覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

AJC予告通り大勝負へ

2018年01月19日 10時33分34秒 | Weblog

 出馬表が出た。

 第59回 アメリカジョッキークラブカップ 実にわたくしが水曜、明確な根拠と共に申し上げた事前に申し上げた 〇枠〇番 あの馬だった。

 今回3強と目される ゴールドアクター ダンビュライト ミッキースワロー このどれでも無い、あの1頭が配置された。無論、この馬から買う。開けて見て成程。納得である。ここまでの経過、キャリアを見れば、合点が行った。

 この不動の中心馬1頭から、この3強へ繋げ、獲れるならかなりシンプルな馬券で、3点で良いことになる。が問題はそのどれが相手本線となるのか。これがテーマのレースとなるのかも知れない。兎も角、中心は不動。愈々、勝負のし甲斐のあるレースとなった。


 一方、もう1つの日曜重賞 第35回 東海ステークス これは、2つの濃い連動の合致から 〇枠 または 〇枠 と申し上げ済みだが、もし〇枠なら大波乱と云うことになり、穏当なら、無論、〇枠の方であり、〇枠〇番 の発射濃厚と云うことになる。

 圧倒的人気と目される 4枠8番 テイエムジンソク となったが、これで良いのかどうか。人気は被るだろう。

 
 その前、明日土曜、京都10R クラシックへ向けた前哨戦。あのトウカイテイオーもここから皐月賞に挑み、頂点を極めた 若駒ステークス これは共に1戦1勝同士の素質馬 6枠6番 フォックスクリーク 対 8枠8番 スーパーフェザー この激突も見ものである。



 これからまず土曜、3場の出馬表。じっくりと読み込ませて頂く。

 日曜 AJC杯 実に楽しみとなった。競馬は当然ながら、大きな注目のレースが来るから、それだけ買うというのは素人であり、我われは儲かるレースを吟味、厳選し、当然、勝負をかける。既に解かっている事柄が明瞭な折は、それなりの勝負に出るのは当然であり、また成果も着々と出せる以上、勝ち組としての取組姿勢がずっと続く。負け組は負け組思考に走るものだ。
 
 また今週も、見上げる冬空、雲行きはどう移ろおうが、勝ち組の高笑いで締め括られそうである。

  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。

  長期御登録、年度末の御継続も今週まだ御優遇でお受け申し上げる。

 

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2重賞 出馬表の朝 | トップ | 若駒S笑い止まらず! »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事