今日のお弁当

2018年12月12日 08時36分59秒 | 日記
今日は、特に特徴のないお弁当。
強いて挙げれば、ピックが3本刺さってることかな😅



ふりかけご飯
チキンとシメジのカレー炒め
ブロッコリー
プチトマト
洋梨

りょうちゃんの要望で少なめにしてるから、今日は時間内に食べ終わるといいね。
コメント

自治会の餅つき

2018年12月11日 09時31分37秒 | 日記
日曜日は、実は自治会の餅つきにも参加した。

つまり、11時〜餅つき、12時40分の電車で横浜に向かいしまじろうコンサート、16時〜飛鳥Ⅱ、で、家に着いたのが19時半と、まぁ、忙しかった。

餅つきは、やっぱりこの季節にいいんだよね〜。







りょうちゃん、いつのまにか、一人で子供用の杵を振り上げられるようになったんだね。
最初に参加した時は、ほとんどママが持ってたのに。

知らない間に、大きくなっちゃうね。

コメント

しまじろうのクリスマスコンサート

2018年12月11日 08時42分20秒 | 日記
日曜日は、しまじろうのクリスマスコンサートに、神奈川県民ホールまで行った。

りょうちゃんは去年も行きたがってだけど、お金もかかるし、ママはしまじろうがあんまり好きじゃないので、去年はスルーしようとしたら、テレビで「クリスマスコンサートに来てくれてありがとう」みたいな映像が流れたのを見て、自分が知らない間に終わってしまったことを知ってしまい、ものすごく号泣された。
それで、今年は、去年からの約束で、仕方なく連れて行くことになった。

クリスマスコンサートは、確かにクリスマスソングメインで構成されてて、コンサートと言えなくはないんだろうけど、どちらかというと着ぐるみショーの要素が強い。歌も1曲しっかり歌うんじゃなくて、挿入歌的に1番だけ歌うとか、一部だけ歌うとか、そんな感じ。

特に聞かなかったけど、歌好きのりょうちゃんには、ちょっと物足りなかったんじゃないかな。

それに、しまじろうのイベントは、とにかく物販が高い‼️ ぼったくりにもほどがあるんじゃない? みんな何か買ってて、子供が欲しがるから仕方なく買ったけど、りょうちゃんが欲しがったライトなんて、2400円もして本当に驚いた。これ、せいぜい600円でしょう。高くて1000円がいいところ。お祭りの縁日だって、こんなにしないよ
で、この2400円というのが、物販の中では安い方なんだから、まぁ、本当にひどい。

りょうちゃんも、来年には小学校だし、もうしまじろうイベントは、二度と行かないな。地元に来ても、知らんぷりしよう。

ということで、コンサートの最後の1曲だけ写真撮影OKだったので、りょうちゃんのリクエストで撮影。席が遠かったから、小さくしか撮れなかったけどね。









コメント

銅鑼の音とどら焼き

2018年12月11日 08時34分32秒 | 日記
そういえば、飛鳥Ⅱが出港する時に、銅鑼の音が響いてきた。私はクラシックのコンサートとかテレビで本物の銅鑼を見たことがあるし、音を聞いたこともあるけど、りょうちゃんは初めてだったので、

「このおとは、なに?」

と不思議がってた。

銅鑼っていう楽器なんだよ、大きな円盤みたいな形で、ジャーンて鳴らすんだよ、と説明したけど、イマイチ伝わってない様子。う〜ん、説明が難しいなぁ。

そうしたら今朝、「おかあさんといっしょ」の歌で、どら焼きの歌が流れて、歌の背景に流れるアニメーションの中に銅鑼を鳴らす場面が出てきたので、思わず、「りょうちゃん、これだ、これが銅鑼だよ‼️」と叫んだ。

りょうちゃんは、

「へぇ、こういうのなんだ〜」

と、少し理解できたようだった。

さらにパパが、「どら焼きって、この銅鑼に似てるから、どら焼きって言うんだよ」と教えてくれたので、豆知識まで増えた。ママも知らなかったので、2人でへぇ〜って感心しちゃった。

知識って、思いがけないところから繋がっていくものなんだね。
コメント

飛鳥Ⅱの出港で感動‼️

2018年12月10日 19時04分29秒 | 日記
昨日、しまじろうのクリスマスコンサートのために、横浜のみなとみらい線・日本大通り駅から会場に向かって歩いていたら、大桟橋の方を見たりょうちゃんが、

「あっ、ふねがいる‼️」

と叫んだ。

パパに、「運が良ければ、大桟橋に大型船がいるかもしれないよ」と言われていて、時間があれば寄ろうかなぁくらいに軽く思っていたら、なんともラッキーなことに、本当に停泊していた。

しまじろうコンサートの開演までそれほど時間はなかったけど、とりあえず、近くに行って写真だけ撮った。



そして、また帰りにもいたら、見に寄ろうね、と約束して、コンサート会場へと向かった。

さて、15時45分くらいにコンサートが終わり、会場から窓の外を見ると、大きな船の姿がはっきりと見えた。それで、会場を出たら、まっすぐに大桟橋に向かった。

停泊していたのが大型豪華客船の飛鳥Ⅱだということも、その時、初めて知った。
ママとしては、なるべく近くに行って写真を撮ったら早々に帰るつもりで、場所を探しては記念撮影。







明日は仕事&幼稚園だし、そんなにのんびりもしてられないもんね。

実は、こういう大型船を見るのはママも初めてだし、桟橋からでも、船の中を歩く人の姿やレストランなどが見えて、なかなか面白い。

すっかり興奮したりょうちゃんは、

「ママ、レストランがある‼️」

「ひなんするときのふねが、よこについてるね‼️」

などと叫んでいると思ったら、急に、

「ママ、このふね、いつしゅっぱつするのかな?」

と聞いてきた。

うわ〜、やっぱりそうくる? 出港するところを見たいということだなぁと思ったけど、正直、いつ出港するかわからないのに待つつもりはない。帰りが遅くなるし、メチャクチャ寒いし。

でも、りょうちゃんは、

「だれかにきいてみたら?」

と食い下がってくる。

でもね、聞いてみて、今日の数時間後に出港とか言われて、「じゃあ、みていきたい‼️」「しゅっぱつまでまつ」なんてことになるのは避けたいのだよ。

だから、寒いし、明日は幼稚園だし、お腹空いたし、もう帰ろうと言って引き上げようとしたら、アナウンスが流れた。

「ピンポンパンポーン、本日17時、飛鳥Ⅱが〇〇に向けて出港いたします。16時30分から、屋上で〇〇を配ります」

時計を見ると、16時20分。出港まで、あと40分。

もう、りょうちゃんなんて、

「ママ‼️」

とか言って、目をキラキラ🤩させてこっちを見てる。

40分か。船の出港は新幹線みたいには素早くないから、少し時間がかかるとして、予定より1時間くらい帰りが遅くなる計算かな。1時間。まぁ、許容範囲、かな😅

それで、私も、こんな機会はそうそうないし、たまたま偶然にちょうどいい時間に居合わせたのも何かの縁だし、と思って腹をくくった。

それから、大桟橋のデッキで出港を待ち始めたんだけど、これがまぁ風も強いし、寒くて寒くて仕方ない。とりあえず、数量限定で何かが配られる16時30分までそこで待っていたけど、配られる気配はない。

船の屋上で何かを配るというのがこっちに聞こえてきて、勘違いしたのかな?
とにかく寒いし、いったん下のターミナルに避難しよう‼️ ということになった。

りょうちゃんも、あまりの寒さに、すぐに同意してくれて、助かった〜。

ターミナルに行くと、そこはなんだか成田空港などと共通した、独特の雰囲気があって、りょうちゃんが、

「なんか、りょこうにいきたくなってきた

なんて生意気なことを言い出したから、思わず笑ってしまった。

トイレに行き、15分前になったので、またデッキに向かうと、あれ? みんな、手に黄色とピンクのライトを持ってる。配るって言ってたのはこれかぁ。

幸い、まだライトが残ってたので、2人で1本ずつもらった。


りょうちゃん、こわいよ

その辺をちょっとウロウロして、見送る場所は十分にあることを確認し、寒いから、またターミナルの入口のところに避難して待ってよう、と話してそっちに向かったら、どこからかまた、「みなさん、もうすぐ出港の時間です」というようなアナウンスが聞こえてきた。

それで、慌てて展望デッキの一番高いところにダッシュ。寒い寒いと言いながら待つこと7、8分。ついにその時がやってきた。

固唾を飲んで船を見つめていると、「ボー、ボー、ボー」という、びっくりするほど大きな汽笛。それをを合図に、「いってらっしゃ〜い」と手を振り見送る人々と、「いってきま〜す」と手を振り旅立つ人々がいて、なんだか、ドラマみたいじゃない?

少しずつ少しずつ前進む船を動画で撮っていると、りょうちゃんが、

「ママ、むこうにいこう‼️」

と船に向かって走り出した。

「うみのうえに、せんがついてるね‼️」

「みんな、てをふってるね」

「すごいね、おいかけよう😆✨」

と展望デッキの先端に向かって走り出し、本当に大興奮だった。


船は、白い煙を上げながら、目の前を通り過ぎて、少しずつ少しずつ遠ざかって行く。






うわ〜、なんだか、本当にすごいや。

側を通るときに結構ガソリン臭いことや、船の後ろには、海にまっすぐ線を引いたような跡がしばらく残ること、予想以上に大きい汽笛の音、どうやら港湾警察とかなのかな? 先導する船がいること。こういうのって、テレビのニュースやなんかでなんとなく見てはいたんだろうけど、今まで意識したことなんてなかった。
それに、飛行機のない時代、船で旅立つ人と見送る人が、どんな気持ちだったかも、なんとなく想像できる気がして、グッと胸に迫るものがあった。

最後にふたたび、「ボー、ボー、ボー」と汽笛の音を響かせて、ゆっくりと姿を消していくのを眺めながら、

「あのふね、どこにいくんだろう」

「りょうちゃんたち、ちょうどしゅっぱつのときにいて、すごくラッキーだったね〜

と、りょうちゃんも、子供ながらに感慨深げだった。ママも、りょうちゃんのおかげで、本当にいい経験をさせてもらったよ。ありがとうね😊

この日見に行ったしまじろうコンサートは、もうすっかり頭から消え去ってしまった。
寒いし、お腹もぺこぺこだったけど
本当に待ってて良かった。

りょうちゃんは、どうやらいつか、飛鳥Ⅱに乗ってみたいと思ってるらしい。飛鳥Ⅱは近場にしか行かないみたいだけど、きっとテレビで海外クルーズの場面なんかを見たら、りょうちゃんはこの時のことを思い浮かべるだろう。

実際に、帰りには、

「ふねでアメリカにいきたいなぁ。ゆうたくんがすんでるから。それともドバイかな。シンガポールもいいな」

なんて話してた。

そう、海は世界につながってるからね。りょうちゃんの世界は、昨日の経験を通じて、きっと大きく大きく広がったね。

ママは船旅は酔うからあまりしたいと思わないけど、りょうちゃんなら、行きたいと思えば、行く気さえあれば、これからいくらでも行ける。船旅だって、一度はしてみてもいいかもしれない。豪華客船や、長いクルーズじゃなくても、ちょっとしたクルーズの企画だってあるんだから。

なんだかママは、りょうちゃんの世界が、遥か世界の果てまでも広がっていることが、見えたような気がしたよ。

本当に、いい経験ができて良かった‼️

コメント