼り付けタイプですと薦められたので信じて貼り付けタイプにした。けど実際に手術を始めてみると、ボディ内部にはブレイシングがあるのでマイクを張り付ける場所が限定され、色々試した結果ようやく妥協して見つけた"マシ"と思われる場所に付けても、出力するとどう調整してもキンキンした音になる。全然ウォーム&マイルドでない。困ったものダワ。プリアンプで補正するしかないのだろうか?今までずっと使っていた「たけちよ工房製ピックアップ」が一番良かったナ。音はナチュラルで反応も良くて。張り付ける場所も融通がきくし電源不要だし。アレは最高だ!

エレキギターなら若い頃に散々作ってはバラし、改造しまくったからある程度修復、修正もできるけど、アコースティック楽器は全然勝手が違うなぁ。同じMi-SiでもT's Guitarで取り付けてもらった8弦パインはバッチリ大成功だったから、ピックアップの後付けは、ホント博打だな。

開いた穴は塞げないことはないけど、やっぱ可哀想だ。泣いてる気がする。
ゴメンな、デカたらさん・・・
コメント

KIRAI GUY!

2008-10-20 01:00:24 | ウクレレ
先ほど、長野ツアーから無事生還。

T's Guitarへの訪問から始まり、今では親友のBOSKO & HONEYのお二人や
UKE PUNKSのMAXSumakichan とのセッション、新米&取れたて野菜で
美味しい大宴会、畑の見える陽だまりのバルコニーで曲作り、安曇野の神様
デーダラボッチとの接近遭遇、夜の松本城視察などなど、濃い~楽し~い
週末だった。

世界のウクレレ演奏家に会いに行く旅「ウクレレ・サファリ2008」を続けて
いるBOSKO & HONEYとのセッション模様は、近いうちに彼らのYoutubeサイトで
見ることが出来る予定なので、とっても楽しみダ。曲は勿論アノ曲。セッション
を続けていくうちにどんどん素敵なアレンジに仕上がっていく。そんな彼らと
遊んでもらえるとは、僕はなんてラッキーな”KIRAI GUY”なんだろう。

デーダラボッチの見ている前で「ウクレレベイベー」と連呼&ジャンプしまくった
のは、運動不足の41歳には結構キツかったが、いい汗かいた。楽しかった。
Sumakichan、イイ曲書いたネ!この模様もいつか見れるのかな?
空気の美味しいアウトドアで弾くウクレレはサイコーだ!

MAXさんのMax edition Tenor Ukulele by Audrey Music Japan のメリハリの
きいた音は驚いたなぁ!パーンと弾ける明るい音。作りも頑丈そう。MAXさんは
弾くタッチがとても強いので、柔なウクレレだとすぐに壊れてしまいそうだが、
Max edition なら問題なし。まさにMAXさんのために生まれたukeだ。素晴らしい!

明日からは、通常の仕事モードに戻ります・・・戻れるかな?
コメント (6)

10/17 長野県にある T's Guitar の工房にて

2008-10-17 16:40:33 | ウクレレ
全天候型オールラウンドウックンレーラーの悩みのタネ、雨(湿気)対策。
その一つの答え、ソリッドボディ!
アコースティックに比べて湿気に負けない構造。心強い。

コレは、お馴染みT's Guitar製。まだプロトタイプ1台(NALUさん所有)以外
市場に出回ってない、製品版仕様の第一号。ノーシリアルNo。それが僕の手に。
アンプリファイしなくちゃいけないライブでガシガシ使っていこう。
右肩にカッタウェイがあり、ハイポジションの演奏性は抜群。
弦高も低くフレットはスムース。ネックもいい感じにスリム。
プリアンプは入ってないけど、高橋社長こだわりのCTSポットの特性で
ピエゾっぽさを感じさせないマイルドでアコースティックな音色。
コレには正直驚いた!ボディも若干ザグっているホロー構造であるため
音に影響していると思う。1ヴォリュームがヴァンヘイレンぽくてグー!
フライングVボディーがあったら白黒かポルカドットに塗ってしまうかも。
いいゾ、これ。絶対いい!

10月末には小売店にも並びます。
さぁそのお値段は???
え?高橋社長、そんな値段で大丈夫なんですかぁ!
コレはもう、みんな試してみるっきゃナイトっ♪
コメント (3)

Jumpin' Uke Flash !

2008-10-16 23:17:41 | ウクレレ



彼の名前は"Sumakichan"。ウクレレパンクロッカーである。
彼もまた「イカすぜウクレレ野郎」

面白いことたくさんやってます。コレの他にもyoutubeにたくさん動画をアップ
しているから興味のある人は、是非ともチェックしてください。

明日、長野で彼に会うので、めっちゃ楽しみ。
コメント

全天候型オールラウンドウックンレーラーの課題

2008-10-12 00:55:00 | ウクレレ
今日のロハスフェスタは、出だし小雨で昼前からカンカン照りで暑いくらい。

僕の出番は、2番目。朝一番に上がった雨が唄う直前に再び降り出し、唄い始め
てからも少しパラついていたが、自慢の癒し系脱力ボイスで雨雲を吹き飛ばして
やった!青空の下、広い芝生の上で唄うのは爽快だった。靴脱いで土を感じて
唄えばよかったナ・・・他の出演ミュージシャンも良い演奏を聴かせてくれた。
非常に楽しい一日だったナ

唄った曲は、初たらすなの人達ばかりなので名刺代わりの曲のオンパレード☆

 1.恋はお好みに
 2.ためいき
 3.流れ星見つけた
 4.夢の車
 5.ひなたぼっこ
 6.春夏秋冬
 7.ワタシあなたのウクレレきらい

自称、全天候型オールラウンドウックンレーラーであるボクは「唄わせてもらえる
場があるのならば、そこに合わせたパフォーマンスを」をモットーに、お客さんが
居ても居なくても、寒くても暑くても、外でも中でも、昼でも夜でも関係なく出来
る限りベストな演奏をしたいと考えている。しかしボクの愛器(デカたら)は、
湿気に弱い。弱すぎる。特に今日みたいに小雨パラつく中では、チューニングも
だめだめ、音もこもってしまい、いつものように唄ってくれない。
これでは「全天候型オールラウンドウックンレーラー」とは言えない。。。
アコースティック楽器の状態は湿度に非常に左右されるのは仕方ないことだが、
愛器を湿気に強くする方法は無いものだろうか。

(写真は、T'sの8弦パイナポーで夢の車熱唱中のたらすなさんと唄に合わせて
 躍り狂う(?)ヤングレイディー)
コメント (2)

当日の模様

2008-10-09 11:02:57 | マイライフ
散々カウントダウンやっといて当日の模様が何も無い!と各方面
から多数のお叱りをうけました。

一日前の日記でネタバレしているので何のカウントダウンだった
のかあえて書きませんが、良い一日を過ごしましたよ。

生憎の雨でしたが、久しぶりに嫁さんと一緒になんばパークスまで
出向き人の多さに酔い、ぐったりしながらもペット屋の小動物に心癒され、
41年目の最初の晩御飯にとても美味しいネパール料理を満腹食べました。
カンテプールは大阪の宝だね、ホント。
久しぶりに会ったギタリストの女友達は髪を伸ばしてました。

で、家の近所のケーキ屋さんで可愛らしいモンブランを買って
ロウソク立てて嫁さんに祝ってもらいました。
かんぱ~い♪

あ~、いい誕生日だった♪
コメント (2)