ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

惜別…東京駅“最後の立ち食いそば”新幹線を気にしながら…サラリーマン思い出の味

2022-09-30 21:44:39 | ニュース
惜別…東京駅“最後の立ち食いそば” 新幹線を気にしながら…サラリーマン思い出の味
2022/09/30 18:35

巨大ターミナル・東京駅の東海道新幹線ホームにある立ち食いそば店、「東京グル麺」。34年以上前に開店して以来、“安くて・早くて・うまい”そばで、旅人の胃袋を満たしてきましたが、30日を最後に、閉店することとなりました。

来店客
「(時間が)ぎりぎりなことが多いので、よく使っていました。なくなると困りますね」
すぐ目の前にとまる新幹線の出発時間を気にしながら、熱々のそばをかきこんだ……。そんな記憶も、いつか懐かしく思い出すのでしょうか。

30代の来店客
「最後に食べに来ました。本当はカツ煮そばを食べたかったんですけど」
ここ数日、一部のメニューが品切れになっていたのが、多くの人に愛されてきた何よりの証拠です。

お客さんのほとんどが、出張で新幹線を利用するサラリーマンだったという立ち食いそば店。名物は、ほどよい厚みのトンカツを卵でとじて、カツオだしがきいたそばの上にのせた「かつ煮そば」(620円)です。

出張に出かける前に、このそばを食べて自分に“活”を入れ、仕事に“勝つ”……とゲンをかつぐサラリーマンもいたそうです。一時は、お客さんの数が1日600人を超える日もあったといいますが、いつしか東京駅に唯一残る立ち食いそば店となっていました。

JR東海パッセンジャーズ店舗事業部 久保田雄さん
「コロナ当初は、休業せざるをえない状況に追い込まれました」
新幹線の利用者が激減、売り上げはコロナ禍前の8割減になり、閉店を余儀なくされたのです。

最終日のこの日。息子のために、新幹線の入場券だけを購入し、“最初で最後のそば”を味わう子どもの姿もありました。
最終日に訪れた母親
「(息子の)身長がたりず伺うことができていなかったので、きょうは最後だって聞いて来ました。思い出を買いに」

最終日に訪れた小学3年生
「(背伸びは)きつかったけど、おいしかったから我慢できた。最後だから来られて、うれしかった」
いつもと同じ閉店時間の午後2時。長年守り続けたのれんを静かにおろしました。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 三遊亭円楽さん急死で日テレ... | トップ | 国葬で供えられた花は肥料に... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事